注目情報
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品は要チェック&Getするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪

テントのポールを修理・補修する方法から予防策まで ~ 3回もポールが折れた我が家の経験談

テントのポールを修理・補修する

テントのポールが折れた時の修理・補修の方法と予防策を紹介します。

我が家では、テントのポールが3回折れています。

最初は、慌てふためいていましたが、今では慣れっこ(笑)

当日やること、後日やること、ポールを折らないための予防策を紹介します。

我が家は、3回もテントのポールが折れている

我が家では、これまでテントのポールが3回折れています。

1回目

2回目

3回目

最初は慌てふためきましたが(笑)、今では対策がわかっているので、坦々と作業をこなすようになりました。

我が家の経験をふまえ、ポールが折れた時の修理方法と予防策を紹介していきます。

参考 ポールが折れる = テントが破れる可能性がある

1回目、2回目は、ポールが折れるだけでなくテント(スリーブ)も突き破っています。

テントが破れた時はリペアシートで補修してください。テントのシペアシートと使い方は別記事にまとめています。

テントのリペアシートの全種類と使い方、代替品を検討したので紹介☆ アイロン形式のリペアシートを買おうと思っていたのですが、なかなか良い...

ポールの修理&補修方法

テントのポールが折れた時の対応を「当日」「後日」「予防」の3つの観点でまとめてみました。

  • 当日 … その場ですぐにやること
  • 後日 … 修理・補修の方法
  • 予防 … ポールを折らないためにやっておくこと

当日の対応

キャンプ場でポールが折れてしまうと頭が真っ白!

テントを突き破るポール

とはいえ、ポールが折れてしまっても、家族の寝食は何とかしなければなりません。

ショックは隠しきれませんが、手をつくして対策すれば何とかなります♪

大丈夫!

当日やること
  • 写真を撮る (余裕があれば)
  • まずはポールを抜く
  • 補修部品で修理する
  • 折れたポールを使わずにテントを縮小
  • ポールが折れたテントは諦める

写真を撮る (余裕があれば)

余裕があれば、ポールが折れた時の状況を写真に撮っておくと良いです。

テントのポールが折れた写真

これは後日サポートに修理を依頼する時に、具体的な状況が伝わるので役立ちます。

  • ポールが折れた箇所の写真
  • テント全体の写真

などを撮影しておくと良いです。

どのような状況でポールが折れてしまったかは、メーカーの品質改良につながりますし、ユーザー側に過失があったのかどうかもハッキリします。自身の振り返りのためにも。

※過失を見繕っても無駄(笑) メーカーはプロなので傷を見ただけでどのような使い方をして折れたかは分かるようです。(スノーピークの社員さん談)

まずはポールを抜く

次にやることは、ポールをいち早く抜くこと。

テントのポールを抜く

折れたポールの先端は鋭利になっているため、そのまま放置したり、無理に使い続けようとするとテントを突き破ってしまう可能性があります。

テントを傷つけないように、速やかにポールを抜く!

ポールが折れた時には、テントを破って引っかかっている可能性があります。なるべく傷を広げないように焦らず、慎重に☆

補修部品で修理する

ポールを修理するアイテムを持っている場合は、ポールを修理して使い続ける事ができます。

テントのポールを修理・補修する方法

折れたポールを使わずにテントを縮小

我が家は、ポールが折れた時にポールを抜いてテントを小さくして一晩過ごしたことがあります。これはトンネルテントならではの対策かもしれません。

テントを縮小して張る

ガイロープ(張り縄)を使って、テントがバタつかないようにしてみました。それでもバタつきましたが(笑)

テントを縮小して張る(内側)

工夫して、なんとか一晩乗りきれましたが、オススメはしません。 自己責任で★

当初予定していたテント泊は諦める

風が強かったりする場合は、撤収してしまうのが得策。

撤収

家族の安全が第一!
  • テントを設営する場所を変える (風の弱い林間などへ)
  • コテージに避難する
  • テントをレンタルする
  • 車中泊する
  • 帰る

テントのポールが折れていなくても、 リスクがある状況なら、諦めるのが得策だと思います。

参考 判断が難しいけど「安全第一」が英断

現場にいると、無理をしてしまうので難しいところ★ (まさに正常性バイアスですね)

今でも忘れられない判断ミスがあります。以前、浩庵キャンプ場の湖畔で強風・突風に見舞われました。私が「周囲はまだテント張ってるし大丈夫だろう」と思いペグ打ちに必死になっていたところ、妻からの「諦めよう、夜寝られない」の言葉で撤退することに。不安を感じながらキャンプをしても楽しくないです。いち早く安全第一で撤退するのが得策!あとから振り返ると、湖畔に固執していた自分が恥ずかしい。

後日、キャンプから帰ってきて修理

キャンプ場からポールの折れたテントを持ち帰ってきたら、 修理に取り掛かります。

  • メーカーのサポートに問い合わせ
  • ポールを交換する
  • 自分で修理(ショックコード&ポール)

