注目情報

冬キャンプの焚火で大活躍の裏ボアパンツが最大30%OFF最終セール中!icon
我が家の全員が愛用しています♪ →レビュー記事

AllAboutOutdoorsのコットン100%のオーダー品がついに到着♪

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム2

AllAboutOutdoorsのコットン100%オーダータープをレビューします。

世界に1枚だけのオーダータープがついに到着♪
久しぶりにテンションがブチ上がったアイテム☆

テントとの色合わせや、実際にオーダーした時のイメージとどう違ったか? コットン100%の使い勝手はどうか? などを紹介します。

メーカー様から商品提供していただいています

参考 オリジナルタープをオーダーした際の体験談と注意点はこちら

AllAboutOutdoorsのコットン100%のタープをオーダーさせていただきました♪ 世界に1枚だけのオーダータープは存在感バッチリ...

AllAboutOutdoorsのコットン100%オーダータープ

今回、タープのオーダーをさせていただいたのは2020年8月にサービスを開始したAllAbouOutdoors。

コットン100%のオリジナルタープをオーダーできる「AllAbouOutdoors」

12月初旬に再販決定!現在、無料の生地見本を受付中♪
コットンタープがオーダーできる

第一弾はコットン100%のタープをオーダーできるサービス!

  • 16色の生地
  • 7種類のタープ(サイズ・色数)

から好みの組み合わせが選べます。なんと全部で157,184通り!

コットン100%のタープ

キャンプで使われるコットンのタープと言えば綿と化繊を混紡したポリコットン(T/C)のタープが主流。コットン100%は珍しいです。

コットンは火の粉で穴が空きにくいということから、雨の日にタープ下で焚火するために使われています。

コットンタープの特徴(一般論)
コットンタープの最大の魅力は、雨の日に焚き火が楽しめること♪
メリット
  • 遮光性
  • 通気性
  • 難燃性(火の粉で穴が空きにくい)
  • 乾燥機が使える(多少縮むとのこと)
デメリット
  • 重い、雨に濡れると重くなる
  • 変色・色落ち
  • 強い雨で雨漏りする? (撥水加工なし、シーム加工なし)

ここからは、実際に我が家が使ってみたレポートを紹介します。

我が家に到着!「重量はあるけどオシャレ」

到着した第一印象は「確かに重さはある」でした(笑)

サイズは 600×420cm の一番大きいサイズ。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの収納サイズ

実際に重量を測ってみると6.1kg。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの重量

生地が鮮やかで素敵な仕上がり♪

AllAboutOutdoorsのオーダータープの附属品

設営する前からオシャレな感じが伝わってきます。

AllAboutOutdoorsのオーダータープが到着

ステッカーも付けていただいたようです♪

アンティーク調の自在(ステンレス製)の雰囲気があったり、

AllAboutOutdoorsのオーダータープの自在金具

収納袋やガイロープもコットン素材で統一されています。

AllAboutOutdoorsのオーダータープのガイローブ

キャンプで実際に張ってみた

早速キャンプで張ってみました。

期待していた通りオーダータープの存在感は抜群♪

既製品では味わえない自己満足感があります(笑)

自分で選んだ色でサイトを飾れるからテンションが上がる!

カマボコテントとの組み合わせ

カマボコテントと組み合わせてみるとこんな感じ♪

AllAboutOutdoorsのオーダータープとカマボコテント 横

今回はテントの横に並べてタープを張ってみました。

AllAboutOutdoorsのオーダータープとカマボコテント 縦

今回はオーソドックスに中央を高くしました。

オーダーしたタープは大型テントに合わせて三色の大柄を選んでいます。ミニチュアを使って色合わせした時には、大きなテントには大柄のほうが合うと感じていましたが、実際に並べてみるとイメージ通り。

テント・タープのミニュチュア

ミニチュアを作ってシミュレーションをしていたおかげでイメージ通り♪

参考 オリジナルタープをオーダーした際の体験談と注意点はこちら

AllAboutOutdoorsのコットン100%のタープをオーダーさせていただきました♪ 世界に1枚だけのオーダータープは存在感バッチリ...

アメニティドームとの組み合わせ

次は、アメニティドームとの組み合わせ。

アメニティドームはスノーピークのよく見るカラーですがオーダータープの存在感があれば雰囲気がまったく違ってくるはず!

と予想していましたが実際のところは?

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム 3

エントリーモデルのテントとは思えないほどイイ感じ♪

見る方向によって違う表情を魅せてくれます。

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム2

キャンプ場でよく見かけるスノーピーク色ですが、タープでアクセントをつけるだけで全くの別物になりますね。

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム 色合わせ

アメニティドームのインナーテントと合わせ

夏場に便利なアメニティドームのインナーテントとタープの組み合わせも試してみました。

インナーテントが濡れないように丸々タープの下に収めています。

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム

広さもバッチリ♪

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム 広さ

設営撤収の感想

設営撤収は化繊のタープより手間がかかります。

  • 汚れを付けないように気を使う
  • 重量があるから1人では厳しい
汚れを付けないように気を使う

設営撤収の手順は普通のタープと変わりませんが、 コットン100%なので地面に擦ったら汚れがつくだろうということで、シートを広げてその上で設営しました。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの設営方法1

それでも少し汚れてしまいました★

AllAboutOutdoorsのオーダータープの汚れ

使っていると多少の汚れは気にならなくなるでしょうし、白なので漂白すれば良いかな。

重量があるから1人で設営は厳しい

タープの重量があるので2人で設営しました。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの設営方法2

一人がポールを持って、もう一人がペグダウン&生地をさばきながら設営しています。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの設営方法3

タープが地面につかないように生地を折った状態にして設営。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの設営方法4

立てるだけなら1人でできそうですが、汚さないように地面につけずに設営するのは至難の業。※タープと同じサイズのシート持っていけばイケるかな?

