注目情報 スポーツオーソリティーで、年間で最も売れる会員さま特別セールicon実施中!
1万円以上で20%オフ、1万円未満で10%オフ。普段値引きしないスノーピークやユニフレームも対象♪ 高額商品を買うならこのタイミングをお見逃しなく!

タケノコテントの販売情報&実際に見て触ったレビューをお届け

タケノコテント

2017年 ドッペルギャンガーアウトドアから販売されるタケノコテント。その仕様と特長について、実際に触ってみた感想を交えてお伝えします。

カマボコテントの人気で一大旋風を巻き起こしているDOD(旧 ドッペルギャンガーアウトドア)ですが、タケノコテントは、グランピング向けの大きなテント。

開放的なテントが安く手に入るということで人気のテントです。特にタンカラーは売り切れ状態。

2019年4月19日(金) 12:00~ タンカラー Web発売決定!

最新の販売・予約情報

直近でWeb販売が予定されているのは以下の日程。

  • 2019年4月19日(金) タケノコテント タン
  • ベージュ/オレンジは一部ショップで在庫あり

2019年4月19日(金) タケノコテント タン

2019年、待ちに待ったタケノコテントのタンカラーがWeb販売されます。

カマボコテントで人気の「タン」が登場。

詳細

  • 販売日時 : 2019年4月19日(金) 昼 12:00~
  • タケノコテント タン
  • 価格 64,800円(税込)

販売リンク

傾向と対策

タンカラーは、カマボコテントでも人気の色。タケノコテントも同様に争奪戦が予想されます。事前にショップの会員登録は必須。あわせてカマボコテントを入手するためのコツに目を通しておくと良いと思います。

空前絶後の超絶人気のカマボコテント2。 カマボコテントをWeb(インターネット)販売で入手するためのコツをご紹介します。 Web...

販売情報出典 DOD | タケノコテント(タン)

ベージュ/オレンジは一部ショップで在庫あり

タケノコテントのベージュ/オレンジは一部ショップで在庫がある状態。2019/4/18時点だとナチュラムに在庫があります。

タケノコテントは2種類

タケノコテントは2種類のカラーがあります。

仕様は一緒なので、違いは色のみ。

タケノコテントの色の違い (タンとベージュ)

Photo by DOD

タケノコテント タン

タケノコテント タンカラーは落ち着いた色合いで、ポールは黒をベースとしています。

タケノコテント タンカラーの外観

タケノコテント ベージュ/オレンジ

タケノコテント ベージュ/オレンジは明るい色合いで、ポールはオレンジがベース。

タケノコテント

室内で撮影したので、タンカラーと似たような色合いに写っていますが、冒頭の写真で比べてみると、色合いが違うことが分かります。

[参考] 一回り小さいタケノコテントミニもあります

2018年にタケノコテントミニも登場しています。

こちらは区画サイトでも使いやすいサイズ。タケノコテントだと大きすぎると思われた方にオススメです。

タケノコテントミニは、DODのタケノコテントの"ミニ版"のテント。 実際の利用シーンを想定しながら、その魅力をご紹介。 タケノコ...

特徴

タケノコテントの特徴は、グランピングを楽しめること。

サイズが大きく、見栄えがよく、核も安く抑えられているのが特徴です。

グランピングを安く実現できる

タケノコテントは、グランピングをするにはもってこいのテントです。

しかも、ドッペルギャンガーアウトドアから発売されるということで値段もお手頃です。64,800円(税込)という価格で、T/C生地、このサイズ感は他にはなかなか見つかりません。

