クレイモア ウルトラ ミニは、超コンパクトで明るさ十分♪ ソロに最適!

クレイモア ウルトラ ミニのサイズ感4

クレイモア ウルトラ ミニの明るさや使い勝手をレビューします。

実際に使ってみると、商品紹介では分からなかった使い勝手に気づかされました。

超コンパクトで明るさも十分! クレイモア ウルトラ ミニ
  • 指でつまめるコンパクトなサイズ
  • 大型テントのリビングスペースで使っても充分な明るさ
  • メインランタン & 手待ちライトとして使えて便利

個人的には、薄型のLEDランタン(クレイモアやルーメナー)の中でも、抜群のコンパクトさから使い勝手が一番良いと感じたアイテム!

特にソロキャンプで使うなら、このライト1つで事足ります♪

メーカー様から商品提供していただいています

参考 クレイモアLEDランタンの関連記事

クレイモアのLEDランタン全種を比較した記事がこちら↓

クレイモア全機種の「明るさ」「機能」「サイズ・重さ」「使い勝手」を実際に使ってみて比較してみました。 どれを選んだら良いか悩む! ...

暖色LEDランタンのおすすめランキングは別記事で紹介しています。

ま暖色で使えるLEDランタンのおすすめランキング、商品選びのポイントをご紹介します。 我が家は、3年以上LEDランタンをメイン灯で使い...

クレイモア ウルトラ ミニ

クレイモア ウルトラ ミニは、指2つで持てるサイズの LED ランタン。最大500ルーメンの明るさで、暖色でも使えます。

クレイモア ウルトラ ミニの付属品

特徴
コンパクトさが最大の強み!

クレイモア ウルトラ ミニのサイズ感3

  • 指でつまめるコンパクトなサイズ
  • 大型テントのリビングスペースで使っても充分な明るさ
  • メインランタン & 手待ちライトとして使えて便利
超コンパクトで明るさも十分なLEDランタン
仕様

クレイモア ウルトラ ミニの詳細

  • サイズ : 幅 85mm × 奥行き 66mm × 高さ 27mm
  • 重量 : 約 116g
  • 明るさ : 30 ~ 500lm
  • 発光色 : 昼光色、昼白色、電球色
  • 内蔵バッテリー : Li-ion  3,500mAh
  • 連続点灯時間 : 6 ~ 24時間
  • 充電時間 : 6時間30分
  • 防塵防水 : IP64
  • 色 : 黒・赤

とっても使い勝手が良いサイズ♪

正直、クレイモア ウルトラ ミニを実際に使う前は、そこまで気になるアイテムではありませんでした。

[使う前の印象]
サイズが多少コンパクトだけど、明るさ500lmは物足りないイメージ?

ですが、実際に届いた商品を手に取ると、そのコンパクトさに驚き!我が家の薄型 LEDランタンで一番小さいのがルーメナー7(1,300lm)だったのですが、それを上回るコンパクトさ。

ルーメナー7は手のひらサイズでコンパクト クレイモア ウルトラ ミニのサイズ感2

スペック値やパット見た感じだと、大きな差に感じられなかったのですが、実際に手に取ってみるとかなりサイズが違います。

「手の中にギュッと収まる」 vs 「手のひらサイズ」は体感だと結構違う
明るさ500lmも想像以上だった

気になるのが「明るさ500lm」

我が家では、ルーメナーなど明るさ1,000ルーメン以上をメインランタンとして(勝手に)認識していたので、正直メインランタンとしては力不足なのではないかと思っていました。

ただ、実際に使ってみると十分な明るさ。

大型テントでも十分にメインランタンとして使える明るさ

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内2

とはいえ、普段1,000ルーメン以上の LED ランタンを複数使っている我が家にとっては、なんとなく暗い印象も受けます。※後で詳細に比較。

ということで、クレアモア ウルトラ ミニは、

「超コンパクト」で「明るさも十分」♪

特にソロキャンプにはベストなサイズ感と明るさだと思います。

「明るさ」をレビュー

ここからは実際の使用感を交えながら、クレイモア ウルトラ ミニを詳しく紹介します。

LEDは15灯

LEDは暖色・白色それぞれ15灯。

クレイモア ウルトラ ミニのLEDライト

大型テントでも、クレイモア ウルトラ ミニが1個あれば十分

実際に、夜中にテント内で使ってみると「予想以上に明るい」ことに驚きました。

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内

大型テントでもクレイモア ウルトラ ミニが一個で十分

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内2

光が拡散するランタンだと同じ光量(ルーメン lm)でもココまでの明るさは感じられません。クレイモアのように一方向に照らせるLEDランタンの強みです。

他のLEDランタンと比較

クレイモア ウルトラ ミニは十分明るいのですが、他のハイスペックなLEDランタンと比べると明るさは劣ります。

私が肉眼で見たイメージと近い写りにカメラを設定し、同条件で撮影してみました。

比較した3機種はこちら (電球色で比較)

  1. クレイモア ウルトラ ミニ (500 lm)
  2. クレイモア ウルトラ プラス M (1,100 lm) <上位機種>
  3. ルーメナー 7 (1,300lm) <他社 類似サイズ>

正面から少し離れて比較

クレイモア ウルトラ ミニ (500 lm)

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内

クレイモア ウルトラ プラス M (1,100 lm) <上位機種>

クレイモア ウルトラ プラス Mの明るさ 大型テント内

ルーメナー 7 (1,300lm) <他社 類似サイズ>

ルーメナー7の明るさ 大型テント内

斜めから近づいて比較

クレイモア ウルトラ ミニ (500 lm)

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内2

クレイモア ウルトラ プラス M (1,100 lm) <上位機種>

クレイモア ウルトラ プラス Mの明るさ 大型テント内2

ルーメナー 7 (1,300lm) <他社 類似サイズ>

ルーメナー7の明るさ 大型テント内2

やはり、スペックが高いほど明るいのですが、1,000lmを超えると、眩し過ぎて直視できませんし、明るさを抑えて使ったりしています。

キャンプで普通に過ごすなら「クレイモア ウルトラ ミニ」で十分♪

参考 快適な明るさで過ごしたい場合は1,000lm超えの機種から選ぶと良いです。暖色LEDランタンのおすすめランキングは別記事でまとめています。

ま暖色で使えるLEDランタンのおすすめランキング、商品選びのポイントをご紹介します。 我が家は、3年以上LEDランタンをメイン灯で使い...

