注目情報

スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うなら絶対チャンス!

ネイチャーハイクの2WAYコットをレビュー | レバー無しは安くて故障のリスクが低い?

ネイチャーハイクの2WAYコット ハイコットの脚

ネイチャーハイクの2WAYコット (NH20JJ009) をレビュー。

この商品の魅力は「Naturehikeの2wayコットが安い」こと

今回レビューするのは、売れ筋バージョンではなく脚部分にレバーが付いていないタイプ。そのため少し安いです。

もちろん、寝心地は良好♪
最初は「失敗した!」と思ったのですが、レバー式より可動部品が少なくシンプルな作りだから壊れにくいかも?ということで、売れ筋ではないけど、思ったより物は悪くないんじゃないかと思っている次第☆

そんなコットをレビューします(笑)

販売店様から商品提供していただいています

ネイチャーハイクの2WAYコット レバー無し (NH20JJ009)

今回レビューするのはネイチャーハイクの2wayコット。

海外で流通している? 脚部分がレバー式ではないバージョン。

ネイチャーハイクの2WAYコット 上から ネイチャーハイクの2WAYコット 下から

  • 耐荷重 : 150kg
  • サイズ(High) : 190cm × 65cm × 38cm (高さ)
  • サイズ(Low) : 190cm × 65cm × 18cm (高さ)
  • サイズ(収納) : 55×19cm
  • 重量 : 3.19kg
  • 材料 : ポリエステルオックスフォード布/シリーズ7アルミ合金
脚に組み立てレバーがないバージョン

型番が「NH20JJ009」なので、おそらく2020年版だとは思いますが、

日本の売れ筋バージョン(レバー付き)とは違う

のでご注意ください。

Amazon売れ筋ランキング(アウトドア用折りたたみベッド)で上位にランクインしているNaturehikeのコットは、脚に組み立て用のレバーが付いています。組み立てる際に便利なのですが、そのデメリットとして、可動部品が多くなるので故障のリスクが上がることも考えられます。(一般論)

Naturehikeの2WAYコットがお値打ち

このコットの一番の目玉は2wayで使えること。

下駄脚を付けることでローコットとハイコットの2種類を使い分けることができます。

ハイコット

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て完了

ローコット

ネイチャーハイクの2WAYコット ローコット

また、価格がいくらか安いのも強み。

Naturehikeは中華ブランドの中でもトップレベルの品質を誇る印象。個人的にはテント・タープを使っていますが作りがシッカリしていて安心感があります。

この商品の魅力は「Naturehikeの2wayコットが安い」こと

参考 これからコットを買うならコンパクトな2wayタイプがオススメ♪

時代の流れからすると、コットは2wayタイプが最新ですね。

  1. 大型のハイコット (GIコット)
  2. コンパクトなローコット
  3. 2wayタイプのコンパクトコット

といった感じで技術が進歩しています。

使用時のサイズはイイ感じ

コット自体のサイズは、横幅 65cm、長さ 190cm。

身長170cm 体重62kg の私が寝て、満足の寝心地♪

寝心地は良好♪ 快適です。

肩が両端のポールに当たるということもありません。

ネイチャーハイクの2WAYコットの横幅

横幅70cmのコットなどもありますが、コットのサイズが5~10cmほど大きくなっても寝返りが打てるようになったり、劇的に寝心地が向上するわけではなさそうなので、私にとっては満足のサイズでした。

参考 肩幅が広い方は、幅広のコットが良いかもしれません。

別途レビューしているMoon Lenceのコットは幅が70cmあります。こちらはAmazon売れ筋ランキング(アウトドア用折りたたみベッド)で3位にランクイン<2020/9/16時点>しているアイテム。2019年から上位ランクインしている人気の売れ筋コットです。

ほどよい「たわみ」

ほどよい「たわみ」があって体を柔らかく支えてくれます。

実際に寝た写真で確認しても、沈み込みが少ないです。

ネイチャーハイクの2WAYコットの沈み方 前から ネイチャーハイクの2WAYコットの沈み方 横から

寝心地は良好♪

2WAYだから便利

付属の下駄脚を取り付けることで、ローコットとハイコットの2wayで使うことができます。

ネイチャーハイクの2WAYコットの延長脚

ハイコットで使った場合は高さ38cm

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て完了

ローコットで使った場合は高さ18cm

ネイチャーハイクの2WAYコット ローコット

【参考】ローコットとハイコットの違い

ローコットとハイコットでは、草のかかり具合が違ってきます。

※右と左の草の高さは一緒です。

ネイチャーハイクの2WAYコット ハイとローの比較

虫も生地まで上がってきにくいです。

ネイチャーハイクの2WAYコット ハイコットの脚

ローコットのほうが、アリさんに人気がありました(笑)ハイコットでも上がってきますが数が違いました。

ネイチャーハイクの2WAYコット ローコットは虫が登ってくる

特に理由がなければハイコットで使ったたほうが快適です。

  • 地面からの底冷えの影響が少なくなる
  • ベンチとしても使える
  • 乗り降りが楽チン

といったメリットもあります。

ただ、子供が寝る時には転げ落ちる可能性が高いので(笑) ローコットにしたほうが良いですね。

収納サイズ・重量はイマイチ

収納サイズと重量は正直イマイチ。

ネイチャーハイクのテント(Cloudup3)や3シーズン寝袋と比較してみると、大きくて重い!

