【2019年新作】SOTOレギュレーターストーブフュージョンは、欠点なし最強のCB缶バーナー

SOTO レギュレーターストーブフュージョン

2019年にSOTOから「レギュレーターストーブフュージョン」が販売予定。

大五徳で分離型、マイクロレギュレーター搭載のCB缶バーナー!
ファミリーキャンパーにとって、最強のシングルバーナー

SOTOの技術が融合(フュージョン)しているのが分かります。全く欠点が見つからない魅力的な商品♪

現時点で入手できる情報をまとめました。そして、現行のシングルバーナーとの比較フュージョンの特徴をご紹介します。

参考 CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事はこちら

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...

SOTO レギュレーターストーブフュージョン

SOTOの「レギュレーターストーブフュージョン」のプロトタイプが、2019年9月4~5日に開催された「2019 春夏アウトドア合同展示受注会 9月展」でお披露目となりました。

「キャンプ誌 fam 編集長ケヤキ」さんのTweetで紹介されています。

参考 なんと!我が家は発表の5日前に現行モデルを買っちった

ちなみに、我が家が現行モデルのシングルバーナー(ST-301)を購入したのは2018年8月31日。 あと5日我慢していれば、現行モデルを買わずに新モデルを待ったのですが…。発表後に購入していたら己のミスを責めることになったので、まだ良かったかな♪

「俺は悪くない、運が悪かった」

販売日と価格

販売予定日は2019年2月21日。価格は不明。<2018/10/15時点>

SOTO レギュレーターストーブフュージョンの発売情報

Photo by JAC Auto Camp 第272号 <2018/10/15発行>

現行モデル(ST-301・ST-310)からの変更点

レギュレーターストーブフュージョンは、現行のシングルバーナー(ST-301)とレギュレーターストーブ(ST-310)の後継機種です。

イメージ

SOTO レギュレーターストーブフュージョンの融合イメージ

現行の2つの人気モデルの良いとこ取りをして フュージョン
SOTOが培ってきた、CB缶バーナーの技術力で フュージョン
当然ながら、価格もフュージョン?

補足 現行モデルST-301とST-310の覚え方
今後の説明で「ST-310」と「ST-301」が何度も出てくるので混乱するかもしれません。私も混乱します…。ST-XXXの数値が大きいほう(ST-310)が先進的 (コンパクト・マイクロレギュレーター搭載)だと覚えておくと良いです。

比較表
どのぐらいフュージョンなのか、現行モデルと特徴を比べてみます。

フュージョン ST-310 ST-301
形状 分離型 一体型 分離型
バーナーヘッド すり鉢状
(小型)
突起状
(小型)
突起状
(大型)
マイクロ
レギュレーター
搭載 搭載 なし
五徳 大きくて低重心
4本脚
小さくて高重心
4本脚
大きくて低重心
3本脚
発熱量 不明
(ST-301より低い)
2,500kcal/h 3,200kcal/h
収納時
サイズ
不明 コンパクト そこそこ
コンパクト
赤字 … 個人的にメリットだと感じるポイント

発熱量と収納時のサイズが不明ですが、それ以外は性能が向上して使いやすくなっています♪

すんごい フュージョン♪
シングルバーナー(ST-301)から見た変更点
  • ○ マイクロレギュレーターを搭載したため寒さに強くなった
  • ○ バーナーヘッドがすり鉢状になり風に強くなった
  • ○ バーナーヘッドが小型化
  • ○ 五徳が4本脚になって安定
  • × 発熱量(kcal/h)はST-301より低い
  • ? 収納サイズが小さくなった?
シングルバーナー(ST-310)から見た変更点
  • ○ バーナーヘッドがすり鉢状になり風に強くなった
  • ○ 五徳が低重心になり鍋が扱えるようになった
  • ○ 分離型に変更された
  • ? 発熱量(kcal/h)はST-310より高い?
  • ? 収納サイズが大きくなった?
現行(ST-301・ST-310)の弱点を克服してフュージョン!

