寝袋の下は何が良い? ~DABADA インフレータブルマット レビュー~

DABADA インフレータブルマット 2つ

寝袋の下に、コット・マットなどを使うことで、快適に眠ることができます。

我が家ではマットを選んだのですが、その選定の過程と、購入した商品「DABADA インフレータブルマット」をレビューします。

コストパフォーマンスが素晴らしいので、DABADAのマットはおすすめです。

寝袋の下に何を敷くか?

寝袋の下に敷く寝床の選択肢と特徴をまとめてみました

クッション性 防寒性能
マット
(インフレータブルなど)
◯ マットの厚さ・性能次第 ◯ マットの厚さ・性能次第
コット ◎ 地面の影響を受けない ◯ 断熱性は高そうだが
保温性はない
別途、防寒対策が必要
エアーベット
エアーマット
◎ 地面の影響を受けづらい × 防寒性は低い
別途、防寒対策が必要

コットは使ったことか無いのですが、コットだけで防寒対策が成り立つとは思えません。コットは地面からの冷えに対して、空気層を設けて断熱します。空気層は対流が起こらなければ断熱性能が高いのですが、テント内では対流が起こります。そのため、テント内が寒ければ、追加で防寒対策が必要なはずです。

我が家の場合

我が家は幼児連れなので、マットを使って寝ています。

マットの良さ

  • 子供の寝相を気にしなくてよい
  • コットと違って転げ落ちる心配がない
  • テント内をフラットに使える

コットも魅力的でしたが、お値段が高いのと、かさばるので見送りました。また、子供は寝返りが激しいので落下する可能性が高いです。

エアーベットには2人寝ています。もともとダブルサイズのエアーベットを持っていたので有効活用しています。エアーベットは防寒性が低いことと、嫁さんが腰痛持ちでクッションが合わないとのことです。子供は喜んで寝てくれます。

残り2人は、これから紹介するDABADAのインフレータブルマットを使っています。

以降は、我が家のマット選びについてご紹介します。

マットの選び方

マット選びのポイント

種別 ポイント 要素
寝心地 防寒性 (断熱・保温) 素材と厚さ
クッション性 素材と厚さ
サイズ マットの大きさ
使い勝手 収納性 マットの大きさ
製品設計
お値段 コストパフォーマンス

我が家では、とりあえずコストパフォーマンスを優先してマットを選びました。防寒性とクッション性は、マットの厚さと比例するので、重ねて使うという手もあります。

DABADA インフレータブルマット レビュー

DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ) DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ) DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ)
DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ) DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ) DABADA(ダバダ) キャンピングマット エアピロー付 エアマット キャンプ マット エアーマット キャンプマット 自動膨張式 インフレータブル 軽量 コンパクト (Bオレンジ)

楽天

我が家が2枚買ったマットです。

Amazon マット・ベッド の 売れ筋ランキングで、インフレータブルマットでは1番の売れ筋商品です (2016/7/21時点)。フカフカな快適さを追求しなければ、実用的な良いマットです。

DABADA インフレータブルマット

以下にレビューをまとめました。

機能 評価 コメント
コスト
パフォーマンス
お値段相応で十分満足できる製品
収納性 縦2つに折り畳み、空気を抜きながら巻く。
最後にアジャスターベルトで止めて巻き上げる。
ベルトを締めたあとに体重をかければ最後まで空気を抜ける
防寒性 防寒性は悪く無い
自宅の床に敷いて寝てみると、床からの冷気はかなり軽減される。
マットはウレタンだと思われるが、製品仕様に記載がないので不明…。ちなみに、最低気温が10℃下回ると電気毛布なしでは寒くて寝れず。
グランドシート、テント、アルミ”シート”2枚、EVAマット、インフレータブルマット、3シーズンの寝袋で寒さを感じました。
クッション性 フカフカではないが、最低限のクッションにはなってくれる
2cmほどの薄いスポンジクッションの上に寝ている感覚。体重がかかる部分は5mmぐらいになる感触。
2枚重ねにすると快適。
膨らみ バルブを開けて放っておくと適度に膨らみ、その厚さで調度良く使える

スポンジはマットと接着されていないため、
さらに空気を入れて膨らませると浮き輪のように膨らむ。
マット部分は、全体で縦に2つに割れているが、空気室は分かれていない。

サイズ 身長170cmが、足先をマットに乗せると、頭がちょうど枕部分となり、そこにマットはない。頭が適度に冷えて良い!?

付属の枕部分は、ただの袋なので使い勝手が良くない
空気室が1つのため頭を乗せると沈む。そのため薄く膨らませる程度にして、その上に100均の空気枕を使って高さを調整している。

サイズ表記 × 実寸は表記より小さい
仕様「縦 180cm × 幅 58cm × 厚さ 3cm」だが、
実寸「縦 173cm × 幅 58cm × 厚さ 2.5cm」。マット部分は、136cm × 50cm 。
枕部分はマットではなく、ただ空気を入れる袋状のもの。縦は、枕 32cm + マット部分 136cm + マチ 5cm
幅は、両端マチ 3cm×2 + 左右マット 25cm×2 + 中央くぼみ 2cm
厚さは2.5cmぐらい。

その他のマット

温かい時期(最低気温が20℃以上)にキャンプするならDABADAのマットで十分ですが、キャンプに通うようになると良いマットが欲しくなります。あとあと買い直すことにならないように、ワンランク上のマットも見てみると良いかもしれません。

FIELDOOR 車中泊マット 厚さ 10cm

わが家では、寒い時期にもキャンプに行くようになったため、厚さのあるマットを買い足しました。厚さ10cmもあると、かなり快適に過ごせます。

FIELDOORの車中泊マットのレビュー記事です。 5cm厚と10cm厚の商品があり、キャンプ場で極上の寝心地を提供していくれます♪ ...

このマットかなりオススメです♪

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット

コールマンのインフレータブルマットは、DABADAのマットと比べてクッション性が良いです。

Coleman(コールマン) キャンパーインフレーターマット 2000010427

楽天

マットの売れ筋ランキング

口コミの多さから、インフレータブルマットはDABADAが一番が売れていると思われます
(少なくともAmazon.co.jpでは)

ランキングが商品検討の際に参考になると思います。
マット・パッド の Amazon.co.jp 売れ筋ランキング

DABADAのインフレータブルマットは寝袋としてランクインしています。
寝袋・シュラフ の Amazon.co.jp 売れ筋ランキング