カマボコテント販売ラッシュ!
カマボコテント2 ナチュラム別注カラー 在庫あり!
ベージュ×ダークブラウン(150D)icon
カーキ×ブラック(75D)icon
[参考]カマボコテント2のレビュー記事
カマボコテント ミニ ナチュラム別注カラー 在庫あり!
カマボコテントミニ (ベージュ×ダークブラウン)icon
[参考]カマボコテントミニのレビュー記事
カマボコテント クエ 7/24(水) 昼12:30~ 販売開始!(限定500)
カマボコテント クエの販売ページ
[参考]カマボコテントKUE(クエ)のレビュー記事

Airbibo(パチノックス)を追加で2つ購入!とにかく便利

Airbibo アウトドアチェア

2017年の春頃に使い始めたAirbibo(エアビボ)のアウトドアチェア。

1年近く使ってみましたが、かなり使いやすいです。

先日、我が家で2つ追加購入♪

1年ほど座ってきたので、使い心地や劣化の具合をご紹介します。

Airbiboのアウトドアチェア コンパクトとは

Airbiboのアウトドアチェアは、いわゆる「パチノックス」

※パチノックス … ヘリノックスのチェアを模造した商品。今や、大手のアウトドアメーカーもパチノックスを作っています。

2017年の春に商品提供を頂いたため、Airbiboアウトドアチェアのレビュー記事を書きました。

ヘリノックスノチェアに2年ほど前に座って、それ以来ご無沙汰だったヘリノックス風チェア。 実際に使ってみると、その便利さに驚きました。 ...

その後、使い続けていますが、やはり便利です。

  • コンパクト
  • 座り心地が良い
  • 公園遊びなどで使える

当初、気になっていた安定感に関しては、使ってみると問題なかったです。慣れもあると思いますが、転げ落ちた事はありません。

ということで、

2つ追加で購入!

我が家のメインのアウトドアチェアになりました。

※もう1脚はロゴスのチェア。こちらはハンモックのような座り心地が気に入っています。

パチノックスを1年使った後の劣化状況

2017年の春から使い始めて1年ほど、20回は使っています。劣化の状況をご紹介します。

劣化しているポイント

  • 座面のカバーが少し割れてきた
  • 収納袋のコーティングが剥がれてきた

どちらも、軽微な劣化です。

座面のカバーが少し割れてきた

1年程使ってみて、劣化した感じはなかったのですが、今回、点検をして分かったことがあります。

座面のカバーが少し割れてきた(フレームを支える箇所)

とはいえ、表面の柔らかい生地が割れただけでした。ポリエステルの下地はシッカリしているので問題ないです。

上部

airbiboアウトドアチェアの支柱を支える箇所2 airbiboアウトドアチェアの支柱を支える箇所1

下部

airbiboアウトドアチェアの支柱を支える箇所4 airbiboアウトドアチェアの支柱を支える箇所3

あと、3~5年ぐらいは使える印象ですが、実際のところはどうでしょう。

本家も、10年以上も使い続けられる商品ではなさそうなので、価格を考えると大満足。

  • 本家ヘリノックスだと1万円近くするので、パチノックスだと3つ買える
  • 本家は、壊れたらショックが大きくて、立ち直れない
  • 本家は、盗難の被害もある。パチなら安心
  • パチノックスは本家の1/3の価格、本家だと3倍長持ちする?

ということから、個人的にはパチノックスで十分だと思います。

座面のハリはほとんど変わらない

座面はヘタっていません。

Airbibo アウトドアチェアの新品と1年使用後

真ん中のツルッとしているのが1年間使った物です。お尻型に成形されています♪

1年使ってもハリはほとんど変わらない
尻型に「馴染んだ」という印象

今回、新品と比べてみて、座り心地が多少違うのが分かった程度です。

新品のほうがハリがあるのが分かりますが、座ってしまうと、違いは分からなくなります。

逆に、新品だと、ハリがあり過ぎて、組み立てる時に力とコツがいります。

収納袋のペイント・内部が剥がれてきた

収納袋にプリントしてあったロゴが剥がれてきました。

Airbiboのロゴ「A」がプリントしてあったのですが、無くなっています。

Airbibo アウトドアチェアのロゴが剥がれてきた

また、収納袋の内部コーティングが剥がれてきました。

左:1年使用、右:新品

Airbibo アウトドアチェアの収納袋(裏面)

恐らく、撥水のコーティングだと思いますが、濡れたものを入れるわけではないので、特に実害はありません。コーティングが剥がれても、ポリエステルの生地がシッカリしています。

脚の先端の円盤が少し曲がってきた

脚の先端のプラスチックの円盤が少し曲がってきました。

左:新品、右:1年使用

Airbibo アウトドアチェアの足先

これは、使っていたら仕方ないことですね。

欠けたりしていないので実害はありません。地面の形状に合わせて馴染んできたとも言えます。

といった感じで、1年間使ってみて結果、近々壊れそうな兆候は見当たりませんでした♪

ヘリノックス風チェアは本当に便利!

