注目情報
スポーツオーソリティーで20%OFF特別セールicon実施! 10/24 17:00~11/5
税込 1万円以上で20%OFF、1万円以下でも10%OFFという大値引き♪ 普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象です

洗濯マグちゃんの自作方法 ~ 1年使い続け改良を重ねた最終形を紹介

自作した洗濯マグちゃん

洗濯マグちゃんの自作方法から、使い方、効果、お手入れ方法まで紹介します。

我が家では「洗濯マグちゃん」と「自作マグちゃん」のみを使って洗濯しています。洗剤と柔軟剤は使っていません。

環境に優しく コストも下がる

キャンプ場で洗濯する時に、特にオススメしたいアイテム☆ 自然環境に洗剤垂れ流しにするか、植物が育つマグネシウム水を流すかは大違い!

洗剤の代わりになる理想的なアイテムなのですが、さらにコストを下げるために自作することも可能♪

ということで、自作マグちゃんの作り方を紹介します。

1年間使い続けて改良し、最終的に落ち着いた自作方法です☆

参考 洗濯マグちゃんのレビュー記事はこちら。

TVで紹介されいた「洗濯マグちゃん」を購入してみました。 洗剤不要で洗濯ができる 排水で植物が育つ といった驚きの商品...

洗濯マグちゃんの自作は簡単 & コスト削減になる♪

洗濯マグちゃんを自作するメリットは「コスト」が下がること。

洗濯マグちゃんでも、洗剤+柔軟剤で洗濯するのと比べて、十分コストメリットがあるのですが、自作すれば、さらにコストを下げることができます

  • 洗濯マグちゃんは、100gあたり 2,600円ほど
  • 自作マグちゃんは、100gあたり 800円ほど
自作すればコストは1/3以下!

我が家の場合、洗濯マグちゃんを試しに使ってみて「使える!」と判断したため自作して使うようになりました。

材料

主な材料は、マグネシウムの粒と100均で売っている洗濯ネットのみ

  • マグネシウム粒
  • 洗濯ネット(小)
  • 裁縫道具(手縫いの針と糸)

マグネシウムの粒 (大きさ5mmほど)

マグネシウムの粒はマグ丸という商品を使っています。

マグ丸

商品詳細
  • 純マグネシウム
  • 高純度 99.9% (洗濯マグちゃんと同じ)
  • 内容量 300g

洗濯マグちゃんを自作するためのマグネシウムの粒の大きさは5mm

正規品の洗濯マグちゃんに入っているマグネシウムの粒と大きさを比較してみましたが、粒の大きさはほぼ同じ。実際にサイズを測ってみると粒の直径は5mmほどの大きさ。

マグ丸の粒の大きさは5mmほど

洗濯マグちゃんの自作で使うマグネシウムの粒サイズ

洗濯マグちゃんの粒の大きさも5mmほど

洗濯マグちゃんのマグネシウムの粒サイズ

触った感じは「ほぼ一緒!」

洗濯マグちゃんを自作するためのマグネシウムの量は200g~300g

マグネシウムの粒が必要な量は、洗濯方法、洗濯槽の大きさによって変わってきます。

ちなみに、先ほど紹介した「マグ丸」の内容量が300g。この量あれば十分です。

洗剤と併用する場合

6~8kgの洗濯量に対して50gのマグネシウム

洗濯マグちゃんのみで使用する場合
洗濯物の量 マグネシウムの量
3kg 70g
5kg 100g
6kg 140g
7kg 150g
9kg 200g

参考 マグネシウムの量については、洗濯マグちゃんのレビュー記事(洗濯マグちゃんの使い方について)でまとめています。

TVで紹介されいた「洗濯マグちゃん」を購入してみました。 洗剤不要で洗濯ができる 排水で植物が育つ といった驚きの商品...

洗濯ネット(小)

100均で売っている洗濯ネット小。

洗濯ネット(小)

洗濯機で使う洗濯マグちゃんの量は200g~300gほど。手のひらに十分収まるサイズなので、あまり大きい洗濯ネットはいりません。

大きすぎても洗濯物に絡むだけなので、なるべく小さいものを選ぶと良いと思います。

自作の洗濯マグちゃんを干すめたの紐を付けると便利です。※必須ではありません

洗濯ネットに、干す時用の輪っかが付いていれば、そのまま利用してもOK。

我が家の場合は 適当の紐が家にあったのでそれを使いました。

裁縫道具(手縫いの針と糸)

縫い針と糸は、洗濯ネットのジッパーが開かないようにするために使います。

自宅にない場合は、100均でソーイングセットを購入すると良いと思います。

作り方

作り方は簡単!

