キャンプで便利な防水・耐衝撃スピーカー「Omaker M4 Bluetooth」

Omaker M4 スピーカー

キャンプで便利な防水スピーカー「Omaker M4 Bluetooth スピーカー」をご紹介します。キャンプ場やアウトドア、お風呂に入浴するときにも使えるコンパクトなスピーカーです。

便利な世の中になりましたね。

「Omaker M4 Bluetooth スピーカー」は超便利♪

Omaker M4 Bluetooth スピーカーは、小さくてコストパフォーマンスも良く、使い勝手も素晴らしい製品でした。

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様 マイク搭載通話可能 12時間連続再生 NFC対応 丈夫なポータブルスピーカー オリーブグリーン

楽天

楽天

楽天

迷彩色の提供を受けたので、気合い入れてご紹介します。便利なポイントが沢山あります♪

Omaker M4 スピーカーの付属品

手のひらサイズでコンパクト

最初に驚いたのはコンパクトさ。最近のスピーカーは小さいんですね。(知らなかった…)

手のひらサイズなので、持ち運びに便利です。
Omaker M4 スピーカーは手のひらサイズ

そして付属のストラップでハンギングチェーンにぶら下げることができます。
Omaker M4 スピーカーはぶら下げて使える

付属ストラップの輪っかも絶妙で、スピーカーを通すことができます。そのためカラビナなどが不要です。
Omaker M4 スピーカーをぶら下げるためにカラビナは不要

参考 ハンギングチェーンは様々な物をぶら下げておけるので便利です。

キャンプでハンギングチェーンを使うと、便利でオシャレな演出ができます。そんなハンギングチェーンについて、便利さ、選定ポイント、そしておすすめ品をご紹介します。自慢の小物を吊るして気持ち良く過ごせるので一押しです!

ストラップを使って腰に下げれば、音楽を聴きながらキャンプ場の散歩ができます。…が他のキャンパーさんの迷惑になるのでやめましょう  😎

音質が良い!

私自身、スピーカーを使うのが久しぶりでしたが、最近の小型スピーカーの性能は凄いんですね。

10年程前の、チャカチャカ音が割れる小型スピーカー(アンプ無し)とは、全く音が違います。Omaker M4はアンプが内蔵されているため、音質が良く、音の奥行きもあります。

私と嫁さんは「小さいのに音が良いねぇ…」と顔を見合わせて驚いていました。

防水仕様なので、雨キャンプで使える

このスピーカーは、JIS規格のIPX4の防水機能を備えています。

保護等級 内容
IPX0 特に保護がされていない
IPX1 防滴I形 鉛直から落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX2 防滴II形 鉛直から15度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX3 防雨形 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4 防まつ形 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5 防噴流形 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
IPX6 耐水形 あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない
IPX7 防浸形 一時的に一定水圧の条件に水没しても内部に浸水することがない
IPX8 水中形 継続的に水没しても内部に浸水することがない

出典  JIS規格「水の浸入に対する保護等級

雨に負けない防水性能なので、雨キャンプやお風呂で安心して使うことができます。

実際にメーカーに問い合わせてみました

Amazonの商品説明に、「三ヶ月以内であれば、通常使用での故障は新品と交換いたします」とありますが、「シャワーの水をスピーカーにかけて壊れた場合」は通常使用として交換が認められますでしょうか。
シャワーの水で壊れた場合は交換できます。

安心してお風呂で使えますね。

防水 & ワイヤレス対応なのでお風呂で音楽が聴ける

ワイヤレス(Bluetooth)対応のため、スマホの音楽をお風呂で聞くことができます。

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様 マイク搭載通話可能 12時間連続再生 NFC対応 丈夫なポータブルスピーカー オリーブグリーン

脱衣所にスマホを置いて、風呂にスピーカーを持ち込んで聞くことができます♪

ちなみに、ワイヤレス通信は10m離れても使用できます。キャンプで使うならサイト区画の端と端に置いてあっても使える距離ですね。

実際にお風呂場で大活躍しています。スマホでも接続して聞けますが、最近はPCから接続して聞いています。PCとBletooth接続して聞くとスマホの電池が減らないのが良いです。PCにBluetoothが標準裝備されていないため、Bluetooh USBアダプタを購入して使っています。音楽再生ソフトは iTunes,foobar,Windows Media Playerなどを使っていますが、どれもスピーカー側で曲送り、曲戻しができるので凄い便利♪

