注目情報

スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うなら絶対チャンス!

スナグパックの「マリナー スクエア」をレビュー!快適-2℃の3シーズン寝袋

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトハンドとレフトハンド

Snugpak(スナグパック)の「マリナー スクエア」シリーズの「ライトジップ」と「レフトジップ」を実際に使ってみたのでレビュー。

我が家のように、廉価版の3シーズン寝袋を使っている方にオススメのアイテム♪

マリナー スクエアは、快適-2℃、下限-7℃の化繊寝袋
冷える春先や晩秋でも使える温度帯♪

実際に使ってみましたが、シーズン通して使える寝袋だと感じました。

  • 温かい時期は開いて掛け布団として
  • は毛布や湯たんぽで防寒を補って
  • 2つ結合して子供と添い寝できる大型寝袋に♪

といった感じで、活用の幅が広い万能な寝袋!ファミリーキャンプを始める方にオススメ☆

我が家もそうですが、ノーブランドの安物3シーズン寝袋は買い直すことになります(笑)。その点、マリナー スクエアは対応温度帯が低いので冬でも工夫すれば使えます。

シッカリしていて活用の幅が広い3シーズン寝袋
メーカー様から商品提供していただいています

Snugpak(スナグパック) 寝袋 マリナー スクエア [快適 -2℃ 下限-7℃]

Snugpakの(スナグパック) の寝袋「マリナー スクエア」は、快適外気温度-2℃、下限外気温度-7℃の化繊寝袋。

テント内でスナグパックの寝袋「マリナー スクエア」を使って寝る

スナグパックの寝袋の中でもよく売れているアイテム♪

ジッパーの位置(左・右・中央)と色柄(迷彩・ブルー・ユーカリ)によって色々なバリエーションがあります。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップ

スペック
詳細
サイズ/収納時 直径24×長さ40cm
サイズ/展開時 縦(長さ)220cm・横(周囲)160cm
材質/アウター生地 ポリエステル「Aqualight」※
材質/インナー生地 ポリエステル「Supersoft」※
材質/中綿 シリコン加工ポリエステル中空繊維「Isofibre」※
重量 1,750g
快適外気温度 -2℃
下限外気温度 -7℃
洗濯可 中綿は化学繊維のため丸洗い可能
その他 圧縮ベルト付きの収納袋
材質

材質は、インナー、アウター、中綿で、それぞれ化繊素材を使い分けています。

実際に寝てみると、繊維が熱を逃がしにくいのが肌で感じられます。廉価品の化繊寝袋とは違います。

分かりやすく例えると「ヒートテック」のような高機能な素材を使っています。
特殊な繊維構造を作り上げ、寝袋に必要とされる機能性のある生地・中綿。
特徴

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の説明章

  • 完全なマミー型ではなく、ジッパーを全開にして開いて使える
  • ライトジップとレフトジップを組み合わせれば合体できる
  • 化繊だから丸洗いできる
  • 足元のみ開閉可能
  • 首まわりを絞るドローコード、ネックバックル付き

キャンプでの使用レビュー

実際に3月下旬のキャンプで使った状況をご紹介します。

まとめるとこんな感じ。

暖冬で温かい日だったので、マリナー スクウェア(快適 -2℃)の検証にならず!

すみません、また今度検証します☆

  • 装備 … 湯たんぽなどの熱源なし、銀マット、EVAフォーマット
  • 服装 … スウェット上下、ヒートテック極暖
  • 気温 … 就寝時の最低気温は 8.7℃
  • リアルな感想 … 快眠!

一応、検証時の詳細について紹介します。

寝床の装備

寝袋の検証が目的だったので、寝床の装備は最小限に絞っています。

今回、顔まわりは程良く絞っていて、ネックバックル(首まわり)は締めていません。

テント内でスナグパックの寝袋「マリナー スクエア」を使って寝る

衣服

衣服も最小限。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」で寝た時の服装

  • 長袖 極暖ヒートテック
  • 裏起毛なしのスウェット上下 (しなしな)

気温

場所は、3月下旬の千葉のキャンピングヒルズ鴨川。

寝ている時の最低気温は8.7℃。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」で寝た時の気温

※通常早朝に最低気温を記録するのことが多いのですが、今回は19:24に最低気温を記録しています。雨が降ったり、強風に見舞われたりしたので(笑)天気が不安定だったのかな。

参考 この日の夜の風がすごかった (笑)

リアルな感想 (口コミ)

