注目情報

スポーツオーソリティーのお客様感謝デーicon10%OFF 11/29~11/30
普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象♪

Amazonブラックフライデー開催中! ~12/1
おすすめ記事 > Amazonは事前にギフト券をチャージして買うとお得!
要チェック > スポーツ&アウトドア

2020年は「カマボコテント3」が登場!カマボコ利用者の教訓を交えながら解説♪

カマボコテント3

カマボコテント3Sカマボコテント3の販売が決まりました♪

カマボコテントのサイズ感を踏襲しつつ、S・M・Lの3サイズ展開。色はタン・カーキの2色。

仕様が変更により、カマボコテント2より使いやすくなっていると思います☆

間違いなくファミリーにオススメのテント!

カマボコテント3の商品紹介。販売日と価格。カマボコテント2を使っている我が家のレビューを交えながら紹介します。

DOD STOREで抽選販売実施中
※2019/1/16~22日AM10時まで

発売日と価格

カマボコテント3は抽選販売となりました。

発売日

抽選期間:2020年1月16日~22日AM10時まで
  • 予定出荷スケジュール:2020年2月中出荷
  • 抽選結果連絡期間:2020年1月22日~24日

DOD STOREで抽選販売実施中

価格

  • カマボコテント3S (2~3人用) … 53,900円(税込)
  • カマボコテント3M (4~10人用) … 64,900円(税込)
  • カマボコテント3L (7~人用)… 75,900円(税込)

現時点で抽選販売が予定されているようです。早い者勝ちの場合は、転売業者が有利だったり、発売時刻に都合がつかない方は手に入れられなかったりしたので、欲しい人が平等に手に入れるチャンスがあります♪

以前、DODの方に話を聞いたところ、抽選販売にするのは仕組み的に難しかったりするとのことでしたが、ユーザーに寄り添って販売方法を改善してくれているのだと感じます。

カマボコテント3について

カマボコテント3は、ベースの作り&サイズ感は、これまでのカマボコテントミニ、カマボコテント2と大きく変わっていません。

カマボコテント3の特徴比較

Photo by DOD

ベンチレーションの位置や数、ポールの質が向上しているという細かい改善点は沢山ありますが、テントのサイズ感や価格はこれまでのカマボコテントを踏襲している印象。

これまでのカマボコテントが使いやすく改善された「カマボコテント3」

カマボコテントは大人気で入手困難、その実力は?

カマボコテントは大人気で入手困難なトンネルテント「価格が安くて広くて快適なテント」というのが一番の理由だと思います。ただ、気になるのは「その実力」かと。

我が家はカマボコテント2を使っていますが、実際に何度も使っていると良い面と悪い面が見えています。その教訓をご紹介します。

※カマボコテント2の良し悪しを知ることで、カマボコテント3の特徴も見えてくると思います。

カマボコテントは大人気で入手困難!

2017年に販売されて人気の出たカマボコテント(ミニ・2)は、年に数回販売されるも人気カラーは数分で売り切れ、他のカラーも現在では全て売り切れ状態となっています。

これまでの販売状況はカマボコテントの記事で紹介しています

いまや大人気のカマボコテント♪ 最新の販売情報と、実際に触ってみた感想を交えて、詳細をご紹介していきます。 カマボコテントは、数...
大人気のDOD カマボコテント ミニの最新の販売情報と実際に見てきたレビューをお届けします。 ミニ版もカマボコテントと同様に大人気。最...
欲しくても入手できなかった方が多かった!
これはカマボコテント3でも続きそうです。

カマボコテント2ユーザーの本音

我が家はカマボコテント2を使用しています。実際に2年近く、オールシーズン使っているため、良い点と悪い点を紹介します。

カマボコテント2の良い点

我が家はカマボコテント2(タン)を使っています。実際に使ってみるととても便利なテント。

  • リビングスペースが広い
  • シンプルで簡単な設営方法

我が家は、アメニティドームも持っていますが、今ではカマボコテント2しか使っていません。快適性は文句なしで大満足。それでいて他の大型テントと比べてて価格も安いので人気があるのも分かります。

カマボコテント2の悪い点

カマボコテント2の弱点は「ポールの強度」

我が家はポールを3回折っています。他にもポールを折っている方もちらほら見かけるので我が家だけではないようです。

テントのポールが折れた時の修理・補修の方法と予防策を紹介します。 我が家では、テントのポールが3回折れています。 最初は、慌てふ...

