注目情報

冬キャンプの焚火で大活躍の裏ボアパンツが最大30%OFF最終セール中!icon
我が家の全員が愛用しています♪ →レビュー記事

防水・透湿 & 軽量の「V-TEX ニットスニーカー」をミッチリ沈水検証♪

V-TEXニットスニーカーでキャンプ

台湾で特許を取得しているV-TEXのニットスニーカーを先行レビューさせていただきました。

雨キャンプで活躍する防水スニーカー ※長靴が不要になる♪

雨キャンプで履くと快適そう! 夏に裸足で履くと気持ちよさそう!というアイテム♪

特徴
  • 防水性・透湿性のあるV-TEXニット生地を採用
  • 伸縮性があり、履き心地が柔らかい
  • 軽い!

8.3cmの水に30分間漬けて沈水させても問題なし!

V-TEXニットスニーカーの沈水試験5

メーカー様から商品提供していただいています

V-TEXニットスニーカー

台湾で特許を取得したV-TEXを使用したスニーカー。

軽いニット素材でありながら、防水性・透湿性に優れているのが特徴です。

V-TEXニットスニーカーの形状

履き心地は柔らかくて軽いです。軽いので普通のスニーカーというよりはランニングシューズに近い気がします。ニット生地で内側はウェットスーツのような生地で伸縮性があるため素足で気持ち良く履けるスニーカーです。

4層構造の生地が防水性・透湿性を実現

1年の半分が雨天という台湾で開発された防水4シート素材。

V-TEXニットの4層構造

V-TEXニットスニーカーの生地

4層構造の生地が防水性と透湿性を実現。水につけても濡れないことから、雨キャンプでも便利に使える仕様。

防水性能

V-TEXニットスニーカーは、生地自体に防水性があるので、靴の一部分だけでなく、靴全体に防水性があります。

V-TEXニットスニーカーは防水

高さ 8.5cmまで防水

実際に水をかけてみても、表生地が水をしっかり弾いていることが分かります。

V-TEXニットスニーカーが水を弾く様子

靴が汚れたら水道水でじゃぶじゃぶ洗ってOK♪

V-TEXニットスニーカーを水道で洗う

防水性を徹底検証

防水性のある靴が新品なら水を弾くのは当たり前のこと。

少し踏み込んで検証するために、 水に沈めて確認してみます♪

【結果】スニーカーを30分間、水に沈めても中に水が入らない☆

防水といえばIP規格。スニーカーはもともと水に沈めて使うアイテムではありませんが、試験方法を参考にしてみました。

IPX7【防浸形】水深1mに30分間没しても水が内部に浸入しない

コレが参考になりそうです。水深1mは無理なので、履き口から水が入らない水深で30分間浸けてみることに♪

スニーカーを沈められる容器を準備

V-TEXニットスニーカーの沈水試験1

浮力が強くて、すぐに浮いてくるので角材をシッカリ乗せて沈めます♪

V-TEXニットスニーカーの沈水試験5

検証した時の水深は8.3cmほど。

V-TEXニットスニーカーの沈水試験2

V-TEXニットスニーカーの沈水試験3

V-TEXニットスニーカーの沈水試験4

少し余裕があるので、あと2mm(スペック値の8.5cmまで)水を入れても大丈夫そうですね。

沈水試験終了!

水から揚げてみると、アウター生地はまだまだ水を弾いていました。水を吸っている感じが全く無いです。

V-TEXニットスニーカーの沈水試験6

インソールは濡れていません。

V-TEXニットスニーカーの沈水試験7

濡れたら分かるグレーの靴下を履いてグリグリ♪

V-TEXニットスニーカーの沈水試験8 V-TEXニットスニーカーの沈水試験9

濡れてない♪

V-TEXニットスニーカーの沈水試験10

30分間水につけても水は染みなかった。生地が水を弾き続けた。

ということで、雨キャンプにスニーカー 兼 長靴として履いていっても問題なさそうです。

これまでは一般的なスニーカーでキャンプに出かけて、雨に備えて長靴を持っていき、雨が降ったら履き替えていたのですが、その手間が省けるのは便利♪

透湿性がある

V-TEXは、防水性を備えながら透湿性がある蒸れにくい素材。

内側の生地はマリンシューズのような高密度のスポンジに近い質感。確かに、普通の靴と違って生地が薄くてメッシュ生地なので蒸れにくそうです。

V-TEXニットスニーカーの内側

V-TEXニットの4層構造

キャンプでも快適でした♪

キャンプで2日丸々履いてみましたが、普通のスニーカーと比べると確かに蒸しにくいです。スニーカーなのですが、生地はニットのような質感の高機能繊維なので通気性が良いのも理解できます。

