今セールが熱い!

楽天四半期に1度楽天スーパーセール開催中!(~12/11)
半額以下のセール品やショップ買いまわり(最大43倍)のポイント還元がお得。実はふるさと納税も対象!今がお得♪
キャンプ関連 本当にお得な数量・時間限定の超目玉商品のみピックアップした記事
キャンプ関連 ふるさと納税の解説記事

ナチュラムナチュラム祭icon開催! 12/3~ 数量限定品は事前に要チェック

Jackeryの200Wソーラーパネル(SolarSaga200)はポータブル電源を1日で充電できる発電力!

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200

Jackeryの200Wソーラーパネル (SolarSaga200)を実際に使ったのでレビューします。

200Wは、大容量ポータブル電源(700Wh級)を1日で充電できる!

ポータブル電源によっては自宅でACアダプタで充電するより充電速度が速いです。

我が家では、60W、68W、100W、120W、160Wのソーラーパネルを使っていますが、予算が許すなら発電力が高いソーラーパネルのほうが断然オススメです。

※メーカー様から商品提供していただいています

ジャクリ(Jackery) 200W ソーラーパネル SolarSaga200

SolarSaga 200は、ポータブル電源で一番人気のJackery社のソーラーパネル。200Wは携帯用ソーラーパネルの中でもトップレベルのスペック。<2021/8/9時点>

Amazon売れ筋ランキング(携帯電話用ソーラーチャージャー)にもランクインしていて、200W級だと一番人気<2021/7/25時点>

特徴
200Wのソーラーパネルだから充電速度が実用的。
(ポータブル電源によってはACコンセントより速い)
仕様
  • 最大出力 : 200W
  • 開放電圧 : 24.2V
  • 定格電圧 : 19V
  • 短絡電流 : 10.8A
  • 定格電流 : 10.53A
  • 動作温度 : -10~65℃
  • 収納サイズ : H540×W625×D44mm
  • 展開サイズ : H540×W2,355×D25mm
  • 重量 : 約8kg
  • 24ヶ月の国内正規保証
700Wh級のポータブル電源を1日で充電可能

ここからは、Jackeryのソーラーパネルを実際に使ってみた使用感を交えながらレビューします。

最大200Wは1日でポータブル電源を充電できる充電力

Jackeryの200Wソーラーパネルの魅力は、なんと言っても発電能力の高さ。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)のツインターボ充電(ソーラーパネル)

実際にソーラー発電して検証

実際にJackery SolarSaga200を使って充電してみました。

Jackery1500を充電

検証で使ったポータブル電源はJackery1500。Jackeryの中でも一番大容量・高出力のタイプ。<2021/8/9時点> 我が家の持っているポータブル電源の中でJackery SolarSaga200の高出力を”全て”受け止められるのがJackery1500のみでした。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200

夏の晴天(8月)にソーラー発電の検証をしています。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200でソーラー発電をした時の天気

暑い!外にいるだけで汗が吹き出るほどの状況です。

夏の晴天では、118Wほど充電できた

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200でJackery1500を充電

このペースで充電できると、約10時間で充電が終わる計算です。

超大容量1500Whのソーラーパネルを2日ほどで充電できるパワー!
かなり現実的なソーラーパネル

Jackery1500をACコンセントで充電した際は、283Wで充電し続けて6時間かかっていたので、118Wだと14時間で充電できる計算。

Jackery708を充電

Jackery708をソーラー充電したら108Wで充電できました。(1500充電とは別日)

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200でJackery708を充電した電力

Jackery708は、ACアダプターだと172Wで4時間44分で充電できています。108Wだと7.5時間で充電できる計算になります。

700Wh級のソーラーパネルが1日で充電できる

Jackery1500なら4並列で充電できる

ちなみに、Jackery1500なら本体に2つのDC入力口があるので複数のソーラーパネルを接続することができます。

同じソーラーパネルを並列で接続できるSolarSagaアダプターで、最大4並列で充電できます。※SolarSagaアダプターは同じソーラーパネルのみ並列接続可能

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の並列充電ケーブル

参考までに、手元にあるSolarSaga200とSolarSaga100を2並列で充電してみたところ、180Wで充電できています。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)のツインターボ充電(ソーラーパネル)

SolarSaga100、SolarSaga60と比較しても圧倒的に早い

同じ条件(8月の夏晴れ)に、手元にあるソーラーパネルでJackery1500を充電して入力電力(W)を比較した結果がこちら。

Jackeryの200Wソーラーパネルは、他を圧倒する発電力♪

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200、100、60の発電力を比較

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200でJackery1500を充電 Jackeryソーラーパネル SolarSaga100でJackery1500を充電 Jackeryソーラーパネル SolarSaga60でJackery1500を充電

