自粛解除で各社セール中♪ 今がチャンス!

スポーツオーソリティー会員特別セールicon最大20%OFF! ~7/13
普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象。
※私の知る限り20%は最大級の値引きなので大物買うなら特にチャンス!

ナチュラム祭iconが開催中! ~7/31

ネイチャーハイクのエンベロープダウン寝袋をレビュー

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋

Naturehike(ネイチャーハイク)のエンベロープダウン寝袋を実際に使ってみました。

中国ブランドでありながら品質面で評価の高いネイチャーハイク。

我が家もソロキャンプ用のテント。大型テントの予備インナーテントとしてネイチャーハイク(Naturehike)のテントを使っていて大満足しています♪

今回は封筒型のダウン寝袋を使ってみたのでレビューします。

早春・晩秋など冷える時期に向いている3シーズン寝袋

「ダウン寝袋」に惹かれて選んでみたのですが、中綿(わた)が綿との混合のため化繊の3シーズン寝袋に近いアイテムでした。

販売店様から商品提供していただいています

Naturehike(ネイチャーハイク) 寝袋 エンベロープダウン寝袋 [快適 0℃ 下限-5℃]

ネイチャーハイクの寝袋「エンベロープダウン寝袋」は、快適温度 0℃、下限温度-5℃の寝袋。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋のタグ

スペック
詳細
サイズ/収納時 直径20×長さ33cm
サイズ/展開時 縦(長さ)190+30cm・横75cm
材質/アウター生地 ナイロン 320T 40D
材質/インナー生地 フリース
材質/中綿 300g ダックダウン + 300gコットンスピニング
重量 1.6kg
快適外気温度 0℃
下限外気温度 -5℃
洗濯可 中綿は化学繊維のため丸洗い可能
その他 圧縮ベルト付きの収納袋
特徴
個人的な印象は、化繊の3シーズン寝袋に近い感じ

中綿がダウン50%、綿50%というのが一番の特徴なのですが…。寝袋のサイズ感・重量は、3シーズンの化繊寝袋に近い質感です。

ここからは、Naturehike(ネイチャーハイク) 寝袋 エンベロープダウン寝袋の詳細をレビューしていきます。

収納サイズ・重さ

収納サイズと重さは一般的な3シーズンの寝袋と同じ印象。重量も1.6kgです。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の収納状態のサイズ感

一般的な3シーズン寝袋と同じサイズ感&重量

2Lのペットボトルと並べてみるとこんな感じ。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の収納状態

収納袋にはコンプレッションベルトが付いているのでサイズを圧縮可能。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の圧縮ベルト

私が手で圧縮した感じだと、劇的にサイズが小さくなる感じではないのですが、体重をかけて本気で潰せば縮むようです。商品ページには80%ほどに圧縮された写真が載っています。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の圧縮前後

一つがバックル式になっていて着脱しやすいです♪

生地の質感も良くフカフカ♪

生地の質感など

表生地はナイロンなのでツルツルしています。きめ細かいので柔らかいです。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の表生地

ボリュームも良好

中綿もふっくらしています。厚さは平均して 7.5cmほどです。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の厚さ

我が家の廉価品(3,000~4,000円)の寝袋のボリュームを測ってみると3cm~4cmほど。ボリュームの違いが2倍近くあるのが分かります。(数年使っているのでヘタっているのもありますが)

安物3シーズン寝袋の厚さは4cm

裏地はフリース素材

裏地はフリース素材になっています。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の裏地

汗をかく時期には向いていませんが、少し肌寒い時期に向いている素材。

ダウンの匂いがする

中綿にダウンが使われているで、ダウンの匂いがかすかにします。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋のスペック

匂いに敏感な方は気になるかもしれません。

封筒&マミー型なので余裕があって快適

形状は、封筒型とマミー型の中間ぐらい。

縦 190cm+30cm、幅 75cmなので、広々としていて窮屈さは全く感じません。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋

ドローコードで顔まわりを絞れる

顔まわりははドローコード(紐)で絞ることができます。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の首周りの絞り

暖かい空気を逃さなくなるので、ここを絞って寝ると温かさが全く違います。

顔周りが少し窮屈になりますが、寒い時に絞って寝ると防寒性能が格段に向上します。

足元はジッパーで開閉可能

足元側はジッパーが付いているため開閉が可能。

縦のジッパーと、足元のジッパーは分かれています。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋の足元は開く

温かい時期には足元を開けて温度調整することができます。

開いて掛け布団として使える

ジッパーを完全に取り外して開けば、大きな掛け布団として使えます。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋は開いて掛け布団として使える

春・秋に掛け布団として使ったりできますし、子供たちと一緒に寝る時にも便利。

作りはシッカリしていて文句なし

縫製やジッパーなどの作りはしっかりしています。

特に気になるポイントはありませんでした。

ネイチャーハイク(Naturehike)のエンベロープダウン寝袋のジッパーの作り

サイドのジッパーは勝手に開かないようにマジックテープで留められるようになっています。また、ジッパーの開閉もスムーズで寝袋に絡むこともなかったです。

まとめ

Naturehike(ネイチャーハイク)の寝袋「エンベロープダウン寝袋」は、快適 0℃、下限 -5℃の寝袋。

「ダウン寝袋」に惹かれて選んでみたのですが、中綿(わた)はダウン50%と綿50%の混合のため、化繊の3シーズン寝袋に近いアイテムです。

新型コロナのが外出自粛のため実際にキャンプでは使っていないのですが、最低気温5~10℃ほどの春秋に便利な寝袋だと思います。

早春・晩秋など冷える時期に向いている3シーズン寝袋
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティーで最大20%OFF会員特別セールicon実施!6/25~7/13
※普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象。
※私の知る限り20%は最大級の値引きなので大物買うなら特にチャンス!
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

ナチュラム
ナチュラム祭iconが開催中! ~7/31
お得なセール商品iconもお見逃しなく。

クロックス
セール品は最大70%OFF!掘り出し物が見つかるかも。

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