もちろんバッチリ快眠。

今回は最低気温が8.7℃だったので、快適外気温度 -2℃のスペックを検証するまでに至りませんでした。せめて 5℃近くまで気温が下がってくれると良かったのですが★

実際に寝てみた感想は、

寒くもなく、熱くもなくちょうど良かった

感覚的には、

我が家の持っている廉価品の3シーズンの寝袋と比べると、厚みや暖かさが 2倍 ぐらい違うイメージ

実際に寝た時のフカフカ感と、熱の保持力は明らかに違いました。熱を逃さず「ボワン」と温かい感じ♪ ※3シーズン寝袋との厚さの比較は後述。

今回の環境ではスペック的に余裕があったので、また今度検証したいと思います☆

連結できるからファミリーキャンプで大活躍♪

今回、家族一同 一番テンションが上ったのが、

寝袋の連結♪

スナグパックのマナリー スクエアは、ライトジップとレフトジップを連結することが可能!

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップを連結して親子3人が寝る

連結できるとファミリーキャンプで大盛り上がり!
※特に小さい子がいる場合

小さい子の場合、キャンプに慣れていないと

  • 一人で寝袋で寝るのが難しい
  • 寂しくて誰かと一緒に寝たい

といった理由で、なかなか寝付けないことがあったりしますが、そんな時に活躍するのが連結寝袋♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップをジッパーで連結

親子で一緒に寝袋に入れると、子供の安心感が違います

また、親にとっては「子供と一緒の寝袋で寝ると温かい♪」という効果もあります。

さらに、連結すると子供のテンションが上がりますね。

子供たちがが仲良く寝ていました♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップを連結して子供2人が寝る

ちなみに、3人で寝るのは無理でした。連結した寝袋に子供たちが2人寝ている中に入ろうとしても、子供たちの寝相が悪くて入るスキなどありませんでした(笑)

寝返りがあるので、3人寝るのは無理でした(笑)

スナグパック マリナー スクエアの作りをレビュー

ここからは、Snugpak(スナグパック) 寝袋 マリナー スクエアの詳細をレビューしていきます。

収納サイズ・重さ

収納サイズと重さは少し立派な印象。スペックに比例してきますね。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」と2Lペットボトルのサイズを比較

シッカリした3シーズン寝袋!といったサイズ感

寝袋6種類のサイズを比較(3シーズン、オールシーズン冬用、ダウン、化繊)

対応できる温度帯によって大きさも比例するのですが、マリナー スクエアは「ちょっと大きい3シーズン寝袋」といったサイズ感です。

ちょっと大きい3シーズン寝袋

ただ、安心感が一緒の装備と比べると、トータルのサイズは小さくなります。

防寒対策の安心感は「廉価品の3シーズン寝袋 + 毛布」 = 「マリナー スクエア」

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」と安物3シーズン寝袋と毛布

防寒性能を考えると納得感があるサイズ。トータルの荷物も減る♪

生地の質感も良く フッカフカ♪

生地の質感など

生地の質感は、ツルツルしていて、肌触りも良いです。ポリエステル系の感じですが嫌なさわり心地ではありません♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の表生地の質感

ふかふかしていてボリューム満点

中綿もふっくらしていて、厚さは7.5cmほどありました!

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の厚さ

我が家の廉価品(3,000~4,000円)の寝袋のボリュームを測ってみると、3cm~4cmでした。ボリュームの違いが2倍近くあるのが分かります。(数年使っているのでヘタっているのもありますが)

安物3シーズン寝袋の厚さは3cm 安物3シーズン寝袋の厚さは4cm

昔は何も知らずに…、よくこんなペラペラ寝袋で冬キャンプしていたなと思います。冬用ジャケットより薄いから、そりゃ寒い訳だ★

気になる吸湿性・速乾性は検証できず

吸湿性・速乾性は、今回 汗をかくほどの気温じゃなかったので検証できず…。

化繊生地の弱点は汗をかくとベタつくこと。廉価品の3シーズン寝袋は生地が肌にまとわりついて不快な思いをした経験があります。夏が気になりますね。

その点、スナグパックのマリナースクエアの裏地は「SUPERSOFT」という吸湿性・速乾性に優れる化繊を使っているので期待できます♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の裏生地の質感

