注目情報
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品は要チェック&Getするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪

Jackery Tuned by JVC のポータブル電源「BN-RB5-C」を実機検証レビュー

JACKERY×JVC BN-RB05-Cをテント内で使う

Jackery Tuned by JVC のポータブル電源「BN-RB5-C」を実際に使って検証したのでレビューします。

各機器の実稼働時間、手にとって分かる使い勝手、気になったポイントなどを紹介。

【ポイント】
Jackery Tuned by JVC のポータブル電源「BN-RB5-C」は、ファミリーキャンプに便利なバッテリー容量☆
完成度が高く、日本ブランドの品質管理で信頼できる!
本体カラーが、木のアイテムと合うのでオシャレに使える♪
メーカー様から商品をお借りしています

※本記事では「Jackery Tuned by JVC」を以降「Jackery×JVC」と省略表記する箇所があります。

機器の稼働時間 (サマリ)
  • 電気毛布
    • 電気毛布(中)×2枚が7時間30分 <実測値>
  • サーキュレーター
    • ターボ(最大風力)で7時間40分 <2時間実測値からの計算値>
  • スマホ(15W)
    • 約29回充電可能 <スペック値>

参考 Jackery Tuned by JVC のポータブル電源 BN-RBシリーズの紹介・比較記事はこちら

Jackery Tuned by JVC のポータブル電源(BN-RBシリーズ)が2019年10月から販売されました。 3機種の比較と...

参考 ポータブル電源の比較(おすすめランキング)はこちら

ポータブル電源(大容量モバイルバッテリー)の選び方と、おすすめ品をご紹介します。 キャンプではポータブル電源があると超便利♪ 実際に我が...

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」 144,000mAh/518Wh

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」は144,000mAh/518Whのバッテリー容量。キャンプで電気毛布×2枚を1晩使えます。

最大の特徴は、日本ブランドJVCの品質基準を満たしていること

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの正面

仕様
  • バッテリー
    • 純正弦波
    • バッテリー容量:144,000mAh / 518Wh
    • バッテリー種類:リチウムイオン
    • サイクル回数 : 500回
    • 本体充電所要時間:8時間 (家庭用コンセントにて)
  • 入出力
    • AC出力×2口500W(瞬間最大1000W) / 100V 5A-60Hz
    • USB出力×3口: 5V / 2.4A / 30W
    • DC(シガーソケット)出力×1口:12V / 10A
    • DC出力×2口(6.5mm):12V / 7A
    • DC入力:8m 12V~30V 最大70W
  • サイズ・重量
    • サイズ : 約30×19.2×19.3 cm
    • 重量 : 6.1kg
  • 安全性
    • RoHS、UN38.3の認証を取得
    • BMS搭載 : 過電流、過電圧、温度、短絡保護
  • 動作温度 : -10℃~40℃  充電温度 : 0℃~40℃
  • 製品保証 : 購入日より24ヶ月
説明書抜粋(入出力・機器給電目安)

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの機器スペック

付属品

付属品は、家庭用コンセントの充電ケーブルとカーチャージャー(シガーソケット)、付属品の収納袋です。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの付属品

Jackeryポータブル電源との違い

JVCが関わって変更した点などをメーカーに問い合わせたところ、以下の回答をいただきました。

高出力、大容量の本体性能に加え複数の専門機関による安全性試験を実施した信頼性の高さが特徴となります。 用途に合わせて選べる容量別3ラインナップをご用意致しました。
※赤字箇所 … 当サイトにて強調
最大の特徴は、完成度が高いJackery製 & 老舗日本電機メーカーの品質

当サイトでは、Jackery製のポータブル電源を数多く検証しています。サイズ感、使い勝手の良さについて文句なし。今回のJackery Tuned by JVC も同様でした。

  • ポータブル電源として機能性の良さ・安心の実績
  • 扱いやすい形状

さらに、日本ブランドJVCの品質管理基準を満たしているため信頼ができるアイテムに仕上がっています♪

完成度が高くて文句なし、さらに日本の老舗電機メーカーの品質管理で信頼できる!

