【レビュー】THE IRON FILED GEARの焚火台 タキビイタ(TAKI BE ITA)は薄くてオシャレで一生使えそう♪

TAKIBEITA

ジ・アイアンフィールドギア(THE IRON FILED GEAR)のタキビイタ(TAKI BE ITA)を先行レビューさせていただきました。

オシャレで薄く収納できる焚き火台!

サイドから見える炎の赤がアクセントになって綺麗♪

TAKIBEITAの柄

収納時は薄型でコンパクトなのですが、実際に手に取ってみるとズッシリとした重さに驚き!3.2mmの分厚い鋼板で作られているので耐久性はバッチリです。また、構造がシンプルなので、万が一 曲がっても自分で叩いて修理できそう(笑)

ということで一生使えそうな焚き火台です♪

メーカー様から商品提供していただいています

参考 焚き火台のおすすめランキングはこちら

リアルなキャンパーが、焚き火台のおすすめランキング12選と、選定ポイント6つを紹介します。 キャンプ歴6年目、これまで10種類以上の焚...

THE IRON FILED GEARの焚き火台 「タキビイタ(TAKI BE ITA)」

THE IRON FILED GEARは香川県の鉄工所によるアウトドアブランド。2019年に薪ストーブ(TAKI BE CAN)を販売しています。

その弟分として、焚き火台 「タキビイタ(TAKI BE ITA)」をMakuakeにて先行販売中。

TAKIBEITA

THE IRON FILED GEAR 焚火台 TAKI BE ITA (タキビイタ)
created by Rinker
THE IRON FILED GEAR
特徴
オシャレで薄く収納できる焚き火台
  • サイドから見える炎の赤がアクセントになって綺麗♪
  • 収納すると薄さ 0.83cm
  • 3.2mmの分厚い鋼板で耐久性バッチリ
  • オプションの五徳セットで調理もできる
シンプルな作り

シンプルな作りで、フラット鋼板を組み合わせると焚き火台が完成!

TAKIBEITAの付属品

無駄のない作りになっていることに感心させられました。収納サイズはとてもコンパクトなのですが、そのズッシリとした重さは耐久性がある証拠。

オプションの五徳セットでグリルになる

オプションの五徳セットを使うことで調理もできるので、焚き火台としてだけでなくグリルとしても使える逸品♪

TAKIBEITAで調理

サイズはSとLの2種類

Sサイズ … ソロキャンプや焚き火だけの時に便利
Lサイズ … ファミリーキャンプやグループキャンプに便利

仕様(抜粋)
Sサイズ Lサイズ
サイズ 組立 約W195×H212×D233 (mm) 約W273×H299×D330 (mm)
収納 約W300×H280×D18 (mm) 約W430×H385×D18 (mm)
重量 本体 約3.4Kg 約6.7Kg
五徳セット 約1.1Kg 約1.3Kg

今回は、Lサイズを実際に使ってみました。

おしゃれなデザイン

タキビイタ(TAKI BE ITA)の魅力は、サイドから炎で柄が透けて見えること♪

TAKIBEITAの柄

不思議なもので、

柄が浮き上がると格段にオシャレ!

テンションが違ってきます。

薄く収納できる

収納状態が薄いのも驚きのポイント。

一枚の鉄板から無駄なく部品が切り出されているため、極限までデットスペースが排除されています☆

TAKIBEITAの収納時の薄さ

収納ケース(敷板)に収めると0.83mmの”板”に!

TAKIBEITAの収納時

フラットな鉄板なので上に物を置いても鉄板が曲がったりする心配が少ないです。

タキビイタ(TAKI BE ITA)は薄く収納できる

収納ケース(敷板)は本体より薄い鉄板で作られているので軽量。焚き火台の敷板として使うことができます。

ダンボール製の収納箱が付属

購入時はダンボール製の収納ケースが付属しています。

TAKIBEITAのサイズ TAKIBEITAの箱収納時のサイズ

ダンボールだと長く使えるか心配なので、今後、収納ケースやベルト&袋が販売されると良いですね。もう一枚敷板を付けて五徳セット含めてフタができるようになると便利かも。いずれにせよ今後のオプションに期待♪

なかなかの重厚感

タキビイタ(TAKI BE ITA)のデメリットは「重さ」

TAKIBEITA五徳セット含めてダンボール箱に入れる

Sサイズが3.4kg。Lサイズが6.7kgなので持つとズッシリしています。コンバクトですが中身は「鉄の塊」です。

3.2mmの分厚い鋼板だから耐久性バッチリ

タキビイタ(TAKI BE ITA)のデメリットは「重さ」なのですが、それは、耐久性が高いことの裏返し。

3.2mmの分厚い鋼板は、スノーピークの焚き火台の2倍以上!

TAKIBEITAの鉄板の厚さ

一生使い続けられると言われるスノーピークの焚き火台は1.5mm。

鉄工所らしい焚火台

THE IRON FILED GEARは香川県の鉄工所によるアウトドアブランド。鉄工所の鋼材を熟知した「専門性」と「強固」なモノを作っている精神が反映されていると感じました。

通常は薄い材料を曲げ加工し強度を出しますが、厚さのある物に比べれば熱変形に弱く歪んでしまったり、錆などの腐食で穴が開いたりと耐久性は落ちてしまいます。

厚い鋼板を使うことで重さはありますが、それでも長く使っていただく為の丈夫さを優先しました。

穴をあけて軽量化することも可能ですが、灰が落ちたり飛散することを考え軽量化の為の穴はあけず、空気の取り込み口のみとしました。

by THE IRON FILED GEAR

実際に薪使い放題のキャンプ場で、ガンガン焚きましたが、ガッチリした焚火台です☆

TAKIBEITAの柄

五徳セットは必須オプション!

