注目情報

ナチュラム祭 春のBIGセール開催中!icon目玉商品は要チェックです!

本格薪ストーブ「BLISS」を先行レビュー! 二次燃焼・エアカーテンを搭載した至高の逸品

薪ストーブ BLISSでキャンプ

本格薪ストーブ「BLISS」を先行レビュー。

家庭用大型薪ストーブの性能・機構を持ちながら、屋外でも楽しめるよう小型化したFIREGRAPHIXの「BLISS」

一番の特徴は、これまでのキャンプ用の薪ストーブとは別次元の高い機能性

二次燃焼機構」と「エアカーテン」を搭載し「多彩な調理が可能」で「オーロラの炎」が見られるアウトドア用の薪ストーブはBLISSのみ
オーロラの炎

美しい炎は一見の価値があります。 動画でも紹介しているので是非ご覧ください。

薪ストーブ BLISSのオーロラの炎

多彩な調理

天板と燃焼炉の両方で調理できます。

薪ストーブ BLISSの天板と燃焼室で調理

家庭用の本格薪ストーブの機能を搭載しているため

  • ゆっくり揺らめく「オーロラの炎」が楽しめる
  • 調理が楽しめる大型の燃焼炉
  • 二次燃焼機構 (燃焼効率が良い、煙がクリーン)
  • 大型ガラス窓はエアカーテンで曇りにくい

といった点がこれまでのキャンプ用薪ストーブとの大きな違い。

特に「オーロラの炎」は目を奪われる美しさ

動画で紹介しているので、それだけでも見ていってください。

ということで、薪ストーブ FIREGRAPHIXの「BLISS」をいち早く使わせていただいたので、その魅力を紹介します。

メーカー様から商品提供していただいています

FIREGRAPHIX 「BLISS」

創業53年の歴史を誇る板金・塗装会社の(株)寿産業が立ち上げたブランド「FIREGRAPHIX」が手掛ける、ポータブル薪ストーブ「BLISS」

薪ストーブ BLISS 斜めから

2020年の10月にMakuakeで先行予約を受け付け中。12月11日まで割引価格で購入可能

特徴
家庭用大型薪ストーブの性能・機構を実現したまま、屋外でも楽しめるように小型化したストーブ
  • 2次燃焼機能 (クリーンな排気、高燃焼効率、煙突から火花が出ない)
  • ガラスクリーン機能(エアカーテン)搭載で窓ガラスが汚れにくい
  • オーロラの炎
  • 大きな燃焼室 (35cmの薪3本平置き可、12inchピザ可) 天板 40cmx38㎝
本体仕様
  • サイズ 縦318.5×横419×奥行382 mm (煙突受装着時 奥行512 mm)
  • 煙突サイズ Φ106
  • 重量 本体 17kg
  • ガラス面(34cm x 18cm)、耐熱ガラス
  • 主材料 鉄1.2㎜ 耐熱塗装
オプション品 (2020年11月時点)
  • オーバーレイチムニー … 5連煙突
  • 延長煙突
  • スタンド2種 (設置用 & 持ち運び用)

オプション品も続々開発中で、キャンプ用に必要な煙突ガードや煙突TOP(雨除け)も試作中。

BLISS最大の魅力は「オーロラの炎」

BLISSの最大の魅力はオーロラの炎が見られること。

オーロラの炎は、炎が燃焼室の上部に広がりそれがオーロラのようにゆっくり揺らめいて見える状態。

幻想的な「オーロラの炎」は必見

ということで、まずは動画をご覧ください。

FIREGRAPHIX「BLISS」のオーロラの炎

眺めていて飽きない美しさ。

このオーロラの炎が楽しめるのがBLISSの最大の魅力です。

BLISSの真骨頂は「オーロラの炎」

他のアウトドアストーブでは見られない光景です。

多彩な調理ができる

BLISSのもう一つの特徴は調理の幅が広いこと。

大型の燃焼炉だから、オーブン調理ができたり、 天板で調理可能

ダッチオーブン(8インチ)、スキレット(8インチ)、セラミックポット、ピザ焼き、などが楽しめます。

薪ストーブ BLISSで作った料理

BLISSで、実際に試してみた調理方法を簡単に紹介します。

ピザ

オーブン調理の醍醐味といえばピザ焼き。

薪ストーブ BLISSでピザ焼き

BLISSのオプションのゴトクの上に、ピザストーンをのせてその上でピザが焼けます。
火加減は熾火または炭火で。今回使ったのはデロンギのスクエア型のピザストーン。BLISSのゴトクにちょうど良いサイズ感。