メインポールは直径3.2cmの太いアルミポールを使っています。

タープのポールの太さ

参考 メインポールは太いものを!

600×420cmのタープは特大サイズなので、個人的には直径が3cmほどあるポールが必須だと思います。

AllAboutOutdoorsの生地や縫製について

AllAboutOutdoorsのタープの細かい作りについてレビューします。

生地の質感

生地はコットン100%。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの生地

化学繊維のツルツル・シャキシャキした質感とは全く違い、優しくぬくもりのある質感です。

織ムラも多少あります。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの織りムラ

生地は多少伸縮性があります。2日間メインポールを立てて両端から引っ張っていたのですが、力が強くかかった部分(ピンク色の中央のハトメ位置)が少し伸びているのが分かります。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの生地の伸び

大きいサイズでかなり強い力で引っ張っていたせいかと思います。対策としては、2本のメインポールで自立させるのではなく複数のポールに力を分散させて設営すべきでしたね。

縫製や作り

縫製もしっかりしています。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの縫製

タープの力がかかる部分は当て布で補強されていて、ガイロープを受ける箇所はハトメが付いています。

サイズ選びについて

今回オーダーする時に気になっていたのがサイズ。

AllAboutOutdoorsで注文できる一番大型のタープ(600×420cm)を選んでいます。

AllAboutOutdoorsのオーダータープとカマボコテント 横

一番大きなサイズを選んだ理由
  • タープは大きい方が快適
  • ドーム型テントを丸ごとタープ下に入れたい
  • そしてタープの下で焚き火をしたい

といった思いがあったのですが、コットン100%なので生地の重さと、雨を含んでさらに重くなることを考えると一番大きいサイズで良かったのか気になっていました。

実際に使ってみて

実際にコットン100%のタープを使ってみると、晴れていて風が弱ければ問題ありません。

大きいタープなのでリビングスペースの快適さはバッチリ

ただ、重量があるので雨や風には普段より注意が必要。

AllAboutOutdoorsのオーダータープのたるみ

雨や風が降ったら無理せずに畳んだほうが良さそう

色について

色についてはイメージ通り。サンプル生地でミニチュアを作ってシミュレーションしておいたのがかなり良かったです。

オーダータープ(AllAboutOutdoors)の色を検討 白か生成りか

最後まで「白」と「生成り」で迷っていたのですが、オーダータープ・オリジナルタープという強みを考えると、やはり白で良かったと思います。

AllAboutOutdoorsのオーダータープの白色

テントは流行り廃りで色が変わるので、タープ単体で映える色を選びました。

遮光性は良さそう

コットンタープの強みは遮光性。

色によりますが、化繊のタープと比べると日差しを遮る力は強いと感じました。

AllAboutOutdoors オーダータープの遮光性

秋だから日陰になって寒かった(笑)

時期が秋なので検証にならず、夏など暑い時期に試したら追記します。

AllAboutOutdoors オーダータープの生地の遮光性

雨の日&焚火での使い勝手

まだ、雨の日には設営していません。

晴れた日にタープを設営した感じだと、雨の日に使うなら欲張らずに小さいサイズのほうが良さそうです。

雨の日の焚き火用なら小さ目のサイズが便利

雨の日の焚き火用にという思いがあったのですが、このサイズで水を含むと厳しそうな印象でした。※雨に恵まれたらレビューします☆

気になるポイント
  • 水を含んで重くなる
  • 防水加工がされていない
  • 地面に擦ると汚れる

火の粉で穴が空きにくいというのは魅力を感じますが、一番大きなサイズを選んだこともあり重さが気になるところです。

さいごに

AllAboutOutdoorsののコットン100%のオーダータープを実際に使ってみると、市販品では得られない満足感があります。

久しぶりにテンションがブチ上がったアイテム☆

AllAboutOutdoorsのオーダータープとアメニティドーム2

誰とも被りませんし、よく見るテントでも
オリジナルタープがあるだけで、サイトが一気に映える!

見映えを意識するのであれば、珍しいテントやタープを選ぶのではなくオーダーするという選択肢もアリですね。

アウトドアブランドの既製品と比べると、割高で癖がありますが、サイトの中で一番存在感があるのがタープ。そのためイメチェン効果は抜群ですし得られる満足感も格別♪

おしゃれなキャンプを目指す方や、人と違ったオリジナリティを楽しみたい方にオススメ☆

12月初旬に再販決定!現在、無料の生地見本を受付中♪
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

フェリシモ
冬キャンプの焚火で大活躍の裏ボアパンツが最大30%OFF最終セール中!icon
我が家の全員が愛用しています♪ →レビュー記事

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

ナチュラム
お得なセール商品iconもお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