天井が高くフロア面積が広いので、快適に過ごすことができます。

  • テント内に素敵なキャンプ道具(家具)を設置して眺めて楽しんだり
  • キャンプ場に行って、テント内でのんびり過ごす

タケノコテントの広い内部で子供たちがリラックス

テントの見映えも良いです。

ドッペルギャンガーアウトドアの商品紹介ページでも、おしゃれで綺麗な写真が掲載されており、グランピングを意識して作っているということが伝わってきます。

夜のタケノコテント

Photo by DOD

我が家のお嫁様も、タケノコテントの写真を見た際に、素敵なテントだねと言っていました。一般的にオシャレに敏感な女性には評判が良いようです。

タケノコテントは、グランピング志向のおしゃれなテント

タケノコテントのレビュー

タケノコテントの特徴を実際に見てきたので、写真を交えながら紹介します。

テントの屋根部分はポリコットン

テントの屋根部分はポリコットンの生地で作られています。 T/C(ポリエステル65%、綿35%)

タケノコテント

実際に触ってみるとかなりしっかりしています。

↓タンカラーのポリコットン生地を触ってみた時の写真。厚さがあることが分かります。

タケノコテント タンカラー ポリコットン生地の質感

壁部分の生地はポリエステル

タケノコテントの壁部分のの生地には、150Dポリエステルの生地(UVカット加工済み)が使われています。

ポリエステルの生地は速乾性が高く、軽いので扱いやすい

すべての生地をポリコットンにすると、重くなっていまうので、扱いやすさとのバランスを撮って設計されています。

150Dと75Dの生地の違い

  • 写真左 … 150Dポリエステル (カマボコテント2)
  • 写真右 … 75Dポリエステル (旧タケノコテント)

75Dだとちょっと頼りない印象を受けますが、150Dはしっかりした生地です。

天井が高い!中が広い!

外見のイメージから中が広いことは想像できますが、実際に中に入ってみると感動するほどテント内が広いことがわかります。

テントの中に、40人ぐらいは立った状態で入れそうです。

タケノコテントのフロア内

ちなみに、

8畳の部屋より広い!

タケコのテントの床面積を計算すると 17.87㎡でした。対して、8畳の部屋の広さは、一番広い「本間」で14.59㎡。

天井も高くて、自宅の部屋に居るより開放的です。最頂部(280cm)は、我が家の天井(260cm)より高い!

我が家の天井より高い

タケノコテントのフロア内 上部

我が家は普段5人用のファミリーテントを使っているのですが、その広さとは比べ物になりません。

初めてワンポールテントの中に入った時にも感動しましたが、タケノコテントは、さらにそれを上回る感動的な開放感があります。

8角形の壁の全てにメッシュ窓があり涼しい

夏は涼しく過ごせるような工夫がされています。八角形の各辺には窓が設けられていて、メッシュ生地にすることができます。文字通り四方八方から風が抜けて涼しい居住環境を確保することができます。

タケノコテントのフロア内(窓1) タケノコテントのフロア内(窓2)

開放的過ぎて、全開にすると恥ずかしいかもしれません。

フロアシートはジッパーで取り外し可能

フロアシートはジッパーで取り外しができるようになっています。

タケノコテントのボトム

ジッパーなので好きな場所で折りたためます。

全てのフロアをお座敷スタイルにすることも出来ますし、入り口の部分のフロアシートを折って使えば、土間を作ることができます。

用途ごとに使い分けすると色々と楽しめると思います。

  • 半分を土間にして火気を扱う場所にする
  • 大人はコットで寝て、子供達はマットで寝る

自由度が高いとワクワクします。

8角形の頂点にサブポールを立てる構造

テントの形は8角形になっています。

基本的には、中心のポールでテントを立ち上げるワンポールテントの構造。中心のポールはスチール製です。

8角形の各頂点にポールを立てて、ガイライン(張り縄)を張って設営します。8つのポールはアルミニウム素材のため軽くなっています。写真に写っていませんが、サブポールを通すために天井部の生地にグロメット(金具穴)が付いています。

タケノコテントの外壁 タケノコテントの外壁(接続部)
強度が求められる箇所はスチール素材で、それ以外の場所はアルミニウムが採用されているため、強度を保ちつつ設営時に取り回しがしやすいような工夫がされています。

