注目情報

クロックスのセールicon開催中 最大60%OFFはお得♪ ~9/27

【レビュー】Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の機器稼働時間と使用感を検証

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)とソーラーパネル(SolarSaga200)

Jackeryの「ポータブル電源1500(PTB152)」を徹底レビュー!

実際に機器がどのぐらい使えるか徹底的に検証してみました☆

ドライヤー(1090W)が1時間11分も使えた♪
  • 大容量(1534.68Wh) … 電気毛布4枚×1晩、2枚なら2晩使える
  • 高出力(1800W) … ドライヤーも使える

という、ファミリーキャンプで大満足できるポータブル電源。重量・サイズが大きいのが唯一のデメリットですが、稼働時間は理想的で文句なしのアイテム!

各機器の稼働時間を計測した結果や、実際の使い勝手、気になるポイントなどを紹介します☆

Jackeryポータブル電源1500は、ファミリーキャンプで文句なしのスペック!
(気になる点は、サイズ・重量とファン音)

※メーカー様から商品提供していただいています

電気機器の稼働時間 (サマリ)
  • ドライヤー
    • ドライヤー(ターボ)で1時間11分 <実測値>
  •  電気毛布
    • 電気毛布(中)×4枚が15時間1分 <実測値> ただし、気温28℃での結果。
      旧1500(PTB151)だと、19℃で電気毛布(中)×4枚が 7時間51分 <実測値からの計算値>
  • 扇風機
    • 風力「強」で18時間30分 <8時間実測値からの計算値>
  • スマートフォン
    • 約140回充電可能(18W max) <スペック値>

参考 ポータブル電源の比較(おすすめランキング)はこちら

ポータブル電源(大容量モバイルバッテリー)のおすすめランキングと、選び方を紹介します。 これまで我が家はポータブル電源を10個以上使っ...

Jackery ポータブル電源1500(PTB152)(1534.68Wh)

Jackeryはカリフォルニア州に本拠地を置くアメリカのブランド。米国Amazonのポータブル電源の売れ筋ランキング1位にランクインしていますし。日本Amazonのポータブル電源の売れ筋ランキングでも1位の人気商品を展開しています。<2021/7/27時点>

Jackeryは米国・日本のポータブル電源でトップレベルの売れ筋ブランド

そのJackeryの中で一番大容量なのがポータブル電源1500です。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)とソーラーパネル(SolarSaga200)

2021年3月に販売された「ポータブル電源1500(PTB151)」の改良版が「ポータブル電源1500(PTB152)」。主な変更点はDC入力の仕様変更(48V → 24V)です。ソーラーパネルの並列充電のために仕様変更されたのだと思います。

仕様

太字PTB151からの変更点赤字注目ポイント

  • バッテリー
    • PSE適合品、純正弦波
    • バッテリー容量:60.9Ah 25.2V / 11534.68Wh
    • バッテリー種類:リチウムイオン
    • サイクル回数 : 800回以上
    • 本体充電所要時間:7.5時間 (家庭用コンセント) 2並列約4時間
  • 入出力
    • AC出力×3口1800W(瞬間最大 3600W) / 100V 10A-60Hz
    • USB出力×3口
      • 1口 USB-A : 5V/2.4A
      • 1口 USB-C : 5V/3A,9V/3A,12V/3A,15V/3A,20V/3A
      • 1口 Qualcomm Quick Charge 3.0 : 5~6.5V/3A,6.5~9V/2A,9~12V/1.5A
    • DC(シガーソケット)出力×1口:12V / 10A
    • DC入力:24V 10.5A (12-30V対応)
  • サイズ・重量
    • サイズ : 約355×265×253mm
    • 重量 : 16kg
  • 安全性
    • PSE、FCC、RoHS、UN38.3の認証を取得
    • BMS搭載 : 電圧・温度を適切に管理、過充電・過放電を防止
  • 動作温度 : -10℃~40℃  充電温度 : 0℃~40℃
  • 製品保証 : 購入日より24ヶ月
  • テクニカルサポート : 期限なし
各種機器が使える時間・回数

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の機器稼働時間

スマートフォンは 140回 充電できる (笑)
付属品

付属品は、家庭用コンセントの充電ケーブルとカーチャージャー(シガーソケット)、ソーラーパネルの並列接続用アダプタ、収納袋です。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の付属品

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)のレビュー

ここからは、Jackery「ポータブル電源1500(PTB152)」の使い勝手をレビューします。

キャンプでの主な使い道は電気毛布とサーキュレーター。欲を言うとドライヤーが使えると便利です。 キャンプ用途ならこれらの機器が十分な時間使えます

【ポイント】
Jackery ポータブル電源1500は、ファミリーキャンプで文句なしのスペック!
(気になる点は、サイズ・重量)

