注目情報
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品は要チェック&Getするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪

秋冬キャンプは毛布が活躍 ~ 実際に比較して分かる毛布選びの注意点

キャンプで使っている毛布

キャンプの防寒対策として毛布を持っていくと便利です。

マットや寝袋などの防寒対策が心配な時は、毛布で防寒対策を強化できます。

毛布ならそれぞれのご家庭にあるでしょうから、お金を出して買う必要もありません♪

といういことで、毛布の活用方法、選び方、我が家の使うオススメ品を紹介します。

参考 毛布以外にも秋冬キャンプの防寒対策に有効なアイテム

焚き火でも使いたいなら難燃素材のブランケットを羽織ると温かいですし、真冬のキャンプは電気毛布があると快適です。

我が家のキャンプのリアルな寒さ対策をまとめた記事はこちら

キャンプにおける、寒さ対策の考え方と、防寒グッズをご紹介します。 暖かい時期なら寒さ対策に頭を悩ませる必要はありませんが、秋から冬、そ...

毛布はキャンプの寝床で活躍する防寒アイテム

我が家は、冬キャンプに毛布を持っていきます。

キャンプで使っている毛布

マットや寝袋だけだと、防寒対策が不安な時に便利!

もちろん家にある毛布でOK

ここからは、キャンプで毛布を使う時のアレコレを紹介します。

  • 気温が何度ぐらいから毛布を持っていく?
  • 寝袋との合わせ技 3種
  • 夏に毛布だけで寝るのもあり?

気温が何度ぐらいから毛布を持っていく?

我が家の場合は、最低気温が15℃以下になるようなら毛布を持って行きます。

寝袋の上に毛布を掛けて使う

自分の持っている寝袋の快適温度より気温が下回る時に、毛布で防寒対策を補うと良いです。

※数千円の3シーズン用寝袋だと快適温度が15℃ぐらい。

毛布を持っていく気温は「寝袋の快適温度」が目安

寝袋の「快適温度」は人が快適に寝られる温度。ですが寝袋の表記基準があてにならなかったり、人それぞれ寒さの感じ方が違うので、そのあたりも考慮しながら毛布を持っていくと良いです。

また、防寒対策の安全策として毛布があって困ることはないので、我が家の場合は、不安な時には毛布をありったけ積んでいきます。

万が一、想定外に冷えた時に毛布があると安心

参考 我が家の場合は、最低気温が5℃以下になるとポータブル電源電気毛布を使います。

以前は、毛布で暖を取っていたのですが、電気毛布なら荷物が少なくなって楽チン。温度調整もできるので安心感が違います♪

キャンプで電気毛布をオススメする理由と、商品の選び方をご紹介。用途別にオススメ商品を整理しました。 電気毛布は消費電力が低いため、大容...

秋冬は寝袋と一緒に使って防寒対策 ~ 色々な使い方

毛布は使い方を工夫すれば温度調整ができます。

現地の気温に合わせて臨機応変に対応可能。もちろん合わせ技も有効。

ここからは、色々な使い方を紹介します。

寝袋の中に毛布を入れる

寒い時には寝袋の中に入れて寝ると温かいです♪

寝袋の中に毛布を入れて使う

ちょっと寝袋が窮屈になりますが、温かさは格別。

さらに、毛布の使い分けて防寒対策を工夫することもできます。

  • 寝袋の中で、毛布に上下包まれて寝る(上の写真)
  • 寝袋の中で、2つ折りにして下に敷く

マットの上・寝袋の下に敷いて使う

寝袋の中に毛布を入れると暑過ぎたり、狭いと感じるようなら、マットの上、寝袋の下に敷くこともできます。

寝袋の下に毛布を敷いて使う

マットの性能(防寒・クッション性)が物足りない時に、毛布で補完するのも良いですね。

一般的な毛布は140×200cmなので、縦に折って使うとサイズ的にちょうど良いです。

寝袋に掛けて使う

そこまで寒くない時には、寝袋の上からかけて寝ます。

寝袋の上に毛布を掛けて使う

寝袋の上に掛けて使えば、暑いと思ったらサッと毛布を外すことができるので温度調整が楽チン。

夏に毛布だけで寝るのもアリ?

