女性のキャンプコーデ【43例】春夏秋冬のコーデと注意点を紹介

雨キャンプ女性服装長靴コーデ

女性のキャンプでの服装について、キャンプに着ていく服装選びのポイントや注意点など、実際にキャンプに行った時のコーデ例を元に紹介していきます。

子供2人を連れてキャンプ歴5年。日焼け、虫刺され、雨などで色々な失敗をしてきました。その反省、教訓をもとに紹介していきます。

実際の体験をもとに、失敗も含めてコーデと注意点を紹介☆
  • 春夏秋冬のコーデと注意点
  • エプロンと雨キャンプでのコーデ
  • キャンプコーデの変遷

を紹介します。

コーディネートやオシャレを今も試行錯誤・勉強中なので、とんちんかんで笑っちゃうコーデや、オシャレにほど遠いコーデばかりですが、反面教師として参考にしてください(笑)

この記事は びっくぼ 嫁 (女性) が執筆しています
びっくぼ嫁 Befor After

【Befor】キャンプを初めた当初のびっくぼ嫁 (ヤバいけど楽しそう♪)

冬キャンプ女性服装自宅にあったエプロン

【After】最近のびっくぼ嫁

春キャンプ女性服装日焼け対策に長袖ワンピース

サニークラウズのウェーダーパンツと白トップスコーデ
▶ サニークラウズのウェーダーパンツのレビュー記事

キャンプの服装で気を使っていること

いつもキャンプの服装を選ぶ際、いつも心がけていることがあります。
動きやすい服装であること

キャンプ中は、設営・撤収、調理に子供達と遊ぶなど、やることがたくさんあります。

撤収

いくらお気に入りの服を着ていても動きずらくては、キャンプの醍醐味が半減してしまいます。普段から着ている服なら、しゃがみやすいか、腕まくりしやすいかなど把握しやすいです。

他にも色々と気をつけていることはあるのですが、季節ごとの注意点として書きました。

春キャンプ ~ 服装のポイントとコーデ例

ここからは、実際に通年通してキャンプに行った時の失敗や教訓から得た注意点と、服装の実コーデを紹介していきます。

オシャレを勉強中なので、とんちかんなコーデもあります(笑)

温かい目でみてください♪

春キャンプの服装のポイントは2つ

春キャンプ、日中は温かく過ごせますが、夜になるとかなり気温が冷えることがあるので、温度調整に注意が必要です。

ポイント1 事前に現地の気温を調べる

行くキャンプ場の最高最低気温を調べて、当日行く現地の気候が、冬よりなのか、春よりなのか予想して服を選びます。

現地で予想外の寒さに、襲われる事もあるので、事前に調べておくと安心☆
ポイント2 防風・防寒アイテムを忘れずに

春は昼間と朝夕の寒暖の差が激しい為、夜はまだ冷えるので防風・防寒用に、パーカーやヤッケなど羽織ものは必須です。

フェリシモ 綿パーカーまた寝る時に、防寒として使えるので、ひざ掛けやストール、厚手のインナーなど、あったかアイテムも忘れずに持っていくと良いです。

ブランケットを腰に巻く

裏ボアの巻きスカートや、ストールなどは子供でも使えて便利。

ブランケットを羽織って座る

フェリシモ(FELISSIMO)×魅惑のキャンプのコラボ商品「巻いてぬくぬく腰をあたためる裏ボア オーバースカート」が販売されました。 ...

春のコーデ 8パターン

実際に春にキャンプに行った時の服装を紹介。

サロペットワンピース×ニットカーディガン/千葉県のキャンプ場(4月下旬)

春キャンプ女性服装サロッペトワンピースデニム

私は少し肌寒かったので、ニットカーディガンを羽織って、足元はレギンスを履いて防寒対策をしました。当時は場内では脱ぎ履きしやすいガーデンサンダルを履いていました。

今はクロックス社のフラットシューズを愛用しています。クロックスのサンダルタイプだと運転とコーディネートがしづらいので、私はフラットシューズ派です。

ジャンパースカート×フリース素材のトップス/千葉県のキャンプ場①(3月下旬)

