タラスブルバのトンネルテント「キャタピラー2ルームシェルター6P」を使用レビュー

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6P

2019年にタラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」が販売されました。

実際に設営して1晩過ごしたので、感想を交えながらレビューします

キャタピラー2ルームシェルター6Pは、トンネル型で家族で広々と過ごせるテント。デザインも渋く、作りもしっかりしているので良いテントだと感じました。

※テントをお借りしています。

参考 トンネルテントのおすすめ品は別記事でご紹介しています。

2019年版 トンネルテントの「おすすめ12品」と「ファミリーキャンプ向けの選び方」「メリット・デメリット」をご紹介します。 実際に、...

タラスブルバ キャタピラー2ルームシェルター6P カーキ

タラスブルバのトンネルテント「キャタピラー2ルームシェルター6P」は流行りのトンネル型の形状で、渋い色味が特徴的。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のカタログ

TARAS BOULBA 2019 CATALOG

実際に使ってみると、生地が厚く、ポールも太くて本数も多いため、かなり安心感があります。

価格と販売日

価格と販売日はこちら

  • ¥99,900 (8%税込¥107,892)
  • 2019年6月から出荷
10万円はお得感あり

キャタピラー2ルームシェルター6Pは、大型のトンネルテントで、作りがシッカリしている商品。さらに寝室まわりにもスカートが付いるため、冬でも快適に使えるのが特徴。

我が家としては申し分ないスペック♪ 10万円ならお買い得な印象です。

このスペックだと、他のブランドは15万円ぐらいだと思います。

タラスブルバとは?

タラスブルバは、スポーツオーソリティのプライベートブランド。

1976年に日本初のアウトドアブランドとして誕生し、数年前からブランドを一新しアウトドア用品を展開するようになりました。2019年からキャンプ用品をリリースしています。

タラスブルバのブランドポリシー

TARAS BOULBA 2019 CATALOG

チルアウト
自然の知恵から生まれる、デザインや機能

グループキャンプ、ファミリーキャンプを愛するすべての人々へ。
「ナチュラル」「ビンテージ」をキーワードに、
自然と調和する素材と、色合いのギアを提案。
ゆったりとくつろげるキャンプ空間を演出します。

引用:TARAS BOULBA 2019 CATALOG

タラスブルバのキャンプ用品は、どれも渋くてお洒落なアイテムばかりで洗練されています。

タラスブルバのキャンプ用品

特徴

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」の特徴を一言で表すと

流行りのトンネルテントで、渋い色味で洗練されたデザイン、機能面も文句なし

といった感じ☆

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのシェルターの広さ

家族で快適に過ごせる充分なスペース♪

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのテント内

実際に使ってみても、良い印象でした。

我が家が使っているカマボコテント2トンネル型のテントなのですが、ファミリーで過ごすのに広くて快適な居住スペースが確保できます。ただ、 カマボコテント2で気になっているのがテントの作り。価格が安く抑えられている分、少し物足りなさを感じます。その点、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は機能面も文句なし!予算が許すのであればかなりおすすめのテントです。

実際に使ってみた感想を交えながら、詳細を紹介していきます。

実際に使ってみたので徹底レビュー!

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は、全体的に作りがしっかりしていて安心感があります。また、細部も作り込まれていて、使いやすそうです。

生地が厚くてシッカリしている

生地に触れてみると厚さがあり、しっかりしています。

フライシートは、210Dポリエステルオックスフォードを採用していて、生地の厚さはトップレべル。指を強く押し付けて跡が写った状態でも、色はほとんど透けません。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の生地

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの生地の厚さ

遮光性が高い

また色合いも濃いので遮光性が高いです。仕様は「UVカット:紫外線遮へい率90%以上」

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのキャノピーを作った写真

設営した日は小雨だったのですが、テント内が薄暗くて、昼間からライト(ルーメナー7)を使ったほど(上記写真)。かなり日差しを遮ってくれるので、夏や日中に過ごしやすいです。

実際に、遮光性はかなり高かった!
雨もシッカリ防いでくれる

耐水圧は3,000mmあるので、雨でも全く問題がないスペック。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの防水性は、雨の日でも問題なし

この日は夜中にかなりの勢いで雨に打たれたりしましたが、全く心配なし♪

生地はしっかりしているので、遮光性・耐水性は心配なし

ポールも太くて安心感あり

ポールもしっかりしていて安心感があります!