夏に毛布だけで寝るのもアリだと思います。

…が、寝袋を開いて掛け布団として使ったほうが便利かと。

Snugpak(スナグパック) 寝袋 スリーパーエクスペディション スクエア ライトハンド を開いた状態(掛け布団)

さらに言うと、夏は寝汗をかくこともあるので、通気性・吸湿性の高いタオルケット・ガーゼケットが最適だと思います。

参考 今治のガーゼケットのレビュー記事はこちら

今治のガーゼケット(5重)を使ってみたので、我が家の口コミを紹介します。 ガーゼケットは夏に涼しく寝るには最適な寝具、サラリとしてた肌...

キャンプ用の毛布の選び方

毛布は基本的に自宅で使っているもので問題ないです。

ただ、キャンプ用に持っていくなら

持ち運びするので「軽くて温かいもの」

が理想的♪

キャンプ用の毛布の選び方
  • 温かい
  • 軽い
  • 静電気が起きにくい

マイクロファイバーの毛布は軽くて良いのですが、静電気がバチバチしてしまいそうで気になるところ。また、分厚い毛布だと温かいけどかさばって重い…。

といった感じで、一長一短。

車載の余裕や持ち運びしやすいかを考慮して「イイ感じ」の毛布を選んでください♪ 我が家の持っている毛布をいつくか比べてみたので参考にしてみてください。

毛布の種類を比較 ~ キャンプにオススメなのは?

我が家が使っている毛布を比較してみます。

毛布を比較

EMMEのマイクロファイバー毛布(左)と、EMMEのマイクロファイバー&ボア2枚合わせ毛布(中)、REINのシープボア毛布(右)を比較

マイクロファイバー毛布とシープボア毛布の比較

比較表

上記の毛布を一覧表にしました。毛布のサイズは全て140×200cm。

種別 重さ かさ ※ 素材 備考
マイクロ
ファイバー
&ボア
2枚合わせ毛布
(EMME)
1.3kg 70 ポリエステル100%
(表:フランネル
裏:シープボア)
とろける触り心地
シープボア毛布
(REIN)
1.3kg 90 ポリエステル100%
(シープボア)
バランス良好
マイクロ
ファイバー毛布
(EMME)
0.7kg 30 ポリエステル100%
(マイクロ
ファイバー)
扱いやすい
アクリル毛布 2.4kg 100 アクリル100% 温かいけど重い…
ポリエステル毛布 1.2kg 60 ポリエステル100% 手触りがイマイチ
タオル地の毛布 1.2kg 30 綿100% 防寒効果はイマイチ

※かさ … アクリル毛布を100とした時の毛布のボリューム(目測)。毛布は温かい空気を逃さないようにして防寒効果を高めるため「かさ」があるほど温かいといえます。

マイクロファイバー&ボア 2枚合わせ毛布 (ポリエステル100%)

マイクロファイバーとボアを片面づつ使って2枚合わせにした毛布は「触り心地の良さ」が抜群なのが特徴。

EMMEマイクロファイバー&シープボア2枚合わせ毛布

個人的には「とろけるような触り心地」に感動!

EMMEマイクロファイバー&シープボア2枚合わせ毛布の触り心地は極上のとろけるような柔らかさ

性質の違う毛布を合わせています。

  • マイクロファイバーの手触りの良さ
  • ボアの保温性の高さ

好みで表裏を使い分けることができます。個人的は一番お気に入りの毛布♪

参考 EMMEのマイクロファイバー&ボア2枚合わせ毛布のレビュー生地

EMMEのマイクロファイバー&ボア2枚合わせ毛布を使ってみたのでレビューします。 マイクロファイバー毛布とボア毛布を2枚合わせて作られ...

ボア毛布 (ポリエステル100%)

普通の毛布と違ってふかふかと手に馴染みます。(これから紹介する他の毛布と比較すると違いが良く分かります)

REINのボア毛布の触り心地

REINのボア毛布

ボア素材は「保温性が高く、軽くて、安い!」といったメリットがあります。

私の知る限り、キャンプで持ち運ぶことを考えるとバランスの良さは一番だと思います。買い替えや追加を検討しているなら、ぜひボア毛布を試してみてください。

参考 REINのシープボア毛布のレビュー記事

REIN(レイン)のシープボア毛布を使ってみたのでレビューします。 秋冬のキャンプでは、夜がかなり冷えるので防寒対策は必須。我が家も毛...

