SOTO シングル バーナー(ST-301)をレビュー!ファミキャン向けの大五徳

SOTO シングルバーナー ST-301

SOTOのシングルバーナー (ST-301)を購入したので、実際の使用感をご紹介します。

ST-301は、CB缶のシングルバーナーの中でも

大きな鍋が乗り、コンパクトに収納できる

という特徴があるのですが、実際に使ってみても安定感があり期待通り。

ただ、100点満点というわけでもなく、細かいところで気になる点がありました。購入を考えている方の参考になれば。

参考 CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事はこちら

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...

SOTO シングルバーナー ST-301の特徴

SOTOのシングルバーナー ST-301の特徴は、大きな五徳でありながらコンパクトに収納できること。

Amazon限定のモノトーンカラーも人気♪

ST-301の特徴

ST-301の特徴を端的に表すと

大きめの鍋(直径 25cm)を扱える便利なシングルバーナー
ファミリーキャンプ向き♪
SOTOの他の製品との比較

SOTOの他のシングルバーナーと比べてみると、ST-301は以下の特徴があります。

CB缶でありながら、火力(発熱量)は、OD缶より優れている
五徳の経が20cmあり、他のSOTOのバーナーと比べて一番大きい

※比較対象はSOTOのシングルバーナー。詳細はSOTOのシングルストーブ特集が分かりやすいです。

他社製品との比較

ST-301と同じように、分離型で大きな鍋が扱えるのは、ユニフレームのテーブルトップバーナーがあります。

火力、五徳のサイズはユニフレームのテーブルトップバーナーのほうが大きく、五徳も4つ足なので安定しています。ただし、コンパクトに折り畳めないのがネック。

シングル バーナー
ST-301
テーブルトップバーナー
US-D
メーカー SOTO ユニフレーム
サイズ(本体)<cm> 19×17.6×8.3(h) 20×20×9(h)
サイズ(収納) 16×10×9(h) 同上
重量 690g 900g
熱量 3,200kcal/h 3,900kcal/h
五徳サイズ 外径 20cm 内径5cm 外径 25cm
その他 対応鍋:直径25cm
PL保険付
耐荷重 15kg
価格 \8,100ほど \11,000ほど

購入の経緯

我が家がST-301を購入した経緯をご紹介します。

火口が足りなくなりシングルバーナーを購入

30回ほどキャンプに行っていますが、これまではカセットコンロを使っていました。

機能的には全く問題なく、シングルバーナーより五徳が安定していて使いやすいです。ただし、カセットコンロは収納がコンパクトにならないのが最大の難点。

そんなこんなで過ごしてきましたが、最近、お嫁様が「もう一つ火口があると便利」とポロッと漏らしました。

よっしゃ!CB缶のシングルバーナーを追加することに♪

カセットコンロで十分だったが、火口が2つ欲しくなった

CB缶のシングルバーナーを比べたら、我が家にはST-301がベストだった

他のCB缶シングルバーナーと比較してみましたが、我が家には「SOTO シングルバーナー ST-301」がベストだと判断。

  • 我が家のガス火の使い道
  • ST-301を選んだ理由

をご紹介します。

ガス火は「鍋」で使うことが多い

我が家のガス火の主な使い道はこんな感じ。

  • 炊飯
  • 鍋料理
  • ティータイムの湯沸かし
  • 湯たんぽの温め

カセットコンロで炊飯 湯たんぽを温める

炊飯時に土鍋を使い、20cmほどの鍋で調理する事が多いので、

大きめの鍋でも安定するバーナー

が必要な感じです。

ちなみに、マグカップやシェラカップをガス火で直接温めたりすることは少ないです。どちらかというと焚き火に投入する派です。

Gaobabu(ガオバブ)チタンマグカップでお湯を沸かす

となると、バーナーは鍋をメインに扱うので、五徳が大きいものが使いやすいと思いました。

大鍋が扱えるST-301は、ファミリー向けのシングルバーナー

大鍋が扱えるシングルバーナーを探してみたところ、ST-301が候補に上がります。

  • 25cmの大鍋が扱える五徳
  • それでいて、コンパクトに収納できる唯一のバーナー

というポイントに惹かれて購入!

我が家が、4人家族の料理で使う20cmの鍋なんて問題なく乗ります。

SOTO シングルバーナー ST-301で鍋を扱う

家族でカレーや鍋料理をするなら大きな鍋で調理することになるので、

ファミリーキャンプ用のシングルバーナーならこの商品

と言っても良いと思います。

他の商品を見合わせた理由について
  • 一体型のシングルバーナーは大きな鍋を直接扱えないため却下
  • 同じく分離型のユニフレームのテーブルトップバーナーは、コンパクトに折り畳めないため却下。

といった運びとなりました☆

マイクロレギュレータを搭載しているSOTOのST-310と最後まで迷いましたが、我が家は厳冬期にキャンプに行くわけではないので、パワーガスとCB缶を温める工夫で乗り切れると考えました。

参考 CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事はこちら

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...