ネイチャーハイクの2WAYコットのサイズをテントや寝袋と比べる ネイチャーハイクの2WAYコットのサイズをテントや寝袋と比べる 横から

キャンプ用品の中でも、そこそこ存在感のあるアイテムになります。

コットの代わりに使うエアーマット(ネイチャーハイクのエアーマットクライミットのイナーシャ「オゾン」「Xフレーム」)と比べてもサイズの違いは歴然。

ネイチャーハイクの2WAYコットのサイズをエアーマットと比べる

カタログ値で直径19cm×55cm。重さ 3.19kg。実測したら2.9kgでした。

ネイチャーハイクの2WAYコットの重さ

参考 売れ筋のレバー付きは1kgほど軽い

売れ筋のネイチャーハイクのレバー付きコットは、直径19cm×52cm。重さ 2.3kgに軽量化が図られています。※レバーの部品が増えているのに重量が軽くなっているのは気になるところではありますが。

きしみ音対策がされていて、ギシギシは気にならない

ネイチャーハイクのコットの口コミを見ていると、「ギシギシきしむ音が気になる」というコメントを見かけましたが、売れ筋の2020年版では改良されているとのこと。

このコットも、きしみ音対策がされています♪

コットの生地、ポールを通すループにメッシュが貼られています。

※左右の写真はほぼ同じ。生地とメッシュがそれぞれ見えるように写真を撮りました。

ネイチャーハイクの2WAYコットのきしみ音対策

体重移動すると多少きしみ音が鳴るけど、気にならないレベル

実際に動画を撮ってきたのでご確認ください。

ネイチャーハイクの2WAYコット (NH20JJ009) のきしみ音(ギシギシ)

左右に揺らすと、ギシギシと音は鳴るのですが、個人的にこれが気になるかと言うとほとんど気にならないレベルです。

耐久性で気になるポイントは?

商品の作りで気になったポイントは、コットを支える脚の留め具。

ネイチャーハイクの2WAYコットの骨組み

他のコットを見てみると、外側に張り出すような方向に留め具が作られている物が多いのですが、このコットは上に向かって支えるように作られています。

ネイチャーハイクの2WAYコットの骨組み詳細

ネイチャーハイクの2WAYコットの脚の支え

この作り自体に問題があるかどうか分からないのですが、他のコットと作りが違うという意味で気になるポイント。

今のところ使っていて問題はありません☆

組み立て方

組み立ては「そこそこ手間がかかる」印象。

ソロ用のテント(ネイチャーハイクのクラウドアップ3)を張るのとそんなに変わらない気がします。

手順
  1. 脚を3つ組み立てる
  2. コットの両サイドのポールを2本組み立てる
  3. コットの生地にポールを通す
  4. コットに脚を3つはめる(力とコツが必要)
  5. ハイコット用の脚を12本挿す

といった流れで22工程あります。

それぞれの手順を写真で紹介します。

全ての部品がこちら。

ネイチャーハイクの2WAYコットの部品

脚を3つ組み立てます。

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 脚 ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 脚2

コットの両サイドのポールを2本組み立て、

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て ポール ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て ポール2

コットの生地にポールを通す。

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 生地にポールを挿す ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 生地にポールを挿す詳細

コットに脚を取り付けます (力とコツが必要ですが大人なら組み立て可能)

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 脚を取り付け

ポールを引っ張り、脚を押してたわませながら取り付けます。

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 脚を取り付けるコツ

下の図のようにコットを縦にして、体重をかけたほうが脚をたわませやすいです。

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て方

ハイコット用の脚を12本挿す

ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 延長脚を取り付け ネイチャーハイクの2WAYコットの組み立て 延長脚を取り付け詳細

片付ける時は、脚を横に倒すと簡単に外れます。

ネイチャーハイクの2WAYコットの畳み方

コットなら雨の日に濡れない(笑)

コットの良い点は雨の日に濡れないこと♪

浸水したテント

キャンプを何度もしていると、寝室が水浸しになるといった事態に見舞われることもあります。

テントが水浸しになってもコットなら濡れない♪

ハイコットはベンチとしても活躍♪

ハイコットの便利な点は、ベンチ&簡易ベッドとして使えること。

この記事を書くために公園で作業していたのですが、コットがあるとベンチになるので快適でした♪

そして、我が家のリビングには自立式のハンモックが置いてあったのですが、

ゆらふわモックのハンモックを室内で使う

現在はコットに変わりました♪

ネイチャーハイクの2WAYコットは自宅でもベンチとして活躍

  • ハンモックのゆらゆら揺れる感じも良いですが
  • コットの張りがあるベッド&ベンチもなかなかの快適さ♪

コットが飽きたらハンモックハンモックが来たらコットといった感じで気分転換しながら楽しもうと思います。

ハイコットならベンチとしてお外でも自宅でも使い道がある

さいごに

ネイチャーハイクの2WAYコット (NH20JJ009) をレビューしました。

この商品の魅力は「2wayで使えるNaturehikeのコットが安い」こと

ネイチャーハイクのレバー式の売れ筋バージョンではないのですが、以下の点が強みだと感じました。

  • 価格が安い
  • シンプルな作りで可動部品が少ないから故障にくい?

逆に弱みは、

  • 組み立てに力とコツがいる
  • レバー式と比べて1kgほど重い

といったところ。

安くコットを手に入れたいという方にオススメのアイテムです☆

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うならチャンス!

オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