マイクロファイバーの毛布 (ポリエステル100%)

マイクロファイバーの毛布は、触り心地がきめ細やかで「なめらか」なのが特徴。

EMME マイクロファイバー毛布の触り心地(表面)

EMME マイクロファイバー毛布

また、軽くて扱いやすいのが最大の特徴。寒い時にブランケットとして羽織ったり、ひざ掛けとして使うのに便利です。

↓写真左がシープボア毛布、写真右がマイクロファイバー毛布

日の出鑑賞の時にイスに座って使えるEMME マイクロファイバー毛布 (前からのアングル)

参考 EMMEのマイクロファイバー毛布のレビュー記事

EMMEのマイクロファイバー毛布を使ってみたのでレビューします。 このマイクロファイバー毛布は「軽くて厚すぎないから扱いやすい」「触り...

厚手の毛布 (アクリル100%)

昔からよく使われている、実家にあるような花柄の厚手の毛布はアクリル100%の物が多いです。(家にある昔ながらの花柄の4枚は全てアクリル素材でした)

アクリル100%の毛布の触り心地 アクリル100%の毛布

重くてかさばるのが難点ですが、かさがあり質量もあるので防寒効果は一番! 重さ=質量があるので下に敷いた時に潰れにくいのも特徴です。

ただし、最初に紹介したボア毛布の約2倍の重さ。寝た時に重さを感じるのも好みが分かれます。

参考 奥義 フトンピングでも使われています(笑)

キャンプに布団を持って行くのはアリなのかナシなのか。 0℃まで気温が下がるキャンプ場で、布団で寝たらどうなるかご紹介します。 冬...

ポリエステル100%の毛布

我が家にあった しまむらのポリエステル100%の毛布。

しまむらの毛布(ポリエステル100%)の触り心地 しまむらの毛布(ポリエステル100%)

手触りがツルツルしていて安っぽいのが気になるところ。

かさ(ボリューム)もシープボア毛布に劣ります。

改めて比較してみると、安い毛布は長く使うなら手を出さないほうが良い気がしてきました。

タオル生地の毛布 (綿100%)

タオル生地の毛布は、吸湿性が高いので、子供が使うのに便利。

タオル生地の毛布 (綿100%)の触り心地 タオル生地の毛布 (綿100%)

我が家も子供用に使っていますが、他の毛布と比べてボリュームがイマイチなので、防寒対策としては力不足。

ただし、夏にシーツ代わりに敷いたり、掛け布団うとして使うのにバッチリです。秋口には寝袋と合わせて毛布として活躍してくれます。

もちろん、ニトリや無印の毛布でもOK

毛布は家でもキャンプでも使えるので、身近なニトリや無印の毛布などでも良いと思います。

ニトリのCMで見かける「Nウォーム」などの防寒加工がされた素材も温かそうですね。

ニトリ(NITORI)のNウォームブランケット&Nウォームモイスト

ニトリの実店舗で触ってみましたが、ニトリの毛布で一番触り心地が良かったのが「Nウォームモイスト」の毛布(画像右下)。ただ、EMMEのマイクロファイバー&ボア2枚合わせ毛布のほうが触り心地がふわふわして気持ち良いので個人的にはEMMEのほうが好み。

店舗で触って試してみてください。キャンプで使うなら「温かさ」と「軽さ」のバランスも気にして選ぶと良いです☆

▶ 毛布一覧 ニトリネット【公式】

毛布を持ち運ぶ工夫

毛布はかさばるので、持ち運ぶ時に工夫が必要です。

我が家の場合は、大きめのバックを使っていますが、布団圧縮袋なども活用すると良いと思います。

布団圧縮袋があるとコンパクトになる

毛布は基本的にかさばるので、車載に困る方は布団圧縮袋を活用するのも手です。

実際に圧縮してみると、半分とまではいかず70%ぐらいに圧縮できた感じ。※掃除機で吸うタイプではなく手動で潰す圧縮袋を使用

毛布を布団圧縮袋で圧縮

掃除機でペタペタにしなくても、体重をかけて圧縮するだけでだいぶ違います。

ちなみに、100均の安い布団圧縮袋だとすぐに破けてしまうので注意が必要。安い圧縮袋は数回使うと穴が空いて使い物にならなくなったり、チャックが閉じにくかったりするので値段相応。行きは良いけど、キャンプの帰りに圧縮できずに車載に苦労する。といった事態は避けたいので、ある程度しっかりしたものを選ぶと良いです。