マグネシウムを洗濯ネットに入れてチョット縫うだけ

まずは、マグネシウムの粒を 洗濯ネットに直接入れます。

洗濯マグちゃんの自作方法 (洗濯ネットにマグネシウムを入れる)

ジッパーを閉めた状態で、ジッパーが開かないように針と糸で縫います。

ジッパーが開かなければ良いので適当でOK。

洗濯マグちゃんの自作方法 ジッパーを縫う

最後にジッパーの穴に紐を通して結べば完成!(写真だと既に付いた状態でしたが)

洗濯マグちゃんの自作方法(紐)

[参考]失敗談からの教訓

自作マグちゃんを作る時の失敗談と教訓をご紹介します。

台所用の水切りネットは不要

当初は、台所用の水切りネットも使っていましたが、今では使わなくなりました。

洗濯マグちゃんの自作方法(失敗例 ネット)

何度も使っていたら、マグネシウムの粒が水切りネットを破って外に飛び出しました。

大惨事! (笑)

ネットが破けても、洗濯ネットのジッパーが閉じてれば良いのですが、少し口が開いているとマグネシウムの粒が洗濯槽の中に飛び散ります。

洗濯機の中の内部に入り込んだら故障・事故に発展しかねません。マグネシウムは発火性が高く、火打石に使われるほどの金属。たまたま、我が家の場合はマグネシウムの粒より洗濯槽の穴が小さかったので、それ以上の被害はありませんでした。

ということで、洗濯ネットのジッパーの口を開かないように縫って、水切りネットを無くしました。

もともと洗濯ネットに付いていた紐は使わない

洗濯ネットには、最初から紐がついています。

最初は、この紐を中から外側に出して輪っかとして使っていたのですが、たまに内側に引っ込んでしまうという失敗を経験。 一度縫ったジッパーを外して、中から外に紐を引っ張り出して、また縫う手間は苦痛でした(笑)

洗濯マグちゃんの自作方法(失敗例 紐)

洗濯ネットの紐を切ってジッパーに結んでみましたが、長さが短くて使いづらかったため、家にあった紐をジッパーに取り付けることにしました。

洗濯マグちゃんの自作方法(紐)

これらの失敗を経験して、今回紹介している自作方法に落ち着きました♪

使い方

使い方は洗濯マグちゃんと一緒です

洗濯物と一緒に洗濯機を中に入れて、いつも通り洗濯するだけ。

参考 洗濯機の設定は、洗濯マグちゃんのレビュー記事で紹介しています。

TVで紹介されいた「洗濯マグちゃん」を購入してみました。 洗剤不要で洗濯ができる 排水で植物が育つ といった驚きの商品...

効果

冒頭でも紹介しましたが、我が家は洗濯マグちゃん(50g)と自作マグちゃん(150g)だけで洗濯しています。

自作した洗濯マグちゃん

1年間使い続けていますが、洗剤や柔軟剤は使っていません。

衣類の汚れも普通に落ちていますし、特に洗濯物が臭うこともなし♪

実際にこれまで問題なく洗濯できていることから、洗濯マグちゃんと、自作マグちゃんの洗浄力の違いもないと思われます。

※2019年の長雨で1ヶ月近く天日干しできなかった時には、生乾きに悩まされましたが、洗剤と柔軟剤を使っても臭いはとれず。そもそも天日干ししないと解決しませんでした。

お手入れ・メンテナンス方法

洗濯マグちゃんは定期的にお手入れをすると良いです。

表面が酸化してくるので、水にクエン酸を大さじ1杯ぐらい溶かして漬けてあげると綺麗になります。

詳細については別記事でご紹介します。

さいごに

洗濯マグちゃんの自作方法紹介しました。

洗濯マグちゃんだけでも、洗剤と柔軟剤を使うよりコストメリットがあるのですが、自作するとさらに安上がりです。

洗剤でアレルギーが出る、ご家庭にもオススメです。

参考 洗濯マグちゃんのレビュー記事はこちら。

TVで紹介されいた「洗濯マグちゃん」を購入してみました。 洗剤不要で洗濯ができる 排水で植物が育つ といった驚きの商品...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティーで20%OFF特別セールicon実施! 10/24 17:00~11/5
税込 1万円以上で20%OFF、1万円以下でも10%OFFという大値引き♪
普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象です

ナチュラム
対象商品が1,000円OFFになるクーポンicon発行中 ~10/22
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

crocs(クロックス)
クロックスはセール品iconを狙うとお得にGetできます。
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconも活用すると良いです!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