実際の使用感をレビュー

SOTO シングルバーナー ST-301を実際に使ってみて感じたことをご紹介していきます。

なんと!音でわかる火力の違い

まず、「コンロ」ではなく「バーナー」なので音が違います♪

ST-301の着火は、ガスを送り出して、圧電着火(ライターのビリビリ着火)です。

  • ガス「ピシュー」
  • 着火!
  • ファイヤ「ゴーッ」

という音と共に炎が上がる!

今まで使ったガス器具の中で一番火力が強いです

身近なガス器具とスペックを比べても、火力(発熱量)が高い事が分かります。

機器 発熱量
SOTO シングルバーナー ST-301 3.70 kW
自宅のガス台 2.97 kW
カセットコンロ 3.20 kW
驚き! 我が家のガス台よりも強い火力。

なんということでしょう♪

おっと!五徳は自宅のガスコンロと同じ大きさ

ST-301は、五徳のサイズが大きいです。

自宅のガスコンロと比較してみるとサイズはほぼ同じ。

五徳のサイズを比較 ガス台とST-301

ほんの少しだけ、家のガス台のほうが大きいかな。

自宅のガスコンロと五徳のサイズが同じなので、大きな鍋もOK

ST-301のスペック的には直径25cmの鍋まで乗るのですが、自宅でそこまで大きな鍋を探すのが難しいほど。

我が家がキャンプで使っている鍋は20cmほどですが、全く問題なく乗ります。

ST-301にどんな鍋が乗るかは、自宅のガスコンロのサイズと比べて見立てると良いと思います。

ダッチオーブンが乗る

大きめの鍋といえばダッチオーブンが乗るかが気になるポイント。

10インチのダッチオーブンなら乗る

SOTOのステンレスダッチオーブンでサイズを比べてみます。

SOTOのステンレスダッチオーブンの場合、サイズ的には10インチ(底部 20.5cm、上部 26.7cm)が規格に収まるサイズ感。

SOTOのステンレスダッチオーブン

Photo by SOTO

ST-301の五徳のサイズは直径20cm、直径25cmの鍋まで乗ると案内されています。

気になるのは、ST-301の耐荷重ですが、実際に10インチのダッチオーブンを載せている方もいるので問題ないです。

12インチ(底部 25.5cm、上部 31cm)のダッチオーブンについては未知数。

ST-301のスペック(直径25cmの鍋に対応 五徳の経20cm)には、収まらない状態。また、重さに耐えられるかが気になります。実際に使ってみて安定さに欠けるようなら、クッカースタンドを使うと良いと思います。

参考 分離型なのでダッチオーブンで使っても安心

ST-301は、五徳とガス缶が離れている分離型なので、大きな鍋を調理していても、ガス缶が熱せられる心配がありません。蓄熱性の高いダッチオーブンで、長時間とろ火調理するときなどには安心です。

収納サイズがコンパクト

ST-301の収納状態は、500mlのペットボトルに近い印象。

小型のシングルバーナーと比較すると大きいですが、カセットコンロと比べるとかなり小さいです。

収納サイズ

収納サイズは、CB缶より少し大きいぐらいのサイズ感。手のひらサイズです。

SOTOのST-301はCB缶と同じぐらいの収納サイズ

重量

重量は640gなので、ズッシリとしています。

  • 500mlのペットボトル(500g)より少し重いぐらい
  • CB缶(340g)の2缶分ぐらい
  • SOTOのレギュレーターストーブST-310(350g)の2倍ほど

といった感じです。

少し重いけど、コンパクトに収納できる

ホースで五徳とガス缶が分離されているため、レイアウトが自由

ST-301は、五徳とガス缶が離れた場所に配置できる分離型。

実際に使ってみると、レイアウトが自由に組めて便利です。

ローテーブルであれば、ガス缶を下に降ろして使えるので、卓上のスペースを有効活用できます。

参考 バーナーと合わせて使うテーブルについて

我が家で調理をする時には「キャプテンスタッグのアルミローテーブル(鹿番長のアレ)」や「バカンスのバンブーテーブル」をよく使います。

特に、キャプテンスタッグのアルミローテーブルはアルミ製なので焦げる心配がなく、汚れても惜しくない価格。バーナーを扱うにはベストなテーブルだと思います。

ドロップダウンが気になるところ

ST-301で、唯一 気になるポイントはドロップダウン。

ドロップダウンについては、冬場に実際に使用してみてレビューしたいと思います。

参考 ドロップダウンとは、寒さによってガスバーナーの火力が落ちたり消えること。低温時にガスが気化しにくいことや、燃焼時によるガスの気化熱でガス缶の温度が下がって発生します。

参考 マイクロレギュレーター内蔵ならドロップダウンに強い

大きな鍋を扱わなかったり、スタンド型の五徳と合わせて使うのであれば、マイクロレギュレーター搭載のSOTO ST-310が良さそうです。我が家がST-310を見送った理由は五徳のサイズが小さいこと。マイクロレギュレーター付きは魅力的ですが、冬のキャンプがメインではないことや、パワーガスやガス缶を工夫して温めれば乗り切れると考えました。

マイクロレギュレーターの仕組みや効果は、CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事でご紹介しています。

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...