今後、暖かい時期に使ってみるのが楽しみ☆

封筒&マミー型なので余裕があって快適

形状は、封筒型とマミー型の中間ぐらい。

縦 220cm、幅 75cmなので、広々としていて窮屈さは全く感じません。

テント内でスナグパックの寝袋「マリナー スクエア」を使って寝る

展開時のサイズは、縦(長さ)220cm・横(周囲)160cm。

封筒&マミー型として使えて、足先まで幅広いため快適

顔だけ出して寝ると防寒効果UP

顔の部分は、ドローコード(ゴム紐)で絞ることができます。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の首まわりのドローコード

暖かい空気を逃さなくなるので、ここを絞って寝ると温かさが全く違います。

顔周りが少し窮屈になりますが、寒い時に絞って寝ると防寒性能が格段に向上。

子供の顔サイズにまで絞れます♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」で子供が寝る

そうそう、こんな感じに「幻のツチノコ」ごっこも楽しめます♪

足元はジッパーで開閉可能

足元側はジッパーが付いているため開閉が可能。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」は足の部分を開けて温度調整可能

温かい時期には足元を開けて温度調整すると良いです。

開いて掛け布団として使える

ジッパーを完全に取り外して開けば、大きな掛け布団として使えます。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」は大きく開いて掛け布団として使える

春・秋に掛け布団として使ったりできますし、子供たちと一緒に寝る時にも便利。

作りはシッカリしていて文句なし

縫製やジッパーなどの作りはしっかりしています。

気になるポイントはありませんでした。

サイドのジッパーは勝手に開かないようにマジックテープで留められるようになっています。また、ジッパーの開閉もスムーズで寝袋に絡むこともなかったです。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」の縫製や作り

首周りにはネックバックルが付いていて、暖かい空気を首元から逃さないように絞れます。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のネックバックル

足元側にはループ(干すときに吊り下げられる輪っか)が2つ付いています。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」を干す時に使う輪っか

どれを選ぶ?ライトジップ か レフト か センターか?

マリナー スクエアには、ジッパー位置によって3種類あります。※色によります

  1. ライトジップ
  2. レフトジップ
  3. センタージップ

実際にライトとレフトを使ってみると「選び方のポイント」が分かったので紹介☆

2つ持つなら「ライトジップ」と「レフトジップ」で決まり!

マリナースクエアを2つ持つなら、ライトジップとレフトジップを1個づつ持つと良いです。

その理由は連結できるから♪

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップを連結して親子3人が寝たサイズ感

ライトジップとレフトジップをそろえると連結できる♪
「ライトジップ」か「レフトジップ」かは好み

ライトジップかレフトジップのどちらを選ぶかは、使いやすい位置にジッパーがあるかで選ぶと良いです。

個人的には、右利きならレフトジップ。左利きならライトジップがオススメ。

最初は、右利きなのでライトジップだと思っていましたが、利き手と同じ側にジッパーがあると腕を折りたたんでジッパーを上げることになって窮屈。特に最後の肩近くはイライラ★

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップを右手で開閉

利き手の逆側にジッパーがあったほうが手がつっかえないので使いやすいと感じました。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のレフトジップを右手で開閉

とはいえ、自分が使いやすい方を選ぶのが正解♪ これまでの寝袋と同じ向きのほうが扱いやすいってこともありますね。

ちなみに、迷彩柄(カモフラ)の場合、ライトとレフトの違いは収納袋の圧縮ベルトの色。ライトジップはグレーで、レフトジップはブラックです。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」のライトジップとレフトジップの収納袋

まとめ

Snugpak(スナグパック)の寝袋「マリナー スクエア」は、快適-2℃、下限-7℃の化繊寝袋。

スナグパックの寝袋「マリナー スクエア」で子供が寝る

シッカリしていて活用の幅が広い3シーズン寝袋

オールシーズン使える寝袋だと感じます。実際に使ってみて、売れている理由も分かりました♪

  • 温かい時期は開いて掛け布団として
  • は毛布や湯たんぽで防寒を補って
  • 2つ結合して子供と添い寝できる大型寝袋に♪

といった感じで、

工夫すればオールシーズン使える万能な寝袋!ファミリーキャンプを始める方にオススメ☆

我が家もそうですが、ノーブランドの安物3シーズン寝袋は買い直すことになります(笑)。その点、マリナー スクエアは対応温度帯が低いので冬でも防寒対策を追加して使えます。子供は寒さに強いので、子供用の冬用寝袋としてもちょうど良さそう♪

家族4人分の3シーズン寝袋のうち、せめて2個は良いものを持っておくと便利!
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うならチャンス!

オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