注目情報

スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うなら絶対チャンス!

WeberのガスグリルQ1250で自家製ハンバーガ作り♪ 持ち運べるのが強み!

Weberガスグリル(Q1250)で作ったハンバーガー

海外でシェアNo.1を誇るウェーバー(Weber)。

ウェーバーの「蓋付きグリル」で作った料理が「超絶うまい♪違う!」という事を知ってしまた我が家(笑)

今回は、ウェーバーのガスグリル Q1250 を使ってハンバーガー&海鮮BBQを楽しんでみたのでその様子と、Q1250の使用レビューをお伝えします☆

ガスグリルQ1250はOD缶が燃料なので、本格フォルムのBBQグリルを色々な場所に持ち運んで使えるのが強み☆ また、自宅(庭・ベランダ)だけでなく、キャンプやBBQでも使えます♪

Weberのガスグリルの特徴 3つ
・本格的な蓋付きBBQグリル
・場所を選ばない
・着火・火力調整・温度確認が楽チン♪

自宅とキャンプの両方でWeberを使いたい方に便利なアイテムです。

販売店様から商品提供していただいています

ウェーバーのガスグリルの特徴ついて

Weberのグリルの最大の強みは「蓋付き」

Weberガスグリル(Q1250)は蓋付きで調理

ウェーバー(Weber)の特徴は「蓋付き」だから、ワンランク上のおいしい調理ができること♪

蓋付きのグリルだからオーブンのように使える
ガスグリルの特徴

ウェーバーのグリルにはいろいろな種類がありますが、今回紹介するのはガスグリル。ガスグリルはOD缶を燃料としているので、どこにでも持ち運んで使えるのが強み。

Weberガスグリル(Q1250)で使うOD缶

ガスグリルの特徴
・どこにでも持ち運んで使える♪
・炭グリルのような面倒な火起こしが不要
ウェーバー(Weber)のグリルの種類とその特徴

ウェーバーのグリルの種類別に特徴をまとめてみました ※個と人の見解・まとめです

種別 燃料 特徴 ランニング
コスト
(目安)
屋内 庭・
ベランダ
キャンプ・
BBQ
チャコール
グリル
立って使う
大型の脚付き
1,700円 ×
キャンプ
グリル
座って使える
低くてコンパクト
1,000円 ×
ガス
グリル
ガス缶 ガス缶が燃料
炭よりお手軽
1,000円
電気
グリル
電気
コンセント
一番お手軽
電源が必要
100円 ×

※ランニングコストは、4~5時間使った時の燃料代の目安

Weber ガスグリル Q1250

Weberのガスグリル Q1250 は蓋付きの豪華なBBQグリル。

Weberガスグリル(Q1250)

仕様
  • サイズ(約)
    • 蓋開いた状態およびテーブル出した状態(cm):62.5cm 高さ x 103.9cm 幅 x 52.1cm 奥行
    • 蓋閉じた状態およびテーブル出した状態(cm):39.4cm 高さ x 103.9cm 幅 x 42cm 奥行
  • 対応人数 4~6人用
  • 保証 日本正規品 5年保証

各種部品がこちら

Weberガスグリル(Q1250)の部品

焼き網は、ホーロー加工鋳鉄製。分厚くて蓄熱性に優れています。

Weberガスグリル(Q1250)の焼き網

焼き網も大きくて、いろいろな食材を乗せることができます。両側にウィングが付いているから食材などが置けて便利♪

Weberガスグリル(Q1250)で調理

5年の長期保証付き

Weberガスグリル(Q1250)の保証

本体、フタ、バーナチューブ、焼き網は5年間の保証付き。

Weberのガスグリル Q1250で作った料理を紹介♪

いつもの通り、前回のWeberの電気グリルWeberの炭グリルと同じく、お嫁様の実家でBBQをさせていただくことに♪

自宅の中庭でBBQ

WeberによるBBQは、かれこれ3回目で、ここ1ヶ月間に連続しているのですが(笑)。ウェーバーの美味しさが記憶に残っているのか、前回、前々回と同じメンバーが全員勢揃い! 総勢9名。※コロナウィルスの蔓延で不要な外出ができずにストレスがないのも要因かな。