春キャンプ女性服装ジャンパースカート

この日は設営日だったので、しゃがんだ時に、しっかり裾を巻き込んでしゃがめる丈のジャンパースカートをチョイス。トップスは、フリース素材の長袖の中に、半袖のヒートテックを着用。

日中アウターを羽織ると、ジャンパースカートの可愛さが隠れてしまうので、厚手のレギンスとブーツで、防寒し、アウターを羽織らなくても快適に過ごせるようにしています。

シャツ×ワイドパンツ/千葉県のキャンプ場(3月下旬)

春キャンプ女性服装エプロン調理

白い長袖シャツにメンズのヒッコリーストライプ柄のボトムスを合わせています。

朝から小雨が降ったりやんだりして、少し肌寒いので、白シャツの下は、長袖のヒートテックを着用。

マリンパーカー×ワイドパンツ/千葉県のキャンプ場(3月下旬)

春キャンプ女性服装寒い時にマリンパーカー

白シャツでは冷えるので、防寒にマリンパーカーを羽織って遊びました。

grn(ジーアールエヌ)のマリンパーカーは軽くてサッと羽織れるのが特徴♪ 春秋のジャケットとして使え、ユニセックスだから夫婦で着回せて...
チュニック×スキニージーンズ/長野県のキャンプ場(6月中旬)

雨キャンプ女性服装長靴コーデ

この日は終日雨だったので、レインブーツに合うチュニックを着ました。ボトムスは、翌日のコーデにも使うので、レギンスではなくスキニージーンズを合わせています。

シャツワンピース×スキニージーンズ/長野県のキャンプ場(6月中旬)

春キャンプ女性服装日焼け対策に長袖ワンピース

この日は場内のアスレチックで遊ぶ為、日除けと虫除け対策を1枚で叶える、長袖のシャツワンピースを着用しました。ボトムスは初日で履いたスキニージーンズを合わせています。帽子は麦わらのカンカン帽。

ワークスカート×サスペンダー/長野県のキャンプ場(6月中旬)

春キャンプ女性服装サスペンダーコーデ

2日間パンツコーデだったので、最終日はスカートコーデにしました。この日は撤収日だったので、しゃがみやすく足も広げやすいスカートを選びました。

サスペンダーをする事で、コーデのアクセントにもなるし、動く度にトップスが出たり、スカートがズレるといった煩わしさを軽減する効果があります。

また靴に関しては、インナーテント内の荷物を片付け→車載の動きの連続なので、靴を脱ぎ履きしやすいよう、素足にクロックス社のフラットシューズを履いて煩わしさを軽減しました。

七分袖トップス✕サロペットパンツ/千葉県のキャンプ場(6月上旬)

サニークラウズのウェーダーパンツと白トップスコーデ

上着がいらない気温だったので、キャンプ感のでるサロペットパンツでコーデ☆

トイレに行くのが不便なので、サロペットパンツを敬遠していましたが、このサロペットパンツは肩紐がトイレの床につかないので安心。

バルーンシルエットのパンツに、七分袖のボリュームスリーブとカンカン帽を合わせています。

menueスポーツサンダルはコスパが良いスポーツサンダル。 実際に使ってみたのでレビューします。 menueのスポーツサンダルの特徴...