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのポールの太さ

  • 太さがある
  • トンネルの4本+前後にリッジポールが2本
  • テントの上部をスリーブに通し、サイドをフックで引っ掛ける仕組み

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのポールの構造

カマボコテント2のポールと比べると太さの違いが歴然です。1.5倍ぐらい違う印象。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのポールの太さをカマボコテント2と比較

また、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は、サイドに露出しているポールを使ってガイロープを増やすことができます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの前後のパネルをメッシュに

ポールの構造がしっかりしていて安心

参考 カマボコテント2の場合は、メインボールが4本のみ・ガイロープが増やせない構造なので、強風に耐えきれずに撤退したことがありました。テントのスリーブにポールが覆われているため、強風時にガイロープ(張り縄)が増やせません。

ベンチレーション・開閉箇所が多く、夏でも快適

テントにベンチレーションが多いのも特徴的です。

テントのパネルを、メッシュやキャノピーとして立ち上げることができる。
自由度が高い!

シェルター・インナーテントのパネル構造について紹介していきます。

シェルターのベンチレーション・開閉箇所

サイドパネル

全てのサイドパネルは「メッシュ」「クローズ」「オープン」にすることができます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのサイドパネルの開閉とベンチレーション

もちろん、キャノピーとして立ち上げることも可能。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのキャノピーを作った写真

ただし、サイドから出入りする時には、テント生地とメッシュの2つのジッパーを開ける必要があります。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pはのサイドパネルの開閉

この点はチョット面倒でしたが、よく出入りする場所は、テント生地のジッパーを閉めないようにすることで、手間を軽減することができました。

前後のパネル

前後のパネルもキャノピーとして立ち上げることができます。テントのリビングルームが2m×3mほど拡張して使えるようになるので、コレには感動♪

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのキャノピーは広い

写真で見るとそうでもないですが、バネルが幅広いので、かなり広いスペースが確保できます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのキャノピー

前後のキャノピーを立ち上げるとかなり広い空間が確保できる♪

ただし、前後のバネルでメッシュにすることができるのは、どちらか一方のみ。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの前後の出入り口 パネル

暑い時期には、寝室部分の後ろ側をメッシュにすると、快適に寝られます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの前後のパネルをメッシュに

後ろからの写真はこちら。風が強いときは、ルーフシートの中央からガイローブを下ろしておくと安心です。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」後方から

また、テントの前方・後方の上部にはベンチレーションがついているため、テント内でストーブを使う時にも換気がしやすくて便利。※テント内での火器の使用は自己責任。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のリビングスペース上部のベンチレーション

インナーテントのベンチレーション・開閉箇所

インナーテントは前だけでなく、後ろも開けて出入り可能。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室

インナーテントの側面もベンチレーションが付いています。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室サイドペンチレーション

インナーテントの側面は、両側の上下のジッパーでメッシュの大きさを調整できます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのインナールームのサイドはメッシュにできる

また、インナーテントの横もキャノピーで立ち上げることができるので四方すべてメッシュにすることができます♪夏はかなり快適ですね。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室サイドパネルをキャノピーで立ち上げる

テントの四方がメッシュやキャノピーとして立ち上がるので、自由度が高い。

かなり使いやすいです♪

テントは、ベンチレーションが多いほど価格が高くなります。他社メーカーだと15万円以上するテントと同等です。

スカート付きで冬は温かい

全面にスカートも付いているので、冬は温かく過ごすことができます。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pは全面スカート

また、上部にベンチレーションもあるため、ストーブを使用したときに換気がしやすいです。

冬も便利に使える

インナーテントは前方・後方どちらにも取付可能

インナーテントは後方だけでなく、前方にも取付けることができます。

通常は後方にインナーテントを吊り下げるのですが、 前方にもインナーテントを取り付けるためのフックが付属しています。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのシェルターのフック

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のインナーテント吊り下げフックは前後にある

そのため、テントを張ってからインナーテントをどちらに付けるか決めることができます。臨機応変に対応できるのはありがたいポイント。

インナーテントが別売りされれば、 合計8人で寝ることもできますね。

家族4人で過ごすのにちょうど良いテント

寝室は、家族4人で寝てちょうど良いぐらい。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの寝室のサイズと天井の高さ

