エントリーパックTTとヴォールトの実物をレビュー!スノーピーク最強の初心者向けテント

ヴォールトの斜め前からの写真

スノーピークの2018年新作商品展示会で「エントリーパックTT」と「ヴォールト」を実際に見てきました。

初心者向けのテント・タープのセットとしては、最適なセットです。

実際に触ってみた感想や、使い勝手を写真を交えて紹介します。

※試作品のため、実際に販売される製品とは細かい作りが変わる可能性があります。スノーピークの方に聞いたところ、大きくは変わらないとのことでした。

参考 エントリーパックTTの最安値を調査した記事

エントリーパックTTの先行予約が始まりました。 スノーピークだけで受け付けているかと思いきや、いろいろなショップから予約することができ...

エントリーパックTTとヴォールトの関係

エントリーパックTTとは、スノーピークの初心者向けのテントとタープのセットです。

エントリーパックTTとヴォールト スノーピークカタログ

引用:スノーピークカタログ2018

テントとタープのセットで、5万円ほどのお値打ち価格!

テント(T)とタープ(T)のセットということで、TTと言う名称が付いています。

  • エントリーパックTT
    • テント … ヴォールト
    • タープ … ヘキサタープ セット

テントの「ヴォールト」は、4人向けのカマボコ型テント。スノーピークの2018年の新作です。テント単体でも購入できます。

エントリーパックTTのタープは「アメニティタープ ヘキサ Lセット」とほぼ同じ。違いは、エントリーパックTTのタープにはコネクションテープ(小川張りセッティングテープ)が付いていること。そのため、設営のバリエーションが楽しめます。

テントだけでもキャンプは楽しめますが、雨や日差しなどを防ぐためにはタープが必要になります。今までは個別に買い揃える必要がありましたが、エントリーパックTTなら、個別に買うよりお得です。

エントリーパックTTは、テント(Tent)とタープ(Tarp)のセット
使い勝手とコスパの良さを兼ね備えている

我が家の場合は、アメニティードームに、タープ、タープ用のポール、ペグなどを別々に買いました。エントリーパックTTは、お得なセット価格で手に入ります。

我が家が、これからキャンプを初めるとしたら、
間違いなくエントリーパックTTを買います♪

これからキャンプを初める方にとって、文句なしでオススメのセット!

ここからは、エントリーパックTTのヴォールトとタープの詳細を見ていきます。

ヴォールト(テント)

エントリーパックTTには、ヴォールトというテントが含まれています。

ヴォールトはカマボコ状のテントで、今までのスノーピークのテントにはなかった形状です。2年ほど前から人気がでてきた、カマボコ型テントの流行を意識した作りになっています。

ヴォールト単体でも購入可能。お値段は3万円ほど。

ヴォールトの特徴

ヴォールトの最大の特徴は、

4人家族にジャストサイズのテント
必要なものがセットでお得!

なんと言ってもこれに尽きます。

これからキャンプを始める方に、強くオススメできるテントです。

  • 設営撤収が簡単
  • 4人家族で使える
  • 必要なものが揃っている
  • シェルターとしても使える
  • スペックも申し分ない
  • 価格が安い!
  • 信頼・安心のスノーピーク!

ということから、文句なしのテントです。

これまでの入門テントはアメニティドームが人気商品でしたが、2018年からはヴォールトを使う人が増えるはず☆ エントリーパックTTは、これからキャンプを初める人には必要なものがそろったセットです。

