注目情報

スポーツオーソリティTHE NORTH FACE (ノースフェイス) 最大35%OFFセール実施中。icon

エルブレスTHE NORTH FACE (ノースフェイス) 春夏 最大30%OFFセール開催中。

ナチュラムナチュラム祭icon開催中!毎週入れ替わる特価商品は要チェック ~8/6

【先行レビュー】地面から45cm浮く超快適テント「ブラックコットテント」が斬新!

KAZUMI ブラックコットテント内で食事 後ろから

ソロ用テント「ブラックコットテント」はコットの上に設置できるテント。

とにかく多用途で超便利!
  • コットの上に張れる
  • 地面に設営して使える
  • 大型テントのインナーテントとして使える
  • 超コンパクトなソロ用テント
ソロでもファミリーでも、公園ピクニックでも大活躍!超コンパクトなテント

子供たちが大きくなってくると、テントで寝る時に窮屈さを感じるようになります。そんな時に便利なのが「お父さんだけコットで寝る」という仕分け。コットだけだと虫に刺されるので蚊帳など必要です。

コットの上に置けるポップアップメッシュテントも気になっていましたが「単体でソロキャンプ用テントとして便利」という点に惹かれてブラックコットテントに興味を持ちました。

実際の使い勝手を紹介します。

メーカー様から商品提供していただいています

KZM(KAZMI)ブラックコットテント

ブラックコットテントは韓国のブランド「KZM(KAZMI)」が展開しているソロキャンプ向けのテント。

クラウドファンディングサイト Makuakeで 7月14日まで応援購入を募っています。※割引価格で買えるのはあと1週間!

KAZUMI ブラックコットテント 前から

KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)
コットの上に設置できる超コンパクトなテント

コットの上に設置できるだけでなく、ソロキャンプ用のテントとして便利な機能が備わっています。

  • 5通りの使い方ができて活躍の幅が広い
  • 専用コットだけでなく、一般的なコットでも使える
  • コットなしでも地面に置いて使える
  • ダブルキャノピーなので前面に大きくタープが出せる
  • 寝るだけじゃなく、簡易リビングとして使える

さらに、ソロだけでなくファミリーで使えるテントです。

KAZUMI ブラックコットテントの付属品

※他にもKZM(KAZMI)はキャンプギアのラインナップがあります。

5通りの使い方ができる

ブラックコットテントは、活躍の幅が広いのが最大の魅力だと感じます。

色々な使い方ができるので、私が便利だと思って使い方を紹介します。

コットの上で使える

最大の特徴がコットの上で使えること。

KAZUMI ブラックコットテント内で食事 前ろから

コットは地面の影響を受けずに過ごせるのが強み。

  • 砂利や岩のサイトでも快適に寝られる
  • 地面が斜めになっていても木や石で平らに調整できる
  • 雨でテントが浸水しても濡れない

浸水したテント

ということから快適に寝ることができます♪

ただし、コットの上で寝る時に必要なのが蚊帳などの虫対策。

ポップアップメッシュテントなど蚊帳として使える商品はあるのですが、他に用途がないのが気になっていたポイント。

その点、ブラックコットテントなら単体のテントとして使えるから便利!

KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)

地面に置いて使える

ブラックコットテントはコットの上だけじゃなく、地面に設置して使うこともできます。

KAZUMI ブラックコットテントを地面に設営

KAZUMI ブラックコットテントをペグダウン

地面が芝生や落ち葉などの気持ちいいサイトの場合にはコットを出さずに寝られるのは便利♪

コットを使わなければ、荷物を減らしたり、設営撤収の手間も省けます。

座って過ごせる ~ 椅子が不要

ブラックコットテントとコットを組み合わせて使うと、座って過ごすことができます。

椅子を準備する必要がなくなります。

KAZUMI ブラックコットテントに座る

前方にキャノピーが出せるので結構広い♪

KAZUMI ブラックコットテントのキャノピー

KAZUMI ブラックコットテントのダブルキャノピー

さらに、オールウェザーブランケットなどを側面に掛けると日除け・雨除け効果がUP!

KAZUMI ブラックコットテントのキャノピーにオールウェザーブランケットで日除け 内側

KAZUMI ブラックコットテントのキャノピーにオールウェザーブランケットで日除け

たまたま持っていったオールウェザーブランケットがちょうど良いサイズ!

