注目情報
スポーツオーソリティーで20%OFF特別セールicon実施! 10/24 17:00~11/5
税込 1万円以上で20%OFF、1万円以下でも10%OFFという大値引き♪ 普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象です

ロゴス グランベーシック トンネルドーム(XL-AG) ~ ラグジュアリで快適なテント

ロゴス グランベーシック トンネルドーム の 外観

ロゴス グランベーシック トンネルドーム(XL-AG)は、トンネルテントのなかでも、ラグジュアリなテントです。

清潔感のあるホワイトカラーと、美しい存在感が魅力的

普通にキャンプを楽しみつつ、グランピングのテイストも取り入れることができる、素敵なテントです。

スペックや使い勝手などを見ていきたいと思います。

ロゴス グランベーシック トンネルドーム(XL-AG)とは

ロゴス グランベーシック トンネルドーム(XL-AG)は、2017年にロゴスから販売されたテントです。

ロゴスの「グランベーシック」シリーズは、ハイスペックで デザイン性も追求するというコンセプトで作られています。そのグランベーシックシリーズのテントです。

ラグジュアリーな色合い
天井が高く、室内空間が広いのが特徴

テント内で立って移動できるので、腰痛持ちでも安心♪

さらに、タープと組み合わせることで、リビングスペースを広く確保したりして、バリエーションも楽しめます。

一番の特徴は「美しいホワイト」

グランベーシック トンネルドームの一番の特徴は「色」だと思います。

この色に一目惚れして買う方もいらっしゃいます。

とても清潔感があり、綺麗な色☆

実際に利用しているキャンパーさんの Instagram を眺めていると、草木の緑や、空の青に映える色合い。爽快な気分になります。

naoさん(@photo.c.nao)がシェアした投稿

Wataru Ukaiさん(@wataruukai)がシェアした投稿

スペックについて

グランベーシック トンネルドーム(XL-AG)のスペックは、ロゴスの製品ページに掲載されています。

ここでは、カマボコテントの代表格であるDODのカマボコテント2とスペックを比較してみます。

比較表 (トンネルドーム vs カマボコ2)

ロゴスのグランベーシック トンネルドームと、DODのカマボコテント2の比較表

※赤字は長所

グランベーシック
トンネルドーム
(ロゴス)
カマボコテント2
(DOD)
設置
サイズ
515×290×203(h)cm 640×300×195(h)cm
インナーテント
サイズ
270×270×190(h)cm 280×220×190(h)cm
対応人数 大人2名、子供3名 大人5名(※寝室スペース)
フレーム 7075 超々ジュラルミン アルミニウム(AL7001)
フライシート 150Dポリエステル
オックスフォード
難燃性、UVカット加工
150Dポリエステル
UVカット加工 (UPF50+)
防炎加工
インナーテント 68Dポリエステルタフタ
(ブリーザブル撥水加工)
75Dポリエステル
フロアシート 150Dポリエステル
オックスフォード
210Dポリエステル
PUコーティング
耐水圧 [フライ] 2,000㎜
[フロア] 3,000㎜
[フライ] 3,000㎜
[フロア] 5,000㎜
重量 14.7kg 16.9kg
価格 9万円ほど 5万円ほど
※ただし入手困難

一番の違いは、サイズと空間の広さ

DODのカマボコテント2と、ロゴスのグランベーシック トンネルドームを比較してみると、

大きな違いは、テントのサイズと空間の広さ

ということが分かります。

ロゴスのグランベーシック トンネルドームのほうが、

  • 全長が1mほど短い
  • 寝室が大きい
  • リビングスペースは狭い

全長が1mほど短いのですが、インナーテント(270×270cm)のサイズは広いです。これは、スノーピークのアメニティドームと同じ広さ。大人2人と子供3人が寝られるサイズで、実際に我が家(4人)が不自由なく過ごせています。

あまり大差がないのは生地のスペック

大差がないと感じるのは、生地のスペック

どちらも難燃性の生地です。

耐水圧はカマボコテント2のほうが高いですが、実利用上はあまり大差がないレベルだと思います。

我が家の使っているスノーピークのアメニティドームは1,800mミニマムで雨漏りなどに見舞われたことはありません。※ミニマムは、生地だけでなく縫製部分も含めて保証するというスノーピーク用語。

個人的には、耐水圧は、2,000mあれば充分実用的だと思います。

広くて快適な室内空間

グランベーシック トンネルドームは「室内空間の作り」が他のトンネルテントと比べて特徴的です。そのあたりを掘り下げてみます。

他のトンネルテントと比べた時のの特徴は、

  • 天井が高い
  • 寝室が広め
  • リビングスペースは狭め

といった点です。特に、天井の高さは他のトンネルテントと比べても優れています。

天井が高くて快適

グランベーシック トンネルドーム(高さ203cm)とカマボコテント2(高さ195cm)は、スペックだけで比較すると、高さはそんなに変わらないのですが、

天井の形状が違うため、グランベーシック トンネルドームのほうが広い

ということが分かります。

この点は、テント内で過ごす上で、大きく印象が変わってくるポイントです。

グランベーシック トンネルドームは、台形に近い形状

ロゴス グランベーシック トンネルドーム のサイズ

Photo by ロゴス

カマボコテント2は半円に近い形状

DOD カマボコテント2のサイズ
Photo by DOD

極端な例ですが、身長190cmの人の場合、カマボコテントの場合は、中央部でしか立てませんが、グランベーシック トンネルドームの場合は、中央部以外でも立てます。

寝室が広い

カマボコ型のテントはリビングスペースが広くて、寝室が狭めだったりするのですが、グランベーシック トンネルドームは寝室が広いです。

インナーテントのサイズが、270×270×190cmあって「広め」

4人家族なら、インナーテントが狭いと感じることは無いと思います。5人家族でも大丈夫。

4人家族にとって快適な広さ & 高さ
4人家族に充分な床面積

幅が270cmあるので、4人家族なら1人あたり横幅 67.5cm。

我が家の使っているアメニティドームMのサイズと同じです。4人家族で狭い思いをせずに寝ることができるサイズ。(スペック上の対応人数は、大人2人 + 子供3人)