薪ストーブ BLISSでピザ焼き中

数分でピザが焼き上がりました。

薪ストーブ BLISSで焼いたピザ

ピザストーンがピザの底の水分を吸ってくれるのでパリッと仕上がります。

薪ストーブ BLISSで焼いたピザの裏はこんがり

生地がパリッと、チーズがふんわり伸びて美味。

薪ストーブ BLISSで焼いたピザのチーズ

これまで食べてきたピザとは比べ物にならない逸品。

セラミックポット

セラミックポットで煮込みハンバーグ。

薪ストーブ BLISSで煮込みハンバーグ

BLISSのオプションのゴトクの上にピザストーンをのせて、直火に当たらないようにしてセラミックポットを投入。

薪ストーブ BLISSでセラミックポットで調理

グツグツ煮込んで味が染み込んだハンバーグが完成。

薪ストーブ BLISSで作った煮込みハンバーグ

絶品です。

スキレット

スキレットで調理したのは真鯛のアヒージョと豚ブロック肉と野菜のグリル。

薪ストーブ BLISSでスキレット調理

BLISSのオプションのゴトクの上に、スキレットを直接乗せてしばらく待つだけ。

薪ストーブ BLISSで作った真鯛のアヒージョ 薪ストーブ BLISSで作った豚肉と野菜の炒めもの

熾火でじっくりと熱を伝えて焼き上げたので、 柔らかい仕上がり。

炎が上がっている時には、焦げないようにフタをすると良いですね。

ダッチオーブン

冬は冷えるので体が温まるものを。ということでダッチオーブンでシチューを作ってみました。

約8インチ(19cm)のダッチオーブンがスッポリと入ります。

薪ストーブ BLISSでダッチオーブン調理

BLISSのオプションのゴトクの上に、ダッチオーブンをのせてしばらく待つだけ。

薪ストーブ BLISSで吹きこぼれ

吹きこぼれたので天板に退避します。

薪ストーブ BLISSでシチュー

天板でコトコト火を通し続けて、ルーを入れて完成。

薪ストーブ BLISSで作ったシチュー

天板でジックリ調理できる

BLISSの天板も調理に使えます。

天板の温度は約180度から300度ぐらいなので、ガンガン強火調理というわけにはいかないのですが、鍋を保温したり、お湯を沸かしたりするのに便利。

今回の調理では、燃焼室で火を通して、天板で弱火や保温調理しました。

薪ストーブ BLISSの天板で料理を保温

以下の使い方が向いています。

  • コトコト煮込んだり
  • 弱火でジックリ火を通したり
  • お湯を沸かしたり
  • マグカップを温め直したり
  • 湯たんぽを温めたり

コーヒーを温め直すのに便利です。

薪ストーブ BLISSの天板で飲み物を温める

二次燃焼機構

BLISSがこれまでのキャンプ用の薪ストーブと違うのは、二次燃焼を実現している点。

BLISSの二次燃焼機構

薪ストーブ BLISS の内部構造

一度薪から燃えて出た煙やガスを燃焼室内で再度燃焼させる仕組みがあり、燃料を効果的に燃やすことができます。

二次燃焼のメリット
  • 燃焼効率が良い
  • 排気がクリーン
  • 煙突から火の粉が飛ばない

焚き火や、キャンプでよく使われる薪ストーブは一次燃焼のみ。一次燃焼は煙が上がるのが特徴。二次燃焼は、その煙まで燃やして完全燃焼に近い状態にすることができます。

二次燃焼構造だから「エコ」で「クリーン」

ここからは、実際にキャンプで使った様子を交えながら二次燃焼のメリットを掘り下げてお伝えします。

煙突から火の粉が出ない

BLISSは、二次燃焼させるため煙突から火の粉が出る心配がありません。

薪ストーブ BLISSとテント

実際に我が家が8時間ほどテントに近づけて薪ストーブを使いましたが、テントに穴は空いていませんでした。

メーカーさんの話によると、火の粉が出るケースは、紙やオガ屑などを燃やした場合や、煙突にタールや煤などが溜まって引火した場合とのこと。

内部の構造を見ても、燃焼室から煙突に向かう直線経路がないため、薪が爆ぜても煙突から火の粉が飛び出しにくいように思います。

BLISS用の煙突トップも開発中

BLISS用の煙突TOP(雨除け)を試作中なので、スパークアレスターが無いと心配という方には、それがスパークアレスターの代わりにもなるとのことでした。

※[裏話] 実はBLISSを製造している寿産業は有名メーカーの煙突TOPを製造していたりします。

一次燃焼ストーブは火の粉対策が必要だった

これまでの一次燃焼の薪ストーブは煙突から出る火の粉対策が必要になります。

煙突を高くしたり、スパークアレスターを取り付けて対策するのですが、スパークアレスターの網目が粗いと火の粉が飛び出したり、逆に網目が細かいと煙突が詰まってしまったり調整が難しいようです。

