注目情報

スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うなら絶対チャンス!

クレイモア キャップオンのレビュー!「消しゴム」サイズの超小型・超軽量ライト

クレイモア キャップオン 40Bと消しゴムのサイズを比較

クレイモアのキャップオンを使ってみたのでレビュー!

ヘッドライトより便利な超小型ライト♪

クレイモアのキャップオンは、帽子をかぶっていても快適に使えるヘッドライト。

通常のヘッドライトだと、キャップのつばの部分が邪魔になって足元を照らしづらいのですが、キャップオンであれば帽子のつば先端に装着可能♪し

帽子かぶってキャンプする人は特に便利

そしてなんと、消しゴムと同じようなサイズ感・重量なんです!

メーカー様から商品提供していただいています

クレイモアのキャップオン シリーズ

クレイモアのキャップオンシリーズは、帽子に取り付けて使う小型ライト。

クレイモア キャップオン 40Bをキャップに付ける

現在、Aシリーズ(65A)とBシリーズ(40B)の2種類があります。

Aシリーズ(65A)

Aシリーズの特徴は、バッテリー容量がBシリーズと比べて約1.6倍あり、連続点灯時間が3~19時間あること。電球色が使えるのも65Aだけ。

虫が寄りにくい赤色ライトフィルムを取り付けて使います。

Bシリーズ(40B)

Bシリーズの特徴は、コンパクト & フィルムなしで赤色ライトが使えること。

クレイモア キャップオン 40Bの付属品

クレイモア キャップオン 40Bの上面

クレイモア キャップオン 40Bの詳細

Aシリーズ(65A)とBシリーズ(40B)を比較

簡単に特徴をまとめるとこんな感じ。

65A … バッテリー容量 約1.6倍、電球色あり、赤色はフィルム取付けて切替
40B … 軽量コンパクト
CLAYMORE CAPONシリーズのスペック比較
A シリーズ (65A) B シリーズ (40B)
サイズ 幅 38.6mm × 奥 63.6
× 高 24.3
幅 37mm × 奥 54.2
× 高 24
重量 約 36g 約 29g
バッテリー リチウムポリマー電池
3.7V 650mAh
リチウムポリマー電池
3.7V 400mAh
明るさ 16~230Lumen 同左
連続点灯時間 3~19時間 3~12時間
色温度 昼白色、電球色、
赤色フィルム付
昼白色、赤色LED
充電時間 1時間40分 1時間30分
防水防塵 IP54 同左
付属品 MicroUSB充電ケーブル
カラビナ1個
赤色フィルム
専用ポーチ
MicroUSB充電ケーブル
カラビナ1個
専用ポーチ
保証期間 1年 同左
どちらを選ぶか悩ましい

我が家では、65A、40Bのどちらを選ぶか迷ったのですが、 赤色ライトがフィルムなしで使えるということから40Bを選びました。

実際に使ってみると、ライトの機能自体は大差がないので、バッテリー容量が多い65Aのほうが良かったかも?といった気もしていますが、65Aだとその分サイズが大きくなるので悩ましいところ!

夜のトイレと寝る前の寝室ライトとしての用途がメインだから稼働時間は短くても良いかな?ということで、やっぱりコンパクトな40Bで良かったかも。

クレイモア キャップオン Bシリーズ(40B)のレビュー

クレイモア キャップオン 40B

クレイモアのキャップオンは、ヘッドライトより便利!

帽子のつばに付けて使えるので、ヘッドライトの「キャップのつばが邪魔で足元が照らせない」欠点を見事に解消♪

さらにヘッドライト特有の頭にバンドを巻いてダサくなる問題も解決!します♪

ここからはクライモア キャップオン 40Bの使い勝手や明るさを紹介します。

レビュー概要
  • 超小型・軽量
  • 帽子派に便利な作り
  • 色々な固定方法がある♪
  • 防水(IPX4)なので水がかかっても安心
  • ライトのモードと明るさ

超小型・軽量

クレイモアのキャップオン(HP3A-S1)は、とにかく軽量でコンパクト☆

個人的に、ここまで小さくて ”使える” ライトは見たことないです

クレイモア キャップオン 40Bのサイズ

クレイモア キャップオン 40Bの収納袋

実際に手に取ってみると、指でつまんで扱う感じ。そして軽い♪

消しゴムと同じようなサイズ感 & 重量!

