カマボコテント 今なら在庫あり!
カマボコテント2 ナチュラム別注 →レビュー記事
カーキ×ブラック(75D)icon 在庫あり
カマボコテント ミニ ナチュラム別注 →レビュー記事
カマボコテントミニ (ベージュ×ダークブラウン)icon 在庫あり

安い! トンネル2ルームテント ロング ~ テントファクトリーのトンネル型テント

テントファクトリー トンネル2ルームテント ロング
Photo by ナチュラム

2018年、テントファクトリーから「トンネル2ルームテント ロング」というトンネル型のテントが販売されています。

その魅力は「安さ」

私の知る限り、トンネルテントの中では一番安いです。

実際にどのようなテントなのか、見ていきたいと思います。

テントファクトリーの「トンネル2ルームテント ロング」

テントファクトリーの「トンネル2ルームテント ロング」は、2018年に販売開始となった新作のテントです。

テントファクトリー(キャンプ用品ブランド)とナチュラム(アウトドア用品販売店)の共同企画で誕生したテント。

テントファクトリー トンネル2ルームテント ロング カタログ

2018 TENTFACTORY CATALOG

グラスファイバーポールの商品

アルミポールの商品

  • トンネル型のテント
  • 4人で寝られるサイズ
  • 広いリビングスペース

人気のDODのカマボコテントと似たような形状で、使い勝手も良さそうです。

製品紹介の動画も公開されています。

【テントファクトリー】イチオシ紹介!2018タッチザアウトドア

テントファクトリーの株式会社アウトサム 代表取締役の谷内氏と、キャンプコーディネーター こいしゆうか氏が解説しています。

一番の特徴は「安さ」

テントファクトリーの「トンネル2ルームテント ロング」の特徴は

ズバリ! 安いこと!

これにつきます。

コスパの優れたDODのカマボコテント2でも5万円ほど。対して、この商品は4万円ほどで手に入ります。

流行をとらえたリーズナブルなテント

トンネル2ルームテント ロングは、両社の強みが反映された商品です。

  • リーズナブルで最良の商品を提供するテントファクトリー
  • 売れ筋商品を熟知している販売店ナチュラム

ナチュラムは、2017年にDODのカマボコテントの限定カラーを共同開発して、すぐに売り切れる商品を共同開発しています。販売店ということでどのような商品が売れているかに長けています。

テントファクトリーは、利用シーンに合わせたテントをリーズナブルな価格で提供することを得意としています。

2社の共同作ということもあり、需要のあるテントに仕上がっている印象です。

リーズナブルで実用的なテント

広くて使いやすいサイズ

トンネル型のテントなので、寝室と広いリビングスペースが確保できます。

居住空間の広さは強みです。

テントファクトリー トンネル2ルームテント ロング カタログに表記されているテントのサイズ

2018 TENTFACTORY CATALOG

広いリビングスペース

リビングスペースは、インナーテントを吊るした状態で、320×210×190(h)cmあります。

2~3家族のグループキャンプに便利なリビングスペース

icon

4人家族がのんびり過ごせます。6~8人ぐらいまで入れそうなので、グループキャンプにも便利そうです。

  • 6人 … 1人あたり横幅 106cm
  • 8人 … 1人あたり横幅 80cm (ちょっとキツイかな)

これだけ広いスペースがあれば、テーブルや椅子、キャンプ用品をテント内に置いて、過ごすことができます。

インナーテントを外せば、もっと広く使えます。テント全体のサイズが、560×255×190(h)cmあるので、10~12人は過ごせそうです。

icon

寝室は家族4人までのサイズ感

インナーテントのサイズは、240×210×190(h)cm

インナーテントと同サイズのグランドシートの画像がこちら。

icon

4人で寝た場合、1人あたり幅60cm

一般的な1人分のマットやコットのサイズが60cm幅。

寝返りを打つことを考えると、大人4人で寝るにはちょっとキツイかもしれません。頭と足を交互にして寝たり工夫が必要そうです。

大人2人と子供2人の4人家族でちょうど良い感じ

子供が小さい時には4人でもなんとかなるサイズだと思いますが、子供が大きくなって、テントの寝室が手狭になったら、リビングスペースにコットを出して(お父さんが)寝ると良いと思います。

参考 我が家の経験から

我が家が使っている、アメニティドームのMサイズは270✕270cm。大人2人と子供2人で快適な寝られるサイズ。このテントは240✕210cmなので、4人家族でピッタリといった印象です。寝室が広すぎても空間がもったいないので、ちょうど良いとも言えます。寝室は寝るだけですし☆