全体的に作りがワイルド

SOTO-301の気になったのは、日本ブランドでありながら、なんとなくワイルドな作りをしていること。

  • 発電着火装置のネジが緩んでくる
  • 五徳・スタビライザーのゴムが外れやすい
  • 収納袋のほつれ
  • 収納時の収まりが悪い
  • ガス出力調整具の表示が見えづらい

実利用では問題ないポイントなのですが、ちょっと残念な印象です。

この点は、先人の知恵を拝借して改造しています★

ST-301の改造については、別途記事を参照ください。

SOTOのST-301を改造したので、その内容をご紹介します。 改造したポイントは全部で7箇所。 先人の知恵をお借りしながら、楽...

あると便利な関連商品

ST-301を使う際に、あると便利なグッズをご紹介します。

風防で火を安定させる

ST-301には風防が付いていません。
※付いているようですが、火口より低いため機能していないと感じます。

風の強い日には、風防なしでは使い物にならないレベルです。

そのため、バーナーを風防で囲って、風を防ぐことなります。

風防は、風を防ぐだけでなく、熱を反射させる効果もあります。風防自体はかさばりませんし、価格も安いので手に入れておくことをオススメします。

改造した SOTO ST-301でカップラーメンを作る

参考 風防は高さがあるものが良い

風防は高さがあるほど効果的です。防風の効果だけでなく反射の効果もあるため。

ちなみに、我が家の場合は、五徳が隠れる程度(13.5cm)のものを使っています。購入時に、高さがあるほうが良いと知らなかったため。

これでも十分効果がありますが、これから購入する方は24cmほどの高さがある商品が良いと思います。

五徳の高さを調節するならクッカースタンド

ST-301自体は、五徳の高さを調整することはできません。

高さを調整するのであれば、クッカースタンドなどを使うと良いです。

UNIFLAMEのクッカースタンド350は、使用時のサイズが、横44.5×縦16.5×高13.5cm(ゴトク下部 12cm)なので、ST-301で使えます。

クッカースタンド450なら、大きな鍋を2つ並べて2つのバーナーを使えます。サイズは横54×縦16.5×高13.5cm。耐荷重が20kg。

スタンドを選ぶ時には、ST-301が下に置けるサイズのクッカースタンドを選んでください。ST-301の五徳のサイズは、実測で、高さ 8.4cm、直径 18cmです。

ケース

ST-301の付属のケースは、ポリエステルのペラペラの袋…。

衝撃が加わった時に、歪んでしまわないか気になるところ。

この点は、他のユーザーさんも悩まれているようで、収納ケースを工夫している方が多いようです。

とりあえず、家にあった100均のカゴ(小)にプチプチと一緒に入れることにしました★

SOTO シングルバーナー ST-301を100均の小型カゴに収納

代替品を探したところ、スノーボードのゴーグルケースがST-301の収納ケースに使えそうなことが分かりました☆

SOTOのシングルバーナー(ST-301)に付属している収納ケース(袋)はペラペラで心もとないのが正直なところ。 色々と試したり、探し...

部品も購入可能

ST-301は、部品の販売をしてくれます。

壊れた時に、わざわざ修理に出さなくて良いのは助かりますね。

  • ゴトクベースゴム (50円)
  • 圧電装置一式 (800円)
  • スタビライザーベースゴム (50円)
  • スタビライザー一式 (400円)
    ※税抜価格、送料別

SOTOのサイトから部品の販売ページにアクセスできます。

最安値の価格を探すには

SOTOの製品は、基本的にどの販売店も価格が下がりません。

お得に手に入れるには、販売店のセールやポイント還元か、抱き合わせ販売。

我が家の場合は、ナチュラムのセット品(パワーガス3本・シェラカップ)を購入しました。セット品のほうが単品より安かったです。そして、6,500円以上は送料無料。

購入時には、各ショップの価格やセール情報を確認すると良いです。

まとめ

ST-301は、買って良かった商品。

火力が強く、五徳も大きいため大鍋が扱える

ということから、ファミリーキャンプには最適です☆

収納時の重さも対して気になりませんし、大満足の買い物になりました♪

参考 CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事はこちら

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
平成最後の大決算セールicon開催中 ~3/28
最大50%OFFセール商品iconもお見逃しなく!

フェリシモ
キャンプの焚き火で大活躍する裏ボアパンツが、30%OFFのラストセールを実施中。
ユニクロ・ワークマンよりオススメです♪ 我が家も愛用中。レビュー・比較記事はこちら

好日山荘
秋冬物クリアランスセール実施中。秋冬ウェアが最大50%OFF、patagoniaが30%OFFの大特価! 在庫限りのお買い得商品は30%~70%OFF♪

eSPORTS
在庫限りのアウトレットセール実施中。ノースフェイスのブーツ・シューズなどがお得です。

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