注目情報
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品は要チェック&Getするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪

イーエフデルタ(EFDELTA)を実機検証!ポータブル電源の常識を一気に覆す性能

イーエフデルタ(EFDELTA)

次世代ポータブル電源のイーエフデルタ。体験会に参加し、実際にキャンプでも使ってみました。

ポータブル電源の常識を覆す性能に驚愕!
  • 「大容量」 … 1260Wh (私の知る限り一番)
  • 「高出力」 … 最大1600W (自宅 1500W 用の家電製品が全て使える)
  • 「高速充電」 … フル充電 2時間以内

次世代ポータブル電源の呼び名にふさわしいスペックだと思います。

どのぐらい凄いのか?本当に凄いのか?なんで凄いのか?

についてレビューしたいと思います。

メーカー様から商品をお借りしてレビューを書いています。

イーエフデルタ(EFDELTA)とは

イーエフデルタ(EFDELTA)は、これまでのポータブル電源の常識を覆すアイテム。

イーエフデルタ(EFDELTA)をキャンプのテント内のラックに置く

クラウドファンディング「Makuake」で早期割引価格で購入できます。
※2020年2月から順次納品予定。

他を圧倒する3つの強み

イーエフデルタは、他のポータブル電源を圧倒しています。

  • 「大容量」 … 1260Wh (私の知る限り一番)
  • 「高出力」 … 最大1600W (自宅 1500Wで使える家電製品は全て使える)
  • 「高速充電」 … フル充電 2時間以内
イーエフデルタの成り立ち

イーエフデルタ(EFDELTA)は、ドローン(無人航空機)分野で世界シェア 7割以上と言われるDJI 出身のメンバーが開発しています。ドローンのバッテリーに求められる「軽量、大容量、安全性、各種情報のフィードバック」の技術を活かすことで、これまでのポータブル電源の常識を覆すスペックを実現しています。

イーエフデルタ(EFDELTA) 他を圧倒する「3つの特徴」

今回、ご縁があってイーエフデルタのプロモーションイベントに関わらせていただきました。

  • イーエフデルタの製品体験会
  • 借用して実際にキャンプで使用

イーエフデルタを実際に使ってみた感想を交えながら紹介します。

ポータブル電源で一番の「大容量」

イーエフデルタ(EFDELTA)の容量は 1260Wh
ポータブル電源の中では一番大容量 <2020/1/3 時点 当サイト調べ>

これに匹敵するのは、suaokiのG1200(1200Wh)G1000(1182Wh)
(電気毛布4枚を一晩安心して使えるスペック)

その次だと500~700Wh前後の商品。Jackery700(700Wh)PowerArQ(626Wh)ラチタ エナーボックス(444Wh)など。(電気毛布2~3枚を一晩使えます)

↑上記までが、ファミリーキャンプで電気毛布が使える容量。

400Wh未満のポータブル電源はAmazon売れ筋ランキング(ポータブル電源)を見るとたくさん市場に投入されています。(電気毛布1枚が一晩使えるかどうか)

2019年までは500Whあるとかなり大容量という印象でしたが、2020年は各社の1000Wh超えのラインナップが増えそうです。

少なくとも2020年初旬は、イーエフデルタがパッテリー容量のトップに君臨しています。<2020/1/3時点>

家庭用コンセントを上回る「高出力」

イーエフデルタ(EFDELTA)は大容量なだけでなく、高出力なのも他のポータブル電源と違う強み。圧倒的な高出力 1600W (サージ 3100W)を実現。

イーエフデルタ(1600W)は、家庭用のコンセント(1500W)を上回る高出力!
自宅で使える家電が何でも使える!

家庭用の家電を全て扱えるポータブル電源は、私の知る限り初めてです。

先程、バッテリー容量で肩を並べた suaokiのG1200の出力は 1000W(瞬間最大2000W)。1000W以上の出力が必要なドライヤーや電子レンジは安定して使えません。

イーエフデルタ(EFDELTA)で実際にドライヤーと電子レンジを使った動画を紹介します。
ドライヤー

ドライヤーが全く問題なく使えました。キャンプ場のお風呂やシャワーの後に髪の毛が乾かせます♪ (私は過去に冬キャンプでシャワーを浴びて風邪をひきました。湯冷めは命取り!)

