多次元型焚き火台 RAPCA(ラプカ)の先行レビュー | 自在に変化する理想的な焚き火台

多次元焚火台 RAPCA(ラプカ)で焚き火をしている状態

多次元型焚き火台 RAPCA(ラプカ)を一足早く使ってみたのでレビュー!

以下の3点を満たしてくれる理想的な焚火台です♪

  1. フラットにできてコンパクトに収納可能
  2. 焼き網、五徳の位置が自在に調整可能
  3. 地面を焦がさない作り
とにかく使っていてテンションのあがる焚火台♪
なんだか超楽しい!

久しぶりにワクワクしました♪ 個人的にイチオシのアイテム☆ 他に3点を満たす焚火台を知りません。

RAPCA(ラプカ)は五徳を違う高さに調整できる

メーカー様から商品提供していただいています
※五徳を紹介用に追加していただいているため、製品版よりも豪華になっています。

多次元型焚き火台 RAPCA(ラプカ)

多次元型焚き火台 RAPCA(ラプカ)は、使い方次第で楽しみ方が無限に広がる焚き火台。

多次元焚火台 RAPCA(ラプカ)

RAPCA(ラプカ)の部品、オプション品

仕様
  • 組立サイズ … 355 x 345 x 345 mm
  • 収納サイズ … 353 x 345 x 13 mm
  • 材質 … ステンレス (SUS304)
  • 重量 … 1.8kg
  • 耐荷重 … 不明
特徴
  • 両サイドの支柱で、色々な五徳を形成できる
  • フラットに収納できる
高さの違う五徳を同時に実現できたり、自分の好みの焚火台に調整可能♪

自分好みにカスタマイズできるのも強み。

今後販売予定の様々なオプションパーツや、ホームセンターなどで市販されているステンレスや鉄製の角棒やフラットバーなどを、ごとくや焼き網として使って自由に拡張することができます。

出典 : Makuake

さらに

お肉「ぐるぐる」できる♪ ※要オプション
多次元型焚き火台 RAPCA

実際に使ってみて便利だった3つのポイント

個人的に焚き火台に求める機能を満たしてくれています。

  1. 焼き網、五徳の位置が自在に調整可能
  2. フラットにできてコンパクトな収納状態
  3. 地面を焦がさない作り

これまでの焚き火台では、重量が重かったり、フラットに畳めなかったり、耐久性が気になったり、といった感じで、あちらを立てればこちらが立たずといった商品が多かったのですが、次元型焚き火台RAPCA(ラプカ)は理想的な焚き火台。

焼き網、五徳の位置が自在に調整可能

まず度肝を抜かれたのが、五徳のバリエーションが無限に構成できること。

ラプカの脚には、多段に構成された渡しや穴があり、好きな場所にステンレスの串や板などを組み合わせて 五徳を形成することができます。

RAPCA(ラプカ)の五徳の支柱

高さの違う五徳を作ったり、一番上に棒を集中させてみたり。

RAPCA(ラプカ)の五徳 (詳細)

縦横に組んでみたり♪

RAPCA(ラプカ)の五徳

自由自在に、五徳が組める♪
楽しい!

市販の焼き網も乗せることができます。

写真は35×35cmのファイアグリルで使っている網。もう少し大きかったり、長方形でも良さそう。

RAPCA(ラプカ)で焼き網を使う

もちろん網の高さも自由自在♪

火に近づけたり

RAPCA(ラプカ)は焼き網の高さを調整可能(中段)

遠火でじっくり仕上げたり。

RAPCA(ラプカ)は焼き網の高さを調整可能(一番上)

ダッチオーブン(19cm)やスキレット(19cm)も乗りますし、五徳の高さを替えたりしながら同時に使うこともできます。

RAPCA(ラプカ)でダッチオーブンを温める(横から) RAPCA(ラプカ)でダッチオーブンを温める(五徳の状態) RAPCA(ラプカ)でダッチオーブンとスキレットを使う RAPCA(ラプカ)は五徳を違う高さに調整できる

焼きマシュマロやウィンナー炙りも楽しめる♪

RAPCA(ラプカ)でウィンナーを炙りながら焼きマシュマロを楽しむ

ラプカなら鉄串があれば焼き網要らないかも? 荷物減らせそうです♪

とっても素敵♪ 楽しい!

フラットにできてコンパクトな収納状態

収納する時は、ペタッと平らになります。

RAPCA(ラプカ)はフラットに収納できる

サイズもコンパクト♪

RAPCA(ラプカ)の収納袋

フラットに収納できるのは個人的にかなり嬉しいポイント♪

焚き火台の形状によっては、キャンプの荷物を車載する時に、スタッキングができずに場所を取ったりします。

我が家の使っているファイアグリルは、上に物を積まないように神経を使います。上に物を積めないことはないのですが、力を加えると曲がる可能性があるため重いものは乗せません。

その点、収納状態が平らになると、隙間に縦に差したり、上に重い物を積んだりできるので扱いが楽です。

地面を焦がさない作り

ラプカは地面を焦がさない作りになっています。

「焚火台」として販売されていても、芝生で使うと地面を焦がしてしまうものも多いです。※地面からの高さがないものは特に注意!
新聞紙をラプカの下に敷いて検証

ラプカのロストル自体の高さは18cm。灰受けは地面から10cm。

RAPCA(ラプカ)のロストルと灰受けの高さ

ラプカを実際に使ってみると、ロストルの下に灰受けが設けられていて、細かい炭が灰受けに落ちる程度。(下の写真は新聞紙検証とは違う日に撮影)

