スキレットのシーズニング方法 ~ シンプルな手順で挑戦!

スキレットを加熱する

スキレットシーズニングについてご紹介します。調べてみるとシーズニング方法も色々と流儀があるようですが、手間をかけずシンプルに考えたいところです。

シーズニングしたのは、先日ニトリで買ったニトスキです。買って満足して存在を忘れていましたが、楽しみにしていたシーズニングです♪ (嫁に尻を叩かれているわけではない)

ニトリのキャンプ道具をご紹介します。ニトスキ(スキレット)、フィールドラック、コンパクトなBBQグリル。どれもお買い得な商品です。対抗商品と比較すると7,317円の値段差です。キャンプをする方はニトリで道具探しをしてみることをおすすめします☆

なぜシーズニングが必要か?

シーズニングが必要な理由は、スキレットを錆び(サビ)させないようにするため。

鋳鉄製の調理器具(ダッチオーブンやスキレット)は「鉄なのですぐに錆びます」。そのため、使った後は、錆びないように手入れ(シーズニング)をし続ける必要があります。そして、使用後にシーズニングを続けていくことで、調理器具が錆や焦げに強いブラックポットという状態になるとのことです。

この「鋳鉄器具を習熟させる」という手間が、キャンプでの醍醐味なのだと思います。

シーズニング(seasoning)の意味は「慣らすこと」「習熟させること」です。

錆びを防ぐためにシーズニングをする

シーズニングの真髄は?

シーズニングの手順を調べてみるとと、色々と方法が紹介されていて奥が深そうです。
とはいえ、「要は錆防止の手入れ」なのでシンプルに解釈します。

使ったら錆びないように油を塗る

この基本をおさえておけば大丈夫♪

シーズニングのやり方

シーズニングの手順は3ステップ

  1. (なるべく)洗剤は使わずに水で洗う <初回のみ>
  2. 加熱して水分を飛ばす
  3. 油(無塩)を塗って弱火で5分加熱する

ちなみに、ニトスキのシーズニングバイブルは「スキレットナベの手入れ方法」です。

最初に洗うのは、購入時に付着している防腐剤や汚れを落とすためです。水分を飛ばして、油を塗るのは錆を防ぐため。

[補足] 細かいやり方を気にしなくても大丈夫

シーズニングについて、色々と調べていくと…

  • スキレットを熱して水分を飛ばす
  • 油を塗ってスキレットを加熱する
  • あれ、順番どっちが先だっけ?

なんてことになりますが、錆びないように水分飛ばして油を塗れば大丈夫です。順番はあまり気にしなくても良いと思います。やってみると、スキレットが濡れている状態で油を塗るのは熱した時に危険だとわかりますし、先に水分を飛ばし忘れても、水と油が混じった状態で加熱すれば最終的に水分は飛びます。

  • シーズニングの油は塩分が含まれていないもの
  • でも、調理する時には塩分使うよね?

という疑問も…。塩分が含まれていない油を使うのは、スキレットが塩によって錆び(酸化)ることを防ぐための工夫ですが、あまり気にしなくても大丈夫だと思います。

何度かシーズニングしてスキレットを使い続けていますが、加熱して水分飛ばすのが面倒な時には、キッチンペーパーで水分を拭いて、油だけ塗っておくとこもありますが、今のところ錆びて使えなくなったことはありません。

  • スキレットは洗剤で洗ってはいけない

というのも、スキレットに付着している油を取り除いてしまわないための工夫です。しかし、洗剤で洗って油が落ちてしまっても、また0(ゼロ)からシーズニングをして油を塗っていけば良いだけの話です。こってり料理して、スキレットがギトギトになり気分的に洗剤で洗いたいなぁというときには洗ってしまっています。

あまり神経質にならなくても大丈夫♪

万が一、スキレットが錆びてしまっても、サビを擦り落としてシーズニングし直せば使えるようになります。神経質にならなくても大丈夫です。

注意点

スキレットをシーズニングする時には、注意点が2つあります。

火傷に注意

スキレットを触る時には、鍋つかみを使ってください。

一般的なフライパンと違い、スキレットの取っ手を素手で触ると火傷します。無意識に手が出てしまうため注意が必要。お手つきは厳禁です!

