注目情報

ナチュラム祭icon開催中!  
特価商品が毎週金曜日に入れ替わります。人気商品はすぐに売り切れるので要チェック!

キャンプの遊び道具25選 | 幼稚園の先生が子供用にオススメするのは?

キャンプ場でコマ回し

キャンプで子供と楽しめる遊びを紹介します。

我が家のお嫁さまは幼稚園の先生をやっているのでオススメの遊びを選んでもらいました。

幼稚園の先生 & 2児の母親が選ぶ リアルな遊び道具を紹介☆

我が家には、小学4年生と1年生の息子が2人。親子でキャンプを楽しめるよう遊び道具を必ず持って行くようにしています。

また、キャンプ場を選ぶ際は、子供の遊び場があるキャンプ場を選んで行くようにしています。サッカーも出来るような広場から、手作りアスレチックがある公園のような場所まで色々な遊び場があります。どこのキャンプ場も広場やアスレチック場が、自分達のサイトから離れている場合が多く、親が一緒について行く必要があります。

ただ、キャンプ場到着後は、テント設営にはじまり、とにかく準備に時間と手を取られるので、子供達には目が届くサイト内で、遊んで待っていて欲しいもの。

そんなときでも、子供たちが喜んで遊んでいられるよう、100均でも手に入るグッズも併せてご紹介します♪

キャンプで子供が喜ぶ遊び道具 ~ 通年編~

キャンプで子供達と遊んで楽しい遊び方や道具を、通年編・季節編・夜編とシーンごとにわけてご紹介します♪

最後に、キャンプ場で遊ぶ上で注意したい点も紹介します。

まずは、季節を問わず通年を通して、日中遊べるグッズから♪

設営・撤収のお手伝い ~ 到着したら、まずはペグ打ち競争!「よーいどん!」

キャンプ場に到着して、すぐ子供達だけで遊びたがりますが、「まずは設営が先!」と一喝するのが我が家の定番。

子供が大きくなったら設営・撤収作業に遊を入れて楽しめる♪

子供がキャンプの手伝い

みんなで協力して、楽しむ為にも、子供達には出来るお手伝いをしてもらっています。

お手伝いといっても、遊び心を大人が入れてあげれば、立派な遊びに早変わり♪

  • 競争 … ハンマーが好きな我が子達に好評なペグダウン競争定番種目(笑)
  • 無理なく … ペグの位置を大人が決めて、子供達はひたすら打ち込む

撤収時も、ペグ拾い競争や空き缶つぶし競争などで、遊びながらお手伝いしてもらっています。

設営も撤収も早ければ、その分一緒に遊ぶ時間が出来るよ♪と話しておくのもコツ☆

片付けのお手伝い

シャボン玉 ~ 幻想的なキャンプを♪

青空の下でシャボン玉は気持ちが良いし、キラキラして子供たちも大喜び。

西日がさす時間帯だとシャボン玉の色も幻想的に映ります。

キャンプの子供グッズ シャボン玉風景

道具は100均でも手に入りますし、何歳になってもシャボン玉は綺麗☆

  • 我が家の定番は3種類。ピストルタイプ、手持ちタイプ、吹くタイプ
  • シャボン液は子供たちでも注ぎやすいものに移し替え(絶対こぼすから)
  • 液をつける容器は深めで、小ぶりのタッパーがオススメ♪

途中で飽きても、蓋を閉めればまた液を使えるので便利です。

キャンプの子供グッズ シャボン玉

シャボン玉は、テントを汚す事があるので、シャボン玉をする時は吹く向きも注意して遊ぶようにしています。

キラキラ綺麗なシャボン玉☆ 周囲の人やテントに配慮して楽しもう♪

お砂場道具 ~ 現地の材料でおままごと料理

お砂場道具をもっていくのも良いですよ。

砂場道具遊び

キャンプ場内を散策しながら、子供と落ちているドングリや木の実、石や枝を拾ってくれば、あとは勝手にお料理を始めてくれます。

  • 枝をくべて、プリンカップにドングリを入れれば、調理の雰囲気を先取り
  • トイレに行く途中や受付に向かう時にも、子供たちは食材探しに夢中

我が家では、キャンプを通じて自然を大切に扱うマナーを教える良い機会なので、生きた枝や葉や花を折ったりむしり取らないなど、話しています。

砂場道具でおままごと、自然のアイテムを活用するのがポイント

バルーンアート ~ 風船でごっこ遊び!