Amazonの売れ筋ランキング(圧縮袋)を覗いてみると、最近は手動ポンプ付きの商品がランクインしています。コレならキャンプでも便利に使えそうです。

ただ、圧縮袋のデメリットは、圧縮すると小さくなるけど固くなること。毛布などの柔らかいものは、アイテムの隙間に詰めて車載するとトータルで効率よく車載できるようになったりもするので便利かどうかは人それぞれ。

布団圧縮袋は、小さくなるけど扱いづらくなる諸刃のアイテム

レジカゴリュックジャンボ

我が家が毛布を運ぶのに使っているのはレジカゴリュック(ジャンボ)

フェリシモのレジカゴリュック(ジャンボ)に冬用毛布を入れる

毛布がすっぽり入って、汚れや擦れを気にしなくて良いので便利。

我が家の場合、毛布や衣類の車載は

  • 曲げたり
  • 潰したり
  • 押し込んだり

して荷物の隙間に詰める事が多いです。そのため、最終的には「毛布をしっかりカバーできて、変形できるバック」を使うようになりました。

レジカゴリュックは、もともとエコバックとして買い物時に利用するアイテムですが、色々なものが詰め込めるのであると便利♪ ジャンボサイズはボストンバックと同程度のサイズなので、我が家では普段使いでも大活躍。

今なら1,000円OFF & 500円OFF(当サイト限定クーポン)

参考 フェリシモのレジカゴリュックのレビュー記事はこちら

フェリシモのレジカゴリュックは、買い物でレジへの袋詰めが時短できる商品。また大容量で機能性も高いバッグなので、かなり便利に使えます。 ...

さいごに

キャンプの防寒対策が不安な時には、毛布を持っていくと良いです。

我が家も冬キャンプではありったけの毛布を積んでいきます(笑)

キャンプで使っている毛布

我が家が使っているオススメの毛布

「とろける手触り♪」マイクロファイバー&シープボアの2枚合わせ毛布

EMMEのマイクロファイバー&ボア2枚合わせ毛布を使ってみたのでレビューします。 マイクロファイバー毛布とボア毛布を2枚合わせて作られ...

寝床の防寒対策ならシープボア毛布

REIN(レイン)のシープボア毛布を使ってみたのでレビューします。 秋冬のキャンプでは、夜がかなり冷えるので防寒対策は必須。我が家も毛...

寝床だけでなく、ひざ掛け、車内で使うならマイクロファイバー毛布が軽くて便利

EMMEのマイクロファイバー毛布を使ってみたのでレビューします。 このマイクロファイバー毛布は「軽くて厚すぎないから扱いやすい」「触り...
毛布を持ち運ぶのに便利なバック
フェリシモのレジカゴリュックは、買い物でレジへの袋詰めが時短できる商品。また大容量で機能性も高いバッグなので、かなり便利に使えます。 ...
キャンプの防寒対策に関する記事

我が家のキャンプのリアルな寒さ対策をまとめた記事はこちら

キャンプにおける、寒さ対策の考え方と、防寒グッズをご紹介します。 暖かい時期なら寒さ対策に頭を悩ませる必要はありませんが、秋から冬、そ...
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

ナチュラム
4/2からナチュラム祭が開催!icon
お得な目玉商品をGetするなら事前会員登録必須!半額クーポン抽選企画も実施中♪
あわせて、お得なセール商品iconもお見逃しなく。

Amazon
Amazonでの買い物は、Amazonチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事

フェリシモ
裏ボアパンツ MAX 30%OFF 実施中!icon
冬キャンプで家族全員が履く極暖パンツ♪ 綿98%で焚火も安心♪ →レビュー記事

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セールiconは要チェック!

アウトドア&フィッシング ナチュラム
Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