ドライヤーが1時間11分使えた

Jackeryポータブル電源1500ではドライヤーが1時間近く使えます。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)でドライヤーを使う

ドライヤーが当たり前のように使える

ドライヤーの消費電力は1100Wもありますが、1時間11分も使えました♪

ここまでの出力があると電子レンジも1時間近く使えます。

※検証の詳細は2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

キャンプ場でドライヤーが不自由なく使える♪

電気毛布は4枚1晩使える

電気毛布が使える時間を計測。準備できた4枚で検証してみました。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)で電気毛布を使う

電気毛布が使える時間
電気毛布(中)×4枚が15時間01分使えた <実測値> 【注意点あり】

ただし、気温28℃での結果なので注意が必要。我が家の経験からするとスペックに対して稼働時間が長すぎる印象。電気毛布には温度管理機能があるため、気温が高くて電力を使わなかったのではないかと思います。

前バージョンのJackeryポータブル電源1500(PTB151)だと、気温19℃で電気毛布(中)×4枚が 7時間51分稼働していました。 <実測値からの計算値>

「電気毛布(中)×4枚なら1晩使える」バッテリー容量

冬キャンプでも底冷えを防ぐなら、電気毛布(中)で十分なので、1泊2日なら電気毛布を4枚使えるバッテリー容量。

ファミリーキャンプで大満足のバッテリー容量♪

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

扇風機(サーキュレーター)はキャンプで使いっぱなしでOK

扇風機の使用可能時間を実際に計測してみました。

キャンプに持っていくならサーキュレーターなのですが、我が家のサーキュレーターが故障しため、仕組み&消費電力が近い扇風機で検証しました。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)で扇風機を使う

扇風機が使える時間

扇風機の「強」で18時間30分使える計算。

風力 消費電力
表示
使用可能時間
42W 18時間30分※
46W 未検証
42W 未検証

風力毎の稼働時間

風力をおさえれば10Wぐらいで動くサーキュレーターもあるので、10Wの場合は78時間近く動きますね。

2泊3日のキャンプでも、ストレスなくサーキュレーターを使える

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

ファン音は最大で鳴るとうるさいが使用機器による

Jackeryポータブル電源1500は大容量のポータブル電源なので、ファンが回るとそこそこの音が鳴ります。ただ、ファンは機器の使用状況で回転数が変動しています。

ファン音は最大で鳴るとうるさいが、制御されているため使用機器による

電気毛布4枚使っていた時には、うるさいと感じることはありませんでした。

まだ、キャンプ場で使っていないので確かなことは言えませんが、電気毛布を使うレベル(200W前後)ではファン音は気にならないのではないかと思います。

一番うるさいドライヤー使用直後のファン音を動画で紹介します。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)のファン音

大きくて重いけど扱いやすい形状♪

Jackery ポータブル電源1500のサイズ感と形状を紹介します。

本体は大きくて重いです。バッテリー容量が大きいので仕方ないですね。

ですが、ハンドルはシッカリしていて扱いやすいですし、突起がないので扱いやすいです。上面がフラットになるので荷物を乗せることもできます。

サイズ感について

サイズのイメージは2Lペットボトル7~8本ぐらい。

Jackeryポータブル電源1500と2Lペットボトル

Jackeryポータブル電源1500のサイズ比較 2Lボトル

  • サイズ : 約355×265×253 mm
  • 重量 : 16kg
2L ペットボトル8本のサイズ・重量

子供が一人で持ち運ぶのは無理です。

小学2年生になる負けず嫌いの次男は気合で持ち上げていましたが首筋がピッキピキ(笑)

Jackeryポータブル電源1500は子供は持てない

大人ならなんとか片手で持ち運べますが16kgあるのでかなり重い。両手で持ち運ぶのが現実的ですね。

Jackeryポータブル電源1500は大人が片手で持てる

車載する時のサイズ感について

サイズ的に、収納BOXなどの大きさに近いので、座席に置くのは厳しいです。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)を車の助手席に乗せたサイズ

このサイズ感だと、トランクに積んだほうが良さそうです。後で紹介しますが本体はかなり丈夫です。

Jackeryポータブル電源1500をトランクに積む

上面がフラットでスタッキング可能

ハンドルをたたむと、上面がフラットになりスタッキングが可能。同じ機種なら突起があるのでズレません。

Jackeryポータブル電源1500の上部

サーキュレーターの台として便利です。※下の写真はJackery700の例

Jackeryポータブル電源700で撤収後に涼む

かなり重いものを乗せても安心感がある

Jackery Ace 1500の上に、Jackery1000Jackery700Jackery400(トータル 20.3kg!)を乗せてもビクともしません。

車載する時に上に荷物を乗せても大丈夫そうです。

Jackeryポータブル電源1500の耐荷重

角が丸めてあり、手触りも良い

表面は手触りが良いエンボス加工。

角が丸くて、尖った感じがないので引っ掛けて怪我するリスクが少ないです。

Jackeryポータブル電源1500の上部

ハンドルも持ちやすい

ハンドルは折りたたみ可能♪車載する時に物が積めるので便利!