参考  「ヴォールト」は「アーチ状(かまぼこ型)に構成した建築構造」という意味

スノーピークは、ネーミングも秀逸です。後でご紹介しますが、ヴォールト同士を連結できるので、まさにアーチ状の建築構造のイメージとぴったりです。

ヴォールトのイメージ

仕様・スペック

ヴォールトの仕様をまとめてみました。

エントリーモデルといえども、生地もしっかりしていて、耐水圧も1,800mmあるので十分です。キャンプ場で普通に使うテントとしては全く問題ないスペックです。

製品仕様

ヴォールト
対応人数 4名 (大人2人、子供2人)
重量 7.65kg
テントサイズ 推定
640×500×150cm
インナーサイズ 285×220×150cm
生地 75Dポリエステルタフタ
PUコーティング
UV加工
テフロン加工
耐水圧 1,800mmミニマム
インナーテント 68Dポリエステルタフタ
ボトム 210Dポリエステルオックス
PUコーティング
耐水圧 1,800mmミニマム
フレーム A6061(φ13mm)
収納サイズ 60×23×23cm
付属品 ポール、ペグ、
張り縄、収納バックなど

出典 : スノーピーク 2018 カタログ

アメニティドームと生地のスペックは同じ。違うのは形状です。昨年までスノーピークのエントリーモデルといえばアメニティドームでした。我が家も2年以上使っていますが、大雨でも浸水することはないです。そのため、ヴォールトも問題ないスペックであることが分かります。

ここからは、ヴォールトの細部をご紹介します。カタログやネットの情報だけだとわからない部分も多いので、写真を交えてご紹介していきます。

カマボコ型の形状

ヴォールトの形は、カマボコ状になっています。

前後に前室があり、どちらからでも出入り可能。

ヴォールトの斜め前からの写真

後ろからの写真。

ヴォールトの斜め後ろからの写真

横から見ると縦長になっていることが分かります。また、中央のポールが一番高くなっているため、前室も高さが確保された構造になっています。

ヴォールト 横からの写真

前室は、アメニティドームより広いです。

ヴォールトの前からの写真

前室から先のスペースにリビングを確保することができます。エントリーパックTTのタープを設営することで、雨でも広い空間で過ごせます。

ヴォールトの前室とフロントスペース

広さと居住性 (テントのサイズについて)

ヴォールトのサイズについてご紹介します。

  • 4人家族(大人2人、子供2人)にピッタリ
  • テント内では立てない

というのがポイントです。アメニティドームもそうですが、基本的に寝るためのテントです。

インナーテントのサイズは 縦220×横285cm。
ヴォールトのテント内 インナーマット

大人2人と子供2人が寝る分のにピッタリサイズです。身長175cmの嫁が縦(220cm)に収まっています。
ヴォールト テント内は4人が寝られるサイズ

アメニティドームM (270×270cm)よりは狭いです。我が家がアメニティドームMで寝る場合、4人で寝て、各人の枕元に自分の荷物(着替えなど)を置くことができますが、ヴォールトの場合は子供達の足元などに置くことになります。

室内高が150cmなので、大人は立てない高さです。120cmの息子たちなら立てる感じ。
ヴォールトのテント内の高さは子供だと立てるサイズ

ファミリーキャンプで使う場合は、荷物置きと、寝るだけのテントになりますね。

前室が広くて便利

前室は、アメニティドームより広くて開放的な印象です。

ヴォールトの前からの写真

前室とインナーテントの境が一番高くなっているため、前室も過ごしやすくなっています。高さは、身長175cmの嫁が少し屈んで入れる高さ。

ヴォールトのテントの前室の高さは大人が立てない

前室をサイドの入り口部分から撮影。
ヴォールトの前室 サイドから シートあり

もちろん、前後の前室は、それぞれメッシュにして開放できます。
ヴォールト 背面の入り口メッシュ

インナーテントについて (吊り下げ式・フック・小物入れ)

インナーテントの特徴はこちら

  • 前後から吊り下げる仕組み
  • フックが2つ (入り口の上部に)
  • ポケットが2つ (前後の入り口の左側)

