注目情報
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

タラスブルバのトンネルテント「キャタピラー2ルームシェルター6P」をレビュー

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」前方サイドから

2019年 タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」が販売されます。

トンネル型で家族で広々と過ごせるテント。デザインも渋くて、作りもしっかりしているので文句なしでオススメです。

実は、我が家が欲しいテント♪

実際にアウトドアデイジャパン東京2019で見てきたので、レビューをお届けします。

タラスブルバ キャタピラー2ルームシェルター6P カーキ

タラスブルバのトンネルテント「キャタピラー2ルームシェルター6P」は流行りのトンネル型の形状で、渋い色味が特徴的。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のカタログ

TARAS BOULBA 2019 CATALOG

実際に触ってみると、生地が厚く、ポールも太くて本数が多いため、かなり安心感があります。

価格と販売日

価格と販売日はこちら

  • 2019年6月出荷予定
  • ¥99,900 (8%税込¥107,892)

現在、スポーツオーソリティーの販売サイトだけで予約を受け付けています。

アウトドアデイジャパンでスタッフの方にお話を伺いしたところ、スポーツオーソリティでのみ取り扱う予定とのことでした。

タラスブルバとは?

タラスブルバは、スポーツオーソリティのプライベートアウトドアブランド。

1976年に日本初のアウトドアブランドとして誕生し、数年前からブランドを一新しアウトドア用品を展開するようになりました。2019年からキャンプ用品をリリースしています。

タラスブルバのブランドポリシー

TARAS BOULBA 2019 CATALOG

チルアウト
自然の知恵から生まれる、デザインや機能

グループキャンプ、ファミリーキャンプを愛するすべての人々へ。
「ナチュラル」「ビンテージ」をキーワードに、
自然と調和する素材と、色合いのギアを提案。
ゆったりとくつろげるキャンプ空間を演出します。

引用:TARAS BOULBA 2019 CATALOG

タラスブルバのキャンプ用品は、どれも渋くてお洒落なアイテムばかり。洗練されている印象です。

タラスブルバのキャンプ用品

特徴

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」の特徴を一言で表すと

流行りのトンネルテントで、渋い色味で洗練されたデザイン、機能面も文句なし

といった感じ☆

個人的に、かなり欲しいと思ったテントです。

我が家が使っている「カマボコテント2」もトンネル型のテントなのですが、ファミリーで過ごすのに広くて快適な居住スペースが確保できます。ただ、 カマボコテント2で気になっているのがテントの作り。価格が安く抑えられている分、少し物足りなさを感じます。その点、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は機能面も文句なし!予算が許すのであればかなりおすすめのテントです。

実際に見てきたので、詳細をご紹介していきます。

早速、見てきたのでレビュー!

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は、全体的に作りがしっかりしていて安心感があります。また、細部も作り込まれていて、使いやすそうです。

生地が厚い

生地に触れてみると厚さがあり、しっかりしています。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の生地

また色合いも濃いので遮光性が高いのも分かります。

仕様に「UVカット:紫外線遮へい率90%以上」と記載があるので、日差しをシッカリ遮ってくれることが分かります。

また耐水圧は3,000mmあるので、通常レベルの雨であれば問題がないスペックです。

生地はしっかりしているので心配なし

ポールがしっかりしている

ポールもしっかりしていて安心感がありました。

  • 太さがある
  • トンネルの4本+前後にリッジポールが2本
  • フライシートをフックで引っ掛ける仕組み

といった構造。

我が家の経験上、カマボコテント2の場合は、ボールが4本だけなので、強風にさらされた時に不安定感がありました。フライシートのスリーブにポールを通しているため、強風時にガイロープ(張り縄)が増やせずに、もどかしい思いをしたこともあります。

その点、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は、前後にリッジポール(写真の銀色ポール)が立つため、 そこにガイロープを通してペグダウンすることができます。 ポールも太くて安心感があります。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の側面後方

ポールの構造がしっかりしていて安心

ベンチレーションが多く、夏でも快適

テントにベンチレーションが多いのも特徴的です。

全ての側面がメッシュ、キャノピーとして機能する♪

サイドパネルは、メッシュにしたり、巻き上げることができます。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のサイドパネル

もちろん、キャノピーとして立ち上げることも可能。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の側面

インナーテントは前だけでなく、後ろも開けて出入り可能。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室

インナーテントの側面もベンチレーションが付いています。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室サイドペンチレーション

なんと!インナーテントのサイドもキャノピーで立ち上げることができるんです♪

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」の寝室サイドパネルをキャノピーで立ち上げる

後ろからの写真はこちら。リッジポールは中央部分からガイロープを張ることができます。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」後方から

また、テントの前方・後方の上部にはベンチレーションがついているため、テント内でストーブを使う時にも換気ができて便利です。※テント内での火器の使用は自己責任。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のリビングスペース上部のベンチレーション