Jackeryポータブル電源1500のハンドル

ハンドル裏にゴムが付いていてグリップも良好。

Jackeryポータブル電源1500のハンドルのグリップ
Jackeryのポータブル電源は、かなり使いやすい形状

入出力(両方)の消費電力と残時間が表示されて便利

Jackeryのポータブル電源は、リアルタイムで入出力の電力とバッテリー残量が数値で表示されます。Aceシリーズ(ポータブル電源1500以上の機種)はパネル表示が変わりました。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)を充電中に給電

バッテリー残量が数値で表示されるので稼働時間の予測が可能

バッテリー残量が数値で表示されるのはかなり便利。あと何時間でバッテリーが無くなるか分かります。

他の製品は、ザックリ5段階表示だけのものもあったりするので、そのような製品と比べると格段に使いやすいです。

IN・OUTの電力表示(W)が便利

IN・OUTの電力表示(W)もリアルタイムで数値で表示されます。約1秒ごとに数値が更新されます。

入出力端子について

Jackery ポータブル電源1500はACコンセントが3つあり、1800W(瞬間最大3600W)まで対応。USB出力口は3つ。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の入出力端子

  • AC出力×3口:1800W
  • USB出力×4口  (USB-A:1口、 USB-C:1口、QC3.0:1口)
  • DC(シガーソケット)出力×1口:12V / 10A

シガーソケットにはキャップが付いていて、ゴミが入りにくくなっています。

Jackeryポータブル電源1500のシガーソケットキャップ

電気毛布を4枚使うなら、分岐タップ(ケーブル)が必要ですね。

入力端子は特殊な形状

入力端子が、これまでのJackeryポータブル電源と比べて特殊な形状になりました。外経は8mmのDC端子と同じですが中央の金属が太くなっています。

Jackeryポータブル電源1500のDC入離職端子

Jackeryのソーラーパネル(SolarSaga100SolarSaga60Pro)から直接入力できないため、付属の変換コネクタをかませて入力します。

ツインターボ(2入力充電)ができる

Jackery ポータブル電源1500はDC入力が2つあり、ダブルで充電することができます。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)のツインターボ充電(ソーラーパネル)

Jackeryのソーラーパネル(SolarSaga200とSolarSaga100)で充電した時には、180Wで充電することができています。また、Jackery1500とJackery708のACアダプターを使って2入力充電できました。

ソーラーパネルの並列充電用アダプターも付属

Jackery ポータブル電源1500にはソーラーパネルの並列充電用アダプターが付属しています。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の並列充電ケーブル

同じソーラーパネルであれば、このアダプターで並列充電することができます。

ソーラーパネルを3つ以上持っている方には便利なアダプターです。

1つのソーラーパネルだけでアダプターを使わないよう説明書きがあります。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)の並列充電ケーブルの注意点

寝る前に充電すれば、翌日のキャンプに間に合う

自宅のACコンセントだと6時間で満充電できました。

Jackeryポータブル電源1500をACコンセントで充電

一晩あれば充電できる♪

※ポータブル電源はバッテリーの劣化を防ぐために数ヶ月に1度は充電すると良いです。

※検証の詳細データは2ページ目の [参考]検証の詳細データ を参照ください。

多彩な充電方法に対応 (車・ソーラーパネル)

Jackeryのポータブル電源1500は、車でも充電できる「カーチャージャー」が標準で付属しています。※ポータブル電源によっては別売りだったりします。

ケーブルはミニバンの3列目までギリギリ届きます。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)を車で充電

車内でも充電できると、連泊の時に役立ちますね。シガーソケットからだと13時間かかるのでフル充電は無理ですが、充電できるだけでも違います。

給電中に充電できる (パススルー対応について)

充電中に給電することもできます。

Jackeryポータブル電源1500(PTB152)を充電中に給電

製品仕様・説明書を確認しても見当たらなかったので、メーカーに問い合わせたら回答をいただけました。

電池の寿命を長持ちさせたい場合はパススルー充電はなるべくお控えください。 ※要点のみ記載

※パススルーを厳密に定義「給電の電力をバッテリーを介さずに出力、余った電力でバッテリーを充電」すると該当しないようですが、給電中にもバッテリーを使えるのは便利です。

