閃き!テントの底を乾燥させるための秘技をご紹介

テントの底を乾燥中

テントの底を乾燥させるテクニックをご紹介します。

夜が冷える時期になると、キャンプの撤収時にテントの結露に悩まされます。雨が降らなくても、驚くほどびっしょりに♪

シッカリと乾燥させて帰りましょう。

忘れがちなテントの底の乾燥

キャンプ場で、夜に冷えるとテントが結露します。

撤収している時には、フライシートがびっしょり濡れているのに気づきます。

先日キャンプに行った時には、最低気温が 5℃ほどまで下がったので、翌朝は、フライシートの裏がびっしょりです。(雨などは全く降っていません)

フライシートの裏の結露はびっしょり

久しぶりに、ひどい結露に見舞われました!

キャンプっぽいイベントにワクワクします♪

起きて、すぐに垣根にブン投げて乾燥させます★

フライシートを乾燥中

ちなみに、フライシートが結露している時には、同じくテントの底も濡れています。

テントの底の結露

この「テントの底の濡れ」は、撤収する時に最後まで気づかずに慌てがち☆

意識していないと、テントの底の濡れに気づくのは撤収時間の直前だったりします。

  • フライシートを外して
  • 寝袋を干して
  • テントの中の荷物を撤収して
  • テントを乾燥
  • テントを畳もうとしたら…
テントの底が濡れている!

撤収の順番としては一番最後です。チェックアウト時間ギリギリだったり…。

そこそこキャンプに行くようになった我が家も、フライシートの乾燥に気を取られて、テントの底が濡れているのに気づくのが遅かったりします。分かっているつもりなのですが、毎回、撤収の終盤に気づいて焦ります。

フライシートが濡れている時には、テントの底も濡れている

結露が発生する時期(夜に冷える時期)には、早めに撤収作業をすすめるのが賢い撤収方法です。乾燥させるための時間に余裕があると、心のゆとりが違います。

さて、厄介なテントの底の濡れですが、仕事キッチリ安全に乾燥させる秘技をご紹介します。

テントの底を乾燥させる秘技

テントの底を乾燥させる秘技を、先日発見しました♪

我ながらナイスアイデアを閃きました。

その方法はこちら。

テント下、乾燥中♪ #キャンプ #camping #アウトドア #outdoor #テント #乾燥 #テント乾燥

biggvoさん(@biggvo_)がシェアした投稿 –

テントを持ち上げて、アウトドアチェアを差し込むだけです。

前後に差し込むと効果的♪

テントの底を乾燥中 前後に椅子を挿し込む

意外とペグダウンしたままでもイケるんです♪

テントが飛ばされないので、ペグは挿したままのほうが安全ですね。

ペグダウンしたままでもOK

乾燥を早めるコツは、椅子を差し込んだら、雑巾でテントの下の濡れを拭いてあげること。雑巾は、挿し込んだ椅子に掛けて干せます☆

前後からの乾燥が終わったら、左右から挿し込んで乾燥させれば完璧。

お試しください☆

参考 テントの結露を短時間で乾燥させる方法も別記事でご紹介しています

テントを短時間で乾燥させる方法をご紹介します。 万人におすすめできる安心・安全な技ではありませんが、しっかり乾燥することができるテクニ...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
平成最後の大決算セールicon開催中 ~3/28
最大50%OFFセール商品iconもお見逃しなく!

フェリシモ
キャンプの焚き火で大活躍する裏ボアパンツが、30%OFFのラストセールを実施中。
ユニクロ・ワークマンよりオススメです♪ 我が家も愛用中。レビュー・比較記事はこちら

好日山荘
秋冬物クリアランスセール実施中。秋冬ウェアが最大50%OFF、patagoniaが30%OFFの大特価! 在庫限りのお買い得商品は30%~70%OFF♪

eSPORTS
在庫限りのアウトレットセール実施中。ノースフェイスのブーツ・シューズなどがお得です。

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