インナーテント内で大人が立つことができます。

5人だと厳しいかな。5人家族の場合は、お父さんがリビングルームでコットを使って寝ることになりますね★

インナーテント内のオプション

インナーテント内には、フックとポケットが付いています。

  • 上部にランタンをぶら下げられるフック
  • スマホなどを入れてておくと便利なポケット

ランタンをぶら下げるフックは入り口の上部に1つ、サイドにそれぞれ2つあります。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのインナールームのフック

ポケットは入り口の脇と、後ろ側の対角線上に付いています。どんなスマホでも入るサイズ。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのインナールームのポケットは2つ

ルーフシートは付属、グランドシートは別売り

ルーフシートは標準装備のため付属していますが、インナーテントの下に敷くグランドシートは別売りになっています。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのグランドシート

スタッフの方に聞いたところ、シェルターとして使う方も多いことを想定しているため、グランドシートは別売りにしたとのことでした。

グランドシートはブルーシートなどで代用ができるため、標準装備せずに価格が安く抑えられているというのは嬉しいポイントです。

参考 グランドシートの代用品については別記事にしています。

テントのグランドシートは、必ずしも正規品を買う必要はありません。代用品ならお得ですし、選び方次第ではシートの防水性も良いです。グランドシートをお得に済ませたい方に代用品の選び方をご紹介します。

気なるポイントは重量

唯一気になるポイントが「重量 26kg」

我が家の使っているカマボコテント2は16kg。 それと比べると1.5倍ぐらいの重さ。サイズも大きいめです。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6PとDODのカマボコテントの収納サイズを比較

男性でも一人で持つのは大変。私の感覚だと、持ち上げて少し移動することはできても、担いで歩き続けることは難しいと感じました。

そのため、テントの袋からポールの袋を出して、別々に持ち運ぶと良いです。分けた状態で重量を測ったら、本体14.2kg、 ポール7.4kg。かなり持ち運びやすくなります。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6PとDODのカマボコテントはテントとポールを分けて持ち運ぶと良い

重量が重いのは気になりますが、生地が厚く、作りがしっかりしていることから、これから我が家がトンネルテントを選ぶとしたら、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」を買うかな。

個人的に、強風時にある程度安心してテント内で過ごせるのは、ファミリー用途だとかなり重要なポイントです。

カマボコテント2と比較

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」と、我が家の持っているカマボコテント2と仕様を比較してみます。

タラスブルバ
キャタピラー2ルームシェルター6P
DOD
カマボコテント2
組立
サイズ
575×300×195(h)cm 640cm×300cm×195(h)cm
インナー
サイズ
280(後260)×210×184(h)cm 280cm×220cm×190cm
収容可能
人数
大人4名 (※寝室スペース) 大人4名 (※寝室スペース)
収納
サイズ
72×44×42cm 68×32×32cm
重量 26.0kg 16.1kg
材質 フライ・フロア / ポリエステル
(裏面:ポリウレタンコーティング)
インナー/ポリエステル
アウター / 150Dポリエステル
(防炎&UVカット加工済み)
フロア/210Dポリエステル
耐水圧 フライ/3000mm
フロアー/3000mm
アウター/3000mm
グランドシート/5000mm
フレーム メインポール/Φ19mmアルミ二ウム合金
リッジポール/Φ16mmアルミ二ウム合金
アルミニウム
UVカット 紫外線遮へい率90%以上 UPF50+

スペックを比較してみると、サイズはカマボコテント2の方が縦に70cmほど大きいです。

寝室のサイズはほぼ一緒。

スペックで比べてみるとカマボコテントのほうが良さそうに見えますが、実際に両方を使ってみると、

安定感と快適性は「キャタピラー2ルームシェルター6P」のほうが上
・ベンチレーションが多彩
・生地が厚く、ポールも太い

一方、カマボコテントの強みは、安さ・軽さだと感じます。(良い意味で)