クリーンな排気

BLISSで二次燃焼ができていると、煙突から出る煙が白色や透明になります。

焚き火など一次燃焼の状態だと黒煙や灰色の煙が上がるらしいのですが、二次燃焼しているとその煙をさらに燃やすことができるので綺麗な排気を実現。

まだ私のスキルだと一次燃焼と二次燃焼の見分けがつかないのですが、メーカーさんにBLISSを使ってみた時の動画を確認してもらったら二次燃焼しているとのことでした。

FIREGRAPHIX「BLISS」で二次燃焼させている様子
二次燃焼していることの確認方法

二次燃焼できていることの確認方法をメーカーさんにお伺いしたところ以下の回答をいただきました。

  • 煙突から黒またはグレーの煙が出ていない
  • 煙突から出ている煙の臭いがほとんどない

上記の状態であれば二次燃焼しているとのことでした。

二次燃焼した排気は、一次燃焼と比べて90%もクリーンになる

煙の中に含まれる微粒子、一酸化炭素、タールなどの不純物(汚染物質)が二次燃焼によ
り90%ほど削減されるというデータがあります。

薪1kg を燃やした時の汚染物質排出量を二次燃焼薪ストーブ(クリーンバーン)と燃焼効率の良くない薪ストーブ(一次燃焼)で比較したデータ。

クリーンバーン 燃焼効率の良くないストーブ
一酸化炭素 5g/kg 180g/kg
微粒子 2g/kg 30g/kg
タール 2g/kg 30g/kg

参考 郡上市 薪ストーブ普及・推進協議会 森林資源の有効活用と地域の活性化を図る薪ストーブの普及・推進に関する検討報告書(PDF)より

燃焼効率が良い ~ 1本の薪で最大1時間

BLISSは燃焼効率が良いのも強み。

薪を二次燃焼させるため、煙まで燃料にして、完全燃焼に近い状態まで薪を活用できます。

1本の薪で約40分から50分、うまく炊けば1時間もつ  ※メーカーさんの情報

実際に我が家が8時間ほど薪ストーブを使った時の薪の消費量が14本。35cmの広葉樹の薪を16本持っていって2本持ち帰り。

薪ストーブ BLISS で使う薪の量

ただ、ずっと二次燃焼させていたわけではなく、熾火で調理したりしていたので参考程度にしてください。

ガラスクリーン機能(エアカーテン)搭載

BLISSはエアカーテンによりガラス窓をクリアな状態に保てます。

このエアーカーテンも、他のアウトドア薪ストーブとは違うBLISSの強み

薪ストーブ BLISSのエアカーテン

エアーカーテンにより窓ガラスが曇りにくい

燃焼室の空気の流れをコントロールして、窓ガラスにエアカーテンを作ることで、ガラス
窓が曇ったり、煤で汚れにくい構造を実現。

薪ストーブ BLISS の内部構造

メーカーさんが展示会で一晩使った時のレポートを上げてくれています。