吊り下げ式のインナーテントはこんな感じです。

前から撮影した写真。9箇所のフックがあります。
ヴォールト インナーテント吊るし式 前から

後ろも同様にフックで吊るしています。後ろから前に向けて撮影した写真。ヴォールト インナーテント吊るし式 後ろから

インナーテント内部には、ランタンなどを吊り下げることができるフックが付いています。前後の入り口の上部に付いています。合計2つです。

前方の入口の上部ヴォールトのテント内フック 前

後方の入口の上部ヴォールトのテント内フック 後

リングになっているので、カラビナやフックを引っ掛けて使う必要があります。 ヴォールトのテント内フック 詳細

インナーテントの中央部分にはフックがありません。

ハンギングチェーンを、ヴォールトの前後のフックに渡すと便利だと思います。色々な物が吊るせますし、テント内が華やかになります♪

キャンプでハンギングチェーンを使うと、便利でオシャレな演出ができます。そんなハンギングチェーンについて、便利さ、選定ポイント、そしておすすめ品をご紹介します。自慢の小物を吊るして気持ち良く過ごせるので一押しです!

小物入れになるポケットは2つ。前後の入り口の左側にそれぞれあります。
ヴォールト テント内のポケット

3つに分割されているため、仕分けして入れておくことができて便利です。それぞれのポケットはスマホが余裕で入る大きさです。
ヴォールト テント内のポケットは3つのポケット

ヴォールトの活用方法

ヴォールトは、大人2人と子供2人が眠れるサイズです。

  • テント内は、寝室と荷物置きとして使う
  • 前室は、荷物置きとして使う

といった使い方をするのが良いと思います。

リビングスペースはエントリーパックTTのセットのタープで確保することになります。

  • リビングスペースはセットのタープで確保

夏や暖かい時期には快適に過ごせます。

参考 テント内にリビングスペースを確保したい場合は、シェルターや2ルームタイプのテントを選ぶと良いです。寒い時期や、虫の多い時期に活躍してくれます。例えば、コールマンのタフスクリーン2ルームハウスは、安くて機能的にも充実していてオススメ。

シェルターとしても使える

ヴォールトはインナーテントが吊り下げ型なので、シェルターとしても使えます。

kengoさん(@ken5oyle)がシェアした投稿

大人が中で立てないので、ロースタイル(低い椅子と低いテーブル)になりますが、子供達が巣立った後に、ソロキャンプしたり、夫婦でキャンプする時に便利です。

連結ができる

ヴォールトは、ヴォールト同士の連結ができるので、仲間で連結して楽しむのも面白いと思います。

前と後ろのフレームに、連結用のベルトが準備されています。

前のフレームには輪っかが付いています。ヴォールトの連結部分 前 ヴォールトの連結部分 前 詳細

後ろのフレームには、マジックテープが付いています。ヴォールトの連結部分 後ろ

普段はフレームに引っ掛けておいたり、マジックテープを閉じて邪魔にならないようにすることができます。ヴォールトの連結部分 後ろ 詳細

これで連結すれば、無限にヴォールトを延長することができます。

無限にヴォールトを連結すると、まさにヴォールト☆

ヴォールトのイメージ

グループキャンプの時に楽しめそうです。

エントリーパックTTのタープ

エントリーパックTTは、タープがセットになっています。

タープについてご紹介します。

エントリーパックTTのヴォールトとタープ

タープのスペックは「アメニティータープ ヘキサL セット」と同じ。違いは、エントリーパックTTのタープにはコネクションテープが付いていること。コネクションテープがあることによって、小川張りができるようになります。

また、タープのポールは別売りの場合が多いのですが、必要なポール等が最初から付属している点も、これからキャンプを初める方に配慮したセットになっています。

エントリーパックTTのタープは、
「アメニティータープ ヘキサLセット」とほぼ同じだが、
コネクションテープが付いている♪

仕様 (アメニティタープ ヘキサ Lセットとの比較)