変幻自在なバルーンアート用の風船は子供たちの格好の遊び道具です。

普通の風船より、ごっこ遊びがしやすいので子供達は、お気に入り♪

バルーン遊び

バルーンを口で膨らませることが難しいので、買うならポンプ付きの商品がオススメ!

バルーンの質によっては、こねくり回している内に簡単に割れてしまうので、割れたらちゃんとバルーンのゴミを回収するように教えています☆

当時、幼稚園児だった長男は、体に巻き付けて変身ごっこをしていました。タスキにかけて、仮面ライダードライブになりきって可愛かった~♪

大きくなってもやっていることは変わらず(笑)

小学生になった今でも、兄弟で武器を作りチャンバラごっこをして、楽しんでいるので、どの年齢でも喜ぶグッズです。

バルーンはアイデア次第で無限に楽しめる♪ 割れたゴミの片づけはシッカリ★

100均でも手に入りますが、すぐに割れてしまってイライラ。結局コスパも悪い。できればシッカリしたものを買ったほうが良いですね。

紙ヒコーキ ~ 作って飛ばして大喜び!

紙ヒコーキは、外で飛ばすのが1番楽しいです。子供達は、作っては飛ばし、改良しを繰り返し夢中になって遊んでいます。

誰が1番遠くへ飛ぶか競争をすると、大人もつい本気になってしまうくらい魅力が詰まっている紙ヒコーキ☆

キャンプで紙ひこうき飛ばし その1

使う紙は、折り紙ではなくコピー用紙が適しているので、我が家ではチラシなどを持っていきます。

紙ヒコーキの本もたくさん販売されているので、1冊の本でたくさんのヒコーキを試すことができます。準備が「本」と「チラシや裏紙」で良いのが手軽で、我が家では定番☆

他のサイトへ、紙ヒコーキが飛んでいってしまわぬ様、広い場所でのびのびと飛ばすのが、オススメ。

月1回、息子がお世話になっている小学校の放課に、紙ヒコーキを教えに行っています。男の子はもちろん女の子も自作の紙ヒコーキに絵を描いたり、夢中になって飛ばす姿は、とても微笑ましいです。

大きくなったら、よく飛ぶグライダーもオススメ☆

キャンプでグライダー飛ばし

ジャンボバウンスボール ~ 気分は運動会♪

みんなで遊べるボールを探していた時に、イベントで一目惚れしたジャンボバウンスボール!

とにかくこの大きさに、子供達もビックリ!周りもビックリ!でテンションが上ります。

巨大ボールでサッカー

大玉転がしも、サッカーも出来る万能ボールに、子供達は大喜び!!

ぶつかってもボールが柔らかいので、安心です。

子供達はボールに弾き飛ばされるのが、楽しくてたまらず、ぶつかり稽古のように向かってきます(笑)