先日 朝霧で行われたイベントで1晩BLISSをつけっぱなしで朝まで置いておきました。朝起きてみると窓がピカピカ、煤がほとんどついていません。

薪ストーブ BLISSは窓が曇りにくい

エアーカーテンにより、窓ガラスをクリアな状態が保てる
上手に使わないとガラス窓が曇る

ちなみに、我が家が薪を燃やした時も窓はほとんど曇りませんでした。右下・左下の部分にほんの少し煤が付く程度。

ただ、使い方によっては汚れます。

薪ストーブ初心者の我が家の場合、熾火で調理したときに吹きこぼれがあったり、オーロラの炎を見るために空気を絞りすぎて煙だらけにしてしまったり(笑)といった失敗をして汚してしまいました。

せっかくのエアカーテンも扱い方次第ですね。

薪ストーブ BLISSで吹きこぼれで汚れた窓

上記の煤汚れは、ダッチオーブンで吹きこぼしてしまったのが原因。

薪ストーブ BLISSで吹きこぼれ

調理したり、燃焼状態が良くないとガラス窓が曇る

横型のビックサイズで使いやすい

BLISSの燃焼室は大きく作られています。

薪ストーブ BLISSに35cmの薪が入る

  • 35㎝の薪が平置きで3本入る
  • 12inch(約30cm)ピザがまるごと入る
  • 8インチ(約20cm)のダッチオーブンやスキレットが入ります

薪ストーブ BLISSの大型燃焼室

また、天板も40㎝ x 38cmの広さがあるので、大きな湯たんぽなどを温めるのに便利。マルカの湯たんぽ(大サイズ 3.5L)が余裕で乗ります。

薪ストーブ BLISSの天板で湯たんぽを温める

調理器具もたくさん乗ります。

薪ストーブ BLISSの天板の広さ

4口のコンロとオーブンがある感じなので、4人家族の食事を作るのに十分なサイズ。

天板が広いからストレスがなく調理&保温ができる

収納効率が良い ~ 延長煙突3本まで収まる

BLISSは本体のダンボールに延長煙突3本を追加して収まります。

薪ストーブ BLISSの収納効率

ちょうどこれでギリギリぐらい。

薪ストーブ BLISSのオプション品を本体に収納

本体のダンボールに収納できます。

薪ストーブ BLISSを持ち運ぶ

延長煙突を3本継ぐと高さ3mぐらいになるので、人が立って歩けるほどのテントであれば、テントの上に1mほど煙突を伸ばすことができます。

薪ストーブ BLISSとテント

標準の煙突(5本継ぎ)だと2mほどの高さ。※人物の身長175cm

薪ストーブ BLISSの煙突の高さ

唯一のデメリットは重量

BLISSの唯一のデメリットは重さ。

延長煙突3本を含めて収納すると重さは約25kg。

BLISS関連の重量
合計 24.89kg
本体セット 17kg
ポータブルスタンド 6kg
オーバーレイチムニー(煙突) 1.2kg
延長煙突 230g × 3本 690g