クレイモア キャップオン 40Bをエプロンにかけて使う

チョット消しゴムのほうが小さくて軽いですが(笑)ほぼ「消しゴム」です。

帽子派に便利な作り

キャンプで帽子をかぶっている方には超おすすめのアイテム♪

帽子&ヘッドライトの足元が照らせない問題を解決!

ヘッドライトとキャップオンの比較

クレイモア キャップオン 40Bとヘッドライトの足元点灯を比較

帽子をかぶってヘッドライトを使おうとすると、つばが邪魔をして真下を照らせなくなります。 工夫すれば使い物にはなるのですが、結局面倒なので手に持ちやすいランタンを持って行くことが多くなりました。

その点、キャップオンは帽子に取り付けていても真下を照らすことができます。また、日が暮れたら帽子に装着しっぱなしにすればライトを忘れたり紛失する心配もない♪

クレイモア キャップオン 40Bをキャップに付ける

色々な場所に固定できる♪

クレイモアのキャップオンは、 クリップで180℃角度調整ができます。

クレイモア キャップオン 40Bの角度調整

帽子に取り付けた状態だと、自分に向けることすら可能(笑)

クレイモア キャップオン 40Bをキャップに付けて角度調整

ポケットにもクリップできちゃう!

クレイモア キャップオン 40Bをエプロンにかけて使う

テントにも吊せる♪

クレイモア キャップオン 40Bをテントに吊るす

吊るして角度をつけることも可能♪

クレイモア キャップオン 40Bを吊るして角度調整

テントのメッシュポケットにも入る & 照らせる

クレイモア キャップオン 40Bをテントの天井メッシュに入れて使う

(ほとんど) どんな場所にも取り付けられる!

防水(IP54)なので多少雨に濡れても問題なし

クレイモアのキャップオンシリーズは共に「IP54」。防塵性は5級の防塵形「有害な影響が発生するほどの粉塵が中に入らない」、防水性は4級の防まつ形「あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない」を満たしています。

多少雨に濡れても問題ない防水性能

雨の日キャンプでも傘を持ってトイレなどに行く時に使えます。

水の浸入に対する保護等級

保護等級 内容
IPX0 特に保護がされていない
~ 省略 ~
IPX3 防雨形 鉛直から60度の範囲で落ちてくる水滴による有害な影響がない
IPX4 防まつ形 あらゆる方向からの飛まつによる有害な影響がない
IPX5 防噴流形 あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない
~ 省略 ~

出典:JIS規格「水の浸入に対する保護等級

3種類の点灯モードと実際の明るさ

ライトのモードは3種類。

クレイモア キャップオン 40Bの点灯モード

  1. 前面 集中光(白色)
  2. 前面 拡散光(赤色)
  3. 上面 拡散光(白色)

明るさは最大230ルーメン、それぞれの点灯モードにおいて明るさを無段階に調整可能。

実際に明るさはいかほど?

実際に4mほど先の椅子をどのぐらいの明るさで照らせるか写真に撮ってみました。※周囲が明るいのでうまくライトの明るさを表現しきれていませんが、参考までにご覧ください。

