キャンプで使うクーラーボックスの選び方 ~ 保冷力2日・容量50L

我が家のクーラーボックス

クーラーボックスの選び方をご紹介します。

クーラーボックス選びで気になるのが保冷力。保冷力の高いクーラーボックスに目がいきますが、本当に高い保冷力が必要なのか冷静に考えてみました。

結論

4人家族の場合

  • 保冷力は2日
  • 容量は50L

ソフトクーラーや保冷バックを使えばハードクーラーの容量は30Lで足ります。

クーラーボックスの選び方

クーラーボックスで気になるのが保冷力。

ただ、保冷力の高いクーラーボックスが便利かというと、そういうわけでもありません。大きくて重くなるほど邪魔になります。

適切なクーラーボックスを選ぶためには

キャンプで「どのように」クーラーボックスを使うか

というのを考えると良いです。

利用シーンにあわせて使い分ける

クーラーボックスは上手に使い分ける

キャンプ場での過ごし方や、利用シーンに合わせてクーラーボックスを上手に使い分けると良いです。

  • 食材を一気に買い込む方は大容量で保冷力の高いもの
  • こまめに買い出しに行く方はそれなりの保冷力で十分
  • 涼しい時期にキャンプに行くならソフトクーラーで十分

といった感じです。

春や秋は、日が暮れると気温が5℃ぐらいになります。冷蔵庫と同じぐらいの温度。そのため、食材を出しておいても腐食がすすむことはありません。

毎回、立派なクーラーボックスを持ち歩く必要はありません。

大容量で保冷力の高いとデメリットも

大容量で保冷力の高い製品に越したことはないのですが、反面デメリットとして、

  • 大容量だと、重くて扱いづらい
  • 保冷力の高いものは、値段が高い

ということがあります。

状況に応じて、使いやすいクーラーボックスを選ぶと快適です。

状況に応じてクーラーボックスを選ぶ

コールマンのページでも、状況に応じたクーラーボックスの選び方が紹介されています。

  • 保冷力ならハードクーラー
  • 軽くて持ち運びしやすく、折りたためるソフトクーラー
  • ホイール付きで移動が楽なクーラーボックス
  • スタックして使えるクーラーボックス

など、利用シーンに応じた選び方が参考になります。

また、特長に応じてクーラーボックスを使い分ける例として、

  • 特に冷やしたいものはハードクーラー、それ以外はソフトクーラー
  • 1日目の食材はソフトクーラー、2日目の食材はハードクーラー

など、上手な使い分け方が紹介されています。

利用シーンに応じて最適なクーラーボックスを持ち込むのが賢いキャンパーなのだと思います。

状況に応じて、適切なクーラーボックスを選ぶと快適

保冷力は2日あれば十分

キャンプで必要な保冷力について

クーラーボックスで一番気になるのが保冷力。

「クーラーボックス選び」から入ると、保冷力の高いものに惹かれます。

しかし、実際にキャンプ場でどのぐらいの保冷力が必要か考えてみたところ…。

  • ほとんどの方が、1泊2日のキャンプをしている
    (保冷力は1.5日であれば良い)
  • 連泊する場合は、保冷力をカバーする使い方ができる
    (氷を多めにしたり、都度買い出しする)

ということで、

キャンプなら、2日保冷できれば十分

だと思います。

こまめに買い出しする

キャンプ場に2~3日先の食材や飲料を持ち込むよりは、都度、新鮮な食材を調達した方が安心・安全です。

また、連泊中はお出かけする事がほとんどです

  • 数日間ずっとキャンプ場に居ると飽きる
  • せっかくなので観光もしたい
  • 早く温泉に入りたい

ということから、毎日お出かけするというのが現実的。出先で買い出しすれば、時間も無駄になりません。

カタログ値の保冷力と実際は違う

ちなみに、スペック上の保冷日数ほど実利用では持たないようです。

実際にはカタログスペックの半分ぐらいを想定しておく

メーカーの保冷テストの日数は、フタを閉めた条件や、直射日光を浴びない環境でテストしていると考えた方が良いです。

実際のキャンプでは、フタを開け閉めしたり、日にあたったりするため、カタログ値より保冷力が短くなります。

容量は50L前後が目安

クーラーボックスの容量選び方も悩ましいところです。

容量が大きいとデメリットもある

クーラーボックスは大は小を兼ねるということで、大きいに越したことはありません。
ただし、クーラーボックスが大き過ぎると使いづらくて使わなくなります…。

  • 持ち運びが大変
  • 車載でかさばる
  • フタを開けるのが億劫
ファミリーキャンプなら50Lが目安

キャンプ場に持ち込む食材や飲料の量次第ですが、家族4人なら50L前後で大丈夫だと感じます。

  • 50L前後だと、2Lペットボトルが12本 (コールマンのカタログより)
  • 2Lのペットボトル×6本のダンボールが2箱分
  • 買い物カゴ1個分ぐらい

50L(買い物カゴ1個分)あれば、1日+αの食材・飲料が十分収納できるイメージが湧きます。

ということで、

ファミリーキャンプなら50L あれば十分
買い物かご1個分ぐらい

足りなかったら、保冷バッグやソフトクラーを併用すれば、なんとかなります。

氷があれば、ビール以外の飲料はキンキンに冷やす必要もありませんし、野菜や調味料なども同様です。

コールマンのラインナップを見てみると、50L前後の商品が多いです。やはり使いやすいサイズなのだと思います。

車載が難しい方は、小さめのハードクーラーと、ソフトクーラーを併用するのも良い選択肢です。

おすすめのクーラーボックスのスペック!

ファミリーキャンプにおける、クーラーボックスの選び方(我が家の結論)は、

保冷力は2日あれば十分
容量は50Lあれば十分
(ソフトクーラー併用なら30Lで問題なし)

容量が大きくて、保冷力が高いに越したことはありませんが、キャンプでの利用シーンを考えて選ぶと良い買い物ができると思います。

参考 コールマンのクーラーボックスの商品一覧、比較記事はこちら。

コールマンのクーラーボックスの一覧と比較表をご紹介します。 ハードクーラー、ソフトクーラーのそれぞれについて、商品の紹介と、保冷力・容...

次ページでは我が家のクーラーボックスをご紹介します。