安全のためには、スキレットカバーを常に付けておくのが良いのだと思いますが、常に付けておくとカバー自体が熱くなって焦げてしまう可能性もあります。結局鍋つかみや軍手、耐熱グローブを使うことになります。

いずれにせよ、火傷に注意してください☆

熱いスキレットに冷水をかけない

熱いスキレットを急に冷やすと割れる可能性があります。シーズニングは、スキレットの粗熱をとってから実施しましょう。

ガラスに急な温度変化を加えると割れてしまいます。熱で分子が膨張して物体に歪みが生じることが原因です。スキレットはガラスほど熱変化に弱いわけではありませんが、今まで火にかけていたものを急に水につけることは避けたほうが良いです。

スキレットのシーズニングに必要なもの

スキレットのシーズニングに必要なものをご紹介します。

食用油 (塩分なし)

シーズニングで使う油は、塩分(ナトリウム)が含まれなければ問題ありません。ということで、我が家はサラダ油(ナトリウム 0mg)で充分です。

参考 オリーブオイル(エキストラバージン)が良い!という記載を見かけますが、個人的には意味があるようには思えません。どうせ火にかけるので油は熱変化しますので、使う油が良い?油でも大差がないと思います。また、調理でスキレットを使えば塩分が付着するので、細かいことを気にしても…。

スキレットカバー (鍋つかみ)

持ち手が熱くなるのでスキレットカバーが必要です。我が家は、可愛い猫の鍋つかみで代用しました。

革製のスキレットカバーが欲しいと思っていましたが、革の耐熱温度を調べると最高でも150℃程度。ロッジのスキレットカバーは、見た目とは裏腹に「最高650℃まで対応」です。こちらが最強なのかもしれません。
LODGE(ロッジ) マックステンプ ハンドルミット1PC HHMT

ちなみに、我が家は本皮のスキレットカバーを使っています。見た目が良くなるので(笑。本皮のスキレットカバー(ダイソーのライターケース)だけでは熱を防ぐことはできません。キャンプで使う時には軍手や革グローブを使って、カバー付きのスキレットを扱っています。

ダイソーのライターケース(本革)がスキレットのハンドルカバーに使えます。ニトリのスキレット(19cm)との驚きのピッタリ感を写真でお伝えします。

見た目重視するならオススメです。上記の記事で他のスキレットカバーもご紹介もしています。オシャレなハンドルカバーが他にも沢山あります。

キッチンペーパー (布切れ)

油をスキレットに塗るためにキッチンペーパーを準備します。

今回は布切れを使いました。布切れならキッチンペーパーより丈夫なため、スキレットに油をゴシゴシ塗り込みやすいです。

ニトリのスキレット(ニトスキ)のシーズニングに挑戦!

