注目情報

ワークマンのフルジップコットンパーカーがオンラインで販売開始!
今なら色・サイズが豊富!店舗受取なら送料無料♪ レビュー記事

LACITA ソーラーパネルの使用レビュー ~ A4サイズで携帯性抜群

LACITAソーラーパネル

LACITAの81W対応ソーラーパネル(CITASR-01)を実際に使ってみました。

最短8時間でエナーボックスをフル充電できるソーラーパネル

LACITAのポータブル電源「エナーボックス」は、家庭用のACコンセントで充電すると7時間で満充電可能。ソーラーパネルで充電しても8時間(夏場)なのでほぼ変わらない充電速度。

A4サイズでコンパクト・USBに直接給電できるのも特徴

キャンプで連泊する時に活躍してくれる商品ですし、防災の備えとても役立ちます。

※商品を提供していただき記事を書いています。

参考 LACITA ポータブル電源「エナーボックス」のレビューはこちら

LACITAの「エナーボックス」を実際に使ってみました。 これまでのリチウムイオン電池を使っているポータブル電源とは違って、電気自動車...

LACITA ソーラーパネル CITASR-01

LACITAのソーラーパネルは、LACITAのポータブル電源「エナーボックス」用です。

LACITAソーラーパネル

LACITAソーラーパネルの付属品

スペック
  • DC出力:81W/18V/4.5A
  • USB出力:10W/5V/2A
  • パネル表面:フッ素樹脂コーティング
  • 材質:撥水加工生地 UV加工 ポリエステル600D
  • ケーブル:5521DC ケーブル3.5m
  • サイズ
    • 収納時:350mm x 225mm x 75mm
    • 展開時:350mm x 2310mm x 25mm
  • 重量(本体/付属品):約3.3kg/ 約800g
特徴

主な特徴はこちら

  • A4サイズでコンパクト
  • USB充電も可能
  • フル充電まで最短8時間(夏場)

A4サイズというコンパクトさは、PowerArQのソーラーパネルと比べても圧倒的に小さくて扱いやすいです。

直接USB出力もできるので、ポータブル電源がなくてもスマホが充電できるという優れモノ♪

コンパクトで機能性の高いLACITAのソーラーパネル

実際に使ってみたレビュー

LACITAのソーラーパネルを実際に使ってみたので、実際の使用感を交えながら以下のポイントについてレビューします。

  • フル充電まで最短8時間
  • A4サイズでコンパクト
  • USB充電も可能
  • 丈夫な生地&撥水加工
  • 縦に使う設計

家庭用コンセントとほぼ変わらない充電速度 ~ 最短8時間

LACITAソーラーパネルを縦にして充電

私が驚いたのは、ソーラー発電した時の充電速度が、家庭用のACコンセントとほぼ変わらないこと。

  • ACアダプター … 7時間
  • ソーラーパネル(81W) … 8時間
ソーラー発電の充電速度が、家庭用のACコンセントとほぼ同じ!
昼間屋外での発電効率目安

LACITAの商品ページに発電効率の目安が記載されています。
※私の方で最短のフル充電時間を追記(単純計算値)

    • 晴天:20W~81W (最短 8時間)
    • 薄い曇天:10W~60W (最短 10.8時間)
    • 濃い曇天:0W~40W (最短 16.2時間)
    • 晴天:20W~50W (最短 13時間)
    • 薄い曇天:10W~30W (最短 21.6時間)
    • 濃い曇天:0W~20W (最短 32.4時間)

※充電時間の計算について
最大値 8時間:81Wから逆算して単純計算して追記しています。
商品ページには「利用環境によって変動する」と注意書きがされています。また「冬場の晴天時には光量が半減するため16時間で満充電」という記載もあるので、目安程度にしていただければと思います。

LACITAソーラーパネルの充電速度

参考 実際に使ってみた結果

実際に使ってみたところ、秋の「晴れ時々曇り」に数時間ソーラー充電すると、メモリが1つ回復しました。

LACITAソーラーパネル

(天候に気に恵まれず、ちゃんとした検証ができていないので後日追記します★)