タキビイタ(TAKI BE ITA)を買うなら是非一緒に検討しておきたいのが五徳セット。

TAKIBEITAの五徳セット

個人的には五徳セットは「必須」なので検討し忘れないように!

五徳セットには、「ロストル」と「五徳」が含まれています。

ロストルは燃焼効率を上げるのと、火床を上げて地面へのダメージを抑えるために必須だと思います。

五徳にはダッチオーブン(約8インチ)とスキレット(約8インチ)を乗せても、かなり安定感がある感じ。※耐荷重の記載はありませんが何でも乗る気がします(笑)

TAKIBEITAにダッチオーブンとスキレット

五徳は本体に対して斜めになるので隙間から薪を追加できて便利♪

TAKIBEITAは五徳の脇から薪を追加できる

また五徳の脚を使うと薪を立てて組みやすくなるので、着火する時や火を大きくしたい時に重宝します。

TAKIBEITAの五徳に薪を立てる

五徳セットは基本セットと同じサイズに収まるので、重ねて収納することが可能。

TAKIBEITA五徳セット含めて収納

収納箱から厚さがはみ出してしまうのですが、ダンボールの収納ボックスにギリギリセーフ?な感じで収まりました(笑)

TAKIBEITA五徳セット含めてダンボール箱に入った

参考 代替品では物足りないので純正の五徳セットがオススメ

五徳やロストルは、100均の焼き網などを折り曲げれば工面できるかもしません。ただ、組み立てたときの美しさや耐久性、便利さを考えると、せっかくタキビイタ(TAKI BE ITA)を買うなら五徳セットも合わせて買いたいところ☆

地面へのダメージは?

地面への熱ダメージは、そこそこ気にしたほうが良さそうな印象でした。

今回は芝生の上で焚き火をしなかったのですが、 火を入れて焚き火をしている時に敷板の温度を計ったら37.3 度でした。※ロストル使用・普通火力の焚き火にて。

TAKIBEITAの敷き板の温度

焚火台の最下部(炭受け)まで約14cm、ロストルまで18.5cmぐらい。

TAKIBEITAの炉の高さ

付属のプレートのみだと、芝生の上で激しい焚き火をすると焦げはしないけど、枯れる心配があるかも?※実験したわけではなく個人の推測です。

芝生の場合は、対策をして空間をつくると地面へのダメージを気にしなくても良いレベルになると思います。

耐熱塗装ではない点は注意

タキビイタ(TAKI BE ITA)の注意点は、耐熱塗装ではないこと。味を楽しむアイテムです。

  • 本体と敷板は黒の塗装加工
  • 五徳セットは塗装なしの黒被覆の状態

商品に同梱されていた説明書に、塗装は「お届けまでにサビを防ぐための加工」と記載があります。

一度、グリル&焚火台として1泊2日のキャンプで使った状態がこちら。

TAKIBEITAを一回使用した状態

高熱だった箇所の塗装が剥がれています。綺麗♪

TAKIBEITAを一回使用した状態 詳細

使うと塗装は剥がれます。このまま使い続けたら綺麗に色づきしそう♪

「黒い焚火台」ではなく、味(色の変化)を楽しむアイテム

また、敷板も焚火台の足で擦れる箇所の塗装が剥げます。

TAKIBEITAの敷板の使用感

組み立て方

最後に組み立て方をザッと紹介します。

二つの板を組み合わせて、両サイドのパーツを取り付けて完成。

TAKIBEITAの組み立て

シンプル!簡単!

五徳セットの組み立て方も迷いません。

TAKIBEITAの五徳

  • ロストルはサイドパネルを付ける時に取り付け
  • 五徳は最後に上に乗せるだけ

TAKIBEITA五徳セットの組み立て

シンプル!簡単!

迷うことなく組み立て可能☆

まとめ

今回は、ジ・アイアンフィールドギア(THE IRON FILED GEAR)のタキビイタ(TAKI BE ITA)をレビューしました。最後にまとめます。

TAKIBEITA

THE IRON FILED GEAR 焚火台 TAKI BE ITA (タキビイタ)
created by Rinker
THE IRON FILED GEAR
オシャレで薄く収納できる焚き火台!
まとめ
  • サイドから見える炎の赤がアクセントになって綺麗♪
  • 収納すると薄さ 0.83cm
  • 3.2mmの分厚い鋼板で耐久性バッチリ
  • オプションの五徳セットで調理もできる
  • 芝生で使うなら下駄を履かせたほうが安心
  • 使うごとに味(色の変化)を楽しめるアイテム

唯一の欠点が重いことですが、耐久性を優先して3.2mmの分厚い鋼板を使っていることの裏返し。構造がシンプルなので、万が一 曲がっても自分で叩いて修理できることから一生使える焚き火台ですね♪

THE IRON FILED GEAR 焚火台 TAKI BE ITA (タキビイタ)
created by Rinker
THE IRON FILED GEAR

参考 焚き火台のおすすめランキングはこちら

リアルなキャンパーが、焚き火台のおすすめランキング12選と、選定ポイント6つを紹介します。 キャンプ歴6年目、これまで10種類以上の焚...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconもお見逃しなく。

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