個人的には、ギックリ腰経験者なので慎重を要する重量。

ということで、ダンボールを2つに分けて、本体のみと、それ以外のオプション品という収納方法にしています。そうすると17kgと8kgほどに分割できます。

他のストーブの重量比較

他のストーブの重量をザッと調べてみても、BLISS本体セット17kgは重いほうです。

※オプション品の有無などの細かいところまで調べていませんので参考程度に。

BLISSはアウトドア薪ストーブの中では重い方ですが、機能と持ち運びやすさのどちらを優先するかですね。

参考 オーロラの炎が見られるアウトドア用薪ストーブはBLISSだけ

FIREGRAPHIX「BLISS」のオーロラの炎

シンプルで上品なデザイン

BLISSはシンプルで上品なデザインが特徴的。

無駄な装飾がなく加工も綺麗。

薪ストーブ BLISS 斜めから

個人的には文句なしのデザイン。

キャンプだけでなく自宅用の薪ストーブとしても映えるデザイン。高級感があるのでグランピング施設に設置してあっても似合いますね。

薪ストーブ BLISSをテントに半分入れる

ドアレバーも、シンプルで手馴染みの良い上品なシルエット。

薪ストーブ BLISSのハンドル

正面の空気調整レバーも、シンプルで無駄のないデザイン。

薪ストーブ BLISSの空気調整

薪ストーブ BLISSの背面

組立て・使い方

組み立て方と使い方もシンプル。たった4ステップ!

薪ストーブ BLISSの組み立て方

詳細な組み立て手順は、公式YouTubeで紹介されているので参考にしてください。

— How to BLISS – FIREGRAPHIX製薪ストーブ『BLISS』の使い方

初回使用時は焼付け作業が必要

初回は、本体の塗料や防腐剤の焼き付けが必要です。

我が家が初めて火入れをした時には、本体から煙や匂いが出なくなるまで2時間ぐらいかかりました。ひどい悪臭ではないのですが、独特な匂いが漂うので、テント内で火入れする時はパネルを開放して換気すると良いと思います。

FIREGRAPHIX「BLISS」の初回 焼付けの様子

BLISSのオプション品

BLISSは、今後さらなるオプション品が販売される予定です。

今後の製品化予定
  • ゴトク (試作品を調理で使用させていただきました)
  • 煙突ガード
  • 煙突トップ(雨よけ)
  • サイドテーブル
  • BLISS用バッグ
  • シャベル
  • トング

といった感じで続々と便利なオプション品が開発されています。

ちなみに、BLISSを手掛ける寿産業は「オーダーメイド・オリジナル商品開発」も手掛けているので、自分の欲しいアイテムをBLISS用に作ってもらうこともできます。

BLISSのオプション品も続々開発中。
既製品の薪ストーブという枠にとどまらず、自分好みのオプション品をメーカーにオーダー可能

無限の楽しみ方ができるアイテムです。

日本メーカーの保証で安心

BLISSは日本メーカーが製造・販売・サポートしているのでサポートは万全。

FIREGRAPHIX 製品には保証書はありません。しかしメーカーが自社の製品の品質に責任を持つのは当然であると考えています。

ご購入いただいた製品に不備または損傷がある場合は、お手数ですがまずマクアケメッセージにてご連絡ください。

製造上の欠陥が原因の場合は、無料で修理または交換させていただきます。
その他の場合には適正な価格で修理させていただきます。

(株)寿産業は、創業53年の歴史を誇る板金・塗装会社。

BLISS自体を生産しているため技術力は文句なし。心強いサポートです。

まとめ

本格薪ストーブ「BLISS」を先行レビューさせていただきました。

家庭用大型薪ストーブの性能・機構を持ちながら、屋外でも楽しめるよう小型化したFIREGRAPHIXの「BLISS」
二次燃焼機構」と「エアカーテン」を搭載し「多彩な調理が可能」で「オーロラの炎」が見られるアウトドア用の薪ストーブはBLISSのみ
  • ゆっくり揺らめく「オーロラの炎」が楽しめる
  • 調理が楽しめる大型の燃焼炉
  • 二次燃焼機構(燃焼効率が良い、煙がクリーン)
  • 大型ガラス窓はエアカーテンで曇りにくい

正直、お値段はそこそこしますが、暖房用途がメインのアウトドア薪ストーブと比べると圧倒的な機能差があり、楽しみ方が何倍も違ってきます。

オーロラの炎
FIREGRAPHIX「BLISS」のオーロラの炎
多彩な調理

天板と燃焼炉の両方で調理可能。

薪ストーブ BLISSの天板と燃焼室で調理

BLISSがあればワンランク上の冬キャンプが楽しめます。