同じくマイクロレギュレーターを搭載するST-310と比較

今まで、CB缶のバーナーでマイクロレギュレーターが付いているのは「レギュレーターストーブ(ST-310)」のみでした。

寒冷地に強いので、キャンパーにはダントツの人気。

SOTO ST-310の外観

ST-310は人気の逸品だが欠点はあった

ST-310は人気の逸品でしたが欠点があり、現場では工夫して使っていました。

  • 五徳が小さくて不安定 → クッカースタンドで補完
  • 風に弱い → 風防を付けてカスタマイズ
  • 着火しづらい → オプションの着火アシスト装着
フュージョンはST-310の欠点を全て解消

レギュレーターストーブフュージョンは、ST-310の欠点を全て解決しています。

  • 五徳が小さくて不安定 → 安定・低重心の五徳にフュージョン
  • 風に弱い → すり鉢状のバーナーヘッドにフュージョン
  • 着火しづらい → 分離したガス缶側に着火装置がフュージョン

フュージョンは、キャンパーが欲しい機能がすべて盛り込まれた!

レギュレーターストーブフュージョンはST-310の弱点を解消。
五徳も大きく低重心で安定するため、鍋も扱えるようになった♪

レギュレーターストーブフュージョンの収納時のコンパクトさと価格が気になるところですが、レギュレーターストーブ(ST-310)から乗り換える方も多いと思います♪

レギュレーターストーブフュージョンの特徴

ここまでの説明では現行モデルとフュージョンを比較してきましたが、ここからは現行モデル云々を抜きにして、フラットにシングルバーナーとしてどのような特徴があるかご紹介します。

レギュレーターストーブフュージョンの特徴
  • 大鍋・ダッチオーブンが扱える
  • 寒さに強いマイクロレギュレーター搭載
  • バーナーヘッドがすり鉢状で風に強い

大鍋・ダッチオーブンが安心して扱える

レギュレーターストーブフュージョンの特徴は「分離型」と「大きな五徳」

分離型

ガス管とバーナーが分離しているので、ダッチオーブンを熱していてもガス缶に熱が伝わりにくいです。ガス大爆発の心配がありません。

大きな五徳

五徳のサイズが大きいため、ST-301と同様に25cmの大鍋が扱える(はず)。
(25cmは、自宅で使っている一番大きな鍋と同じ大きさでした)

そして、レギュレーターストーブフュージョンは、五徳の脚が4本に増えて安定化が図られています。(現行のST-301は3本脚)

レギュレーターストーブフュージョンは五徳が安定していて安全
分離型のため、ガス大爆発の心配がない

参考 現行モデルと五徳の安定性を比較

現行のシングルバーナー(ST-301)は大鍋を扱っても安定しています。フュージョンの五徳も似たような形状になります。

SOTO シングルバーナー ST-301で鍋を扱う

一方、レギュレーターストーブ(ST-310)は五徳が小さく 高さがあるため、安定性が良くないです。まるかの湯たんぽ(3.5L)を乗せると超不安定。「グラン グラン」で「ブルン ブルン」しちゃって♪

SOTO ST-310に湯たんぽを乗せるが不安定

寒さに強いマイクロレギュレーター搭載

レギュレーターストーブフュージョンの一番の魅力は、マイクロレギュレーターを搭載していること。

通常のガスバーナーは、気温が10℃以下になると火が安定しなくなり、0℃まで下がるとほぼ着火できなくなります。

それが、マイクロレギュレーターを搭載していると、-5℃の環境でも安定した火力が得られます。(パワーガスとの合わせ技)

SOTOのマイクロレギュレーター 火力の安定

Photo by SOTO

マイクロレギュレーターの仕組みや効果は、シングルバーナーを比較した記事でご紹介しています。

バーナーヘッドが「すり鉢状」で風に強い

レギュレーターストーブフュージョンは、バーナーヘッドが「すり鉢状」(窪んだ形状)で、風に強い構造。

SOTO レギュレーターストーブフュージョン

Photo by JAC Auto Camp 第272号 <2018/10/15発行>

すり鉢状は、SOTOの最上位バーナーのストームブレーカー(税別 21,000円)と似た形状。CB缶のバーナーではレギュレーターストーブフュージョンだけが「すり鉢状」

※売れ筋のレギュレーターストーブ(ST-310)も、バナーヘッドは膨らんだ形状なので、五徳に風防を付けて使っている人が多いです。

現行(ST-301)と比べて、横風を受けた時の熱伝導性が向上していることは、展示会のデモンストレーションから分かります。

編集長のおっしゃる通り、現行のシングルバーナー(ST-301)を買うならフュージョンがオススメです。それだけでなく、現行のレギュレーターストーブ(ST-310)を買うならフュージョンがオススメとも言えます。

