注目情報

スポーツオーソリティーお客様感謝デーicon最大 21.5% 還元! 10/19~20 普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象♪

【日本の老舗】タイガーのステンレスボトルがオシャレで機能的

タイガーステンレスボトルをテーブルに置く

タイガーのステンレスボトルをレビュー。

タイガーのステンレス水筒が「オシャレ」で「機能的」
デザイン&色良し

「日本の水筒は使い勝手は良いけどデザインがイマイチ」というイメージがありましたが、タイガーのステンレスボトルが見事に覆してくれました。

使い勝手良し

日本ブランドということもあり、日本人が使いやすい仕様になっていると感じます。細部まで配慮されたデザインやこだわりを感じます。

実際にキャンプで使ってみたのでデザイン性や使い勝手をレビューします。

※メーカー様から商品提供していただいています

タイガー ステンレスボトル

タイガーといえば日本人に馴染みの深いタイガー魔法瓶。

個人的に水筒といえば、なんとなく家にあったサーモスを使ってきたのですが、タイガーのステンレスボトルを見てその色合いの美しさに驚かされました。

タイガーステンレスボトル テントの棚でレイアウト

カラーバリエーションも豊富で綺麗!
タイガーの特徴は「カラー」と「選べるせん」「日本人が使いやすい機能性」

日本ブランドということもあり、細かなところまで気の利いた作りになっています。

  • せんが選べる (ハンドル・コップ)
  • ステンレス真空2重構造 アイス・ホット 6時間
  • 汚れにくくサビに強い加工
  • すべりにくい表面加工
  • ゴム底で、すべりにくく静か

タイガーステンレスボトル 海辺

また、未来を見据えて商品開発をしている点に好感が持てます。

OUR MISSION – 4つの約束- タイガーボトル

  1. 脱・紛争鉱物
  2. 脱・フッ素コート
  3. 脱・丸投げ生産
  4. 脱・プラスチック

タイガーの強みは「オシャレな色使い」

キャンプに合う色が見つかるのがタイガー水筒の強み。

Amazonの売れ筋ランキング(水筒・マグボトル)を見ると、真空断熱水筒は、タイガー、サーモス、象印の3社でほぼ独占している状態ですが、商品ラインナップを見てみると、タイガーが一番キャンプに合う雰囲気だと感じました。

タイガーステンレスボトル テント

タイガーは、ツヤ消しの色使いがオシャレ

一方、サーモスや象印はパステルカラーでキュートな色合いか、無難な渋い色が多い印象。

スタンレーやYETIもオシャレですが、日本の生活スタイルでは、サイズ感やシルエットに不便を感じるポイントもチラホラ。

ということから、

タイガーの水筒はデザインの良さと、細部まで気の効く機能性が強み

だと感じました。

使って分かったタイガーの水筒の便利ポイント 3つ

キャンプでタイガーのステンレスボトルを使ってみたのですが、他の水筒と比べて細かなところまで使い勝手にこだわっているのが伝わってきました。

タイガーステンレスボトルをキャンプで手に持つ

上品な本体 ~ 細部まで気の利いた加工

まず最初に手に取って感じたのが、表面がザラザラした加工になっていて滑りにくいこと。

タイガーステンレスボトルの表面加工

底はゴムになっていて滑りません。

タイガーステンレスボトルの底はゴム

ゴムだから置く時に金属音がしない♪

タイガーステンレスボトルはゴム底だから音が鳴らない

我が家ではこれまでツルツルの金属水筒を使っていたのですが、タイガーのステンレスボトルは上品な印象。

ただ、ボトルが太めのデザインになっているので、一般的なドリンクホルダーに入らないので注意が必要です。

タイガーステンレスボトルはドリンクホルダーに入らない

スポーツドリンクを入れてもOK

ボトルの内面には、なめらかで光沢のあるスーパークリーンPlusを施してあります。 タイガーステンレスボトルの内側

汚れ・ニオイがつきにくく、塩分が含まれているスポーツドリンクを入れてもOK

参考 環境・健康の両面への影響を考え、フッ素加工はしていない

数千種類ある有機フッ素化合物の中には、以前は使用を認められていながら、今は国際条約で使用が禁止されているものがあります。 環境・健康の両面への影響を考え、私たちは、フッ素コートを全ボトルに使わず、高度な研磨技術で同等の防染性能を実現しています。 OUR MISSION -4つの約束- タイガーボトル

「せん」が選べる

タイガーのステンレスボトルは「せん」が選べるというカスタマイズの自由さが嬉しいポイント。

「せん」が選べる

タイガーステンレスボトルのハンドルせん

タイガーステンレスボトルのハンドルせんを開ける

今回使っているアクティブモデルは「ハンドルせん」と「コップせん」が選べます。(どちらも抗菌あり)

カスタムボトルの場合は「ワンプッシュせん」「スクリューせん」×「抗菌の有無」の4種類から選べます。

保冷力をサーモスと象印と比較!

もちろん保冷力もトップレベル。

タイガーステンレスボトル キャンプ

Amazonの売れ筋ランキング(水筒・マグボトル)を見ると、真空断熱水筒は、タイガー、サーモス、象印の3社でほぼ独占している状態。ということで各社の同容量の水筒で保温・保冷力を比べてみました。

保冷であれば6時間で1℃~2℃の差しかない、熾烈なトップ争い

保温・保冷力は象印が僅差でトップ。タイガーは保冷力で同率1位。そして、ハンドルせんよりコップせんのほうが保温・保冷力が高い事が分かります。

型番 容量 保冷効力(6時間) 保温効力(6時間)
タイガー MCZ-D060/ハンドルせん 0.6L 9℃以下 67℃以上
タイガー MCZ-D060/コップせん 0.6L 8℃以下 71℃以上
サーモス JNR-601 0.6L 10℃以下 70℃以上
象印 SM-SF60 0.6L 8℃以下 73℃以上

出典

日本ブランドの品質と機能

タイガーといえば日本のブランド。

タイガーステンレスボトルと水筒のロゴ

日本企業らしく、使い勝手や機能性など、日本人向けに細かなところまで気の利いた作りと品質を感じさせてくれるアイテムです。

抗菌加工せん

アクティブモデルは抗菌加工せんが使われています。

タイガーステンレスボトルのせんを外す

抗菌加工されていない製品の表面と比較し、細菌の増殖割合が百分の一以下であり、耐久性試験後も抗菌効果が確認されること。抗菌性は国際標準ISO22196に準じて行われた試験の結果にもとづいて判定されます。

SIAA マークは抗菌製品技術協議会が制定した抗菌のシンボルマークです。

タイガーカスタムボトル抗菌加工せん タイガーボトル

丸洗い可能

もちろんボトルは丸洗い可能。交換用パッキンも販売されています。

タイガーステンレスボトルはせんを丸洗い可能

飲み口の工夫

ハンドルせんの飲み口には氷止めがあり、冷たい飲み物氷で冷やしていても、氷が飛び出すことがありません。

タイガーステンレスボトルのハンドルせんの氷止め

また、間口が大きいので氷が丸ごと入ります。

タイガーステンレスボトルは氷が丸ごと入る

さいごに

タイガーのステンレスボトルは、タイガーのステンレスボトルを見てその印象が覆されました。

タイガーステンレスボトルを手に持つ テント前

タイガーのステンレス水筒は「オシャレ」で「機能的」

日本ブランドということもあり、細かなところに配慮されたデザインやこだわりが海外製品とは違うと感じました。日本人向けの気配りのある作りも魅力です☆

お得なセール情報
お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
お客様感謝デーicon最大 21.5% 還元! 10/19~20 普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象♪
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconもお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