暖色でも明るい ~ それぞれの点灯モードを比較

クレイモア ウルトラ ミニは、昼光色、昼白色、電球色(暖色)の3種類の色合いで点灯させることができます。そして光の強さは無段階で調整可能。

クレイモア ウルトラ ミニは、暖色でも明るい♪
キャンプでは、雰囲気を優先して暖色で使うことが多いと思いますが、これなら安心して使えます。※暖色だと光量が落ちるランタンもあります。

2mほどの高さから吊った状態で、昼光色、昼白色、電球色(暖色)の最大出力を撮影してみました。※肉眼の見え方に近くなるようにカメラを設定。同じカメラ設定・位置で全ての写真を撮影しています。土手なのでポールは斜面に設置。

電球色(暖色)

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 電球色

昼白色

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 昼白色

昼光色

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 昼光色

連続点灯時間は最短で6時間

気をつけたいのが「連続点灯時間」

クレイモア ウルトラ ミニのLEDライト

明るさ最大で使うと6時間

2泊3日する時には工夫して使う必要があります。焚き火の時には明かりを落としたり、万が一のためにもヘッドライトなど別の明かりを持っていくと安心かな。

逆に1泊2日なら問題ないスペック。その分コンパクトで軽いことを考えると絶妙なスペック♪

参考 実は、我が家のハイスペックのLEDランタン(高光量1,000lm超え・大容量)だと、キャンプでバッテリーを半分も使えずに充電していたりします。連泊でも安心なのは助かるのですが1泊2日だと使い切れず…★

「使い勝手」をレビュー

使い勝手はかなり良いです。個人的にこのコンパクトさが気に入りました。

サイズがとにかくコンパクト

クレイモア ウルトラ ミニの強みは「超コンパクトなサイズ」

指でつまめるコンパクトサイズ♪

クレイモア ウルトラ ミニのサイズ感1

もちろんポケットにも余裕で入ります。

超軽い♪

クレイモア ウルトラ ミニの重さはたった 116g。(実測 114g)

クレイモア ウルトラ ミニの重さを測る

軽い!

取っ手とフックで全方向を照らせる

クレイモア ウルトラ ミニの取っ手は置いた時に90度まで角度調整ができます。

角度を付けて置いたり、吊るしたりすると、360度 あらゆる角度に向けることができます。

クレイモア ウルトラ ミニは置いて角度調整可能

2つの吊り下げ用のフックと、カラビナ1個が付属。

クレイモア ウルトラ ミニのフック

ハンギングチェーンに吊るすのに便利♪

クレイモア ウルトラ ミニをテントから吊るす

取っ手で角度調整。

クレイモア ウルトラ ミニのフックは吊るして角度調整可能 横方向

フックの位置で角度調整。

クレイモア ウルトラ ミニのフックは吊るして角度調整可能 縦方向

ゴム製のフックはホールド感が気になりました。風が強くてテントが揺れるときはカラビナを取っ手に付けたほうが安心かな。

クレイモア ウルトラ ミニをカラビナで吊るす

三脚に取り付けるためのネジ穴もあります。

クレイモア ウルトラ ミニの三脚ネジ

便利なケース付き

ソフトケースが付いてくるので持ち運びも安心。

クレイモア ウルトラ ミニのソフトケース

固い素材でできているので、ちょっとやそっとではつぶれません。

ケースには、クレイモア ウルトラ ミニと付属品が無駄なくピッタリ入ります。さらにゴムフックを付けたまま収納可能!

クレイモア ウルトラ ミニのソフトケースの内部

操作はボタン1つ

操作方法はシンプル。ボタンが一つしかないので、押すか、長押しするだけ。

クレイモア ウルトラ ミニの操作ボタン

ボタンを押すことでON/OFF・光色が切り替わり、さらに長押しをするとで明るさが変わります。バッテリーの残量はボタン間のライトで4段階に表示されます。

さいごに

実際にクレイモア ウルトラ ミニを使ってみましたが、とにかくコンパクトで使い勝手が良いので気に入りました♪

クレイモア ウルトラ ミニのサイズ感3

ファミリーキャンプ用の大型テントでもコレ1つで十分な明るさ♪
コンパクト&軽量だからソロキャンプなら超便利!

荷物を減らしたい方や、ギンギラに明るくなくても良いという方にはかなりオススメです☆

クレイモア ウルトラ ミニの明るさ 大型テント内2

参考 クレイモアLEDランタンの関連記事

クレイモアのLEDランタン全種を比較した記事がこちら↓

クレイモア全機種の「明るさ」「機能」「サイズ・重さ」「使い勝手」を実際に使ってみて比較してみました。 どれを選んだら良いか悩む! ...

暖色LEDランタンのおすすめランキングは別記事で紹介しています。

ま暖色で使えるLEDランタンのおすすめランキング、商品選びのポイントをご紹介します。 我が家は、3年以上LEDランタンをメイン灯で使い...