夏キャンプ ~服装のポイントとコーデ例

夏キャンプでは、暑さと虫に気を使う季節なので、虫除けスプレーなども駆使しながら、体温調整をして快適に過ごせるように気をつけています。

夏キャンプの服装のポイント 4つ

ポイント1 日焼けと虫除け対策に、長袖アイテムを持っていく

真夏の日差しの下では半袖・半ズボンとサンダルと行きたいところですが、朝から晩まで屋外で過ごし、なおかつ1泊以上するとなれば、日焼け&虫除け対策は必要です。

木陰のない芝生のサイトだった時は、日暮れまで、日差しを直に受けて、肌はヒリヒリでした。

汗をかくのは、仕方がありませんが、日焼けに関しては、しっかり予防しておかないと肌トラブルをおこし、せっかくのキャンプが台無しになる可能性があります。

UVカーディガンを一枚持っていくだけで対策になります。

夏キャンプ女性服装日焼け対策カーディガン

日焼け対策に、着脱が簡単な長袖アイテムを持っていけば、虫除け対策にもなる
ポイント2 長ズボン・靴下着用で、虫除け対策をより万全に

夏に半袖・短パン・素足にサンダルでキャンプに行った時もありますが、ブヨにやられて、はじめて肌を出すもんじゃないと痛感しました。

スニーカーよりは脱ぎ履きしやすく、足が蒸れないので素足にクロックスやサンダルなど履きますが、気づけばやっぱり虫に刺されています。

ブヨを警戒するのをすっかり忘れて、ワンピースで行ったら、

夏キャンプ女性服装ワンピース素足

ブヨに刺される…。

夏キャンプ素足でブヨに刺される

ブヨに刺されると、蚊以上の腫れと痛みに襲われ、腫れが翌日も続きます。写真はブヨに刺されて、ポイズンリムーバーで処置しているところ。その後、薬を塗りましたが、痛がゆい!

しかし、あのブヨの痛みと腫れを経験してからは、やっぱり長袖・長ズボン・靴下着用が一番の対策と感じます。

足首はブヨや蚊に狙われやすいので、靴下でカバーするのがオススメ☆

長袖&長ズボンでも刺される事もありますが、必要以上に刺されないように気をつける事で、滞在中の快適さも違います。

ポイント3 黒い服はなるべく避ける

また虫除けとして、キャンプ場でよく見かける蚊やハチは、黒い色(色の濃い色)に寄ってくると言われているので、黒色のアイテムをなるべく避けるようにしています。

参考 蚊やハチに関する参考情報

ポイント4 汗をかいたら、こまめに着替えて快適さを保つ

長袖・長ズボン・靴下着用した上での設営&撤収作業は、特に汗をかくので、我が家では作業後に着替えるようにしています。

汗でベタつかない服を着るようにするだけでも快適になります☆

上下全ての服を着替えず、トップスだけ替えるだけでも、快適になるものです。

ただ着替えて、汗びっしょりの服を、そのまましまっておくのは気が引けます。そこで、速乾性のものや薄手の生地であれば、場内で水洗いし、サイト内で干しておけば、早く乾き、臭いも気にならないので、必要であれば翌日にまた着用できます。

滞在日が長いほど、洗って乾かして着れば、ずっと快適♪

夏キャンプ服装汗をかいたらこまめに着替えて干す

夏のコーデ 5パターン

ここからは、実際に夏にキャンプに行ったときのコーデを紹介します。

Tシャツ×ストレッチパンツ/新潟県のキャンプ場(7月下旬)

夏キャンプ女性服装ドライTシャツ

初めて5日間かけて新潟県内のキャンプ場2ケ所をまわる為、洗濯してもすぐ乾き、さらに薄手でかさばらないものをチョイス。

フリル袖トップス×ワンピース/群馬県の高原のキャンプ場 (7月下旬)

夏キャンプ女性服装黄色ワンピース

群馬県と新潟県のキャンプ場2ケ所を5日間かけてまわるが、  5日間キャンプは2回目なので、ワンピースでも問題なく過ごせました。

高原は、涼しいしほとんど蚊にも襲われず1日快適☆
フリル袖トップス×サロペットワンピース/群馬県の高原のキャンプ場 (7月下旬)

夏キャンプ女性服装サロペットワンピースデニム

薄手のデニム生地のサロペットワンピースと初日で着ていたTシャツを合わせています。

夏キャンプ女性服装サロペットワンピースデニム

ワンピースの丈は膝下なので、芝生でゴロゴロしても問題なし♪
シャツ×ワイドパンツ/都内のキャンプ場 (8月中旬)