テントの全側面をメッシュにしたり、キャノピーとして立ち上げることができる

これはかなり便利です♪

暑い時期には、沢山の風を取り込めます。

スカート付きで冬は温かい

全面にスカートも付いているてので、冬は温かく過ごすことができます。

また、上部にベンチレーションもあるため、ストーブを使用したときに換気がしやすいです。

冬も便利に使える

インナーテントは前方・後方に取付可能

インナーテントは後方だけでなく、前方にも取付けることができます。

通常は後方にインナーテントを吊り下げるのですが、 前方にもインナーテントを取り付けるためのフックが付属しています。

タラスブルバ「キャタピラー2ルームシェルター6P」のインナーテント吊り下げフックは前後にある

そのため、テントを張ってからインナーテントをどちらに付けるか決めることができます。臨機応変に対応できるのはありがたいポイントです。

インナーテントが別売りで販売されれば、 合計10人で寝ることもできますね。

ルーフシート付属、グランドシートは別売り

付属品については注意点があります。

ルーフシートは標準装備のため付属していますが、インナーテントの下に敷くグランドシートは別売りになっています。

スタッフの方に聞いたところ、シェルターとして使う方も多いことを想定しているため、グランドシートは別売りにしたとのことでした。

グランドシートはブルーシートなどで代用ができるため、標準装備せずに価格が安く抑えられているというのは嬉しいポイントです。

参考 グランドシートの代用品については別記事にしています。

テントのグランドシートは、必ずしも正規品を買う必要はありません。代用品ならお得ですし、選び方次第ではシートの防水性も良いです。グランドシートをお得に済ませたい方に代用品の選び方をご紹介します。

気なるポイント

唯一気になるポイントが「重量 26kg」

我が家の使っているカマボコテント2は16kg。 それと比べると1.5倍ぐらいの重さ。

とはいえ、作りがしっかりしていることから、これから我が家が選ぶとしたら、タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」を買います。

個人的に、強風時にある程度安心してテント内で過ごせるというのは、ファミリー用途だとかなり重要なポイントです。

カマボコテント2と比較

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」と、我が家の持っているカマボコテント2の仕様を比較してみます。

タラスブルバ
キャタピラー2ルームシェルター6P
DOD
カマボコテント2
組立
サイズ
575×300×195(h)cm 640cm×300cm×195(h)cm
インナー
サイズ
280(後260)×210×184(h)cm 280cm×220cm×190cm
収容可能
人数
大人4名 (※寝室スペース) 大人4名 (※寝室スペース)
収納
サイズ
72×44×42cm 68×32×32cm
重量 26.0kg 16.1kg
材質 フライ・フロア / ポリエステル
(裏面:ポリウレタンコーティング)
インナー/ポリエステル
アウター / 150Dポリエステル
(防炎&UVカット加工済み)
フロア/210Dポリエステル
耐水圧 フライ/3000mm
フロアー/3000mm
アウター/3000mm
グランドシート/5000mm
フレーム メインポール/Φ19mmアルミ二ウム合金
リッジポール/Φ16mmアルミ二ウム合金
アルミニウム
UVカット 紫外線遮へい率90%以上 UPF50+

スペックを比較してみると、サイズはカマボコテント2の方が縦に70cmほど大きいです。

寝室のサイズはほぼ一緒。

さいごに

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は我が家が久しぶりに欲しいと思ったテント♪

トンネル型のテントで家族で過ごしやすく、デザインも渋い!さらに作りもしっかりしているので文句なしです。

競合製品は、キャンパルジャパンのアポロン、ノルディスクのレイサ6が約16万円。入手困難なDODのカマボコテント2が約5.5万円。同じく大人気のハイランダーのエアートンネルルーミィが約7万円。

タラスブルバの「キャタピラー2ルームシェルター6P」は10万円ほど。ベンチレーションやキャノピーが豊富なことを考えると、かなり手が出しやすい価格だと思います。

2019年 かなり人気が出るのではないでしょうか。

グランドシートもお忘れなく。

参考 トンネルテントのオススメ品を紹介している記事

2019年版 トンネルテントの「おすすめ11品」と「ファミリーキャンプ向けの選び方」「メリット・デメリット」をご紹介します。 実際に、...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ 解説記事はこちら

ナチュラム
約500点のパタゴニア製品が送料無料・ポイント10%還元icon実施中!
最大92%OFFのセール商品iconもお見逃しなく!

L-Breath
在庫一掃売り尽くし実施中。
チャムスやキャンプの小物などが特価です。

crocs(クロックス)
最大50%OFFセール品iconがお買い得♪
※メルマガ登録ですぐ使える15%OFF&送料無料クーポンiconを活用すると良いです!

スポーツオーソリティ
アウトドア応援 厳選大特価icon 実施中
コールマン商品が数多く出品されているので、お見逃しなく☆

好日山荘
在庫限りのお買い得商品は30%~70%OFF♪

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