イレブンオートキャンプパークでサッカー

ポンプで膨らませる必要があるのと、膨らませる・萎ませるのに時間がかかるので、子供達にお手伝いしてもらいながら準備・片付けるのをオススメします。

規格外のバウンスボールに子供たちが大喜び♪

縄跳び・大縄 ~ 色々な遊び方ができる万能グッズ

縄跳び・大縄も手軽に出来るので、オススメ♪

特に、幼稚園や小学校で取り組んでいる時は、練習も兼ねて遊んでいます。

縄跳び

個人用縄跳びは、縄タイプのものが、オススメです。安いビニールタイプのものだと、紐が絡まりやすく、収納していた時の曲がり癖がついて、まわしにくいです。

子供達が小さい時は、縄先同士を結んで電車にし、電車ごっこの方が好評♪

グループキャンプでは、大縄が大活躍するので、我が家は、ホームセンターで縄を購入しました。

縄を持たせている時は、首に引っ掛けたり危ない事がないように、子供達から目を離さないように気をつけています。

大縄跳びなら、大人も子供も楽しみながら運動できる♪

ビーチボール ~ 意外と万能で安心のボール

景品でもらったり、100均でも売っているビーチボールは、意外と万能なんです。

テントサイト電源なし でビーチボール遊び

弾力のある普通のボールの方が、もちろんドッチボールやキャッチボールに向いていますが、コントロールがうまくいかない子供達は、あっちこっちにボールが飛ぶわ転がるわで、人に当たらないか、近隣のサイトにご迷惑をおかけしないかなど心配があります。

それがビーチボールだど、アタックしても投げても、全然飛ばないし、ゆっくり転がるので、すごく安心。思ったより飛ばなくても、地面に落とさずラリーをしたり、ラグビーの様に、持って走って競争したり、結構盛り上がります。

そしてなによりかさばらないのが最大の魅力♪かさばらないので、我が家は、大小とサイズ違いをいくつか持っていきます。

キャンプ場でボール遊びは大迷惑! ビーチボールなら安心して楽しめる♪

フリスビー・ドッチビー ~ 投げる&キャッチを身につける

広い芝生で、思いっきりフリスビーやドッチビーを投げて遊ぶのは、とても楽しい時間。

我が家が持っているのは、プラスチック製フリスビー、EVA樹脂製フリスビー、布製のドッチビーの3種類。

幼稚園児が飛ばしても、当たっても安全なEVA樹脂製フリスビー、布製のドッチビーの出番が多いです。

相手に投げるのも難しいし、キャッチするのも難しいので、夢中になって腕を磨いているうちに「もう17時!?」なんて事も、よくあります。

ドッチビーは、ドッチボールのボール代わりに、フリスビーで行う遊びなので、グループキャンプにもってこいのグッズです。

フリスビーは、キャッチ&スローの動作を遊びながら身につけることができる♪

チカバルーン ~ 懐かしさに大人も作りたくなる風船

シャボン玉を持っていくのを忘れ、がっかりしていた子供達に、現地で買ってあげたグッズです。100均にも売っていて、子供達でも手軽に作れ、何より手に持てるのが我が子達のお気に入りポイント♪

風船玉遊び

初めて作った時に、子供達が感動して「幸せ~」とずっと眺めたり「幸せをとっておく!」と、作った風船を次々に車内に保管していました。翌日、残念なことに幸せが萎んでいて、子供達がっかり(笑)

そしてまたせっせと幸せ作りに励んでいました。

初めてチカバルーンで遊んで以降、100均でチカバルーンを見つけると「キャンプ場で作ったね!また作ろうね!」と我が家のキャンプ定番の遊びになりました。

懐かしのチカバルーンも子供たちにとっては新しい遊び

ぬりえや迷路など遊べる絵本など ~ 子供が一人で楽しめる

子供達と遊ぶのもキャンプで楽しい時間ですが、やはり設営や調理、撤収中はどうしても目の届くところで、静かに遊んでいて欲しいものです。

そんな時、我が家が必ず持っていくのは、遊べる絵本など♪

「今からテント張るから、ぬり絵か迷路して、遊んで待っていてね」と提案すると、喜んで遊んで待っていてくれます。

キャンプ場で折り紙遊び

子供達だけでも楽しめて、静かに目の届くところで遊んでくれるから便利☆

ぬり絵・迷路・間違い探し

ぬり絵や迷路、スクラッチアート、間違い探しやキャラクターを見つける絵本など、1種類ではなく数種類を我が家は、必ず持っていきます。多少かさばっても、子供達が、飽きない分だけ作業がはかどる、はかどる♪