各種安全規格に適合している

PSEを含む各種安全規格にも適合しているので、安心して使えます。

PSE、FCC、RoHS、UN38.3検査合格済み

本製品にはPSE、FCC、RoHS、UN38.3など必要な認証が取得しております。安全性高いリチウムバッテリーを採用し、バッテリーのエネルギー効率を最適化した同時、バッテリー寿命の延長も実現しました。また、BMS(バッテリーマネージメントシステム)により電圧や温度を適切に管理し、過充電および過放電を防止し、高い安全性を実現しました。

米国・日本で売れ筋を誇っていることも、安心材料になりますね。

Jackeryの米国実績はポータブル電源400の記事で紹介しています

他のJackeryポータブル電源と比較

最後に、他のJackeryポータブル電源と比較してみます。どれを選べばよいかの参考にしてみてください。

Jackery400、Jackery700(708)、Jackery1000とサイズ比較

Jackeryのポータブル電源3種とサイズを比較してみました。

それぞれの印象はこんな感じ。左から

  • Jackery 1500 … 重くて大きい!
  • Jackery 1000 … けっこう重くて大きい!
  • Jacekry 700(708も同サイズ) … ちょっと重くて大きいかな…
  • Jackery 400 … コンパクトで扱いやすい♪

Jackeryポータブル電源1500と他のJackery機種の比較

シンプルにバッテリー容量とサイズ・重量は比例します。リチウムイオンバッテリーの技術的な限界なのだと思います。

参考 我が家は、Jackery以外のポータブル電源も色々と触っていますが、ブランドが違ってもその関係は大差ないです。ただ、形状が扱いやすいという面で、Jackeryはかなり優秀だと感じます。

Jackeryシリーズでどれを選ぶ?

Jackeryシリーズの選び方
Jackery1500 … ファミリーキャンプで連泊が多い方 & ドライヤー使える♪ 大容量
Jackery1000 … ファミリーキャンプで連泊が多い方 & ドライヤー使える♪
Jackery708 … ファミリーキャンプや、ソロで連泊が多い方
Jackery400 … ソロや夫婦のキャンプ

Jackeryポータブル電源1500は、ファミリーキャンプでも安心の大容量。ドライヤーを使い、さらに電気毛布を4枚使えるのが強みです。

Jackery1000は、ドライヤーや電気毛布が4枚使えますが、バッテリー容量は節約して使う必要があります。

Jackery708は、電気毛布を3枚使える容量。1泊2日が多いファミリーキャンプなら十分まかなえます。

スペック比較表
Jackery
ポータブル電源
1500
Jackery
ポータブル電源
1000
Jackery
ポータブル電源
708
Jackery
ポータブル電源
400
重量 16kg 10.6kg 6.8kg 3.4kg
サイズ 355×265
×253mm
332×233
×243mm
299.7×191.5
×190.5mm
231×199
×132mm
バッテリー容量 1534.68Wh 1002Wh 708.18Wh 409.5Wh
電気毛布
使用可能時間
当サイト実測
電気毛布(中)×4枚
15時間01分
※気温28℃
電気毛布(中)×2枚
14時間45分
電気毛布(中)×2枚
10時間10分
電気毛布(中)×2枚
6時間30分
出力 1800W
(MAX 3600W)
1000W
(MAX 2000W)
500W
(MAX 1000W)
200W
AC出力 3口 3口 2口 1口
DC出力 2口 1口
USB出力 3口 4口 3口 2口

まとめ

Jackeryポータブル電源1500は、大容量で高出力の商品。

  • 大容量(1534.68Wh) … 電気毛布4枚×1晩、2枚なら2晩使える
  • 高出力(1800W) … ドライヤーも1時間近く使える
Jackeryポータブル電源1500は、ファミリーキャンプで文句なしのスペック!
(気になる点は、サイズ・重量)

形状もよく考えられていてスタッキングも可能。さらに、操作性・液晶パネルの数値表示も作り込まれています。

参考 ポータブル電源の比較(おすすめランキング)はこちら

ポータブル電源(大容量モバイルバッテリー)のおすすめランキングと、選び方を紹介します。 これまで我が家はポータブル電源を10個以上使っ...

2ページ目に、Jackeryポータブル電源1500の検証データ(サーキュレーター、電気毛布、充電速度)の詳細を掲載します。(細かい話なので気になる方だけ御覧ください。)