イーエフデルタ(EFDELTA)でドライヤーを使う
電子レンジ

もちろん電子レンジも使えます。商品体験会でピザを振る舞っていただきました♪

イーエフデルタ(EFDELTA)で電子レンジを使う

イーエフデルタで電子レンジを使ってピザを焼く様子

キャンプでは、電子レンジを使わないと思いますが参考までに★

驚愕の「高速充電」

イーエフデルタは、フル充電時間が2時間以内!

大容量なのに驚きの速さ。

イーエフデルタ(EFDELTA)を充電中

500Whぐらいのポータブル電源でも、充電時間が7~10時間ぐらいかかるので、最初に知った時は信じられませんでした。

イーエフデルタは大容量(1260Wh)なのに2時間以内でフル充電できる。
0% → 80%の充電なら1時間という驚異的なスピード!

バランスの良いスペック! ポータブル電源の理想形

イーエフデルタはバランスの良い理想的なポータブル電源!

持ち運べるサイズでありながら、家で使える家電が全て使える♪
  • 大人1人で持ち運びできる
  • 電気毛布を4枚使えるバッテリー容量
  • ドライヤーを使える高出力
  • 80%充電まで1時間

バランスの良いスペックに仕上がっています♪

リチウムイオン電池のバッテリー容量は、サイズ・重さに比例することを考えると、持ち運びできるポータブル電源としてはスペック的に上限に達していると感じます。これ以上のサイズ・重さがあると持ち運ぶのに厳しくなりますし、個人的にはキャンプ用途でこれ以上望むポイントはありません。

イーエフデルタは大容量ポータブル電源の最終形では?

リチウムイオン電池の登場のように、ノーベル賞級の技術革新があるまで、状況は変わらないはず。

キャンプ用途での使用感をレビュー

キャンプで気になるポイントは2点。

  • バッテリー容量が足りるか?
  • 持ち運びしやすいか?

実際にキャンプで使ってみた感想を紹介します。

※各機器の稼働時間など、詳細な検証はこれから実施します。

「大きくて・重い」けど持ち運べるサイズ

サイズ・重量は、これまでのポータブル電源と比例している印象。

大人が両手で持ち運べるサイズ・重量(13.6kg)。

イーエフデルタ(EFDELTA)のサイズ

※ちなみに一般的な成人男性だと、片手では持ち運べません。重い!

サイズ感や重さは、バッテリー容量に対して相応の印象。

また、大人なら両手で持ち運べるので不便もしません。持った時に「重い」と声が出ますが(笑)

大人が持ち運べるサイズ・重量

扱いやすい形状

形状は使いやすいです。

両手で持ち運びやすいようにシッカリとしたハンドルが付いています。

カバーも工夫されていてて、ハンドル部分にクッション材が入っていて扱いやすいです。
頼りなさすぎず、ゴツすぎず、適度な質感☆

イーエフデルタ(EFDELTA)のカバー

イーエフデルタを複数スタッキングできるように上部は平らになっています。

イーエフデルタ(EFDELTA)はスタッキング可能

スマホや財布などの小物置きとして便利だと思います。
お皿状になっているので、物が滑って落ちる心配もありません。

充電が速いのはメリットだが、消費電力も大きい

イーエフデルタは、充電時間が短いのが強みですが、その分電力も使います。

充電中は1100Wほどの電力を使っていました。電子レンジやドライナーと同じぐらいの消費電力なので、同じコンセントで掃除機、電子レンジ、ドライヤーなどを使ったらアウト。

イーエフデルタ(EFDELTA)を充電中

短時間でグングン充電するので消費電力に注意。

消費電力が少ないコンセントで夜中に充電すると良いと思います。

ファンの音が多少気になる

夜に、電気毛布を2枚使ったのですが、ファンの音が少し気になりました。

うるさくはないのですが、テントの壁を通してテント内に聞こえるレベル。

イーエフデルタはインナーテントのすぐ脇に設置。

キャンフでイーエフデルタ(EFDELTA)で電気毛布を使う

動画を撮ってきたので、確認ください。

イーエフデルタ(EFDELTA)で電気毛布2枚を使った時のファン音

個人的な感想は「普通なら気にならずに寝られるレベル、気が立って眠れないときには気になるかも」。正直、インナーテント内で一緒に寝るのは気がひけますが、インナーテントの外に置いて使えば問題ないと思います。

ちなみに、電子レンジなどの高出力が求められる機器を使うとファンの音がかなり鳴ります。電子レンジを使った動画で確認してみてください。

イーエフデルタで電子レンジを使ってピザを焼く様子

実際にキャンプで使ってみたけど実力は不明

実際にキャンプで使ってみましたが「実力は不明」でした。

電気毛布2枚を一晩使ってみたのですが、朝にはバッテリー容量が0%になって停止していました。「???」ぐっすり寝ていたので真相は不明。

  • 調子に乗って、寝る前から電気毛布を強にして寝袋を温めていたためか?
  • 気温が低かった(2℃~10℃)ため、十分な性能が引き出せなかったか?

