【2019年11月新作】ワークマンが難燃ポンチョを販売予定

ワークマンの難燃ポンチョ

なんと!ワークマンが難燃ポンチョの販売を予定しています!

2019秋物新作発表会で、ひときわ私の目を引いたのが「ポンチョ」

キャンプ用として大ヒットしている綿アノラックパーカーに続き、ポンチョも手掛けています。かなりコアな商品展開!

実際に見てきたので紹介します☆

ワークマンの難燃ポンチョ

ワークマンが2019年の11月に販売を予定している難燃ポンチョがこちら!

前面

ワークマンの難燃ポンチョ(前面)

背面

ワークマンの難燃ポンチョ(背面)

「難燃ポンチョ」ということなので、おそらく綿100%に難燃加工を施した商品になるのではないかと思います。

シンプルな作り

作りはシンプルです。

  • 胸元まで開くジッパー
  • お腹に大きなカンガルーポケット
  • 紐で絞れるフード付き

生地も綿アノラックパーカーと同じく薄手でした。

正直、火の粉を防ぐなら薄手で十分。焚き火用のポンチョを着て街中を歩くわけではないので、キャンプ場で使い終わったら薄くコンパクトに畳めると便利。

3色展開

今回、お披露目されていたのはグリーンだけでしたが、3色展開を予定しているとのこと。

色までは確認しませんでしたが、他のワークマンの商品展開を考えると、グリーン、ベージュ、ネイビーの3色で攻めてくるのではないかと個人的には予想しています。

他を凌駕する価格

価格はなんと 2,900円!

さすがのワークマン、驚きの低価格でニッチをディープに攻めてきます。

焚き火のポンチョで思い浮かぶのはグリップスワニーとテンマクデザイン。1万円~1万5千円ほどするアイテム。他に焚き火で使えそうな安めのポンチョを探しても5千円はします。

作りの違いがあるとはいえ、火の粉を防ぐ用途ならワークマンのポンチョで十分。

発売予定日

発売予定日は11月とのこと。

  • 「新商品」に掲載されたら実店舗で出回っている可能性が高い
  • その後、商品ページに、オンラインの販売日が掲載される

といった流れになるはず。

さいごに

ワークマンのキャンプ分野への攻勢は止まりません。

焚き火用のポンチョは、私自身キャンプ場でほとんど見かけたことがないので、どの程度売れるのかが気になるところ。これまでは1万円ほどするので手を出さない方が多かったと思いますが、2,900円の破格は魅力的。焚き火スタイルに一石を投じてくれるかもしれせん♪

ワークマンの難燃ポンチョの発売日は2019年11月

参考 焚き火で使える綿100%のアイテムならフェリシモ×魅惑のキャンプのコラボ商品「綿素材にこだわった配色パーカー」もオススメ!女性が町中でも着られるキュートなデザインです♪

フェリシモ(FELISSIMO)×魅惑のキャンプのコラボ商品「綿素材にこだわった配色パーカー」が販売されました。 一番の特徴は、ユニセック...