スクラッチアート

シールブック・マグネット絵本

子供達が小さい時は、シールブックやマグネット絵本などを持っていき、設営中や撤収中に、役立ったのを覚えています。

ナンプレ・クロスワード

最近では、小学生のナンプレやクロスワードなど遊びながら学べる本が、たくさん販売されています。我が家では、気に入った本を多めに購入しておき、自宅で取り組む用とキャンプ用とわけて、子供達には小出しにしています。

折り紙

ちなみに、折り紙も、折り紙の本を持っていくので子供達は喜んで折りますが、手が離せない時に限って、難しいのを折ろうとします。「次はどうやって折るの?」が度々続いて、作業が進まないので、簡単な折り紙の本をオススメします。

子供たちだけでチョット時間を潰して欲しい時に便利☆

トランプ・ウノなどのカードゲーム ~ 定番は裏切らない

トランプやウノも、夕食後や雨の日など親子で、ゆっくり一緒に楽しむ時には、欠かせないグッズ!

幼稚園児でも、ババ抜きや神経衰弱など楽しめるので、子供達が率先して、トランプを持っていきます。

キャンプ場でカードゲーム

ウノもルールが理解出来る様になると、トランプと同じくらい好きになります。

次男が未就園児の頃は、お母さんチームとして「あのカードと同じ色と数字は、この中にあるかな?」と色と数字の勉強も兼ねて、一緒に遊んでいました。

今では、立派に1人でプレイヤーとして参加するまでになり、成長を感じます。

トランプ unoゲーム 語彙の王様ゲーム

ソフビ指人形・レゴデュプロ・マグフォーマー ~ 洗えてキャンプ向き

長男が幼稚園児、次男が2歳の時は、自宅にあるおもちゃを、キャンプ場に持って行って遊んでいました。

テント内でマグフォーマーで遊ぶ子供たち

外で遊ぶので、洗えて失くさないちょうど良い大きさのおもちゃが、キャンプ向きと考え、我が家ではソフビ指人形、レゴデュプロ、マグ・フォーマーをキャンプのおもちゃと認定♪

自宅にあるおもちゃでもOK

おもちゃを持って行ったら家と変わらないのでは?と感じるかもしれませんが、外で食べるご飯が美味しいのと同じで、外で家のおもちゃで遊ぶと子供達は新鮮でより楽しいんです♪

「外遊び」にこだわらず、自宅のオモチャを持っていくのもGood! 子供の年齢に合わせて必要なものを☆

立体マグ・フォーマーは知育にもつながるのでキャンプに持っていっていました。

幼児の時にはテント内で家のおもちゃで遊ぶことも多かったのですが、年齢があがるにつれて外遊び道具に自然と移行したりするので、あまりこだわらなくてOK!

指人形

我が家では、ウルトラマンや仮面ライダーにハマっていた時の指人形と縁日でゲットした小さな人形などを、巾着袋に入れ持ち運び、レジャーシートに広げてあげると、喜んで好きに遊んでいました。

指人形は、子連れのグループキャンプでも人気グッズ♪ 指人形で「今日はチャンプ(キャンプ)にいくじょ」と、遊んでいる姿は、本当に可愛かった!

指人形で遊ぶ姿から、もっと遊びが広がるよう、レゴデュプロも一緒に持っていくと、大当たり!一日中指人形とレゴデュプロで、遊んでいました。

対戦ゲーム

ジェンガやクラッシュアイスゲームなどの対戦ゲームも盛り上がりますね。

クラッシュアイスゲーム

的当てゲーム ~ 点数や景品をつけて盛り上がろう

我が家では、ボールを投げる練習の1つとして、マジックテープでくっつく的当てを購入♪

テントを使って的当て

外でやっても楽しいかも!とキャンプ場で、テントに的をくっつけておくと、子供達が早速的当てで遊んでいました。

さほどかさばらないし、目の届くところで遊んでいてくれるのも助かって、キャンプ場に持って行きます。

我が家では点数をつけたり、点数のところにおやつの名前を書いた紙を貼り、当てたら食べれるというちょっとしたゲームが、手軽に出来るのでオススメ☆

テントも子供の遊びに活用!

こま回し ~ 大人もハマる昔ながらの遊びが大盛りあがり!

