注目情報

ナチュラム祭 春のBIGセール開催中!icon目玉商品は要チェックです!

オシャレなジャンプスターター「パワーローバー」をレビュー

パワーローバー

オシャレなデザインが特徴的なジャンプスターター「パワーローバー」をレビュー。

ジャンプスターターは車のバッテリーが上がっても自力でエンジンがかけられるアイテム♪雪中キャンプやスキー・スノーボードに行く時に心強い商品。

モバイルバッテリーとしても使えることや、車のバッテリーを寿命ギリギリまで使える※ので便利だと思いました。 ※我が家の考え

使い勝手や気になったポイントなどを紹介します。

メーカー様から商品提供していただいています

パーワーローバー ~ おしゃれなデザインが特徴的

今回レビューする「パワーローバー」は、手帳のようなおしゃれなデザインが特徴的なジャンプスターター。

パワーローバーの付属品

仕様
  • 本体寸法 : 140×75×20mm
  • 重量 : 250g
  • バッテリー容量 : 9000mAh / 37.8Wh
  • バッテリーサイクル : フル充電1,000回以上
  • 入力 : 5V/1A(USB、シガーソケット)
  • 出力 : 5V/2A(USBポート)、12V/300A,500A(ジャンプスターター)
  • スマートジャンプケーブルに保護回路付き (ショート、過電圧、過電流、過充電、過放電、逆電圧/電流保護、逆極性連結、過熱保護)
  • 使用可能回数(目安)
    • ジャンプスタート 5回
    • スマホ充電 2回
    • タブレット充電 1回
  • 充電時間 最短 9時間
  • 許容動作温度  -20℃~60℃
サイズ感

サイズはモバイルバッテリーと同じぐらいで手に収まります。

パワーローバーのサイズ感 パワーローバーの厚さ

オシャレなデザインだから、女性でも抵抗感なく使える

ジャンプスターターは色々な商品が販売されていますが、パワーローバーの特徴は、女性でも違和感のないシンプルでオシャレなデザイン。

パワーローバーのサイズ

ジャンプスターターというよりは、手帳のようなスタイリッシュさ☆

パワーローバーは、ジャンプスターターとしてだけでなく、モバイルバッテリーとしても使えるので、旅行やキャンプの時にスマホを充電するのに使えます。

デザインがオシャレだからモバイルバッテリーとしても持ち歩きやすい

パワーローバーの使い方は簡単&安全

パワーローバーの使い方はとても簡単です。

スマートジャンプケーブルに保護回路もついているため安心して使えます。

【ザックリ手順】
車のバッテリーにジャンプスターターを接続してエンジンをかけるだけ♪
万が一接続を間違っても安全制御装置があるので安心

まずは、ボンネットを開けて、車のバッテリー位置を確認。

ボルトマジックのジャンプスターター「JS-06」でジャンプスタートする手順 1 (車のバッテリー)

ジャンプスターターのバッテリー残量を確認 (フル充電推奨)

パワーローバーのバッテリー残量

フル充電して使うように封に注意書きがされています。

パワーローバーはフル充電して使う

手順1. ジャンプケーブルを接続

ジャンプケーブルを車のバッテリーに接続。 赤(+)は赤、黒(-)は黒。

車のバッテリーにジャンプケーブルを接続

次に、ジャンプケーブルの端子にパワーローバーを接続。

パワーローバーとジャンプケーブルを車のバッテリーに接続

手順2. ジャンプスターターの電源ボタンを押して30秒待つ
※ジャンプケーブルの保護回路装置ランプが緑色に点灯することを確認

参考 今回、正常なバッテリーと接続したため、保護回路が働いて赤緑が交互に点滅していました。そのため以降のエンジン始動は未実施。

手順3. エンジンをかける!

ボルトマジックのジャンプスターター「JS-06」でジャンプスタートする手順 6 (ジャンプスタートケーブルの緑点灯ランプを確認)

エンジンがかかったら、車のバッテリーからジャンプスターターを外します。

保護回路があるからブースターケーブルより安心

パワーローバーは、ケーブルに保護回路が付いてるので、間違って接続しても動作しないようになっています。

パワーローバーのジャンプケーブル

正しく接続しないと動作しないから安心!
保護機能
  1. ショート(Short)保護
  2. 過電圧保護
  3. 過電流保護
  4. 過充電保護
  5. 過放電保護
  6. 逆電圧/電流保護
  7. 逆極性連結保護
  8. 過熱保護機能付

収納ケース付き

パワーローバーには収納ケースがついています。

付属品をなくす心配もなく、ケースで製品の保護ができるから扱いやすい♪

パワーローバーの収納ケース

パワーローバーの収納ケースのサイズ パワーローバーの収納ケースの厚さ

最悪、雪の中での作業になることを考えると、余計なストレスや煩わしさは少しでも排除したいところ。付属品がないとか、説明書がないとか、初歩的なつまづきをしていたらイライラも倍増です★

雪の降る中で車のボンネットを開けた写真

スマホを充電できる (モバイルバッテリーとして使用可)

パワーローバーは、モバイルバッテリーとしても使えます。

パワーローバーの入出力端子

4分岐したUSBケーブルが付いています。

  1. Lightning
  2. USB Type-C
  3. micro USB
  4. mini USB

パワーローバーの4又USBケーブル パワーローバーのUSBケーブルの詳細

容量は9,000mAh。スマホが2回ほど充電できるスペック。

1泊2日のキャンプで、スマホを充電するのにちょうど良い

LEDライトも点灯する

パワーローバーは、LEDライトが点灯するようになっているので、夜間の作業時にも便利。

パワーローバーのLEDライト

夜、車のボンネットを照らしてみたところ充分な明るさでした。

パワーローバーのLEDでボンネット内を照らす

LEDライトはSOS点滅、ストロボ点滅も可能。

車内でも充電できる

パワーローバーはUSBと車内のシガーソケットから充電できるようになっています。

パワーローバーを充電

シガーソケットから充電できるのは心強いです、ジャンプスタートでエンジンをかけた後、バッテリーの充電が不十分だとまたジャンプスタートが必要になってしまいます。

パワーローバーを車のシガーソケットで充電

車のバッテリーが上がった時はバッテリーが劣化している証拠。再度ジャンプスタートが必要になる可能性が高いです。そんな時には車のバッテリーを充電することを優先させるより、パワーローバーを充電して備えたほうが良い気がします。

といった使い方ができるので便利だと感じました。

さいごに

パワーローバーの最大の特徴は「デザイン性」

女性でも使いやすいデザインで、キャンプや旅行用のモバイルバッテリーとしても活躍してくれます☆

パワーローバーをモバイルバッテリーとして使う