参考 防災の備えとしても役立つ

最近では「ソーラー発電」でも、ACコンセントと同じぐらいの速度で充電できるようになっています。2019年の台風15号では、千葉が大規模停電に襲われたこともあり、防災の備えとしてソーラーパネルとポータブル電源があるといざという時に役立ってくれます。

A4サイズでコンパクト

LACITAのソーラーパネルはコンパクトなのが特徴。

収納時のサイズは、35cm x 22.5cm x 7.5cm

LACITAソーラーパネルはA4サイズでコンパクト

A4サイズの小型ビジネスバックと同じサイズ感

5歳の子供でも楽々と片手で持てるサイズ。

LACITAソーラーパネルは5歳の子供でも持てる

A4サイズに折り畳めるので、かなり持ち運びがしやすいです。

LACITAソーラーパネルの展開

また、この小ささは車載する時にも便利。ミニバンの運転席と助手席の間にLACITAのエナーボックスとソーラーパネルがスッと入りました。

LACITAエナーボックスとソーラーパネルを車載

小型なので持ち運び・車載がかなり楽♪
壊れにくい形状で助かる

ソーラーパーネルは、薄くても縦横のサイズが大きいと、折ったり割ってしまったりする心配がありました。その点、小さく畳めると壊してしまう心配が減り、取り扱いが格段に楽になります。

USB充電も可能

LACITAのソーラーパネルは、USBの出力口が付いているので、ケーブルを挿してスマホを直接充電できるのが強み。

LACITAソーラーパネルはUSBの給電が可能

スペック上のUSB出力は「10W/5V/2A」

ポータブル電源がなくても使えるので、防災グッズとしても優秀だと思いました。※震災時には情報収集・安否確認のためにスマホは必需品です。

直接USB給電ができるので、ポータブル電源がなくてもスマホを充電可能

丈夫な生地 & 撥水加工

生地も丈夫で、撥水加工がされています。

LACITAソーラーパネルの生地は厚くて撥水加工がされている

ポリエステル600Dの生地を使っています。アウトドアチェアやコットなどで使われるような質感。一般的なカバンより厚いです。

また、撥水加工もされているので、キャンプで突然の雨にチョット降られても急いで取り込めば間に合うのが安心ポイント。

ただし、水場や雨天での使用はNGです。

参考 商品ページのQAより

撥水加工とありますが、水場や雨天でも使って大丈夫ですか?
パネル面はフッ素樹脂コーティングを施しています。布面は雨や水を弾く撥水加工ですが、構造上、完全防水ではないため水場や雨天での長時間のご使用はお控え下さい。

縦に使う設計

LACITAのソーラーパネルは、縦にして使う設計になっています。

車やテント・タープなどを使って、上から下に垂らして使うと良いです。

LACITAソーラーパネルを縦にして充電

横にして使う場合は、土台を準備してあげる必要があります。我が家の場合は、工具箱に立てかけて使ってみました。

LACITAソーラーパネル LACITAソーラーパネルを横にして充電

まとめ

LACITAのソーラーパネルはACコンセントとほぼ同じ速度で充電できるので、かなり現実的なソーラーパネル♪

ソーラーパネルだと最短8時間でフル充電可能!(夏場)
A4サイズでコンパクト・USBに直接給電できるのも特徴

ソーラーパネルからUSB充電もできるので防災グッズとしても役立ってくれますし、A4サイズというコンパクトさは、割ったり折ったりする心配がなくて使いやすいです。

LACITAソーラーパネル(CITASR-01)

参考 LACITA ポータブル電源「エナーボックス」のレビューはこちら

数あるポータブル電源の中でも、電気自動車で使われる三元系リチウムポリマー電池を採用しているので安心できるのがポイント。

LACITAの「エナーボックス」を実際に使ってみました。 これまでのリチウムイオン電池を使っているポータブル電源とは違って、電気自動車...

LACITAエナーボックスをソーラーパネルで充電

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セールiconは要チェック!

crocs(クロックス)
クロックスはセール品iconを狙うとお得にGetできます。
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconも活用すると良いです!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