長男の通う学校の放課後遊びで、冬になると紐で回すコマ遊びが出来ます。

昔やった以来で、子供達に混じってやったのをきっかけに親子でハマるほど。

とにかくうまく回せない!もう特訓しかない!とキャンプ場で練習する為に持っていったら、意外とコマはキャンプ向きな遊びでした。

  • 回す時に大きな動きをするので広い場所が良い
  • サイト内で十分遊べる
  • 上達すると、高くコマを飛ばして楽しめる

キャンプ場でコマ回し

コマ

自分でしっかり回せるようになると、回っている時間を競争させたり、ケンカごまをさせたりとても楽しい遊びです。

コマの空中キャッチ

コマは駄菓子屋さんやおもちゃ売り場でも手に入ります。

ラジコン ~ 男の子大好きな機械遊び

一緒にキャンプに行ったお友達家族が、持ってきていたのがきっかけです。長男も欲しがったので、我が家は、お誕生日プレゼントとして購入♪

ラジコン遊び

お友達家族に体験させてもらったラジコンは、本格的で操作が難しいものだったので、当時未就園児だった次男も遊べるよう、本体がひっくり返っても走る・回るラジコンにしました。

ラジコン遊び

子供達が操作しても、真っ直ぐ走らず、ひたすらクレイジーな動きをするラジコンカーを追いかけて大喜び!大人から見れば、ラジコンに遊ばれているよ君達!と思わずわらっちゃう光景になります。

千葉にあるイレブン・オートキャンプパークには、立派なラジコンカーのコースが常設されているので、ラジコンを楽しむ為に、キャンプすることもできます。

参考 我が家が使っているラジコンはこちら

子供がキャンプ場で楽しく遊べるラジコンをご紹介します☆ 水陸両用のものから、衝撃を吸収するタイヤで段差に負けないもの。ドローンの登場で...
QSEKCHのラジコンのレビュー記事です。 Amazonでもなかなかの売れ筋商品で、小学生に喜ばれるラジコン。 悪路や坂道も走る...

季節の遊び ~ キャンプに行く季節にあわせた遊び編

キャンプに行く季節に合わせた、遊び方をご紹介♪

春 ~ 色々な植物や花、虫たちにたくさん出逢える季節を味わう

春は陽だまりに包まれながら散歩するだけでも気持ちが良い季節♪
キャンプ場内を散歩している中で、子供達は必ず何かを発見するので、好奇心を大切にする為にも図鑑と虫眼鏡は、オススメグッズです。

しあわせの丘リゾートキャンプ場の春の花

ポケット図鑑は、植物や虫などジャンルごとに販売されているので、興味のあるものから揃えていくと良いと思います。

虫眼鏡は100均でも購入できるので、子供一人ひとりに持たせると、じっくり観察できて楽しい時間になります。

我が家はキャンプ場はもちろん、幼稚園の送迎時に、ポケット図鑑と虫眼鏡を持っていき、気になった雑草や実を調べたり、観察して楽しんでいます。

身近なアリでも、虫眼鏡で観察すると、とてもおもしろいです。

夏 ~ 暑さを和らげる水遊びが1番♪

夏は、キャンプ場内でプール遊びや水遊び場が出来たりします。

夏季限定の遊びですし、ぜひ子供たちに経験させてあげたい遊びです♪

我が家は、夏でしか出来ない遊びと捉え、このシーズンは海や川の近くのキャンプ場を選んで行きます。

波にヤラれて退散

  • 川は水が冷たくても、川の中を歩いたりするだけで子供達は大喜び♪
  • 海は、海にしかない波で遊んだり、砂遊びに磯遊びと1日楽しめる

川も海もどちらも、水着とラッシュガード、帽子、マリンシューズ、ライフジャケットは必須アイテム!特にライフジャケットは、大げさと考えずに必ず用意しておくきたいものです。

子供の水遊びにライフジャケットは必須!
子供用のライフジャケットの必要性、選び方、おすすめ商品の一覧をご紹介します。 我が家は5年ほど子供ライフジャケットを使い続けていますが...