Jackery Tuned by JVC「BN-RB5-C」のレビュー

ここからは、Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」の使い勝手をレビューします。

キャンプでの主な使い道は、電気毛布とサーキュレーター。これらの機器が何時間使えるかも試算しています。

【ポイント】
完成度が高く使い勝手も良好。
ファミリーキャンプで使えるバッテリー容量!

電気毛布はどのぐらい使えるか

電気毛布の使用可能時間を、実際に計測しました。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cで電気毛布を使う

電気毛布が使える時間
電気毛布(中)×2枚が7時間30分使えた <実測値>
電気毛布(中)×1枚が15時間使える <実測値からの計算値>

冬キャンプで地面からの底冷えを防ぐなら、電気毛布(中)がちょうどよい感じです。

電気毛布2枚使っても一晩(約7時間30分)持ちます。ソロキャンプなら2泊できますね♪

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

サーキュレーターの使用可能時間

サーキュレーターの使用可能時間を実際に計測してみました。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cでサーキュレーターを使う

サーキュレーターが使える時間

サーキュレーターは最大風力で7時間40分使える計算です。

風力 消費電力 使用可能時間※
1 12W 40時間
2 21W 22時間13分
3 32W 14時間17分
ターボ 67W 7時間40分

2時間使った実測値から計算

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

ドライヤーは使えるのか?

ドライヤーが使えるか検証。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cのドライヤー検証

キャンプのお風呂・シャワー後にドライヤーが使えると便利です。

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」は、出力500W(最大瞬間 1,000W)なので、もしかしたら弱の温風なら使えるかなと思ったのですが、残念ながら温風は使えませんでした。冷風ならOK。

今回使ったドライヤーは、パナソニックのヘアードライヤー イオニティ(EH-NE55)。消費電力 1200W(ターボ時)。ドライヤーのモードはコールド、ドライ(約100℃)、ターボ(約80℃)の3種類。ドライにすると安全制御のためバッテリーが停止しました。

※検証の動画は2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

気になるポイントはファン音

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」で、電気毛布(中)×2枚使っていた時に、ファンが回りました。

おおよそ、30分に1回のペース、5分ほどファンが回る印象。

ファン音は、個人的には許容範囲内

キャンプ場の静寂の中でファンが回っても、隣のテントまでは聞こえないレベル。インナーテントの外にBN-RB5-Cを置いて使ったら全く気にならずに寝られました。インナーテント内で一緒に寝たら気になるかも?私なら寝てしまったら気にならないかな?といった感じです。

動画を撮ってみました↓

Jackery Tuned by JVCのポータブル電源 BN-RB5-Cのファン音

木のアイテムと合う色合い

Jackery×JVCのポータブル電源 BN-RBシリーズは木のアイテムと合います♪

JACKERY×JVC BN-RB05-Cをテント内で使う

ザ・ポータブル電源といった色味ではなく、黒とベージュの渋い色合わせ♪

キャンプで使う木製アイテムと相性が良いです。

扱いやすい形状 & スタッキングもできる

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」のサイズ感と形状を紹介します。

サイズは小さいとは言えませんが、スタッキングができて扱いやすいです♪作りも細かい配慮が感じられます。

サイズ感について

バッテリーサイズは大きめ。Jackeryポータブル電源700PowerArQと同じぐらい。※後述

JACKERY×JVC BN-RB05-Cのサイズ比較(湯たんぽ、2Lペットボトル)

  • サイズ : 約30×19.2×19.3 cm
  • 重量 : 6.1kg
2Lのペットボトル3~4本ぐらいのサイズ・重量

子供が一人で持つのはちょっと厳しい重さ。5歳児が頑張って持てる重さ。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cを子供(5歳児)が持ったサイズ感

大人なら無理なく持てるサイズ・重量。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cを大人が持ったサイズ感

サイズ感は、ミニバンの運転席と、助手席の間にちょうど乗りました。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cを車載した時のサイズ感