各頂点にポールを立てるメリットとして考えられるのは

  • 設営スペースが大きくならない
  • 内部の空間が広くなる
  • センターポールにかかる力を分散できる
  • テントの強度が増す

といったことです。

設営時には手間がかかりますが、サブポールがあるメリットは大きいと思われます。

気になる設営方法

巨大な幕なので、気になるのが設営方法です。

ドッペルギャンガーアウトドアから、設営の動画が公開されました。

設営手順

  • グランドシートを敷く
  • テントを広げて8つの角をペグダウン
  • 8つの角にサイドポールを立てて
  • センターポールをカチ上げる♪

手順はシンプルで簡単そうです。

注意点

タケノコテントの使用時に注意しないといけないことがあります。

雨の日は避けたほうが良い

タケノコテントの屋根の素材はポリコットン素材。

ポリエステルと比較すると、雨に濡れると水を含み、乾燥を怠るとカビが生えやすいのが難点です。これだけ大きなテントを、別日に乾かすことを考えると正直手間です。

雨の日には不向き

ポリコットンの強みは、通気性が良いため、テント中で火気を扱った時(自己責任)に、換気性や結露がしにくいこと。また、遮光性も高いです。

このポリコットンの生地の特徴を活かすには、雨の日は避けて晴れた日に使うと快適だと思います♪

仕様

タケノコテントの仕様は、タンとベージュで一緒です

気になるところを一部抜粋しました。<2019/4/18時点>

サイズ (約) W450×D450×H280cm
重量(付属品含む) (約) 22.8kg
収容可能人数 大人8名
最低耐水圧 テント屋根部分:350mm
テント壁部分:2000mm
フロア:5000mm
材質 テント屋根部分:T/C(ポリエステル65%、綿35%)
テント壁部分:150Dポリエステル(UVカット加工済み)
フロア:300Dポリエステル
メインポール:スチール
サイドポール:アルミ合金

仕様面でおさえておくところは、テントの広さと、屋根のポリコットン生地、サイドがポリエステルの生地という点。

広い空間

450×450cmの大きい空間でで、周囲の壁の高さもあり、最頂部の高さが280cmあるので、かなり広い印象を受けます。

タケノコテントの広さ

Photo by DOD

特性に合わせた生地を採用

屋根の生地はポリコットンですが、テントの壁部分はポリエステルです。ポリコットン生地が組み込まれている事と、テントが大きいため重量は20kg近くあります。

※詳細はDODのタケノコテントのページをご確認ください。

さいごに

一通り特徴を紹介してみるきましたが、タケノコテントとはグランピング志向の方にとって、良いテントだと思います。

  • お手頃価格で手に入る
  • 機能性も考慮されている
  • 室内空間が広い!

という点が素晴らしいです。

広くて開放的☆ ワクワクする♪

オシャレ志向の方にとってはオススメです。

グランピング用の大きいテントは高価な物が多く、メンテナンスも大変だったりします。まずは、タケノコテントから初めてみるのが良い選択だと思います♪

参考 サイズが大きいと感じるならタケノコテントミニ

区画サイトでも使いやすいサイズ感なのでファミリーキャンプに便利です♪

タケノコテントミニは、DODのタケノコテントの"ミニ版"のテント。 実際の利用シーンを想定しながら、その魅力をご紹介。 タケノコ...

2ページ目には、ノルデイスク アスガルド 19.6 との比較、タケノコテントの過去の販売情報と仕様の変更点を記載します。(興味のある方のみご覧いただければ)

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

スポーツオーソリティ
年間で最も売れる会員さま特別セールicon実施中! ~6/3
1万円以上で20%オフ、1万円未満で10%オフ。普段値引きしないスノーピークやユニフレームも対象♪ 高額商品を買うならこのタイミング!

アウトドア応援 厳選大特価icon 実施中
コールマン商品が数多く出品されているので、お見逃しなく☆

ナチュラム
約500点のパタゴニア製品が送料無料・ポイント10%還元icon実施中!
最大50%OFFのセール商品iconもお見逃しなく!

L-Breath
在庫一掃売り尽くし実施中。
チャムスやキャンプの小物などが特価です。

好日山荘
在庫限りのお買い得商品は30%~70%OFF♪

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