BLUETTI SP120 120Wのソーラーパネルをレビュー | 4つ折りのコンパクト収納が魅力

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネル

BLUETTIの120Wソーラーパネル (SP120)を実際に使ったのでレビューします。

120Wは、大容量ポータブル電源(500Wh級)を約6時間で充電できる!

ポータブル電源によっては自宅でACアダプタで充電するより充電速度が速いです。

120Wのソーラーパネルの中でも、4つ折りでコンパクトになるのが強み

発電力も文句なし(11月下旬に実測91W)のソーラーパネルです。

※メーカー様から商品提供していただいています

ブルーティ(BLUETTI) 120W ソーラーパネル SP120

BLUETTIは、ポータブル電源やソーラーパネルを手掛ける会社。今回紹介するのはソーラーパネルとしてはコンパクトで実用的な120Wの商品。

特徴
120Wのソーラーパネルだと500Wh級のポータブル電源を6時間で充電可能!実用的な発電力。
仕様
  • 最大出力 : 120W
  • 開放電圧 : 23.7V
  • 最大出力動作電圧 : 19.8V
  • 短絡電流 : 6.66A
  • 最大出力動作電流 : 6.06A
  • 収納サイズ : 41.5×41cm
  • 展開サイズ : 169.5×41.5cm
  • 重量 : 約4.2kg
  • 保証 : 24ヶ月

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのスペック

ここからは、BLUETTIのソーラーパネルを実際に使ってみた使用感を交えながらレビューします。

コンパクトで扱いやすい120Wのソーラーパネル

BLUETTIの120Wソーラーパネルの魅力は「発電力」と「コンパクトさ」のバランスの良さ。

コンパクトで扱いやすい

同じ120W前後のソーラーパネル、Jackery SolarSaga100(100W)BALDER(120W)と比べるとBLUETTI SP120(120W)が一番コンパクトなことが分かります。

120Wほどのソーラーパネル3枚の収納サイズを比較

4つ折りなので厚みは多少ありますが、そこまで大差はないレベル。

120Wほどのソーラーパネル3枚の厚さを比較

BLUETTI 120W ソーラーパネル (SP120)は4つ折りで収納できる作り。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの折りたたみ手順

畳んだら下側をバックルで留めます。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのバックルを留める BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのバックル

発電力も実用的

120Wのソーラーパネルは発電力も実用的。100W近い発電ができるので、500Wh程のポータブル電源の場合は、専用のACコンセントで充電するより速かったりします。

実際にソーラー発電して検証

実際にBLUETTI SP120を使って充電してみました。

BLUETTI EB70を充電してみた

検証で使ったポータブル電源はBLUETTI EB70

冬の晴天(11月下旬)に検証。

冬の晴れ 120Wほどのソーラーパネル3枚を比較した日の空

冬の晴天で、最大 91W で充電できた

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネル 冬に91W発電

このペースで充電できると、500Whのポータブル電源を約6時間で充電できる計算。

容量 500Whのポータブル電源を約6時間で充電できる発電力!

他のソーラーパネルと比較

同じ条件(11月下旬の晴れ)に、発電力の近いソーラーパネルでBLUETTI EB70を充電して入力電力(W)を比較した結果がこちら。

BLUETTIの120Wソーラーパネルは、冬でも90Wで発電

BLUETTI SP120(120W)は90Wで発電。冬でもスペック値の75%で充電できています。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの発電力

BALDERソーラーパネル(120W)88Wで発電。

BALDER 120Wソーラーパネルの発電力

Jackery SolarSaga100(100W)39Wで発電。※パネルの破損・劣化の可能性が高いです。過去に62Wで充電できています。

Jackery SolarSaga100の発電力 冬

ポータブル電源によってはACコンセントの充電より速い

SP120の発電力(実測91W)は、ポータブル電源のACアダプターからの充電より速かったりします。

BLUETTI EB55の場合はACコンセントより、SP120で充電したほうが速い
  • ACアダプター … 75Wで充電
  • BLUETTI SP120 … 91Wで充電

また、Jackeryポータブル電源400の場合は最大で約69Wまでしかポータブル電源側で受け止められません(スペック値)。※SP120(19.8V)×Jackeryポータブル電源400(最大3.5A)

ポータブル電源によっては自宅で充電(ACアダプター)するより、SP120のソーラー経由のほうが速い

参考 ソーラーパネルの能力は大きいほうがよい

ソーラーパネルの実際の発電力は、スペック値の75%~85%と言われているので、実際は最大電力(W)で発電できません。また、日照条件が少し悪くなると発電力が下がるので、ソーラーパネルの発電力(スペック値)は余裕があったほうが良いです。

ソーラーパネルの作りについて

ソーラーパネルはETFEを採用。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのパネル

本体の質感は一般的なソーラーパネルと同じくナイロンのような生地。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの生地

付属の4つの脚で斜めに立てかけられるので、シッカリ太陽に向けて充電することができます。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの脚

足はマジックテープで折りたたみ可能。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの脚を立てる

防水性能は生活防水なので、水に濡れないように注意が必要です。ポケットは止水ジッパーが使われています。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのジッパー

充電ケーブルと端子

接続端子はソーラー発電で一般的に使われるMC4端子。

ただし、ポータブル電源はDC端子の場合が多いので、MC4からポータブル電源の端子に合わせたケーブルを準備する必要があります。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルの端子はMC4 BLUETTI SP120 120WソーラーパネルのMC4端子

BLUETTIのポータブル電源ならMC4ケーブルが付いている

同社のポータブル電源BLUETTI EB70、EB55であれば、MC4ケーブルに対応したケーブルが付属しています。今回はそれを使いました。

BLUETTI SP120 120W ソーラーパネルにMC4ケーブルが必要

他社製のポータブル電源に接続する場合は、MC4端子への接続ケーブルが必要です。

MC4からDC5521へ変換し、さらにDC変換アダプターを準備すれば、様々なポータブル電源に接続できるようになります。

充電ケーブルの長さ

SP120の充電ケーブルは3mあるので自由度が高いです。

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのケーブル長さ BLUETTI SP120 120Wソーラーパネルのケーブル長は3m

まとめ

BLUETTIのソーラーパネルは発電力と収納サイズのバランスが良いのが特徴。

120Wは、ポータブル電源(500Wh級)を約6時間で充電できる!

BLUETTI SP120 120Wソーラーパネル 冬に91W発電

ポータブル電源によっては自宅でACアダプタで充電するより充電速度が速いです。

収納サイズがコンパクトなのも扱いやすいポイントです。

他の120Wのソーラーパネルよりコンパクト

120Wほどのソーラーパネル3枚の収納サイズを比較

参考 さらに高い発電力を求めるならBLUETTI SP200(200W)がオススメ!

大容量のポータブル電源でも1日で充電可能 & 少し曇っていても発電してくれます。

BLUETTIの200Wソーラーパネル (SP200)を実際に使ったのでレビューします。 200Wは、大容量ポータブル電源(700Wh級)...

参考 検証で使ったポータブル電源「BLUETTI EB70」は安全・長寿命の次世代のバッテリーをいち早く採用しています。これから買うならオススメのポータブル電源。

BLUETTIのポータブル電源「EB70」を実際に使ってみたのでレビュー。 我が家はこれまで10個以上のポータブル電源を検証し、ソーラ...
お得なセール情報
お得な♪ セール情報!

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

ナチュラム
お得なセール商品iconはお見逃しなく。

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconは要チェック!

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