上面がフラットでスタッキング可能

ハンドルをたたむと、上面がフラットになりスタッキングが可能。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの上面はフラット

上部にちょっと突起があったり斜めの部品があったりすると、それだけで上に物が置きづらくなりますが、綺麗な平面なので安心感と安定感は抜群♪

サーキュレーターの台としてちょうど良いです。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cでサーキュレーターを使う

Jackeryのポータブル電源には、同製品をスタッキングできるように突起があります。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cはスタッキングできるように突起がついている

Jackeryポータブル電源700と同じサイズなので、ピッタリとスタッキングできました♪

JACKERY×JVC BN-RB05-CとJackeryポータブル電源700をスタッキング

上に重いものを乗せても問題なし!

BN-RB5-C の上に、2Lペット4本、Jackeryポータブル電源700Jackeryポータブル電源400(トータル 17.7kg!)を乗せてもビクともしません。車載で上に荷物を乗せることができて助かります。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cのスタッキングと耐荷重

角が丸めてあり、手触りも良い

表面は手触りが良いエンボス加工。また、角が丸く、尖っていないので扱いやすいです。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの上面はフラット

ハンドルも持ちやすい

ハンドルは折りたたみ可能♪車載する時に物が積めるので便利!

ハンドル裏にゴムが付いていてグリップ感も良好。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cの折りたたみハンドル
かなり使いやすい形状!

リアルタイムで消費電力とバッテリー残量が数値で表示される

Jackery×JVCのポータブル電源は、リアルタイムで入出力の電力とバッテリー残量が数値で表示されます。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cはパススルーで動作する

バッテリー残量が数値で表示されるので稼働時間の予測が可能

バッテリー残量が数値で表示されるのはかなり便利。あと何時間でバッテリーが無くなるか分かります。

他の製品は、ザックリ5段階表示だけのものもあったりするので、そのような製品と比べると格段に使いやすいです。

IN・OUTの電力表示(W)が便利

IN・OUTの電力表示(W)もリアルタイムで数値で表示されます。0.5~1秒ごとに数値が更新されている感じ。

出力口が多く、出力パワーも高い

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」はACコンセントが2つあり、500W(MAX 1000W)まで対応。USB出力は3口・DC出力も3口あります。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cで電子機器を充電

  • AC出力×2口500W(瞬間最大1000W) / 100V 5A-60Hz
  • USB出力×3口: 5V / 2.4A / 30W
  • DC(シガーソケット)出力×1口:12V / 10A
  • DC出力×2口(6mm):12V / 7A

AC出力が2つあるで、電気毛布を2枚使えますし、USBの口も3つあるので、家族の携帯電話を充電する時にも困りません。

寝る前に充電すれば、翌日のキャンプに間に合う

自宅のACコンセントだと7時間45分で満充電できました。スペック値(8時間)以内♪

一晩あれば充電できる♪

前日の夜から充電しても、翌日のキャンプに間に合いますね。急にキャンプに行くことが決まっても問題なし! 30%の残量があれば、5時間30分ほどで満充電できます。

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

多彩な充電方法に対応 (カーチャージャー)

Jackery×JVCのポータブル電源「BN-RB5-C」は、車でも充電できる「カーチャージャー」が標準で付属しています。※ポータブル電源によっては別売りだったりします。

車内でも充電できるので連泊の時に役立ちます。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cをカーチャージャーで充電

車(シガーソケット)での充電にかかる時間は16時間<スペック値>。ACコンセントの2倍かかります。

パススルーに対応している?