毎年悲しいことに、必ず子供が水難事故で死亡しています。我が家は、川遊びをするなら、絶対着用させようと夫婦で認識を一致させ、着用させる重要性を、長男が幼稚園児の時から話しています。

2歳だった次男には「すっごくステキ!かっこいい!」と毎回ほめて着用を習慣付けました(笑) 安全に自然と遊べるよう心がけています。

秋 ~ 紅葉の美しさとドングリ拾いで何作ろう♪

秋は、自然の美しさに感動する季節!

キャンプ場内には、木の実や色づいた葉っぱがたくさん落ちているので、自然の材料を使って作る、工作遊びにピッタリです。

ドングリと松ぼっくり

我が家は、ドングリが落ちる季節になる時期は、工作遊びをするつもりで、油性ペンやボンドを持っていきます。

キリと爪楊枝なども持っていけば、ドングリこまが作れるし、そのまま遊べてオススメ♪

子供達が小さい時は、木の実や葉っぱを拾うだけでも楽しく、集めたもので、おままごと遊びをしました。

親子で自然の美しさを、ゆっくり味わうように過ごしています。

冬 ~ たくさん身体を動かして遊ぼう♪

冬は、日が暮れるのが早いので遊ぶ時間が限られてしまいます。

冬は身体を温める遊びがオススメ♪ 鬼ごっこをはじめ、フリスビーや縄跳など♪

相撲1

道具がなくても、手持ちのタオルやハンカチをウエストに挟んで取り合うしっぽ取りなど、アイディア次第で遊びはどんどん広がります。

夜の遊び

夕食も後片付けも済んだ夜、大人はお酒と焚きでまったりしたいのに、子供達は歯磨き前に、もうひと遊びしたいところ。

そんな子供達の夜遊びとオススメグッズをご紹介♪

焚き火 ~ 親子で癒やされながらのデザートタイム

焚き火を囲んで夕食を済ませたら、そのままマシュマロも炙ってデザートタイム♪

次男の焚火ごっこ

マシュマロを焼く

焚き火好きの息子達は、準備もはりきってお手伝いしてくれますし。焚き火を囲んで、おやつと、おしゃべりを楽しんでいます。

とんがりコーン遊び
自宅に居ると、雑用に追われ、子供達との会話の時間がゆっくりとれません。焚き火の前では自然と会話が弾むのも、焚き火の魅力☆

暖がとれる焚き火は、冬がオススメです。

ランタン・反射板ライトを持って散歩 ~ 自分のライトで冒険

日暮れになり、大人がランタンを準備しはじめると、自分達のランタンは無いのかと騒ぎはじめる子供達。

Everestorソーラーランタンのサイズ感

子供達が小さい時には、100均で購入出来る自転車用のライトを持たせていました。ランタンを持たせても振り回したり、壊したりと扱いきれないので、安全なモノを☆

キャンプの子供グッズ 子供用ライトと鈴

このライトは、何かを照らす用途のものではなく、自分の場所を光って知らせるものなので、キャンプ場で子供が、どこに居るか分かるので優れものです。

しかも、点灯モードと点滅モードがあるので、ひたすら操作して遊んでくれるので、調理がはかどるはかどる♪

キャンプを始めた頃は、子供の居場所がわかるように、ライトと一緒に鈴も付けていました。そのため、鈴の音でどのあたりで遊んでいるのかが分かるので安心です。

子供達が、幼稚園年中さんや小学校入学した頃には、スマイルランタンをそれぞれに購入♪

自分のランタンがあることに、大喜びで、ランタンを持って「探検してくる!」とトイレに行き、探検隊気分を楽しんでいました。

また、大人が洗い物を持って炊事場に行く時には「僕が照らしてあげるね!」とすすんでお手伝いしてくれます。

スパイス スマイルランタンをデコレーション

参考 スパイスのスマイルランタンのレビュー記事はこちら

スパイスのスマイルLEDランタンは、子供がキャンプで使うライトとして最適です。 キュートで可愛らしいデザインは、子供だけでなく大人も魅...