夏キャンプ女性服装長袖長ズボンで設営

強い日差しと暑さの中での設営でしたし、都内なので、蚊を意識して長袖・長ズボンで作業するも限界がきて、長袖シャツを脱ぎました。

夏キャンプ女性服装エプロンで調理

長袖シャツを脱いで調理中☆真夏の焚き火は暑い!
ガーゼコットンのトップス×ワイドパンツ/都内キャンプ場 (8月中旬)

夏キャンプ女性服装撤収完了後着替えた服

撤収中は、初日で着ていた黄色Tシャツで撤収作業し、キャンプ場隣接の公園で遊ぶ為、着替えました。

サンダルコーデ 2パターン

夏のキャンプで、虫よけ対策に靴下にスニーカーを履くと足がムレます。ただ素足にサンダルだとブヨや蚊に刺されるかもしれない。そこでサンダル✕靴下コーデを取り入れるようになりました。

サンダル✕靴下コーデ 1

menueサンダルのスカートコーデ

スカートの色に合うよう靴下は水色をチョイス。

ミモレ丈のスカートは動きやすく、しゃがんでも裾が邪魔にならないのでキャンプでも便利です♪

menueスポーツサンダルはコスパが良いスポーツサンダル。 実際に使ってみたのでレビューします。 menueのスポーツサンダルの特徴...

サンダル✕靴下コーデ 2

menueサンダルのパンツコーデ

サロペットパンツの色に合うよう靴下は黄色、トップスはオーバーサイズTシャツでコーデ。

着るだけでキャンプ感がでる「サニークラウズのウェーダーパンツ」をレビューします。 私が興味を持ったきっかけは、キャンプ感のあるデザイン...

秋キャンプ ~ 服装のポイントとコーデ例

秋も春同様、昼間との寒暖差が大きい季節なので、防寒アイテムを忘れると体調をくずしたりします。事前に現地の最高最低気温を調べておくと安心です。

秋の服装のポイントは2つ

ポイント1 寒暖差が激しいので、防寒アイテムを持っていく

秋キャンプ女性服装ストール

当日の気温や風向きなど、寒暖差が激しいことを考慮して、腹巻きや靴下、マフラーなどみらあったかアイテムをいくつか持って行きます。

現地の寒さに合わせて、簡単に着脱できるアイテムがオススメ♪
ポイント2 体温調節しやすい防寒アイテムを持っていく

日中は汗ばむ暑さがあっても、夕方から急に寒くなるので、防風・防寒アウターは必須です。

持ってきたアウターだと、ちょっと寒いなんて事がよくある☆

夕方冷えてきたら、インナーダウンなどのあったかインナーを重ね着して、その都度、快適に過ごせるよう体温調節をすると良いです。

秋キャンプ女性服装あったかアイテムにインナーダウン

最近インナーダウンばかり着ています♪ インナーダウンは暖かくて、軽くて、動きやすくて、とにかく便利! 冬キャンプの防寒着として大活躍♪ ...

着てきた服装に、簡単に足し引きが出来る、ダウンベストやブランケット、ストールやマフラーなどのアイテムを持っていくのがオススメです。

コラボ商品のストールは2wayなので、首に巻くだけでなく、肩掛けやひざ掛けにも出来るので、チョイ足し防寒にもってこいのアイテム♪

フェリシモ(FELISSIMO)×魅惑のキャンプのコラボ商品「はおっても着られる2-WAYジャカードストール」が販売されました。 一番...

秋のコーデ 6パターン

チュニック×レギンス×レインブーツ/群馬県の高原のキャンプ場(9月中旬)

秋キャンプ女性服装チュニックとショートレインブーツ

撤収日で小雨だったのでショート丈のレインブーツに、チュニックとレギンスのコーデ。

芝生のサイトは、晴れていても、朝露や夜露で芝生がしっとり濡れている事がよくあります。なので、芝生のサイトでキャンプするは、ショート丈のレインブーツを持っていくようにしています。

急な小雨にも対応出来て、脱ぎ履きしやすいショート丈のレインブーツは便利☆
ワンピース×タートルネック×スパッツ/千葉県のキャンプ場(11月上旬)