何も明かり点けていない状態

クレイモア キャップオン 40Bの明るさテスト 明かりなし

前面 集中光(白色) 最大-最小

最大光だとはっきりと4m先のイスが照らせます。

クレイモア キャップオン 40B 絞りモードの明るさ 最大

最小にしても見えるので夜道を歩けます。

クレイモア キャップオン 40B 絞りモードの明るさ 最小

コンパクトで明るさも問題なし!
前面 集中光(赤色) 最大-最小

赤色は暗いかな…。虫が寄りにくいので状況によって使い分けると良さそうです。

集中光(赤色) 明るさ最大

クレイモア キャップオン 40B 赤色モードの明るさ 最大

集中光(赤色) 明るさ最小

クレイモア キャップオン 40B 赤色モードの明るさ 最小

写真ではうまく伝わらないのですが…、

最大光だと4m先のイスをぼんやり照らせる程度ですが夜道は歩けるレベル。最小光にすると赤く照らされているのが分かるか?分からないか?といったレベルでした。

上面 拡散光(白色) 最大-最小

上面の拡散光は、前面の集中光と比べて明るさが劣りますが、幅広く照らせるので足場が悪い時や、複数人でトイレに行く時に便利。

拡散光 明るさ最大

クレイモア キャップオン 40B 拡散モードの明るさ 最大

拡散光 明るさ最小

クレイモア キャップオン 40B 拡散モードの明るさ 最小

ちなみに、上面 拡散光(白色) の最大光で大型テント内を照らした明るさがこちら。

物は見えるので不自由しない明るさ。明るすぎないので寝ている人を起こさないで使えます。また、寝室やソロテントの中で使うのにちょうど良い明るさです。

クレイモア キャップオン 40Bの明るさ 大型テント内 斜めから

上面の拡散光は「テントの寝室」「ソロテント」で使うのにちょうど良い明るさ

超コンパクトなぶん稼働時間はそんなに長くない

超コンパクトなのでバッテリー容量はそんなに大きくないです。

最大の明るさで使っていると3時間で電池が切れてしまいます。

クレイモア キャップオン 40B

キャップオン40Bの点灯時間は3~12時間 (65Aは最大19時間)

キャンプで夜歩き用のライトとして使うなら問題ないレベルですが、長時間使い続ける登山では明かりを抑えて使うことになります。

ヘッドライトより便利!

クレイモアのキャップオンはヘッドライトより便利なアイテム。

クレイモア キャップオン 40Bとヘッドライト

  • 帽子をかぶっていても足元が照らせる
  • 小型&軽量
  • クリップ型、吊るせる、角度調整できる範囲が広い

といった点はヘッドライトにない強み。

Amazon売れ筋ランキング(アウトドア用ヘッドライト)で 1位 のLitomのヘッドライトとサイズを比べてみても、クレイモアのキャップオン(40B)がかなりコンパクトなのが分かります。

クレイモア キャップオン 40Bとヘッドライトのサイズを比較

参考 Litom LEDヘッドライト(HP3A-S1)のレビュー記事はこちら。安くて、モーションセンサー付き。ザ・ヘッドライトをお探しならオススメ☆

Litom LEDヘッドライトを使ってみたのでレビューします。 Amazon売れ筋ランキング(アウトドア用ヘッドライト)で 1位 の売...

さいごに

クレイモアのキャップオンは、ヘッドライトより便利なライトです。

クレイモア キャップオン 40Bをキャップに付ける

帽子かぶってキャンプをする人に超便利!
ヘッドライトより活躍の幅が広い♪

帽子をかぶっていなくてもエプロンやシャツのポケットに取り付けられたり、テント内の小型ライトとしての使い勝手も良いのでかなりオススメのアイテム♪

クレイモア キャップオン 40Bをエプロンにかけて使う

Bシリーズ(40B) <今回詳細レビューしたアイテム>

Bシリーズの特徴はコンパクトでフィルムなしで赤色ライトが使えること。連続点灯時間は3~12時間。

Aシリーズ(65A)

Aシリーズの特徴は、バッテリー容量がBシリーズと比べて約1.6倍で、連続点灯時間が3~19時間あること。電球色が使えるのも65Aだけ。虫が寄りにくい赤色ライトを使いたい時にはフィルムを取り付ける必要があります。

参考 個人的には、”使える”ライト(40B)が消しゴムと同じようなサイズ・重量に衝撃でした☆

クレイモア キャップオン 40Bをエプロンにかけて使う

お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

スポーツオーソリティ
スポーツオーソリティicon最大約30%の割引コンボ炸裂中!
25%還元…マイナポイント(PayPayチャージ)
10%還元PayPay残高支払い~9/30icon
・普段値引きしないSnowPeakUNIFLAMEも対象
※私の知る限り20%でも過去最大級なのにMAX30%OFFは驚愕!テントなど大物買うならチャンス!

オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconをお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