メーカーのサポートに問い合わせる

帰ってきて、まず一番最初にやることは、メーカーのサポート窓口に問い合わせること。

現地で撮った写真がここで役立ちます。

修理が可能なのか、代替部品を入手できるのかなど、いつくかの案を提示してくれるはず。

保証期間外でも自分で修理する方法などを教えてくれたりするので、一度アプローチしてみてるのが良いと思います。

ポールを交換する

メーカーから純正品のポールを入手できるのであれば、交換すれば完了です。

折れたポールを交換

※折れていない部分のポールは、今後、部品として使えるので保管しておくと良いです。

自分で修理する方法

テントのポールは、短いポールを継いで作られています。

そのため、壊れた部分だけ交換すれば問題なく使い続けることができます。

ゴム(ショックコード)を外す & 交換

ポールの端を引っ張ってみると、ポールの中にゴムが通っているので、ほどいて外せばポールを分解することができます。

テントのポールのショックコード

ショックコードは、外すのは簡単ですが、入れて通す時にはちょっとコツがいります。

  • 別の紐や針金に結んで通す
  • ゴムが戻ってしまわないように、いったん割り箸などに結ぶ

など工夫すれば、作業が楽になります。

ショックコードの弾力が失われている場合や、傷がついている場合にはこのタイミングで交換するのがよいですね。

折れたポールを交換

ショックコードを外したら、折れたポールを交換して、ショックコードを取り付ければOK。

折れたポールを交換

予防策

ポールが一度折れると、また折れるんじゃないかと不安に駆られます。

我が家の場合は、ポールが折れた時のために事前に対策をするようになりました。

  • ポールの甘挿しに気をつける
  • テントのガイロープ(張り縄)はぬかりなく
  • 現地で補修できるように部品を持っておく
  • ポールを補強しておく

ポールの甘挿しに気をつける

ポールをしっかりと継いでいないと、ポールが折れやすくなります。

ポールの甘挿し

テントを設営する時にポールを引っ張るのは厳禁。テントに通した時にポールを引っ張ると継ぎ目が緩む可能性が高いです。

そのままテントを立ち上げようと、ポールを曲げてしまうとテコの原理が働いて受け口が割れてしまいます。

ポールを扱う時には「引かない」「押す!」

引っ張りたいと思っても、グッと我慢して逆側から押す♪

スリーブに通してからポールを引くと、かなりの確率で甘挿しになるので、ご注意下さい。

テントのガイロープ(張り縄)はぬかりなく

現地で気をつけることはテント&ポールに負荷をかけないこと。

これまで我が家は、風のない時にはガイロープを省略することがあったのですが、今では全てのガイロープを張るようにしています。

塗装ペグを使う(鍛造)

ガイロープはポールを極端に曲げないための支えです♪

昼間は穏やかでもも、夜になって風が強くなることがあります。我が家の場合は、子供が靴を履こうとした時に、ポールに手を掛けてポールが折れたことがありました。

面倒でも、風がなくても全てのガイロープをしておく

※テントの説明書にはガイロープを張るように書かれているので、ガイロープ無しでポールが折れた場合には、サポートが受けられない可能性もあります。

とはいえ、面倒なのは確か(笑) 自己責任でご判断ください♪

(我が家も林間サイトで風がない時には、間引いてガイロープを張ったりします)

現地で補修できるように部品を持っておく

我が家では、現地でポールが折れた時に修理ができるように部品を持っています。

  • 布ガムテープ
  • ポール補強用部品
  • 交換用ポール

テントのポールを修理・補修する道具

ガムテーブは製品のまま持ち歩くとかさばるので、平たく巻いておくと持ち運ぶ時に便利♪ クリアファイルを切って台紙にしました。

アルミの筒状の部品(ポール リペアスプリント)は、ポールが折れた時に補修するすることができます。

テントのポールを修理・補修する方法

これは、アメニティドームに付属品していたアルミ部品。スノーピークの気配りは素晴らしいですね。

ポール リペアスプリントはサイズの合うものを探してみてください。

ポールを補強しておく

我が家の場合、継ぎ目でポールが折れることが多いです。

ポールのジョイント部分が壊れる

ポールが折れるだけなら交換すれば良いのですが、厄介なのはテントを突き破ること。

テントを突き破るポール

テントの修理となると面倒なので、布テープでポールを補強してみることにしました。

ポールを布テープで補強

  • ポールの強度向上
  • ポールが折れても鋭利な割れ目が露出してテントを突き破らないように

この状態で、ポールが折れたことがないので、効果があるかは分かりませんが(笑)、きっと役に立ってくれるはず。

ポールの継ぎ目を補強したポール

最初は、パワーテープで補強していましたが、途中で無くなったので布ガムテープで補強しています。

さいごに

テントのポールが3回も折れた我が家…。

(呪われているのかしら?)

今では、ポールの交換だけでなく、予防にも気を使うようになりました。

ポール修理のアイテムを持ち歩くと安心ですね。

テントのポールを修理・補修する道具

我が家の場合は、ポールが頼りないな…と感じたため、ポールを補強してみました。

ポールを布テープで補強

ポールが折れるとテント突き破りますので(笑)

テントを突き破るポール

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

ナチュラム
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品をGetするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪
あわせて、お得なセール商品iconもお見逃しなく。

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

フェリシモ
裏ボアパンツ MAX 30%OFF 実施中!icon
冬キャンプで家族全員が履く極暖パンツ♪ 綿98%で焚火も安心♪ →レビュー記事

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セールiconは要チェック!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