最初は、興味がなかったヘリノックス風のチェアですが、座り心地も良いですし、どこにでも持っていけるので便利です。

なにかと荷物が多い、子連れファミリーには特にオススメ

他のアウトドアチェアと比べながら、1年間使い続けてみた感想をご紹介します。

他の椅子と比べて一番座り心地が良い

Airbibo(エアビボ)のチェアは、我が家の持っている椅子の中で一番座り心地が良いです。

長時間座っていて疲れない

というのが特徴だと思います。

疲れない理由

  • 座面が体にフィットする
  • フレームが体にあたらない
  • 適度なリクライニング

といった構造のおかげだと思います。

座面全体で体重を分散してくれる
  • リクライニングがあり過ぎると、腰が痛くなります (例:ロゴスのチェア)
  • リクライニングがなさ過ぎると、尻が痛くなります (例:ニトリのチェア)

椅子として良い設計がされているのだと思います。

この点はヘリノックスの功績ですね。

ただ…、お高い。

小言 海外企業の生産性が良いと言われているのは、ブランド戦略が上手なためだと感じます。ハーゲンなアイスの価格設定もそうですが、うまく消費者をアレするために頭を使っています。その点、アジア圏は人柄が良いために損をしていると感じてなりません。

慣れると不安定感は気にならなくなる

使い始めた当初は、安定感に欠けるという印象があったのですが、座り慣れてくるとあまり気にならなくなってきました。

確かに、他の椅子と比べると安定感に欠けますが、実際に転んだことはありません。

子供たちも、上手に座れるようになりました♪

当初は、唯一の難点だと感じていたのですが、慣れると問題なかったため、我が家が追加購入に踏み切った理由でもあります。

片手で扱える軽さ

椅子自体が軽いので、片手でつまんで持ち上げることができます。

普通の椅子だと、一旦座ってしまうと場所を移動するのが面倒ですが、Airbibo(エアビボ)の椅子であればサッと移動できるので便利です。

軽いからサッと移動できる

風向きが変わって、焚き火の煙を浴びた時などに、スッと場所を変えることができます。

大きな椅子だとそうはいきません。「サッと移動」に慣れると、「ヨッコイショ移動」しないといけない重い椅子がストレスです。

キャンプ以外でも便利に使える

ピクニックやデイキャンプに持って行くのに便利。コンパクトで携帯性に優れるため、出番が多いです。

  • 公園遊び
  • デイキャンプやピクニック
  • 運動会

以前はアウトドアチェアを持ち歩いていましたが、一度このコンパクトさと持ち運びやすさを覚えてしまうと、アウトドアチェアを持ち出す気にはならなくなりました。

チョットした時に持ち出せるので便利

コンパクトに収納できるので、家族の分をリュックやバックに入れて持ち歩くことができます。

家族でボール遊び

デイキャンプの時、ヘリノックス風のチェアなら、人数分持って行くことができます。上の写真時は、椅子を2つしか持って行けませんでした。そのため、ヘリノックス風のチェアを追加で買おうと思いました。

パチノックスの中でも、Airbiboが優秀なのは「最初から足が沈みにくい」形状

追加でパチノックスを買う時に、いろいろな商品を見てみましたが、我が家は、結局Airbiboにしました。

  • 実際に1年使ってみて問題がない
  • 脚が地面に沈みにくい形状のパチノックスは他になかった
  • 余計なロゴが入っていない

数あるパチノックスの中でも、Airbibo(エアビボ)の商品の特徴は脚先の形状です。

Airbibo アウトドアチェアは砂地でもOK

地面が柔らかくても沈みにくいように円盤状の突起がついています。砂地でもOK♪

他のパチノックスの商品にはなかったAirbiboの強みです。

最初から、柔らかい地面でも沈みにくい

オプション品を買ったり、細工しなくても良いのは助かります。

我が家がAirbibo(エアビボ)のアウトドアチェアを追加で購入した一番のポイントでした。

今回注文した商品は、収納袋のロゴが無い

新しく注文した商品は、収納袋のロゴが無くなっていました。

Airbibo アウトドアチェアの収納袋

実害はないですし、個人的には無いほうが好都合。

パチの特性上、余計なロゴは入っていない方が良い

他のパチノックスは余計なロゴが主張しますが、airbiboならロゴがありません。シンプルが良いです。

まとめ

アウトドアチェアを買うのであれば、Airbibo(エアビボ)を検討してみてはいかがでしょうか。

  • しっかりした作り
  • 足が沈みにくい構造

参考 Airbiboチェアが品切れの場合はLinkazがオススメ。他と比べて安く、足に円盤も付いていて、口コミの評価も上々です。

参考 アウトドアチェアのオススメ品をご紹介している記事はこちら↓

アウトドアチェアは実際に座らないと座り心地が分かりません。実際に座った中から用途ごとのおすすめ品をご紹介☆ リクライニングが心地よい物、動きやすくて便利なもの、2人掛けのイスなどをご紹介します。