また、実害はないのですが、折れていないポールも少し曲がっていたりします。

ちなみに、初期のカマボコテント2は、テントの生地が薄いと言う口コミがありましたが、後半モデルで改善されています。

カマボコテント3で弱点が改善された

カマボコテント3では、DAC社のポールを採用。DAC社は、ヘリノックスやノルディスクで使われていてポールの強度には定評があります。

カマボコテント3で採用されているDAC社のポール

Photo by DOD

ということで、カマボコテント3は唯一の弱点が解消されて、テントとしての完成度が高まっているはず♪ 仕様を見る限り弱点は見つかりません。

カマボコテント2の利用者(我が家)がカマボコテント3の仕様を見ても「かなり良いテント」だと思います

唯一の難点は「入手困難」ですね(笑)

カマボコテント3は 3種類×2色)

カマボコテント3は S・M・L の3種類のサイズ展開。基本的な作りは一緒。

これまでカマボコテントミニ、カマボコテント2を展開していましたが、さらに大きいサイズが追加されて、ラインナップがそろった印象です。

DODから提示されている「バージョン比較表」が分かりやすいです。

カマボコテント3の特徴比較

Photo by DOD

私の方から補足できる情報はありません。分かりやすくて素敵♪

また、ポールやオプション品の互換性もあるのも嬉しいポイント。

オプションパーツ互換表(PDF)

※カマボコテント2のポールが折れたら悲しいけれど、DAC社製のポールに買い替えできるなら悪くないかな♪ ポールの互換性はかなり助かります。

さて、ここからはカマボコテント3のそれぞれの特徴を見ていきます。

カマボコテント3S

カマボコテント3Sは、カマボコテントミニの後継モデル。

カマボコテント3S タン

Photo by DOD

カマボコテント3S カーキ

Photo by DOD

カマボコテントミニと比べてカマボコテント3Sの方がほんの少し大きいです。(天井が10cm高い185cm、インナーテントの幅が15cm広い)

カマボコテント3Sは、子連れの3人家族 & 夫婦2人で使いやすいテント

寝室は大人二人で広く使えるサイズ感。大人3人が上限です。リビングスペースも大人3人が過ごしてちょうど良いぐらいのサイズ感。

ということで2~3人用のとてもバランスの良いトンネルテントです。

カマボコテント3M

カマボコテント3Mは、カマボコテント2の後継モデル。

カマボコテント3M タン

Photo by DOD

カマボコテント3M カーキ

Photo by DOD

カマボコテント3Mのサイズは、カマボコテント2と比べて高さが20cm低い170cmになっています。アウターテントのサイズは同じ。

カマボコテント3Mは、4人家族が快適なテント&10人までの大家族もOK

寝室は大人4人が寝ても問題ないサイズ感。リビングスペースも同様に大人4人が快適に過ごすことができます。

サイズ感の良さは、実際に我が家がカマボコテント2を使っていて感じているポイント。キャンプ用品をリビングスペースに置いても家族四人で広く過ごすことができています。また友達家族が来た時にもリビングスペースで8人まで問題なく過ごせています。

カマボコテント2のリビングスペースで大人数で過ごす

さらに、インナーテントを追加することができるので、最大10人まで寝られる仕様になっています。

ファミリーにオススメ!
  • 四人家族で快適に過ごせる
  • ゲストが来た時にはリビングスペースにお招きできる
  • 人数が増えてもインナーテントを追加することで対応できる

といった素敵なテントです。

我が家の場合はカマボコテント2のリビングスペースに、2人用テントのインナーを入れてゲストを招いてキャンプをしていたりします。

カマボコテント2にインナーテントを2つ設置

中に入れているのはネイチャーハイクの2人用テント

ネイチャーハイクの3人用テントのレビューです。 使い勝手は上々で、ソロキャンプで使うならちょうどよいサイズ。カマボコテント2のインナー...

カマボコテント3L

カマボコテント3 L はカマボコテント3 M と比べて、 幅が80cm、 長さ120cm、 高さが23 cm大きくなっているテント。

カマボコテント3L タン

Photo by DOD

カマボコテント3L カーキ

Photo by DOD

インナーテントは別売りになっているため、テントというよりはシェルターとして使うことを想定しているのだと思います。

グループキャンプに便利なリビングシェルター

大家族でキャンプに行く場合や、3家族以上とのグループキャンプをメインにしている方に便利だと思います。

カマボコテント3のオススメポイント

カマボコテント3のおすすめポイントはズバリ2つ。

  1. 広いリビングスペース
  2. シンプルな設営方法

広いリビングスペース

なんといってもカマボコテント3の魅力は広いリビングスペース。

カマボコテント2のリビングスペース↓ カマボコテント3Mとサイズは一緒。

S・M・L サイズがありますが、対応人数に応じた十分なリビングスペースがとられているのが使いやすいポイント。

我が家がカマボコテント2を使う一番の理由は、リビングスペースの便利さ

夏に強烈な日差しを浴びるといった状況でなければ基本的にタープは不要。特に我が家の場合は日差しを受ける時間帯は外に遊びに行っているのでテント内で過ごすということはほとんどありません。ということでタープの出番はほとんどなし。