エントリーパックTTのタープと、「アメニティタープ ヘキサ Lセット」の仕様を比べてみると、生地とポールが同じ事が分かります。

「アメニティタープ ヘキサ Lセット」との違いは、コネクションテープが付属しているか否か。それ以外は「一緒」

※コネクションテープとは、小川張りするときに使うロープのようなものです。

また、コネクションテープを使わずに設営することもできるので、アメニティタープより、設営のバリエーションが多いです。これはかなりのメリット♪

エントリー
パックTT
のタープ
アメニティ
タープ
ヘキサL
セット
対応人数 4名 6名
重量 7kg 同じ
タープサイズ 最大幅 570×500cm 同じ
生地 210Dポリエステルオックス
PUコーティング
UV加工
テフロン加工
耐水圧 1,800mmミニマム
同じ
ポール スチール(280cm、240cm) 同じ
収納サイズ 80×17×22cm
付属品 タープ本体
スチールポール
(280cm、240cm)
スチールペグ30(×8)
自在付ロープ
(二又用10m×2、
3m×2、2m×2)
キャリーパック
ポールケース
ペグケース
同じ
コネクションテープ なし

出典 : スノーピーク 2018 カタログ

仕様上の違いは、対応人数とコネクションテープの有無だけです。スノーピークの方にお伺いした時にも、「ほぼ同じ」と言っていました。

コネクションテープ付きなので小川張りが楽しめる♪

コネクションテープは、ワンタッチで脱着が可能なので、小川張りをしない時には外して使うことができます。プラスチックのバックルで取り外しができるようになっています。

エントリーパックTTのタープ コネクションテープ

小川張りをすると、居住空間は広くて快適になりますが、風に弱くなるのが難点。
風がある時には、コネクションテープを使わずにテントを設営すると良いです。

小川張りについては別記事を参照ください。

小川張りセッティングテープの自作方法をご紹介します。材料費は★400円★ そして1縫いで完成♪強度があり、長さも微調整可能。セッティングテープの「早い・安い・強い」の作り方なのでおすすめです。

タープの設営バリエーションが増えると、快適なリビングスペースを確保することができますし、設営が楽しくなります。

タープの張り方をアレンジして楽しんでいる例はこちら

タープの張り方のアレンジ方法をご紹介します。 我が家の持っている、レクタタープでの張り方ですが、ヘキサタープでも参考になると思います。...

タープ下の広さ

タープ下の大きさは、4~6人用です。

同じタープのサイズが570×500cmでもカタログに記載されている人数が違います。

  • エントリーパックTTのタープの仕様には「対応人数4名」
  • アメニティタープ ヘキサL セットの仕様には「対応人数6名」

コネクションテープを使ってヴォールトと重ねて設営する時には、4人で使うサイズになるので、そのように表記されているのかもしれません。

タープ単体で使う場合は、6人ぐらいで過ごせると考えて良さそうです。

参考 デイキャンプや公園に遊びに行く時にタープがあると便利です。

内緒ですが、葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)でデイキャンプができます。 バーベキューができ、テント・タープが張れて、お値段が無料! あ...

タープを買うならセットで購入したほうがお得

アメニティタープ ヘキサL セットを単体で購入するより、エントリーパックTTでタープを合わせ買いしたほうがお得です。

7,344円(税込)もお得♪
しかも、コネクションテープが付属している

価格差と機能差を考えると、エントリーパックTTでまとめて購入するほうが絶対にお得です。
今ところ、タープを買う予定がなくても、キャンプでタープがあると便利な場面は頻繁にありますし、使わないならオークションに出すという手もあります。

内容 価格(税込)
エントリーパックTTのタープの価格※ 21,600円
アメニティタープ ヘキサL セット価格 28,944円
差額 7,344円

※エントリーパックの価格からヴォールト単体を引いた価格

スノーピークの初心者向けの最強のセット

エントリーパックTTは、テントとタープがセットになったお得なセットです。

これからキャンプ用品をそろえていく方にとっては素晴らしいセットだと思います。

スノーピークのエントリーモデルだと、アメニティードームとアメニティータープのセットがこれまでの王道でしたが、それと比べてエントリーパックTTは価格が安いです。4人家族までならヴォールトを購入するとお得です。