V-TEXニットスニーカーでキャンプ

裸足で履ける柔らかい履き心地

V-TEXニットスニーカーは、素足でも履きやすいのが特徴。

V-TEXニットスニーカーは素足で履ける

  • 伸縮性のあるメッシュ生地
  • ドライで温かい内側生地
  • 柔らかいインソール
靴下を履くのがもったいないぐらいの柔らかい履き心地

内側がドライで肌触りが良く、インソールも柔らかいクッション性。ニット生地が伸縮するのでキュッと全体的に包み込まれるような履き心地。

商品説明にも「裸足でも快適に履けるようにインソールも1から開発」と記載されているのにも納得できます。

伸縮性のあるメッシュ生地

メッシュのアウターは伸縮性があります。

V-TEXニットスニーカーは伸縮性が高い

ドライで温かい内側生地

内側の生地は、マリンシューズのような高密度のスポンジに近い質感。

V-TEXニットスニーカーの内側

柔らかいインソール

インソールは柔らかく、指で押すとプニプニ沈みます。

V-TEXニットスニーカーのインソール

軽量だから疲れにくい

V-TEXニットスニーカーは軽いのも特徴。

履いた瞬間に「軽い!」と感じますし、軽々と水に浮きます。

V-TEXニットスニーカーは水に浮く

※力強く浮いてくるので、沈水試験では苦労しました。

実際に重量を測ってみたところ片足 234g。

V-TEXニットスニーカーの重量

同じく防水の KEEN ジャスパーⅡウォータープルーフは片足 406g

KEENジャスパーWPの重量

GUのスニーカーは片足 310g

GUスニーカーの重量

我が家にあるスニーカーより 25%~40%も軽量!

重いキャンバススニーカーなどを履いていると、一日歩いたときに疲労感がすごかったりしますが、軽いと気分的にもかなり楽です。

ソールが厚くて安心感がある

軽量スニーカーでありながらソールは安心感のある厚さ。

V-TEXニットスニーカーのソールの厚さ

かかと側は、インソールも合わせると2.5cmぐらいあります。

一般的に軽量の靴だとソールが薄くて、一日中歩くと足が痛くなる場合もありますが、V-TEXニットスニーカーは安心感のある履き心地です。

ソールの形状はこんな感じ。

V-TEXニットスニーカーの靴底の模様 V-TEXニットスニーカーの靴底の凹凸

サイズの選び方

私は、サイズ選びで失敗しています!

普段の靴から 1cm 大きいサイズがちょうど良かったです

V-TEXニットスニーカーのサイズ選び

普段履いている靴と同じサイズだと締めつけ感があった

私が普段履いている靴が25.5なので、同じく25.5cmを選んだのですが

  • 縦幅は余りがある
  • 横幅はキュッと締められる感じ

靴下で履くと圧着ソックスのような締め付け感がありました。伸縮性のあるニット生地なので指が当たって痛いといった感じは無いのですが、全体的にキュッと締められている感じ。素足で履けばまあ履けるかな?といったサイズ感でした。

サイズ選び失敗!

1cm大きめがちょうど良い感じ

26.5cmを履いたらちょうど良い履き心地♪ 普段履いている靴の1cmほど大きめが良さそうです。つま先は余裕があるのですが、横からの締め付けがあるので違和感のない履き心地。

V-TEXニットスニーカーのサイズ感

参考 私の足は素足で24.6cmほど、厚手の靴下を履いて25.3cm、普段選ぶ靴のサイズは25.5cmです。

足のサイズ(実測)

まとめ

V-TEXニットスニーカー

V-TEXニットスニーカーは、

雨キャンプで活躍する防水スニーカー ※長靴が不要になる♪

雨キャンプで履くと快適そう! 夏に裸足で履くと気持ちよさそう!というアイテム♪

特徴
  • 防水性・透湿性のあるV-TEXニット生地を採用
  • 伸縮性があり、履き心地が柔らかい
  • 軽い!
お得なセール情報

お得な♪ セール情報!

フェリシモ
冬キャンプの焚火で大活躍の裏ボアパンツが最大30%OFF最終セール中!icon
我が家の全員が愛用しています♪ →レビュー記事

Amazon
実は、スポーツ&アウトドアのタイムセールクーポンはこまめにチェックすべし!
Amazonでの買い物はチャージ(ギフト券)経由がお得です♪ →解説記事
初回なら1,000ポイントGET!
最大2.5%ポイントバック

スポーツオーソリティ
オンライン限定のアウトドア応援セール品iconも要チェック!

ナチュラム
お得なセール商品iconもお見逃しなく。

クロックス
キャンプで便利なクロックスのサンダル・ブーツ。実はセール品なら最大70%OFF!

Facebookで「魅惑のキャンプ」の新着を配信中☆ いいね!して、雑誌・メディアでは得られないリアルな情報を覗いてみませんか?

ブログランキングに参加しています。あなたのクリックが我が家への応援として届きます♪
にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ

SNSで記事を共有☆

SNSをフォローすると更新情報を取得できます♪