我が家のスキレットはニトリ製です。通称ニトスキ。

初回のシーズニングに挑戦してみました。鉄臭さを採るためにクズ野菜を炒めているため、2回シーズニングを実施していることになります。

シーズニングの手順をおさらいすると「使ったら 水分飛ばして 油を塗って加熱」です。

  1. 洗剤で洗う <初回のみ>
  2. 加熱して水分を飛ばす
  3. 油(無塩)を塗って弱火で5分加熱する

最初のシーズニング

最初のシーズンニングの特徴は、防腐剤を落とすために洗剤で洗うこと。

※その後、スキレットを洗剤で洗うことはありません。

洗剤で洗う

初回のシーズニングは、工場出荷時の防腐剤を落とすために、洗剤でゴシゴシ洗います。

スキレットを洗う

空焚きして水分を飛ばす

スキレットを温めて、水分を飛ばします。鋳鉄には細かい穴が開いているため、その穴の水分を飛ばしてあげます。スキレットから煙が出てきたら水分が飛んでいる合図です。

スキレットを加熱する

スキレット全体に油を塗って、弱火で5分加熱

水分が飛んだら、スキレット全体(表、裏、持ち手)に油を塗って、弱火で5分ほど加熱します。

スキレットに油を塗る スキレットの裏も油を塗る スキレットを加熱する

ここまでで、1回目のシーズニングが完了です。

そのまま2回目のシーズニングをします。

2回目のシーズニング

2回目のシーズニングは、野菜くずを炒めて鉄臭さを取り除きます。

その後、シーズニングします。

  1. (なるべく)洗剤を使わないで洗う
  2. 加熱して水分を飛ばす
  3. 油(無塩)を塗って弱火で5分加熱する

1回目と違うのは、洗剤を使って洗わないことです。

野菜クズを炒める

初回は、スキレットの鉄臭さを取り除くため、野菜の切れ端や皮などを炒めます。今回は人参の皮を使いました。スキレットに油を塗って炒めます。

スキレットに油を塗る 野菜くずを炒める

粗熱をとって水洗い

スキレットの粗熱をとってから水洗いします。2回目以降はスキレットの油分を落とさないようにするため洗剤を使いません。

粗熱をとる時間が待ちきれなかったため、数分放置したら、熱湯で流し始めて、徐々に温度を下げて水洗いしました。

スキレットの粗熱をとる スキレットを洗う

空焚きして水分を飛ばす

ここからは先ほどと同じ手順です。スキレットを温めて、水分を飛ばします。煙が水分が飛んでいる証拠です。

スキレットを加熱する

油を塗って弱火で5分加熱

スキレットに油を塗って弱火で5分ほど加熱します。油はスキレットの内側だけに塗りました。加熱が終わったら、粗熱をとって初回シーズニングの完了です。

スキレットに油を塗る スキレットを加熱する スキレットの粗熱をとる

楽しくシーズニングすることができました。スキレットも油を含んで黒テカリしているようです。実際に使うのが楽しみです☆

3回目以降のシーズニング方法

3回目以降も手順は変わりません。「使ったら水洗い 水分飛ばして 油を塗って加熱」です。

スキレットを洗う スキレットに油を塗る スキレットを加熱する

また、キャンプ場で時間が無いようなら、汚れを拭いて油を塗って持って帰ればOK。錆びないように持って帰って、家でシーズニングすればバッチリです。

鋳物はシーズニングを続けるとブラックポット化する

スキレットやダッチオーブンなどの鋳物は、シーズニングを続けていくとブラックポット化します。

ブラックポットとは、深い黒色になり、焦げ付きにくくなる状態。焦げ付いたりしても、直ぐに手入れをし続けていけば、汚れがスルリと落ちるようになるようです。

我が家のスキレットは、かれこれ30回ほど使っています。洗剤で洗ったのは初回のみ。しはので、焦げ付きにくさを検証してみました。

卵焼きを作ってみると、普通のフライパンとは違って、スルスルと浮いてくれます♪

かなり使いやすい状態になっているようです☆

引き続き使い続けて、ブラックポット化を目指したいと思います。

まとめ

スキレットシーズニング方法は、難しく考えず「油を塗って加熱しておく」です。注意点とポイントは下記です。

  • 火傷に注意
  • 洗剤は使わずに水で洗う (なるべく)
  • 使ったら、水分を飛ばして、油を塗って加熱

実際にシーズニングしてみると、楽しく作業することができました☆

新しいことを覚えて、レベルアップした気がします。

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
歳末BIGセールナチュラム祭icon ~12/20
ハイランダーの限定カラーが出品中☆
セール商品iconもお見逃しなく♪

crocs
最大50%OFF (&  2足でさらに20%OFF)のHOLIDEALSセールicon開催中 ~12/17
アウトレット・セール品iconも要チェックです。

エルブレス
10%OFFクーポンを配布中 ~12/17

好日山荘
在庫限りのお買い得商品は要チェック♪

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