縦方向も270cmあるので、頭と足元に荷物を置くことができます。

テント内で人が立てる天井の高さ

グランベーシック トンネルドームのインナーテントは、天井の高さが190cmあるので、立っても天井に頭がつくことがありません。

インナーテント内で立てるので快適

アメニティドームMは、天井が150cm。テント内で立つことができないため、中で着替える時に不便だったりします。天井が低いと、腰痛持ちだと厳しいです。

リビングスペースは狭め

グランベーシック トンネルドームは、他のカマボコ型テントと比べると、リビングスペースが狭いです。

リビングスペースのサイズは、245×270cm

テーブルを出して3~4人が食事できるスペース。2人なら快適に過ごせる広さです。

ロゴス グランベーシック トンネルドーム の リビングスペース

Photo by ロゴス

リビングスペースというよりは「広~い 前室」

といった表現のほうが良いのかもしれません。とはいえ、ドーム型のテントと比べると格段に過ごしやすい広さがあります。

参考 前室が狭いと朝食は外!

我が家はスノーピークのアメニティドームMを使っていますが、前室は荷物置きにしかなりません。寒い時期の朝には、外に出て食事することになります。

前室は狭くてキツいし、外は寒さがキツイ★ 要はキツイ♪

我が家の場合、前室が狭いので、朝、テントが凍結するほど寒くても「食事は外」です♪ 極寒だとテント内で食べるのですが、マットや寝袋に食べかすが散乱するので「お外♪」

寒い中、朝食を食べる

その点、グランベーシック トンネルドームのようにリビングスペースが広いと便利です。家族で食事ができるリビングスペースがテント内に確保できます。

ベンチレーションも充実

グランベーシック トンネルドームは、換気のためのベンチレーションも充実しています。テント内に涼風を取り込んだり、撤収の時に乾燥させるのに役立ちます。

ロゴス「グランベーシック トンネルドーム」の機能性

GARVY CAMP & ACTIIVITY MAGAZINE LOGOS PREMIUM LINE 2017 [FREE]

リビングスペースの両サイドは、入口として全面開放できますし、ベンチレーションでメッシュにすることもできます。
ロゴス グランベーシック トンネルドーム の リビングスペースサイドのベンチレーションと入口

もちろん、インナーテントの出入り口もベンチレーションが付いています。
ロゴス グランベーシック トンネルドーム の フロント入り口のベンチレーション

背面も、前面と同じように出入りできて、ベンチレーションで開放可能。
ロゴス グランベーシック トンネルドーム の インナーテント内の後ろのベンチレーション

インナーテントのサイドにも、三角に開くベンチレーションがあります。
ロゴス グランベーシック トンネルドーム の インナーテント内サイドのベンチレーション

前後左右から風を取り入れることができるので、風向きに合わせて、風の通りをコントロールすることができます。

タープ「グランベーシック BIGオクタゴン-AG」と連結して使うと超快適

グランベーシック トンネルドームは、オプションのタープ「グランベーシック BIGオクタゴン-AG」と連結することができます。

開放的で広いリビングスペースが確保できて超快適♪

Hisayoshi Mizutaniさん(@hisa_pic)がシェアした投稿

タープの片面を下げて設営することで、プライバシーも確保できます。混雑しているキャンプ場などで役立ちます♪

ロゴス グランベーシック トンネルドームとタープを連結

テント側のフレームに、連結するための部品が付いているので、設営も簡単。

ロゴス グランベーシック トンネルドームとタープを連結する部品

Photo by ロゴス

もちろん、連結せずに好みのレイアウトで設営することも可能です。

ロゴス「グランベーシック BIGオクタゴン-AG」は分離して活用できる

GARVY CAMP & ACTIIVITY MAGAZINE LOGOS PREMIUM LINE 2017 [FREE]

連結を想定して作られていると、諸々の手間が省けます。

  • 小川張りのセッティングテープを準備する必要がない
  • テントが、タープのポールの役割をしてくれるのでタープ設営が楽
  • タープとテントを隙間なく設営できずにヤキモキすることもない

我が家の場合、タープの設営位置を計算したり、ポールを立てる時に2人がかりで作業するのですが、その手間が大幅に削減できると1人でも楽に設営できます。

まとめ

ロゴスのグランベーシック トンネルドームの魅力は、

「清潔感のあるカラー」と「存在感」
天井が高くて、広い室内空間が確保できる快適なテント

「色合い」と「サイズ感」がいい感じのテントです♪

参考 トンネルテントのおすすめ品を紹介している記事

2019年版 トンネルテントの「おすすめ12品」と「ファミリーキャンプ向けの選び方」「メリット・デメリット」をご紹介します。 実際に、...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティーで20%OFF特別セールicon実施! 10/24 17:00~11/5
税込 1万円以上で20%OFF、1万円以下でも10%OFFという大値引き♪
普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象です

ナチュラム
対象商品が1,000円OFFになるクーポンicon発行中 ~10/22
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

crocs(クロックス)
クロックスはセール品iconを狙うとお得にGetできます。
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconも活用すると良いです!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