秋キャンプ女性服装ワンピース

キャンプに行き始めて2年目の服装。タートルネックに、汚れが気にならない派手な色のワンピースとスパッツを合わせました。

チュニック×裏起毛レギンス×裏ボアブーツ/山梨県のキャンプ場(11月上旬)

秋キャンプ女性服装昼間上着なし

防寒として、チュニックの下に長袖のヒートテックを着用し、裏起毛のレギンスと足元は裏ボアのブーツを履いています。

ストール×コットンパーカー×ダウンベストで防寒コーデ

秋キャンプ女性服装

日が暮れて寒くなったらストールと、インナーダウンを着用し、さらにコットンパーカーを羽織っています。

マリンパーカー×ジャンパースカート×厚手タイツ/千葉県キャンプ場(11月下旬)

ジーアールエヌ(grn) マリンパーカーのコーデ レディース ワンピース フロントジッパー開け

タートルネックにジャンパースカート。足元は厚手のタイツを着用して防寒対策をしています。

grn(ジーアールエヌ)のマリンパーカーは軽くてサッと羽織れるのが特徴♪ 春秋のジャケットとして使え、ユニセックスだから夫婦で着回せて...
マウンテンパーカー × キュロパン

grn(ジーアールエヌ)マウンテンパーカーのレディース コーデ(前開き)

マウンテンパーカーとキュロパンのコーデ。マウンテンパーカーがアウトドアなテイストなので、上品な色と風合いのキュロパンを合わせてバランスをとってみました☆

60/40クロスが特徴のgrn(ジーアールエヌ)。 テフロン撥水加工がされていて、リバーシブルで使えるマウンテンパーカーをレビュー。 ...
フリースジャケット×ジャンパースカート×厚手タイツ

gym master(ジムマスター) リバーシブル マウンテン ジャケットのフリース側を女性がスカートと合わせたコーディネイト

フリースのジャケットを同じく、ジャンパースカートにフリースのジャケットをコーデ。アウターと帽子を替えるだけで冬っぽくなります。

アウトドアとの相性が良いデザイン・色柄が特徴のジムマスター。 「フリース」「ジャケット」として使えるリバーシブル マウンテン ジャケッ...

冬キャンプ ~服装のポイントとコーデ例

冬でも日中あたたかく感じる時間もありますが、日が陰ったり風が吹くと身体の芯から冷えます。

焚き火を前にしていても、首や足元が冷えて居ても立っても居られないという事もあるので、しっかりと防寒出来るアウターや防寒タイプの肌着が便利です。

冬の服装選びのポイントは3つ

ポイント1 外は寒いのでシッカリ防寒

grn(ジーアールエヌ)ダウンジャケットをレディース(女性)が着る

日中は、ひだまりで暖かい快適でも日が暮れると、かなり寒くなる中で、朝から晩まで外で過ごすことをイメージして、しっかりと防寒できるアウターやアイテムを持っていきます。

寒さが苦手な方は、ホッカイロなどもあると安心☆
ポイント2 調理・洗い物など作業用に、腕まくりが出来るアウターがあると便利

アウターは、ダウンジャケットのように、一着で防寒できるものも必要ですが、重ね着できる裏ボアパーカーや防風ジャケットなどを併せて、持っていくのがオススメ。

冬キャンプ女性服装アウター2枚重ね着

過去にダウンコート1着しか持っていかなかった時、袖がまくれないと不便な事に気づきました。汚れるのを防ぐ為、腕まくりしたくてもできないので、結局ダウンを脱いで洗い物をする事になった苦い経験があります。

水しか出ないキャンプ場もあるので、腕まくりができ、動きやすくて、温かいアウターも必要☆
インナーダウンに、腕まくり出来る防風・防寒のアウターを重ね着して調理

冬キャンプ女性服装腕まくりできるアウターで調理

最近インナーダウンばかり着ています♪ インナーダウンは暖かくて、軽くて、動きやすくて、とにかく便利! 冬キャンプの防寒着として大活躍♪ ...
ポイント3 汚れから大事なアウターを守るには、エプロンが最適