ライトスティック・光るブレスレット~ジョイントさせて自作のおもちゃに~

ファミリーでグループキャンプの時に、大喜びするのが、ライトスティックや光るブレスレット☆100均で購入出来るので、我が家では、多めに購入してお友達家族のお子さんにもおすそわけをします。

キャンプ 100均グッズ 子供用ライト

ライトスティックで、気分はスター・ウォーズ!

光るブレスレットは、輪っかに出来るジョイント付きなので、3~4本ジョインとさせネックレスにしたり、1本の輪を輪投げ代わりにして遊んだりしています。

最後は、インナーテントに輪飾りのようにぶら下げて、寝る直前まで明かりを楽しめるので、我が家では、お気に入りのグッズです。

ライトで影絵大会 ~ 19時からの上映をお楽しみに

子供達専用のランタンを持ち始めて、気づいた遊びです。

カマボコテント内で演劇

テントにうつる、ランタンの影を見て、かげ絵で遊べる事に気づいた子供達は、お友達家族の子供達と「かげ絵シアターごっこ」を始めました。

販売されている子供用ランタンの中に、ライトの下部にシルエットが装飾されており、地面に写し出されるものがあります。

また100均でも、かげ絵ライトを購入できます。我が家が購入したのは、懐中電灯の形をし、ライトのカバー部分にシルエットが印刷されており、ライトを点灯するとおばけの絵が映し出されるものです。

影絵遊び

子供達はそれらを使って、テント内で上映内容を考えたり、練習したり、折り紙でチケットを作ったりと大忙しで、就寝時間ギリギリまで準備を楽しんでいる姿は、とても微笑ましく、子供達に気付かされた遊びでした。

シアターごっこで無くても、単純にかげ絵だけでも十分に楽しめると思います。

プラネタリウムライトで、お休み前も楽しむ

手持ちのランタンやライトで、かげ絵遊びが楽しめる事に気づいてから、寝ながら楽しめるプロジェクターのようなものが欲しいと探していました。

そこで見つけたのが、「ベッドサイドランプ スタープロジェクター」

ベッドサイドランプ スタープロジェクターの付属品
テント内のライトにもなるし、カバーを替えれば、プラネタリウムにもなるので、我が家の夜のお楽しみのオススメグッズです。

しかもライトが回転します!

我が家では、子供達と寝袋に入って、星空のライトをつけながら就寝前のおしゃべりを楽しむのですが、星空と寝袋の非日常感に包まれながら、星空を眺めるので、気づくとよく爆睡しています。

ベッドサイドランプ スタープロジェクターをインナーテント内で照らす

実際の星空も素晴らしいですが、条件が合わないと見れませんし、そのまま星空の下で寝るというわけにもいきません。
このライトがあれば、インナーテント内で星空を楽しんでそのまま就寝できるので、オススメです。

参考 家庭用プラネタリウムのレビュー記事はこちら

先日、家庭用のプラネタリウムを購入したのでレビューします。 なんと!価格は2,000円以内。 プラネタリウムというよりは、ボンボ...

寝る前に「100のものがたり」・「なぞなぞ」でぐっすり

子供達は読み聞かせが大好きです。

ドラクエモンスターズ図鑑と子供たち 3

しかし日常では、家事や明日の準備で、子供達を就寝時間内に寝かせるのが精一杯で、なかなか読み聞かせの時間を作れません。
そこで、キャンプに行った時には、就寝前に必ず読み聞かせをしてあげよう!と決め、読んできました。

子供達が小さい時は、自宅にある絵本を子供達に選ばせて、持っていき就寝前に1人1冊読み聞かせ☆

子供達が大きくなるにつれ、自宅の絵本も目新しさがなくなってきた頃に、なにか良いのはないかなと探した本が「賢い子」を育てる100のものがたりと、「あたまがよくなる寝る前ナゾとき366日」です。

辞書ぐらいの厚さのある本ですが、これ1冊あればかなり楽しめるだろうと購入し、どちらも重宝しています。

100の物語の本は、桃太郎やシンデレラなど有名な物語が要約されて、100話も掲載!