パススルー(充電中に給電)にも対応しています。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cはパススルーで動作する

ただしバッテリーを長持ちさせたい場合は避けたほうが良いとのこと。

製品仕様・説明書を確認してもパスするーに関する記述が見当たらなかったので、メーカーに問い合わせた内容がこちら。

パススルー(充電中に給電)の可否と、注意点があれば教えて下さい。
パススルー充電機能対応となりますが、その際、バッテリーへ負荷がかかり、劣化を早める可能性があるため推奨はしておりません。

パススルー使用はなるべく避けたほうが良さそうです。

他のポータブル電源と比較

Jackery×JVC BN-RB5-Cを、サイズが同じようなPowerArQJackeryポータブル電源700や、サイズが小さいJackeryポータブル電源400LACITAエナーボックスと比べてみます。

Jackery×JVC BN-RB5-C の個人的な感想
  • サイズはJackery700と同じ、PowerArQより小さい
  • 同サイズのポータブル電源と比べるとバッテリー容量は少なめだが、お値段が安いのが強み
  • サイズが一回り小さいJackeryポータブル電源400、LACITAエナーボックスと悩むところ

同サイズのポータブル電源とサイズ・性能を比較

同サイズのポータブル電源とのサイズ比較。性能を比較表にしました。

同サイズのポータブル電源とサイズを比較

Jackery×JVC BN-RB5-Cのサイズは、Jackery700と同じ。PowerArQより小さいです。

BN-RB5-CとJackery700のサイズは同じ

Jackery×JVC BN-RB5-C(518Wh)は、Jackeryポータブル電源700(700Wh)と同じサイズ。

JACKERY×JVC BN-RB05-CとJackeryポータブル電源700のサイズ比較

PowerArQとサイズ・形状を比較

Jackery×JVC BN-RB5-Cは、PowerArQ(626Wh)よりハンドルが折り畳める分コンパクト。また上面がフラットだと上に物が置けるメリットもあります。

↓Jackery×JVC BN-RB5-C (518Wh)

JACKERY×JVC BN-RB05-Cと湯たんぽのサイズ比較

PowerArQ(626Wh)

PowerArQと湯たんぽ(3.5L)のサイズ比較

同サイズのポータブル電源と性能を比較

同サイズのポータブル電源と性能を比較してみます。

Jackery×JVC BN-RB5-Cは、同サイズのポータブル電源と比べてバッテリー容量は少なめだが、価格が安く設定されているのが強み。
同サイズのポータブル電源と比較

※左からバッテリー容量(Wh)の大きい順

ブランド Jackery Smart
Tap
Jackery
×JVC
Jackery
×JVC
型名 ポータブル
電源700
PowerArQ BN-RB6-C BN-RB5-C
容量 Wh 700Wh 626Wh 626Wh 518Wh
mAh 194,400
mAh
174,000
mAh
174,000
mAh
144,000
mAh
出力 W
(定格/瞬間最大)
500/1000 300/500 500/1000
使用
可能
時間
電気毛布
温度中×2枚
13時間08分
<実測値>
8時間30分
<7時間実測
から計算>
9時間
<計算値※>
7時間30分
<実測値>
サーキュ
レーター
(風力3)
18時間11分
<2時間実測
から計算>
16時間30分
<風力4の実測値
から計算>
17時間15分
<計算値※>
14時間17分
<2時間実測
から計算>
形状 サイズ 約30×19
×19cm
約30×24×19cm 約30×19×19cm
重量 6.3kg 6.0kg 6.3kg 6.1kg

※BN-RB6-Cの電気毛布・サーキュレーターの使用可能時間は、BN-RB5-Cの実測値を元にした計算値。

参考 バッテリーは使っているとヘタっていくので余裕をみた容量だと安心

一回り小さいポータブル電源と比較

Jackery×JVC BN-RB5-Cと比べて、一回り小さいサイズのポータブル電源とサイズを比較。性能を比較表にしました。

一回り小さいポータブル電源とサイズを比較

Jackery×JVC BN-RB5-Cのサイズは、Jackeryポータブル電源400の2倍ぐらい
BN-RB5-CとJackery400のサイズ比較

Jackery×JVC BN-RB5-C(518Wh)とJackeryポータブル電源400(400Wh)のサイズを比べると2倍近く違います。

JACKERY×JVC BN-RB05-CとJackeryポータブル電源400のサイズ比較

Jackery400とBN-RB3-Cのサイズは同じ(はず)