分厚いダウンジャケットだと腕まくりできない不便さがありましたが、エプロンが出来ないのも不便でした。調理中の油や調味料ハネ、洗い物の水ハネなどを防げるのは、エプロン。

着ているアウターが、エプロンを着用できる厚みかどうかも大事☆
調理中は、マリンパーカー×エプロン

春キャンプ女性服装防寒にマリンパーカー

マリンパーカーの様に軽くいアウターも持っていくと、状況に合わせて着回すと調理中や洗い物中も便利です。

軽くてコンパクトに畳める、かさばらないアウターもあると便利☆
grn(ジーアールエヌ)のマリンパーカーは軽くてサッと羽織れるのが特徴♪ 春秋のジャケットとして使え、ユニセックスだから夫婦で着回せて...
grnの火遊びキャンパーエプロン(HIASOBI CAMPER APRON)を購入したのでレビューします。 機能性は文句なしで大満足!...

冬のコーデ 5パターン

ダウンジャケット×ワンピース×スキニーパンツ/千葉県のキャンプ場(12月上旬)

相撲1

冬キャンプ勉強中のため、手持ちで一番温かいダウンアウターを着ていったのですがミシュランマンみたい(笑)当時は、ワンピースの下に、防寒アイテムとしてスキニーパンツを履いていました。スキニーパンツだと風を通して寒かったのを覚えています。

マウンテンパーカー×ワンピース×ブーツ/千葉県のキャンプ場(12月上旬)

冬キャンプ女性服装ワンピース

森林サイトだったので、晴れていても日が当たらずとにかく寒かったです。ワンピースに裏ボアの厚手のレギンス、厚手の靴下とブーツで防寒しています。

アウトドアとの相性が良いデザイン・色柄が特徴のジムマスター。 ドロップポケットマウンテンパーカーは、メンズ&レディース兼用のアイテム。...
コットンパーカー×ワンピース×ブーツ/都内のキャンプ場(12月下旬)

冬キャンプ女性服装ワンピースベレー帽

コットンパーカーの下に、MA-1ブルゾンを着用し、足元は裏起毛のレギンスに、厚手の靴下とブーツを履いています。

コットンパーカー×裏ボアパンツ×ブーツ/都内のキャンプ場(1月上旬)

冬キャンプ女性服装裏ボアパンツ動きやすいコットンパーカーを着用、ボトムスは裏ボアパンツとブーツ。

ダウンジャケット×チュニック×あったかスキニー/千葉県のキャンプ場(2月上旬)

grn(ジーアールエヌ)ダウンジャケットのコーデ(レディース) ワンピース 前ジッパーオープン風が冷たくて、ダウンジャケットの中に、ブルゾンを着用し、チュニックの下にヒートテックのスキニーパンツを合わせて防寒しています。スキニーパンツでもこれはあたたかい!

作業時は動いてあたたかくなるので、ブルゾンのみで作業できる☆
grn(ジーアールエヌ)のダウンジャケット(ダウンパーカー)は軽くて温かいアイテム♪ ユニセックスで使えるデザインなのも嬉しいポイント...

実は、ブルゾンはワークマンのカッパのインナー(笑)

※このレビューはワークマンより製品の提供を受けてのPR記事です ワークマンのカッパ 3in1(スリーインワン) 防水防寒ジャケットをレ...

エプロンは服を汚れから守ってくれる必須アイテム

キャンプに慣れてきた頃、ベテランキャンパーがエプロンをし、焚き火調理している姿を見かけ感動。

調理をする時に、水はねや油はねで汚れるので、私自身もエプロンの必要性を感じていたところだったので、オシャレで機能的な良いアイディアをもらい早速マネをしてみることに☆

エプロンも含めてトータルで考えないと失敗する

冬キャンプ女性服装自宅にあったエプロン

ただただ憧れだけで、自宅にあったエプロンを着用したので、オシャレのかけらもなく、とんちんかんな組み合わせになっている事に全く気づきませんでした(笑)