発電力が高く、ポータブル電源側がボトルネックになるほど

SolarSaga200が最大で発電する時は、大容量のポータブル電源じゃないと受けきれないレベル。

例えば、Jackeryポータブル電源400の場合は最大で66.5Wまでしかポータブル電源側で受け止められません(スペック値)。SolarSaga200(19V)×Jackery400(最大3.5A)

実際にSolarSaga200でJackery400を充電したら65Wで頭打ち

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200でJackery400を充電した電力

また、Jackeryポータブル電源708の場合はスペック値 最大で142.5Wまでしかポータブル電源側で受け止められません(スペック値)。SolarSaga200(19V)×Jackery708(最大7.5A)

電圧は一般的なポータブル電源が対応する19Vなのですが、最大電流10.53Aを全て受け止められるポータブル電源は、一般的に1000Wh級の超大容量となります。

場合によってはポータブル電源側がボトルネックになる

SolarSagaが実際に発電できる電力を考えると、700Wh以上のポータブル電源との相性が良いと感じます。

参考 それでも、ソーラーパネルの能力は大きいほうがよい

ソーラーパネルの実際の発電力は、スペック値の75%~85%と言われているので、実際は最大電力(W)で発電されません。また、日照条件が少し悪くなると発電力が下がるので、ソーラーパネルの発電力(スペック値)は余裕があったほうが良いです。

4つ折りで発電能力が高い割にコンパクト

Jackery 200W ソーラーパネル (SolarSaga200)は4つ折りでコンパクトになります。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の展開手順

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の折りたたみ

畳んで収納バックに入れて持ち運べます。

収納サイズは54×62.5×4.4cm。これは100W級のソーラーバネルとほぼ同じぐらいのサイズ感。発電力が高いことを考えると かなりコンパクト。ただし、重量が8kgあるので、重厚感はあります。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の収納サイズ

収納バックは内ポケットにケーブルなどを格納でき、ジッパーで閉じて使います。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の収納袋

ソーラーパネルの作りについて

本体の質感は薄くて固いです。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の質感 表 Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の質感 裏

SolarSaga60、SolarSaga100は本体がナイロン生地で覆われていましたが、SolarSaga200は硬い素材になっているのが違います。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200、100、60の質感の違い

衝撃を与えて割らないように注意が必要です。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の注意書き

付属の脚で斜めに立てかけることができるので太陽に向けて充電することができます。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の足 Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の足の開閉

足はマグネットで留まるのですが、少しホールド感が弱く下にして揺らすと開いてきてしまいます。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の足はマグネット付き

防水・防塵性能はIP67。

水深1m以内なら短時間浸かっても問題ない作り。ただし出力端子は防水ではないためキャップが閉じている状態の場合。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の出力口

充電ケーブルと端子

SolarSagaはJackery用に作られているため、汎用的な互換性がないのがデメリット。

※BLUETTIとPowerARQのポータブル電源は充電できます。

ちなみに、DCアダプターを使うことで他社のポータブル電源も充電できるようになるので紹介します。(自己責任で)

充電ケーブルとアダプターの形状について

SolarSaga200の充電ケーブルは3mあるので自由度が高いです。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の充電ケーブルは3m

Jackeryの200WソーラーパネルSolarSaga200は、Jackery用に作られています。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の充電ケーブル Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の充電アダプター

他社製のポータブル電源を充電するための端子は付いていません。

また、SolarSaga200は、USBの充電口も付いていません。※SolarSaga100SolarSaga60にはありました。

他社製のポータブル電源を充電する方法

我が家の場合は変換アダプターを使って他社のポータブル電源を充電しています。

※自己責任でご対応ください。

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の他社互換用アダプター

Jackeryソーラーパネル SolarSaga200の他社互換用アダプターで接続

  1. JackeryのDC端子(7.9×5.4mm)から、DC端子(5.5×2.5mm)に変換
  2. DC端子(5.5×2.1mm)から、各種DC端子に変換するアダプターを使用

JackeryのDC端子(7.9×5.4mm)から、DC端子(5.5×2.5mm)に変換するアダプター

DC端子(5.5×2.1mm)から、各種DC端子に変換するアダプターの例。

まとめ

Jackeryのソーラーパネルは発電能力が高いソーラーパネル。

200Wは、大容量ポータブル電源(700Wh級)を1日で充電できる!

発電能力が高く、700Whほどのポータブル電源なら1日で充電可能!

かなり実用的でグングン充電してくれるソーラーパネルなので使っていて気持ち良いです♪ ソーラーパネルは発電力が肝ですね。