Jackery×JVCのBN-RBシリーズには、バッテリー容量の少ないBN-RB3-C(311Wh)もあります。実際に手にとったわけではありませんが、BN-RB3-CはJackeryポータブル電源400(400Wh)と同じサイズのはずです。

※スペック表記がほぼ同じ。Jackeryポータブル電源700とBN-RB5Cが同サイズなので、コンパクト版の両者も同サイズだと推測できます。

一回り小さいサイズのポータブル電源と性能を比較

一回り小さいサイズのポータブル電源と性能を比較してみます。

Jackery×JVC BN-RB5-Cは、一回り小さいサイズのポータブル電源と比べてバッテリー容量が大きい。自分が必要なバッテリー容量をもとにコンパクトさも考慮して選ぶと良さそう。
一回り小さいサイズのポータブル電源と比較

※左からバッテリー容量(Wh)の大きい順

ブランド Jackery
×JVC
LACITA Jackery Jackery
×JVC
型名 BN-RB5-C ENERBOX ポータブル
電源
400
BN-RB3-C
容量 Wh 518Wh 444Wh 400Wh 311Wh
mAh 144,000mAh 120,000mAh 110,000mAh 86,400mAh
出力 W
(定格/瞬間最大)
500/1000 400/- 200/400
使用
可能
時間
電気毛布
温度中×2枚
7時間30分
<実測値>
6時間35分
<実測値>
6時間30分
<実測値>
4時間30分
<計算値※>
サーキュ
レーター
(風力3)
14時間17分
<2時間実測
から計算>
18時間15分
<実測値
から計算>
14時間50分
<実測値
から計算>
8時間30分
<計算値※>
形状 サイズ 約30×19
×19cm
約31×13
×18cm
約23×14
×16 cm
約23×13
×17cm
重量 6.1kg 5kg 3.6kg 3.5kg

※BN-RB3-Cの電気毛布・サーキュレーターの使用可能時間は、BN-RB5-Cの実測値を元にした計算値。

容量(Wh)が上がるにつれて価格は比例してきます。ファミリーキャンプなら電気毛布2枚が7時間30分使えるBN-RB5-Cが安心ですが、ソロキャンプならコンパクトさを優先しても良いと思います。

参考 バッテリーは使っているとヘタっていくので余裕をみた容量だと安心

まとめ

Jackery Tuned by JVC のポータブル電源「BN-RB5-C」についてまとめます。

JACKERY×JVC BN-RB05-Cをテント内で使う

特徴
  • ファミリーキャンプに便利なバッテリー容量☆
  • 完成度が高く、日本ブランドの品質管理で信頼できる!
  • 本体カラーが木のアイテムと合うのでオシャレに使える♪
機器の稼働時間 (サマリ)
  • 電気毛布
    • 電気毛布(中)×2枚が7時間30分 <実測値>
  • サーキュレーター
    • ターボ(最大風力)で7時間40分 <2時間実測値からの計算値>
  • スマホ(15W)
    • 約29回充電可能 <スペック値>

参考 ポータブル電源の比較(おすすめランキング)はこちら

ポータブル電源(大容量モバイルバッテリー)の選び方と、おすすめ品をご紹介します。 キャンプではポータブル電源があると超便利♪ 実際に我が...

参考 Jackery Tuned by JVC のポータブル電源 BN-RBシリーズを比較した記事

Jackery Tuned by JVC のポータブル電源(BN-RBシリーズ)が2019年10月から販売されました。 3機種の比較と...

2ページ目に、Jackery×JVCのBN-RB5-Cの検証データ(サーキュレーター、電気毛布、充電速度)の詳細を掲載します。(細かい話なので気になる方だけご覧ください。)

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

ナチュラム
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品をGetするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪
あわせて、お得なセール商品iconもお見逃しなく。

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

フェリシモ
裏ボアパンツ MAX 30%OFF 実施中!icon
冬キャンプで家族全員が履く極暖パンツ♪ 綿98%で焚火も安心♪ →レビュー記事

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セールiconは要チェック!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