何度見ても自分で笑える。なんじゃこりゃー(笑)

エプロンコーデの例

エプロンもコーデに合わせて、いくつか持っていると、トータルで合わせやすくなります。

今もキャンプに行く時は、エプロンは必ず持っていく必須アイテム♪

ということで、エプロンのコーデをいくつか紹介します☆

デニム生地のエプロン

春キャンプ女性服装撤収日エプロン

黒色エプロン

雨キャンプ女性服装エプロン

grnの火遊びキャンパーエプロン(HIASOBI CAMPER APRON)を購入したのでレビューします。 機能性は文句なしで大満足!...
コットンエプロン

夏キャンプ女性服装エプロンで調理

コットンパカー×カフェエプロン

フェリシモ リブイン コンフォート× 魅惑のキャンプ ポケットいっぱい 股割れカフェエプロンと綿素材にこだわった配色パーカーを着用した写真 (女性)

キャンプ場によっては洗い場が低いところもあるので、どんな服装でも着脱しやすいカフェエプロンタイプも便利☆

フェリシモ(FELISSIMO)×魅惑のキャンプのコラボ商品「リブイン コンフォート× 魅惑のキャンプ ポケットいっぱい 股割れカフェエプロ...

雨キャンプ ~服装のポイントとコーデ例

キャンプ場で雨にふられると、何をしても濡れることが多くなります。多少の濡れは気にせず、濡れたら着替える・濡れる時はレインウェアで防雨しながら過ごしています。

雨の日のポイントは3つ

ポイント1 上下レインウェアを着用し、濡れて作業する

設営&撤収時は、傘を差せないのでレインウェアは必須。

上下レインウェア!となるのでオシャレどうこうではなくなってしまいます(笑)

雨キャンプ女性服装レインポンチョ

レインコートは蒸れるので、撥水パーカーをレインコート代わりにするのもオススメ☆
※このレビューはワークマンより製品の提供を受けてのPR記事です ワークマンのカッパ 3in1(スリーインワン) 防水防寒ジャケットをレ...

雨キャンプ女性服装レインポンチョで設営

着替えを多めに持って行き、濡れても着替える覚悟だと気持ちが楽です。

ポイント2 足元はショートレインブーツか素足にクロックス

衣類をインナーテントに置いたり子供を着替えさせるのに、どうしても靴を脱ぎぎする必要が出てきます。長靴だと、脱ぎぎが大変なので、ショート丈のレインブーツがオススメ。

野鳥の会レインブーツ 丈の調整 ショート ミドル ロング

野鳥の会レインブーツは、長靴でもショートブーツでもどちらのスタイルにも変幻自在♪

梅雨時期など寒さが気にならない時期は、素足にクロックスもよくやります。

靴下が濡れて不快になるより、素足で適度に足を拭くほうが快適☆
ポイント3 泥汚れはエプロンでカバーする

雨の日は、泥汚れも結構するので、エプロンでカバーするのが良いです。撤収時後半に、小雨が降りはじめた時、水滴と泥まみれなったテントをしまったが、その時にエプロンをしていたので躊躇なく作業出来ました。

雨撤収で泥に汚れて濡れたテントをドライバックに入れる

テントを畳む時も、袋にしまう時も結構汚れる

撤収が終わったらエプロンを外せば良いので、汚れを気にする必要がなくて楽チン。

雨の日コーデ

足元が濡れるので雨予報の時は、レインブーツを履く前提でコーデしています。

チュニック×スキニージーンズ×レインブーツ/長野県のキャンプ場(6月中旬)

雨キャンプ女性服装長靴コーデ私は雨キャンプには、この赤い長袖チュニックを着ていくことが多いです。

雨でも気分が高まる色と、肌寒い時は長袖のまま、汗ばむ時は腕まくりと、体温調節が簡単なので重宝しています。

雨の日に、機能的でお気に入りの服を、普段から探しておくとコーデに困らない
キャンパーに人気の野鳥の会レインブーツ。 ついに我が家もGETしたので、履き心地やサイズ選びを紹介。 これまで、雨キャンプでは、サン...