ここ1ヶ月で連続3回目のウェーバーBBQだけど、毎回同じメンバーが勢う!
Weberの美味しさが間違いない証拠ですね(笑)

自宅の中庭でBBQする風景

私は、今回も独りBBQの空間を楽しみながら、調理に徹します☆

自宅の中庭でBBQする時の焼き場

今回も期待を裏切らない絶品料理♪

さて、肝心な料理ですが、これまでのウェーバーと同様に、Weberのガスグリル Q1250でも贅沢な料理を堪能♪

やっぱり「蓋付き」のウェーバーは裏切らない!
ガスグリル(Q1250)は火力調整・温度管理が楽で絶品料理がお手軽に作れる♪

今回は、自家製ハンバーガーを楽しみました。

Weberガスグリル(Q1250)で作ったハンバーガー

きっと、オシャレなお店で食べたら1,500円 ~ 2,000円近くするヤツです(笑)

みんな食べるのが早いので(笑) 具材を乗せて重ねてグリル!

Weberガスグリル(Q1250)でハンバーガーの具材を焼く

肉汁がたっぷり極厚ハンバーグ♪ このまま食べても美味しそう。

Weberガスグリル(Q1250)で作ったハンバーグ

↓ハンバーグを焼いている動画がコチラ↓

WeberのガスグリルQ1250で調理する様子

Q1250の両側のウィングは、焼いた具材が置けて便利☆

Weberガスグリル(Q1250)で焼いたハンバーグの具材

ハンバーガーの完成写真☆

Weberガスグリル(Q1250)で作ったハンバーガーセット

みんな焼けたらすぐに食べてしまうので、それを制して完成写真を撮るのも一苦労(笑)

スキレットごと入れて調理したアヒージョ☆

Weberガスグリル(Q1250)で焼いたアヒージョ

丸エビも堪能♪

Weberガスグリル(Q1250)でエビを丸ごと焼く

ハンバーガーも海鮮グリルも極上の味わい♪

これまでのウェーバーでは、王道の肉料理をメインにしてきましたが、今回は趣向を変えてみましたが、どれも美味しかったです。

期待を裏切らないウェーバー、間違いない!

ウェーバー Q1250の唯一の弱点は「サイズ」

ウェーバーのガスグリルの弱点は本体の大きさ。

Weberガスグリル(Q1250)のシルエット

このアメリカンサイズがデメリットかな

両サイドのウィングは折りたためるのですが、そこそこの収納サイズになります。

Weberガスグリル(Q1250)のダンボール箱のサイズ

正直、サイズは大きいのですが、極上の贅沢料理が自宅で楽しめるので、BBQを頻繁にやる方で、自宅に保管スペースがあるならオススメ。

美味しい料理が食べられるから♪ 許せてしまうサイズ感♪

友人などに、おもてなし料理が振る舞える事なども考えると、素敵な経験・体験ができるアイテム☆

Weberのガスグリル Q1250 の使い方

ここからは、ウェーバー(Weber)のガスグリル Q1250の使い方を紹介していきます。

  • 組み立て方
  • 使い方
  • 調理時の温度調整
  • お手入れ・お掃除方法
一番の強みは、火力・温度調整が簡単なこと!