といった感じでした。何も計測していなかったため、十分な検証になっていないので、改めて機器の稼働時間を計測して報告します。

自宅での検証結果は性能が引き出せていない?妥当性を確認中

EFDELTAで電気毛布(中)×2枚が 8時間50分 使えたのですが、正直スペック値(1260Wh)ほどの稼働時間がでていない印象。検証結果の詳細は2ページ目に記載しています。

参考 他のポータブル電源の稼働時間
Jackery ポータブル電源700(700Wh) 電気毛布(中)×2枚 13時間08分
SmartTap PowerArQ(626Wh) 電気毛布(中)×2枚 8時間30分

メーカーに問い合わせたところ「EFDELTAは試作段階の機体につき、度重なる評価にてバッテリーセルの容量が低下している可能性がある」とのことで、真偽を確認中です。<2020/1/10時点>

イーエフデルタ(EFDELTA)の真髄は?

イーエフデルタ(EFDELTA)の真髄は
18650バッテリーを140個使っている構造にある

18650バッテリーは単三電池より一回り大きいサイズの小型バッテリー。

↓ 18650バッテリー ※写真はEFDELTAのものではありません

18650バッテリー

これをBMS(バッテリー制御システム)でコントロールすることで、驚きのスペックを実現しています。

高出力や高速充電の秘訣は小型バッテリーを集積した組み方にある

小型バッテリーの並列接続と直列接続で大容量と高出力を実現しているのだと思います。

気になる安全性について

小型のバッテリーを組み合わせているので安全面が気になるところですが、以下が安心できる材料だと感じます。

  • 世界基準の安全規格を取得している
  • 三元系リチウムイオン電池を採用
  • 世界で実績のある規格 18650バッテリーを使っている
  • ドローン業界で実績(世界シェア7割)のある技術者が立ち上げたブランド

安全面に関しては、長年 色々な使われ方をして結果として問題が起きなかった結果「安全」と認識されるので、現時点で何が安全かは誰にも分からないのが正直なところ。
※これは、ここ2~3年で普及しはじめた全ての大容量ポータブル電源に言えると思います。

個人的な見解

個人的には「世界基準の安全規格を取得している」という点が一番の注目ポイント。各種規格に対応しているのであれば、製品自体の動作、工場の設備や各種ルールが一定のレベルに達していることが言えるはず。

さらに「実績があり、信頼できる企業か?」というのも気になります。社会に認知されていて実績がある企業は、営利を追求するだけでなく、社会的責任を果たそうとするでしょうし、無謀なチャレンジはしないはず。

「自社の技術力でシッカリ商品を開発しているか?」どうかも注目ポイント。ノウハウ・技術丸投げで他社が開発・生産したものを、ロゴだけ替えて販売しているブランドは何かあった時の対応が心配。

そのあたりを考慮して選ぶと良いと思います。私もどれが正解かは分かりません☆

さいごに

ここ数年、ポータブル電源は激動の時代。

イーエフデルタ(EFDELTA)は、新しい設計思想で「大容量」「高出力」「超高速充電」を実現!(予定)

「持ち運べるポータブル電源」の理想形にいち早く到達しそうなアイテム♪

キャンプ用途だと「ドライヤーが使える」のがこれまでのポータブル電源と違うメリット。
イーエフデルタ(EFDELTA)は、ポータブル電源に望むことを全て実現してくれました♪

クラウドファンディング「Makuake」で早期割引価格で購入できます。
※2020年2月から順次納品予定。

2ページ目に、イーエフデルタ(EFDELTA)の検証データ(サーキュレーター、電気毛布、充電速度)の詳細を掲載します。(細かい話なので気になる方だけ御覧ください。)

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

ナチュラム
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品をGetするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪
あわせて、お得なセール商品iconもお見逃しなく。

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

フェリシモ
裏ボアパンツ MAX 30%OFF 実施中!icon
冬キャンプで家族全員が履く極暖パンツ♪ 綿98%で焚火も安心♪ →レビュー記事

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セールiconは要チェック!

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