楽天

スピーカーから「曲送り」の遠隔操作ができる

ワイヤレス(Bluetooth)通信でスマホの音楽を聞いていれば、スピーカー上部のボタンで、曲送り、曲戻しができます。(音量ボタン一度押し)

Omaker M4 スピーカーのボタン

ほぉ~。スピーカーから遠隔操作できるんです。

お風呂で音楽を聞くときは、脱衣所にスマホを置いておけば音楽が楽しめます。PC接続すれば、iTunes,foobar,Windows Media Playerなどで曲送り、曲戻しができることを確認できました。

凄い便利♪ 感動ものです☆

なんと!スピーカーだけで通話ができる(マイク内蔵)

なんと、スピーカーからスマホの電話に出ることができます。驚き!

スマホを脱衣所に置いて、お風呂にスピーカーを持ち込んで音楽を聞いているときに、電話がかかってきても問題なし!スピーカーの通話ボタンを押せば会話をすることができます。

実際に試してみました。

  1. 電話がかかってくると、音楽は一時停止して、スピーカーから呼び出し音が鳴る
    ※スマホ側でも別途呼び出し音が鳴る
  2. 通話したい時にはスピーカーの通話ボタンを押すと、通話ができる!
  3. 通話が終わったらスピーカーの通話ボタンを押すと、音楽が再生される

いやぁ、便利! 素晴らしい世の中になったものです。

参考 LINE電話はできません。

  • スピーカーの通話ボタンでLINE電話にでることができない
  • スマホ側で通話させると…。スピーカーからは相手の声が聞こえない。ただし、こちらの声はスピーカー(のマイク)を経由して相手に届く。

Bluetoothに対応していない機器(ipodなど)で聴ける

Bluetooth対応のスピーカーですが、直接接続できるイヤホンケーブルが付属しています。利用シーンによって使い分けができるので便利です。

Omaker M4 スピーカーを直接接続

直接接続できるので、汎用的なスピーカーとして使えます。

  • 電池の消費を抑えることができる (Bluetooth通信はバッテリーを使う)
  • 音にこだわりたいときに直接接続する
  • ipodで聴ける (ipodなら電池持ちが良い)

Bluetooth接続と比べた時の欠点は

  • スピーカーの端子カバーを外す必要があるため、防水性が失われる
  • スピーカーで曲送りの操作ができない

古いipodを持ちだして使ってみましたが問題なく聞けました。ipodならバッテリーを気にしなくて良いのでキャンプで使うときに便利です。

Omaker M4 スピーカーをiPod接続

接続が超簡単、友達のスマホ音楽もすぐに聞ける

Bluetooth接続が簡単です。友達のスマホ音楽もすぐに聞くことができます。

スピーカーの電源を入れて、スマホのBluetoothをONにしたら勝手に検知してくれます。接続したいスピーカー(OMAKER-M4)を選択したら接続できました。(認証コードは不要)

Omaker M4 スピーカーをスマホ接続

接続すると、スピーカーがピーピー鳴くので分かりやすい。お返事が上手です♪

認証コードは不要。10m近辺に居る人なら接続できます。

また、同時に1台しか接続できないため誰かに乗っ取られることもありません。音楽を聴き終わったらスピーカーの電源を切っておけば、誰かに勝手に接続されることもありません。

12時間再生できるバッテリー

バッテリー容量は1500mAh。

  • 80%の音量なら12時間
  • 100%の音量なら6時間

2泊3日のキャンプなら電池切れの心配がありません。

家でテスト用に2~3時間使って、お風呂で1時間弱使用。そのままキャンプ場に持ち込んで2~3時間使いましたが、バッテリーが無くなる様子はありませんでした。

落下耐久1mなので、うっかり落としても心配ない

Omaker M4は1mの高さから落下しても耐えられるとのこと。

メーカーに問い合わせしましたが、故意に落下させた場合は3ヶ月保証の対象外です。

Amazonの商品説明に、「3ヶ月以内であれば、通常使用での故障は新品と交換いたします」とありますが「1mの高さからコンクリートに落下して、スピーカーにヒビが入った場合」は通常使用として交換が認められますでしょうか。
このスピーカーが1メートルところから落としても大丈夫と宣伝していますが、わざと落とすのはダメです。不意に卓上などから落ちて壊れた場合は交換できます。