両方とも使ってみた感想は、

機能と価格差を考えると「引き分け!」

どちらも良いテントです♪

設営・撤収方法と時間

設営・撤収の手順も他のトンネルテントより工夫されていて、自立させながら無理なく設営できるようになっています。

設営用のガイドベルトも縦横に走っているので安定感があります。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの設営ガイドベルト

説明書には「本製品の設営は必ず2人以上で行って下さい」と記載されています。手順的には1人でも設営できますが、2人で設営したほうが安全ですし、効率も良いです。

設営時間

我が家の場合は、家内と2人で設営して、シェルターを立ち上げるまでに30分。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pをフルクローズ

完全に設営が終わるまでに1時間かかりました。※ルーフシート・インナーテント・全てのガイロープを設置。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの横からのアングル

設営に必要なスペースは 7×5.5mほど

設営に必要なスペースを実際に測ってみたところ、キャノピーを立ち上げない状態で縦7m×横5.5mほど。一般的な8m×8mの区画に入ります。

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pの設営サイズ

設営方法
  • 本体を広げる
  • 前後・片側をペグダウン(仮止め)
  • メインポールを、1本づつ本体のスリーブに通して立ち上げていく
  • リッジポールをセット
  • ルーフシートを取り付ける
  • フック・ペグダウン・ガイロープ(張り縄)をする

といった手順。

実際の設営時間は30分から1時間といったところでしょうか。

設営動画(本体)

View this post on Instagram

キャタピラー2ルームシェルター設営動画です。説明書通りの設営方法になります。ポイントは幕体の一部をペグで仮止めする事で自立させながら無理なく設営ができます。 #タラスブルバ #tarasboulba #アウトドア #アウトドア用品 #アウトドアギア #アウトドアファッション #アウトドア好き #キャンプ #キャンプ好き #キャンプ好きな人と繋がりたい #アウトドア好きな人と繋がりたい #キャンプギア #キャンプ用品 #キャンプ初心者 #ファミリーキャンプ #ファミキャン #キャンプ道具 #camp #camping #outdoor #テント #2ルームテント

A post shared by タラスブルバ【公式】 (@taras_boulba_1976) on

設営動画(ルーフシート)

撤収方法

撤収は、設営手順の逆です。

撤収時間はちゃんと測定していないのですが、設営で1時間かかっていたので、撤収は30分ほどかと。

  1. インナーテントを片付けて
  2. ルーフシートを取り外す
  3. ガイローブのペグを抜く
  4. テント本体のポールを抜く
  5. テント本体のペグを抜く
    ※適宜、ガイロープ、フック、ペグを外す

特に手こずることもなく撤収できました。

注意点は、フックとガイロープを外してからポールを抜いていくこと。我が家もたまにやりますが、順番を間違うと、ポールを抜いた時に本体に無理な力がかかって破損させてしまう可能性があります。

さいごに

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は我が家が久しぶりに魅力的だと思ったテント♪

タラスブルバのキャタピラー2ルームシェルター6Pのキャノピーを作った写真

トンネル型のテントで家族で過ごしやすく、デザインも渋い!さらに作りもしっかりしているので文句なしです。

競合製品は、キャンパルジャパンのアポロン、ノルディスクのレイサ6が約16万円。入手困難なDODのカマボコテント2が約5.5万円。同じく大人気のハイランダーのエアートンネルルーミィが約7万円。

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は10万円ほど。ベンチレーションやキャノピーが豊富なことを考えると、かなりお値打ちな価格だと思います。

かなり人気が出るのではないでしょうか。

グランドシートもお忘れなく。

参考 トンネルテントのオススメ品を紹介している記事

2019年版 トンネルテントの「おすすめ12品」と「ファミリーキャンプ向けの選び方」「メリット・デメリット」をご紹介します。 実際に、...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
増税前レジャー応援セールicon開催中 ~9/30
最大2,000円OFFクーポンiconも配布中! ~9/16
最大92%OFFのセール商品iconもお見逃しなく!

スポーツオーソリティ
最大2,000円OFFオータムキャンペーンicon実施中 ~9/29
アウトドア応援 厳選大特価iconは要チェック★

crocs(クロックス)
秋冬商品が最大50%OFFBIG AUTMUMNicon開催中 ~9/19
今なら、期間限定で送料無料!
クロックスはセール品iconを狙うとお得にGetできます。
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconも活用すると良いです!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