組み立て方 ~ ドライバー1本あれば組み立て可能

ウェーバーのガスグリル Q1250の組み立て方は簡単。

準備するのはドライバー1本のみ

Weberガスグリル(Q1250)の部品

組み立てが必要な部品がコチラ↓

Weberガスグリル(Q1250)の組み立て部品

ハンドルをネジで取り付け。(初回のみ)

Weberガスグリル(Q1250)のハンドルを組み立てる

Weberガスグリル(Q1250)はドライバーで組み立て可能

温度計を取り付ける(初回のみ)

Weberガスグリル(Q1250)の温度計を組み立てる

着火装置に電池をセット(初回のみ)

Weberガスグリル(Q1250)の着火装置に電池を入れる

ガス調整ダイヤルを取り付け (初回のみ)

Weberガスグリル(Q1250)のガス調整ダイヤルを組み立てる

本体とフタはピンで止めます。

Weberガスグリル(Q1250)の蓋を組み立てる Weberガスグリル(Q1250)の蓋を組み立てた状態

汁受けをセット

Weberガスグリル(Q1250)の汁受けトレー

ガス缶をセット

Weberガスグリル(Q1250)にガスを取り付ける手順1

ガス缶は、ホルダーにガス缶を入れてから、ガスチューブを取り付けます。逆の順番だとガス缶がホルダーに入りません。最初気づかずに四苦八苦しました(笑)

Weberガスグリル(Q1250)にガスを取り付ける手順2

ガス缶はアウトドアで使われるOD缶が使えるはずです。実際に試したわけではありませんが形状が同じです。※特に理由がなければWeberのガス缶を使うほうが安心☆

Weberガスグリル(Q1250)のOD缶の口金

OD缶(アウトドア缶)

着火方法

ガスグリル Q1250 の着火手順も慣れてしまえば簡単です。

ガスを出してスイッチ押して火を付ければOK

まずは、蓋を開けてウィングを左右に開きます。忘れるとウィングが燃えます。私はうっかり燃やしそうになりました。

Weberガスグリル(Q1250)の使い方1 両ウィングを開く

ガスの元栓を開けて

Weberガスグリル(Q1250)の使い方3 ガスの元栓を開ける

ガスの出力を着火(最大)の位置にセット。ガスが出ます。

Weberガスグリル(Q1250)の使い方4 ガス出力を着火位置に合わせる

着火ボタンを押すと火が付く♪

Weberガスグリル(Q1250)の使い方5 着火ボタンを押す

電池切れの場合は、下からマッチやライターで火を付けることもできます。

Weberガスグリル(Q1250)の使い方6 ライターでも着火できる

↓ウェーバーQ1250を着火した時の動画がコチラ↓

WeberのガスグリルQ1250の着火方法

火力調整と温度確認がとにかく楽チン!

ウェーバーの調理のポイントは温度調整にあるのですが、ガスグリルQ1250はとても簡単でした。

ガスだから、火力調整はダイヤル式♪

Weberガスグリル(Q1250)のガス調整ダイヤル

温度計付きだから、中の温度が分かる♪

Weberガスグリル(Q1250)の温度計

火力調整と温度確認が本当に楽!
他のグリルは慣れが必要

他のグリルも実際に使っていますが、電気グリル(Q1400)は温度計がない。キャンプグリル(GoAnywhere)は炭なので温度調整が難しく、温度計もない…。

といっ感じだったので試行錯誤と慣れが必要だと感じましたが、ガスグリルだと常に温度が確認できて、火力調整も簡単なので失敗が減ります♪

ウェーバー ガスグリル Q1250 のお手入れ方法

ウェーバーのガスグリルのメンテナンス方法を紹介します。

使うと汚れる

今回グリルを使ってみた時の汚れがこちら。

Weberガスグリル(Q1250)を使ったあとの汚れ

今回は、海鮮を焼いたり、ハンバーグの焼色をつけた時に一気に汚れました。

お掃除・メンテナンス方法

ウェーバーのガスグリルは、普段の簡易クリーニングとディープクリーニングの2種類を使い分けます。

頻繁に使うシーズン中は簡単にお手入れしておいて、シーズンオフにシッカリ掃除するという使い方が現実的
  1. 毎回 … 空焚きして焦げを取る (&ウェットティッシュで拭く)
  2. 定期 … 部品を外してクリーニグ (4~5回に1度)

といったお手入れが必要です。

ということで「空焚きして焦げを取る」と「部品を外してクリーニグ」のメンテナンス方法を紹介します。

[毎回] 空焼きして焦げを取る

ウェーバーの動画では、空焼きして焦げを落としてクリーニングする方法が紹介されています。

【Weber Qガスグリル】掃除の仕方

毎回、簡単にお手入れする方法は

空焚きして焦げを落とす (のみ!)