KAZUMI ブラックコットテントのキャノピーにオールウェザーブランケットで日除け ポール KAZUMI ブラックコットテントのキャノピーにオールウェザーブランケットで日除け テント側

テント内で座れるのでリモート作業もできます♪ 全面メッシュにすれば虫に刺されません。

大人が座って過ごせる高さがあるのも珍しいです。

KAZUMI ブラックコットテントでパソコン作業

あぐらで座れる快適さ♪(身長170cm)

KAZUMI ブラックコットテント内の横幅

疲れたら足を伸ばして休憩&昼寝。なかなか良い眺めです♪

KAZUMI ブラックコットテントの居住性

コットの上に乗せるテントは人が寝るだけのサイズが多い印象ですが、ブラックコットテントはリビングとしても使えます♪

KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)

大型テントの追加インナーとして

大型テントのリビングスペースで使うこともできます。

いびきが迷惑なお父さんは別で!

我が家の場合、5人が寝られるテントですが寝室が狭く感じるようになっていました。

「子供が大きくなってきた」「寝相も悪い」ということから、最近では私だけテントリビングスペースで寝るようにしています。

子供達が先に寝ていても起こしてしまうことがないですし、自分の好きな時間に寝られるというメリットもあります。

他にも寝室を分けられると、何かと便利です。

  • お父さんのいびきがうるさいから別で
  • 思春期の年頃になったら別で

テントのサイズは、横200cm × 幅75cm × 高さ115cm。 コットの上に乗るサイズ。

コットに乗せると高さが160cmほど。大人が立てるテントなら入ります。

KAZUMI ブラックコットテントの高さ

公園ピクニックのテントとしても便利

ブラックコットテントは、遮光性が高いのも特徴。

KAZUMI ブラックコットテントの生地

  • 光を通しにくいブラック
  • シルバーコーティング加工

さらに「ダブルキャノピーシステム」で大きく前にタープが広がります。

KAZUMI ブラックコットテントを地面に設営

これが公園でピクニックをする時に便利。

  • テント内は、荷物を置いたり昼寝したり
  • キャノピーの下は、レジャーシートを敷いて日陰を確保
KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)

専用コットだけでなく、一般的なコットで使える

ブラックコットテントは、専用のコットがオプション品としてあるのですが、一般的なコットでも使えます。

KAZUMI ワイドブラックコットと軽量コット KAZUMI ワイドブラックコットと軽量コットにブラックコットテントを乗せる

4本のベルトでコットに固定

ブラックコットテントは4本のベルトでコットに固定する仕組み。

KAZUMI ブラックコットテントの固定ベルト

特殊な作りではないため、色々なコットに固定できます。

専用のワイドブラックコット

ブラックコットテントのオプション品「ワイドブラックコット」

KAZUMI ワイドブラックコット

  • ブラックコットテントの幅 74cm
  • ワイドブラックコットの幅 75cm

サイズ的に、ブラックコットテントをピッタリ乗せることができます。

KAZUMI ワイドブラックコットにブラックコットテントを乗せた横幅

専用のコットではありますが、特別にテントを固定するための仕組みがあるわけではありません。

KAZUMI ワイドブラックコットにブラックコットテントを乗せた時のかみ合わせ

シッカリとしたGIコットだから安定感はバッチリ。

重くて大きいため個人的に敬遠していましたが、実際に使ってみると、組み立てが簡単なのは強みだと思い知りました。

KAZUMI ブラックコットテント

私の場合は、車で行くソロキャンプなので車載に余裕があるため、専用のワイドブラックコットが便利ですね。設営・撤収が簡単で、幅広だからゆったり過ごせます。

軽量コンパクトなコットでも使える

我が家が使っている軽量コンパクトな折りたたみコット(BreezeTime)にブラックコットテントを乗せることもできました。

軽量コットにブラックコットテントを乗せた横幅 軽量コットにブラックコットテントを乗せた時のかみ合わせ

幅が10cm違うので、専用のワイドブラックコットのほうが安心感はあります。

KAZUMI ワイドブラックコットと軽量コット

KAZUMI ワイドブラックコットと軽量コットにブラックコットテントを乗せる

KAZUMI ワイドブラックコットと軽量コットの比較

我が家が使っている全コットで使えます♪

自分が使いやすいコットと一緒に使えばいいと思います。

KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)