ST-301・ST-310のどちらかを買おうとしているならフュージョンがオススメ

あえて現行モデルを買うメリットを考えてみます。

  • シングルバーナー(ST-301) … バーナーヘッドが大きいので鍋料理向き
  • レギュレーターストーブ(ST-310) … コンパクト収納。小さいカップを温めるのに便利

どちらかというとレギュレーターストーブ(ST-310)を買おうとしている人にこそフュージョンをオススメしたいところ。

シングルバーナー(ST-301)のバーナーヘッドの大きさはフュージョンには無い強みです。大鍋もムラなく温められるので、フュージョンが登場してもST-301を買うメリットはあると思います。

参考 シングルバーナー(ST-301)のレビュー記事はこちら

SOTOのシングルバーナー (ST-301)を購入したので、実際の使用感をご紹介します。 ST-301は、CB缶のシングルバーナーの中...

欠点と改造ポイント

SOTO レギュレーターストーブフュージョンの欠点と改造ポイントはコチラ。

  • 耐熱チューブで火傷対策が必要
  • 五徳が大きいのでマグカップなどを温める時には網が必要?

耐熱チューブで火傷対策が必要

プロトタイプモデルを見る限り、五徳が金属丸出しなので、使用時に素手で触ると火傷します。

実際に使う際は、ヤケド対策として耐熱用のチューブが必要です。

デフォルトで耐熱チューブが付属していると最強なのですが♪

手順は、シングルバーナー(ST-301)の改造記事が参考になると思います。ただし、フュージョンの五徳の経がST-301より細いようなのでチューブ選びに注意。

SOTOのST-301を改造したので、その内容をご紹介します。 改造したポイントは全部で7箇所。 先人の知恵をお借りしながら、楽...

考察 SOTO製品 耐熱チューブが付属しないのはなぜだろう?

現行のST-301とST-310も、火傷のリスクがあるのに耐熱チューブが標準装着されていません。

ユーザー側としては、そのままの状態で使うとヤケドのリスクがあるので、耐熱用のチューブのカスタマイズは必須。

チューブを装着するのは機械では難しいでしょうから、人手が必要となりコスト増。デフォルトで装着するとコストがかかるのは分かるので、チューブが同封してあるだけでも助かるのですが…。そうすると、ユーザーが装着時に五徳を曲げてクレーム・返品となりコストが増えるのかしら?チューブが溶ける/溶けない問題も出てきそう。

踏み込んで考えると、自己責任でチューブ装着となっているのも分かるような気がします。

…が、ユーザーとしては不便なので、値段を上げてでも標準で同梱して欲しいものです★

五徳の最小経が大きいとマグカップなどを温める時に網が必要

レギュレーターストーブフュージョンは、レギュレーターストーブ(ST-310)と比べて、五徳の最小経が大きくなっていると思われます。

小さいマグカップなどが五徳に安定して乗らない場合は、バーナーパットや小さい網(100均の水切り網でOK)をかませると良いです。

まとめ

新製品発表の4日前に現行モデル(ST-301)を購入した我が家としては、なんとも悲しいタイミングでしたが…、それでも懲りずに手入れたいバーナー♪

シングルバーナー買うならSOTOのレギュレーターストーブ フュージョンで決まり! (大鍋を扱うファミリーキャンブなら なおさら)
レギュレーターストーブフュージョンの特徴
  • 大鍋・ダッチオーブンが安心して扱える
  • 寒さに強いマイクロレギュレーター搭載
  • バーナーヘッドがすり鉢状で風に強い
  • 目立った欠点が見つからない!

我が家も購入予定(お嫁様 承認済み)。来シーズンにはカセットガスコンロを卒業して「シングルバーナー(ST-301)」+「フュージョン」を使った、ツーバーナー構成になりそうです☆

販売予定日は2019年2月21日。価格は不明。<2018/10/15時点>

参考 CB缶のシングルバーナー6種を徹底比較した記事はこちら

CB缶のシングルバーナーを徹底比較してみました。 商品の一覧・比較表、選び方、おすすめ商品をご紹介します。 キャンプの調理は、カ...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
歳末BIGセールナチュラム祭icon ~12/20
ハイランダーの限定カラーが出品中☆
セール商品iconもお見逃しなく♪

crocs
最大50%OFF (&  2足でさらに20%OFF)のHOLIDEALSセールicon開催中 ~12/17
アウトレット・セール品iconも要チェックです。

エルブレス
10%OFFクーポンを配布中 ~12/17

好日山荘
在庫限りのお買い得商品は要チェック♪

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