連泊する時に兄リビングスペースを広く使いたい時にタープを使うぐらい。

カマボコテントを1つ設営すれば、寝室とリビングスペースが確保できる

これが、かなり使いやすいポイントだと感じます。

シンプルな設営方法

もう一つの強味は、設営方法はとってもシンプル。

  • テントを広げて
  • ポールを4本通して
  • 端から立ち上げていくだけ

カマボコテントの設営方法

夫婦2人で30分あれば設営できます。

設営手順もシンプルなので、誰かと一緒にテントを設営する時に分かりやすくて良いです。

カマボコテントは設営方法がシンプルだから迷わない & 早い

※他のテントの場合は設営方法が複雑だったりします。先にフレームを立ち上げて、その後ポールを差し込む、ポールの交差点にテントを固定していくといった感じ。それぞれのポールの形状が違ったり、順番に決まりがあったりして複雑です。

仕様をレビュー

カマボコテント3で気になった仕様を紹介します。

ポール

ポールは、DAC社のポールを採用。

カマボコテント3で採用されているDAC社のポール

Photo by DOD

強度が上がっているので、カマボコテント2の弱点だった点が改善されています。

個人的には今回の一番の注目ポイント。ポール3回も折ってますからね(笑)

サイドをキャノピー(ひさし)できる箇所が減った

カマボコテント2の場合はサイドのふたつのいて入り口がキャノピー(ひさし)として立ち上げられたのですが、カマボコテント3Mではひとつしか立ち上げられないようです。

カマボコテント3Mのキャノピー立ち上げ

Photo by DOD

カマボコテント2のキャノピーはサイド2箇所で立ち上げできました。

個人的にはキャノピーを立ち上げて

  • 開放的にリビングスペースで過ごす
  • 朝日や夕日を遮るために角度をつけておろす

といった感じで重宝していたので、キャノピーの数が減っているのは少し残念なポイント。

キャノピー立ち上げてターブ連結すれば、かなり広く空間が使えます。

前後から出入りできるインナーテント

インナーテントが前後から出入りできるようになっています。

カマボコテント3のインナーテント

Photo by DOD

カマボコテント2では、テント側からしか出入りできなかったのですが、前後状況に応じて出入りができるというのはかなり便利だと思います。

テントを乾燥させる時にも風を取り込みやすいですね。

これはカマボコテント2ではできませんでした。

ベンチレーターの充実

カマボコテント3では、ベンチレーター類がかなり改善されています。

カマボコテント3のベンチレーション

Photo by DOD

  • 下側に空気を取り込む吸気口がある
  • 側に空気を逃がす換気口がある
  • インナーテントのサイド&後ろが大きく開く

そのため、オールシーズン快適に過ごすことができます。

  • 冬場にテント内でストーブを使うために換気する
  • 夏場の暑い時期に風を通して快適に過ごす
ベンチレーションが充実!

他のテントメーカーの商品ラインナップでは、高価格になればなるほどベンチレーションが充実するようになっています。カマボコテント3ぼとベンチレーションが充実していると、他のメーカーで言うと15万円ぐらいする印象。その半分ぐらいの価格で快適な空間ができるのはDODの強みです。

オプションが豊富

各種オプション品も充実しています。

カマボコテント3のオプション

Photo by DOD

  • リビングスペースに敷くお座敷用のシート
  • インナーテント用のグランドシートとマット
  • ルーフシールド (遮光性向上・結露対策)
  • プロジェクター投影用のシアターシート

色々な楽しみ方ができますね♪

さいごに

カマボコテント3は、仕様を見る限り弱点のない程度だと思います。

我が家が一番心配していたポールの強度も改善されています。
※さらにカマボコテント2と互換性のあるポールなので、我が家も救われる♪

ファミリーキャンプで大型のテントを探している方にとってオススメのテントです!

DOD STOREで抽選販売実施中
※2019/1/16~22日AM10時まで

参考 カマボコテント2カマボコテント ミニが2019年12月の抽選販売で廃盤となります。あわせて検討してみると良いかと。個人的にはカマボコテント3の抽選に外れたら廃盤モデルを検討しても良いかな?といった感じです。

いまや大人気のカマボコテント♪ 最新の販売情報と、実際に触ってみた感想を交えて、詳細をご紹介していきます。 カマボコテントは、数...
大人気のDOD カマボコテント ミニの最新の販売情報と実際に見てきたレビューをお届けします。 ミニ版もカマボコテントと同様に大人気。最...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!
Amazon
Amazonブラックフライデー開催中! ~12/1
おすすめ記事 > Amazonは事前にギフト券をチャージして買うとお得!
要チェック > スポーツ&アウトドア

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティーのお客様感謝デーicon10%OFF 11/29~11/30
普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象♪

オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル。実はセール品なら最大70%OFF!

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