機能性 6つのポイントをレビュー

ここからは、テントの機能性や、細かい作りについてレビューしていきます。

最初にまとめてしまうと、機能的に文句がなく、作りもシッカリしているので安心して使えます。

ただ、形状的に風への耐性は強くなさそうなので、強風時にブラックコットテントだけで使うのは避けたほうが良さそうです。※実際に過ごして検証したわけではありません。

ベンチレーションが素晴らしい

ベンチレーションの数も多いので風通しはバッチリ。

KAZUMI ブラックコットテント 後ろから

サイドは大きな窓があり、メッシュにしたり開放することができます。

KAZUMI ブラックコットテント 四方 オープン

  • 側面のパネル … どちらも出入りできて、開閉&メッシュが可能
  • 前後の小窓 … 閉じるか、メッシュ

テントの上部には2つのベンチレーションがあります。

KAZUMI ブラックコットテントの上部ベンチレーション上から KAZUMI ブラックコットテントの上部ベンチレーション横から

KAZUMI ブラックコットテント シームシーリング 上部

遮光性が高い

シルバーコーティングがされているので遮光性が高いのも特徴。

軽量なテントですが、手をかざしてみても、ひどく透けることはありません。

KAZUMI ブラックコットテントの生地

そして、日差しを通しにくいブラック。

KAZUMI ブラックコットテントをフルオープン

風への耐性が気になるポイント

ブラックコットテントで唯一気になったのが風への耐性。

KAZUMI ブラックコットテント 四方 クローズ

細くて面積があるので、横から風を受けるとバランスを崩しやすいです。さらに、コットの上に乗っているので重心が高い。

張り縄をするのはもちろんのこと、

KAZUMI ブラックコットテントのガイロープ

タープで横風をガードするなど工夫すると良さそうです。

KAZUMI ブラックコットテントとターブ 前 KAZUMI ブラックコットテントとターブ 横

風が強い時には撤収も視野に入れた方が良さそうです。コンパクトだから撤収作業がしやすいのはメリットですね。

防水性も心配なし

防水性も心配なさそうです。

ルーフフライが付いているので、テント単体で屋外で使った時でも上部のベンチレーションからの浸水を防げます。

KAZUMI ブラックコットテントをフルオープン

ジッパーの部分には折り返しがあるので、雨が浸入しにくい作り。

KAZUMI ブラックコットテントのジッパーの雨対策 後ろ2 KAZUMI ブラックコットテントのジッパーの雨対策 後ろ KAZUMI ブラックコットテントのジッパーの雨対策 前側

サイドも内側に水が入らない作り。

KAZUMI ブラックコットテントのジッパーの雨対策 横 KAZUMI ブラックコットテントのジッパーの雨対策 横 裏側

シームシーリング処理もしっかりされています。

KAZUMI ブラックコットテント シームシーリング 横

テントにはスカートが付いていて、コットの生地をカバーできます。

KAZUMI ブラックコットテントのスカート

参考 靴をしまい忘れないように★

うっかり靴を外に出しておくと、雨や朝露で濡れる可能性が高いです。

KAZUMI ブラックコットテント内で食事 後ろから

KAZUMI ブラックコットテントで脱いだ靴

寝る時には、靴をテントの収納袋に入れてしまうのが良いと思います。

KAZUMI ブラックコットテントの収納袋に靴をしまう

丁寧な作りで文句なし

作りもしっかりしているので安心感があります。

アルミフレームや生地の質感に安っぽさは感じません。

KAZUMI ブラックコットテントの安定性

縫製も丁寧にされています。

KAZUMI ブラックコットテント シームシーリング 横

ガイローブや自在金具も手を抜かずにこだわっているのが分かります。

KAZUMI ブラックコットテントのガイロープはアルミ自在付き

テント内は天井に小物置きを吊るせます。これが便利!携帯・ライトなどが置ける♪

KAZUMI ブラックコットテント テント内に吊るせる小物入れ

コンパクトな収納サイズ

収納サイズは片手で扱えるサイズ。

ソロキャンプで持って行きやすいサイズ感ですし、公園のピクニックに持って行けるサイズ。

KAZUMI ブラックコットテントの収納サイズ

重量は3.2kg。2Lペットボトル1.5本分。

KAZUMI ブラックコットテントの重量

それに対しワイドブラックコットは重量級。

その分シッカリしているのですが、バイクや徒歩で行くソロキャンプで持っていくのは厳しいです。軽量なコットを使うか、地面に直接設置すると良いです。

設営・撤収も簡単

小さなテントなので、設営するのも簡単です。

KAZUMI ブラックコットテントの組み立て

撤収す時には、コットの上でテントが片付けられるので作業しやすい。

KAZUMI ブラックコットテントを撤収

まとめ

ソロ用テント「ブラックコットテント」はコットの上に設置できるテント。

個人的に理想的なソロ用のテント♪ 我が家のスタメンアイテムに決定!

KAZUMI ブラックコットテント 後ろから

とにかく多用途で超便利!
  • コットの上に張れる
  • 地面に設営して使える
  • 大型テントのインナーテントとして使える
  • 超コンパクトなソロ用テント
ソロでもファミリーでも、公園ピクニックでも大活躍!超コンパクトなテント

クラウドファンディングサイト Makuakeで 7月14日まで応援購入を募っています。※割引価格で買えるのはあと1週間!

KZM(KAZUMI) ブラックコットテント NEW BLACK COT TENT
created by Rinker
KZM(KAZUMI)

※他にもKZM(KAZMI)はキャンプギアのラインナップがあります。