スペックについて

価格が安いので、気になるのが商品のスペック。DODのカマボコテント2と比較してみます。

トンネル2ルームテント
ロング
(テントファクトリー)
カマボコテント2
(DOD)
設置
サイズ
560×255×190(h)cm 640×300×195(h)cm
インナーテント
サイズ
240×210×190(h)cm 280×220×190(h)cm
対応人数 4人 大人5名(※寝室スペース)
メインポール グラスファイバー
または
アルミニウム
アルミニウム(AL7001)
フライシート
材質
ポリエステルタフタ210T
68Dリップストップ
150Dポリエステル
UVカット加工 (UPF50+)
インナーテント
材質
ポリエステル
タフタ185T 75D
75Dポリエステル
フロアシート
材質
ポリエステル
オックスフォード150D
210Dポリエステル
PUコーティング
グランドシート
材質
PE(ポリエチレン) 別売り
耐水圧 3,000mm [フライ] 3,000㎜
[フロア] 5,000㎜
重量 15.5kg 16.9kg
価格 4万円ほど
アルミ仕様は5万円ほど
5万円ほど

比べてみると、気になる点が出てきます。

気になるポイント
  • メインポールがグラスファイバー製
    →アルミポールの商品がオススメ
  • フライシートの生地がカマボコテント2と比べて薄い
    →オプション品のトップルーフを使って補完可能

メインポールがグラスファイバー製

メインポールがグラスファイバー製なので、耐久性が気になるところです。

ただし、万が一、ポールが折れてもアフターサービスがあり、テントのポールの在庫は確保されているため安心です。

テントファクトリーのアフターサービスでポールの在庫はある

2018 TENTFACTORY CATALOG

2019年はアルミポールの商品が販売されているので、アルミポールをオススメ!

テントの生地について

「トンネル2ルームテント ロング」の生地について細かく見ていきます。

「トンネル2ルームテント ロング」は、テントファクトリーの「フォーシーズン テント シリーズ (オールシーズン キャンプが楽しめる商品)」として位置づけられています。

フォーシーズンテントシリーズの特徴

フォーシーズンテントシリーズの特徴

  • 夏は涼しく、冬は暖かい
  • フライシートは軽量で強度のある生地
  • 耐水圧 3,000mm
テントファクトリー フォーシーズンシリーズの4つの特徴

2018 TENTFACTORY CATALOG

耐水圧は充分

耐水圧は3,000mmあるので充分です。

我が家の使っているスノーピークのアメニティドームMは 1,800mmミニマム(フライシート & フロアシート)で、水漏れなどは経験していません。※ミニマムは、生地だけでなく縫製部分も含めて保証するという意味です。

遮光性が気になるポイント

個人的には、フライシートの生地が、カマボコテント2と比べると薄いのが気になります。(実際に触ってみないと分かりませんが…)

旧 カマボコテントは、「生地が薄い」という難点がありました。生地の色が淡いベージュということもあり、遮光性がイマイチだったようです。そのため、カマボコテント2で生地を厚くしています。

  • トンネル2ルームテント ロング : ポリエステルタフタ210T 68Dリップストップ
  • 旧 カマボコテント :75D 190Tポリエステル(防炎&UVカット加工済み)
  • 新 カマボコテント2 :150Dポリエステル(防炎&UVカット加工済み)

デニール(線密度)はカマボコテント2の半分です。生地自体と色が違うため、何とも言えませんが、遮光性には注意が必要かもしれません。

遮光性は注意が必要
炎天下で使う場合は、オプション品のトップルーフを使うと良い

遮光性を高めるためには、オプション品のトップルーフを使うと良いと思います。結露対策にもなります。

さいごに

テントファクトリーの「トンネル2ルームテント ロング」は、安く手に入るトンネルテント。

安くトンネルテントを手に入れたい方にとって最適!

初めてテントを買う方にも、おすすめできるテントです。

グラスファイバーではなく、アルミポールをオススメ!
※我が家はテントのポールを折った事が2回もあります。アルミ製でも折れますので。

アルミポールの商品

グラスファイバーポールの商品

トップルーフ

参考 トンネルテントのおすすめ品を紹介している記事

2019年版 トンネルテントの「おすすめ12品」と「ファミリーキャンプ向けの選び方」「メリット・デメリット」をご紹介します。 実際に、...

参考 ファミリー向けのおすすめテントを紹介している記事

キャンプをはじめる方に、ファミリー向けテントの選び方と、価格が安くて実用的なテント3品をご紹介します。テント選びで失敗しないために、少しでも参考になれば嬉しいです☆
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
最大92%OFFのセール商品iconをお見逃しなく!

crocs(クロックス)
クロックスはセール品iconを狙うとお得にGetできます。
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconも活用すると良いです!

スポーツオーソリティ
アウトドア応援 厳選大特価iconは要チェック

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