4人家族までならヴォールトが一番お得!
製品 対応人数 価格(税抜)
エントリーパックTT
(ヴォールト + タープ)
4人 (大人2人 子供2人) 49,800円
アメニティドームS
アメニティタープ ヘキサL セット
3人 (大人2人 子供1人 54,400円
アメニティドームM
アメニティタープ ヘキサL セット
5人 (大人2人 子供3人) 59,600円
アメニティドームL
アメニティタープ ヘキサL セット
6人 (大人4人 子供2人) 71,600円

テント内が広いテントでキャンプをしたいという方は、アメニティドームがおすすめですが、4人家族の我が家が買うとしたら、エントリーパックTTですね。

  • 前室はヴォールトの方が広い
  • 4人家族で無駄のないサイズ
  • ドーム型のテントの使い方は寝るだけ

アメニティドームだと、他のスノーピークのシェルターとの連結互換性が高いというのはメリットです。

別記事でスノーピークのテントとシェルターの互換性をご紹介しています。「テントとシェルターの連結互換性」で記事内を検索して探してみてください。

設営時間について

設営手順はスノーピークから動画が公開されています。

エントリーパック TT 設営手順|Entry Pack TT How to SETUP

設営時間を手順ごとにザット見積もってみました。

  • 30分 … ヴォールト設営
  • 30分 … タープ設営

タープも含めて設営すると1時間ぐらいかかりそうです。

アメニティドームとタープを設営するのと同じぐらいの手間です。

ヴォールトの設営イメージ

ヴォールトはカマボ状のテントでテント高も低いため、設営は1人でもできます。

作業 目安
1 テントを広げる 5分
2 フレームを3箇所通す 10分
3 フレームを順番に立ち上げながらペグダウン 10分
4 残りの箇所をペグダウン 5分
合計 30分

タープの設営イメージ

タープは1人でも設営できますが、2人で設営したほうが楽ですね。

作業 目安
1 ポールを組み立てて準備 10分
2 片方のポールをペグダウン 5分
3 タープを張る 5分
4 もう片方のポールをペグダウン 5分
5 サイドをペグダウン 5分
合計 30分

まとめ

エントリーパックTTはお買い得なテントです。

  • これからキャンプ用品をそろえる方
  • スノーピークのテントが欲しい方

には、かなりオススメできるテントです。

アメニティードームは、キンプ場で沢山見るので、他の方と差別化したい方にもオススメ☆

参考 エントリーパックTTの最安値を調査した記事

エントリーパックTTの先行予約が始まりました。 スノーピークだけで受け付けているかと思いきや、いろいろなショップから予約することができ...

参考 ファミリー向けのおすすめテントをご紹介している記事

キャンプをはじめる方に、ファミリー向けテントの選び方と、価格が安くて実用的なテント3品をご紹介します。テント選びで失敗しないために、少しでも参考になれば嬉しいです☆
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
今年最後のBIGセール サイバーマンデー 12/7~12/11
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ サイバーマンデー前に忘れずに準備しよう! 解説記事はこちら

ナチュラム
歳末BIGセールナチュラム祭icon ~12/20
大人気のカマボコテントや、ハイランダーの限定カラーが出品☆ お得なクーポンも12/11まで配布中。セール商品iconもお見逃しなく♪

crocs
超お得福袋を販売中。冬用ブーツ1足の価格でクロッグ、ビーチサンダル、スポーツサンダルの計4足がGETできるチャンス♪
アウトレット・セール品iconも要チェックです。

スポーツオーソリティ
最大2,000円OFFクーポンicon配布中 ~12/11

エルブレス
10%OFFクーポンを配布中 ~12/17

好日山荘
セール特価品は要チェック♪

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