また1話につき3分ほどで読めるので、読む側の負担も少なく挿絵もあるので、読んでいて飽きません。なぞなぞの本も、1日1ページ3問程度の問題で、読みやすいです。

我が家では、1人1話、また1人1ページを選ばせて読み聞かせやなぞなぞをすると、とても喜び、毎回キャンプの時に持っていく定番グッズとなりました。

物語は3分程で終わるので、内容について、それぞれどう感じたか話したりもしています。

なぞなぞは、ひらめき問題を解いてから寝ると、ひらめき力があがる研究がありますし、親も一緒に考えて楽しめます。

子供達は、この本がいたく気に入り「今日は早く歯ブラシして読もうね!(なぞなぞしようね)」と自宅でも読みたがるくらいです。

子供遊びに関するトピック

キャンプ場で、子供達と楽しい時間を過ごす為にも、キャンプ場は公共の場です。
親子で楽しい時間を過ごせるよう、場内ルールの確認と共に注意しておきたい点をご紹介します。

遊ぶ際の注意事項~投げた先は、安全かしっかり確認~

子供達の遊び道具は、飛ばしたり、投げたりするものも多いです。

その為、この場所で遊んで実際に投げた先、飛ばした先はどこへ行くのかを、まず大人の目でしっかり確認し、安全で迷惑になっていないかの確認をしましょう。

我が家では、子供達だけで遊び始めて、ボールやシャボン玉が、周囲のテントや車に当たりそうになり、ヒヤッとした経験があります。

それ以降、大人が確認してから遊ぶようにしました。

キャンプの子供グッズ ボールはNG

特にボール遊びは周囲への配慮が必要だと感じます。

よく場内にいる子供たち(小学生)がバスケットボールやサッカボールで遊ぶ姿を見かけます。

ボールの音が響くし、設営している最中や火起こしをしているのに、ボールが飛んできて、大変迷惑だったことを覚えています。

子供たちにボール遊びさせるのであれば、音がなりずらいボールにする、他のサイトにボールが飛ばないようなゲームにするなど、周囲への配慮を忘れないよう、我が家も心がけています。

ボール遊びは大迷惑!
ぶつけなければOKではなく「飛んでくるかもしれない恐怖」が大迷惑!

周囲のテントや区画に迷惑にならないように~

キャンプを初めた頃は、場内マナーもよくわかっておらず、親子で隣の区画に入ってしまったりという失敗があります。

鬼ごっこや、かくれんぼ中に盛り上がり、周囲の区画に入って、テントの張り縄に足を引っ掛けてしまうなどの事がないよう、遊ぶ前に、他所様の区画に入らぬ様子供達と確認をしましょう。

遊ぶ時間も気をつけて

朝の6時頃から、サッカーやバスケなど、平気でボールの音を響かせたり、夜9時を過ぎても、子供達が鬼ごっこをして大騒ぎしている姿をたまに見かけます。

うるさくて迷惑

朝や夜の静けさや虫の声などを楽しみにしていたキャンパーさんもいるでしょう。
キャンプ場は、特別な場所ではないので、自宅周辺と同じように時間帯に気をつけて、楽しく過ごせるよう我が家も、子供達と気をつける様にしています。

まとめ

我が家の体験談と共に、ご紹介してきました。

ふもとっぱらでビーチボール遊び
キャンプ場で、30分でも1時間でも親子で一緒に遊ぶ時間があるだけで、子供達にとってはより思い出深い充実したキャンプになると思います。

2019年1月下旬 森のまきばで縄跳び(長男)
紹介した道具や遊びをきっかけに、皆様の親子で遊ぶ時間がより充実したものとなったら幸いです♪

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!
ナチュラム
ナチュラム祭iconが開催中!
特価商品が毎週金曜に入れ替わります。人気商品はすぐに売り切れるので要チェック!

お得なセール商品iconもお見逃しなく。

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