RAPCA(ラプカ)の灰受け

いつも通り焚き火を楽しんだのですが、下の新聞紙が燃えることはありませんでした。

翌朝に確認した写真がこちら。

RAPCA(ラプカ)で焚き火しても地面が燃えない RAPCA(ラプカ)で焚き火しても地面が燃えない(新聞紙が燃えなかった)

焚火台から爆ぜた火の粉で新聞紙の周囲は穴が空いていますが、焚火台の真下部分は全く焦げていませんでした。 ※新聞紙が濡れているのは朝露。

新聞紙を下に敷いて焚火をしても焼けなかった♪

組み立て方

組み立て方は思いのほか簡単。

まずは、脚をH字に組み立てます。

RAPCA(ラプカ)の組立方法1 脚の組み立て

RAPCA(ラプカ)の組立方法2 脚が組み上がった状態

灰受けを配置。

RAPCA(ラプカ)の組立方法3 灰受けを組み立て RAPCA(ラプカ)の組立方法4 灰受けを設置

「パチッ」と気持ちよく溝にハマります♪ 細部までこだわって仕上げているのが伝わってきます。※日本製

RAPCA(ラプカ)の組立方法5 灰受けを固定

最後にロストルを乗せれば完成。

RAPCA(ラプカ)の組立方法6 ロストル RAPCA(ラプカ)の組立方法7 ロストルを設置

ロストルもズレないように折返し加工済み。

RAPCA(ラプカ)の組立方法8 ロストルを設置した状態

最後に、お好みで五徳を設置します。

RAPCA(ラプカ)の五徳

組立方法の動画がこちら↓

焚き火台RAPCA 組み立て方

気になるポイントは耐久性

ラプカは使い勝手と収納効率はバッチリ文句なしなのですが、気になるポイントは耐久性。どちらもシッカリ検証できていないので、確認できたら報告します。

耐久性について

もう一つの気になるポイントは耐久性。

ただ、代替部品が見つかりそうなので、個人的には気にならないポイントになりました。

RAPCA(ラプカ)でダッチオーブンを温める(下から)

長く使うことを考えると劣化具合が気になるところです。

まだ使い込んでいないため、確かなことはお伝えできないのですが、実際にラプカを3回使ってみたところ、ロストルがわずかに歪んできました。

ということで、個人的に商品を触ってみた印象はこちら。

結構シッカリしていて、代替部品も見つかりそうだから、メンテしながら長く使えそう♪
  • フレームは頑丈そう。万が一曲がっても叩いて戻せる
  • 灰受けは直接激しい火に触れるわけではないので曲がらなさそう
  • 唯一、気になるのがロストル。薄いステンレス板で、直接火を受けるため一番最初に歪んだ。
  • ただ、ロストルがだめになったら焼き網で代用できそう (ヘビーロストルとか)

一番劣化が早そうなロストルも交換部品が販売されるでしょうし、焼き網でも代用できそうです。これからオプション品などが販売されるようなので、交換ロストルや、強化ロストルが販売されることを期待します☆

ファイアグリルと比較

最後にファイアグリルと比較したサイズ感を紹介。

実は、ファイアグリルと言っても我が家はMAGNA(マグナ)のファイアグリルを使っています。とはいえ、本家とサイズ感などがほぼ一緒の商品。(下記記事で詳細に比較しています)

MAGNA(マグナ)のファイアグリルをレビューします。 ユニフレームと比較をしてみましたが「見た目、使い勝手は一緒」 実際に手に...

上からのサイズ感。

RAPCA(ラプカ)とファイアグリルの比較(上から)

どちらも35×35cmの焼き網が乗りますが、ロストルはファイアグリルのほうが大きい&シッカリしています。

横からのサイズ感。

RAPCA(ラプカ)とファイアグリルの比較(横から)

ロストル・灰受けの高さを比較。

RAPCA(ラプカ)とファイアグリルの比較(真横から高さ比較)

両方を使った感想

焚き火台としての安定具合いはファイアグリルのほうが良いです。灰受けが四辺が立つお皿型になっているので炭がこぼれる心配がないです。面積も広いです。

ラプカの強みは「五徳を自在に作れてワクワクしちゃう♪」ことと「フラットな収納状態」。使っていてテンションがあがります。その理由は自分好みにできる余白があるためかな?

安心・安定・堅実・長持ち重視なら実績のあるファイアグリル。焚き火でワクワクしたいならラプカ。

お肉「ぐるぐる」したいならラプカ♪  ※要オプション
多次元型焚き火台 RAPCA

さいごに

多次元型焚き火台 RAPCA(ラプカ)は、使っていてテンションが上がる焚火台。

  1. 焼き網、五徳の位置が自在に調整可能
  2. フラットにできる理想的な収納状態
  3. 地面を焦がさない作り

個人的には、この3点を満たす理想的な焚火台だと思います。

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconは要チェック!

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
セール品は最大70%OFF!掘り出し物が見つかるかも。

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