3ヶ月の商品保証付き

安心の保証付きです。

3ヶ月以内なら、通常使用での故障は新品と交換してくれます。

  • お風呂場での使用は通常使用の範囲
  • 落として壊れた場合は交換可能。故意に落とした場合は交換不可。

気になる点について

Omaker M4 Bluetooth スピーカーは、コンパクトで便利に使えるスピーカーです。特に大きな欠点はないのですが、意地悪な小姑のごとく、アラ探しをしてみました。

※色々と挙げましたが、スピーカーとして使うには全く問題ないレベルです。

ボタンが少し押しづらい気がする

スピーカーのボタンが少し硬いのか、少し押しづらいです。

ポタンの突起全体が押せるわけではなく、四角いボタンの中心部が押せる構造になっています。指の腹だと押しづらく、コツが要ります。そのため、私は爪先で操作しています。

爪を使ってポタンを押していると、ゴムが傷ついてヒビ割れないかチョット心配。

Omaker M4 スピーカーのボタン

スピーカーの音量レベルが分かりづらい

今、スピーカーがどの音量レベルなのか分かりづらいです。

15段階ほど調節できるのですが、「音量+」または「音量-」のボタンを長押しすることで「ピッ」「ピッ」と音量レベルが変わっていきますが、今どの音量レベルなのかが分かりづらいです。

スピーカーの電池持ちが気になる時には不便なポイントです。「80%の音量で12時間再生、100%の音量で6時間再生」なので音量のさじ加減で電池持ちが違ってきます。

ただ、実際に音楽を聞くときには、音を聴きながら音量を調整するので、まず困りませんし、バッテリー的にも6時間以上は使えるので実用には問題ありません。

電池残量が分からないスマホもある

スマホによっては画面に電池残量が表示されますが、表示されないスマホもあります。

iphone 5s は表示されます(下の写真)が、Android(Galaxy s3,Galaxy J)だと表示されません。iOSなら電池残量が表示され、Androidなら表示されないようです。

Omaker M4 スピーカーのスマホでの電池残量表示

ただ、電池残量が少なくなるとスピーカーのLEDが青から赤に変わるようなので、それで見極めことができます。

1回のキャンプで電池を使い切ったことがないので、どの程度の電池残量でLEDの色が変わるのか確認できていません。

この点もバッテリー持ちが良いので、キャンプで使ったら自宅で充電しておけば、電池不足になる心配はないと思います。

小型で持ち運びやすいのでオススメ

コンパクトで、防水機能がついているOMAKER M4は、野外で音楽を聞くのに便利なスピーカーです。キャンプ道具に忍ばせておくと、寂しい時に役に立ってくれるはず♪

また、お風呂でも使えて便利です!

Omaker M4 Bluetoothスピーカー 防水仕様 マイク搭載通話可能 12時間連続再生 NFC対応 丈夫なポータブルスピーカー オリーブグリーン

キャンプ場で音楽を聞く時の注意点

キャンプ場(特に区画が隣接しているオートキャンプ場)での音楽は、個人的には否定派です。

他人の音漏れを聞いて快適だと思う人はいません。本人は「音量を小さく」しているつもりでも、周囲にはかすかなチャカチャカ音が聞こえてきます。

キャンプ場では、鳥や虫の音を楽しみに来ている方がいます。音楽は周囲に人が居ない状況で楽しんでいただきたいところ☆

我が家がキャンプでスピーカーを使ったのは、大雨の時の1回のみ。この時にはスピーカーがあって、気分的に助けられました。

キャンプ場に音楽は持ち込まない我が家、雨キャンプで音楽に救われる体験をしました。 音楽の楽しみ方とオススメの選曲をご紹介します。 キ...