使ったグリルを10分ほど空焼きして、250℃~300℃に温度をあげます。

Weberガスグリル(Q1250)

ちょうど10分ぐらいで260℃になりました。

Weberガスグリル(Q1250)の片付け 空焼き

汚れが炭化するので、鉄ブラシやヘラで焦げを落として完了!

[定期]部品を外してクリーニグ

定期的なクリーニング(ディープクリーニング)の方法がウェーバーから動画で紹介されています。

【Weber Qガスグリル】ディープクリーニングの方法
ガスグリルの定期クリーニング方法

定期クリーニングは、4~5回に1回実施するように案内されています。

  1. 焼き網を洗剤で洗う
  2. バーナーチューブの汚れをブラシで落とす
  3. 本体の汚れをヘラで落とす
  4. 汁受け(ドリップパン)は交換
我が家のクリーニング方法(自己責任)

我が家の場合は、ダンボールに入れて室内で保管するので、ウェーバーで案内されているクリーニング方法だと、グリルが臭わないか気になります。

ということで、自己責任で踏み込んでクリーニングしました。

焼き網は洗剤で洗います。シンクに傷や汚れがつくので牛乳パックを敷くと良いです。

Weberガスグリル(Q1250)の片付け 網を洗う

ドリップパンは使い捨てのトレーも洗って再利用♪

Weberガスグリル(Q1250)の片付け 汁受け(ドリップパン)網を洗う

フタは取り外して水洗い。温度計も外します。

Weberガスグリル(Q1250)の片付け フタを洗う

本体を水洗いするために、ガスチューブを取り外します。

Weberガスグリル(Q1250)の片付け バーナー部品を外す

Weberガスグリル(Q1250)の片付け バーナー部品を取り外した状態

着火装置の電子部品は取り外せなさそうだったので、濡れないように袋でカバー

Weberガスグリル(Q1250)の着火部品を濡れないように保護

そして水洗い

Weberガスグリル(Q1250)の片付け 本体を水洗い

脚やウィングは拭き掃除。

Weberガスグリル(Q1250)の片付け 本体を拭き掃除

油汚れが取れて綺麗になりました♪

自己責任でご検討ください。

自宅でもキャンプでも使えるのがガスグリルの強み!

Weberのガスグリルは、極上のBBQをどこにでも持ち運んで楽しめるアイテム。

電気グリルと炭グリルの短所を補い、バランスの取れたグリルだと感じました。

  • 電気グリルだと電源が必要なのでキャンプやBBQでは使えない
  • 炭グリルだと炭火を使うので、自宅で使いづらく、火加減も難しい

その点、ガスグリルなら自宅(庭・ベランダ)だけでなく、キャンプやBBQでも使えます♪

Weberのガスグリルの特徴 3つ
・本格的な蓋付きBBQグリル
・場所を選ばないのが強み♪
・着火・火力調整・温度確認が楽チン!

個人的には欠点だと感じたのは、本体のサイズ感と、クリーニングのしやすさ。

とはいえ、極上のBBQをいつでもどこでも楽しめること、電気グリルと炭グリルと違って使いやすく場所も選ばないという点では便利です。

自宅とキャンプの両方でWeberを使いたい方に便利なアイテム。

ガスグリルにはWeberのガス缶がベストを使います

※他社のOD缶も使えるかもしれませんが、そんなに価格差があるわけでもないので正規品をオススメ

あると便利なオプション品

オーブン料理するなら間接火での調理になります。火から直接熱が伝わって焦げないようにロースティングシールド・ラックがあると便利。

厚切り肉を調理するなら、中の温度を温度計で測ることで焼け具合を判断できます

メンテナンスに便利なブラシとスクレーパー

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うならチャンス!

オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