キャンプコーデの変遷 ~ ワンピースが便利

grn(ジーアールエヌ)マウンテンパーカーはレディースとしても使える(前開き)

私はキャンプに 普段着ている服 で行くようになりました☆
アウトドアっぽくない服装でキャンプに行く理由
  1. 毎週末キャンプに行き過ぎてワイルド化、スカートやワンピースも着たくなった
  2. キャンプだけでなく普段から着られる服を選べる
  3. アウトドアの服に縛られず年齢に合ったコーディネートを楽しみたい

最初はキャンプ用・普段用と服を区別していたのですが、一緒に考えるようになりました。

当初はアウトドアっぽい服装を目指したりしましたが、最終的に落ち着いたのはワンピースとスカート。これまでの色々な変遷を紹介します。

まずは、キャンプ当初の恥ずかしいコーデから現在までの変遷を紹介します

Step.1 自宅にある服でアウトドアっぽいコーデをしてみた

キャンプを始めた時は、長男は幼稚園児で次男はイヤイヤ期でした。

その為、子供達の世話で一生懸命な上に、不慣れなキャンプという事もあり、とにかく汚れても良い格好をしていました。

自宅にあるアウトドアっぽいものでコーデ

冬キャンプ女性服装一瞬お父さんかお母さんか判断つかない

キャンプ = 汚れるものと思っていて、自宅にある2軍・3軍の洋服からアウトドアっぽいものを選んで着ていました。

春キャンプ女性服装後ろ姿はお父さんみたい

アウトドアっぽいコーデをしている事に満足していましたが、写真を見返すと、

後ろ姿がお父さんかお母さんか分からないことにショック(笑)
自分が思い描いていたイメージとなんか違う…。

夏キャンプ女性服装汚れても良い服

写真を見返すと寝巻のような服を着ていたり。

Step.2 山ガール風のコーデをしてみた

キャンプを始めた当初は子供達が小さく手がかかったため、自分の服を買いに行く時間も気力もわきませんでした。

とは言えオシャレになりたい気持ちはあり、簡単にマネできるキャンプっぽいコーデがないか調べていました。

そこでチャレンジしてみたのが「山ガール風」のコーデ。レギンスに短パンなどの組み合わせ。

山ガール風なら、手持ちの服でできそう♪

キャンプの子供グッズ シャボン玉風景

自宅に眠っていたショートパンツにレギンスを合わせてみたり。

夏キャンプ女性服装アウトドア感を意識

Step.3 子供とおそろいペアルックコーデ

山ガール風コーデを覚えてから、マンネリ化しないよう、次なるコーデはないかと模索していた時に、子供とおそろいで着れるTシャツのお店を知り、おそろいコーデにもチャレンジ。

夏キャンプ女性服装子供とお揃いTシャツ

次男と私が着ているTシャツは生地がしっかりしていて、デザインも可愛いくて、親子でとても気に入っていました。

ただ、子供サイズでも大人と同じ値段…。子供の成長に合わせて新調することを考えると、出費がかさむため、おそろいコーデは卒業。

親子でお揃いコーデをすると可愛いけど、出費もかさむ

Step.4 オーバーオール&サロペット → トイレがネック

キャンプのコーデでみかけるオーバーオールやサロペットも試してみました。

可愛いのですが…、

トイレに行く時に不便
  • 上着を羽織ると、トイレに行く度に、上着を脱ぐ必要がある
  • 胸当て部分などが、トイレの床につきがち

トイレが近い私にとってはかなり面倒。キャンプ場によってはワイルドなトイレもあるので、もたつかず、サッと済ませたい。と考えるとオーバーオールやサロペットはちょっと不便。

Step.5 ワンピースでキャンプ

といった感じで、アウトドアやキャンプを強く意識した服装でキャンプに行っていたのですが…。

「キャンプの服装」を意識すると、女性っぽい服装ができないのが悩み

たまには、ワンピースやスカートを履いてショッピングに行きたいけど、キャンプの予定で埋まっていてキャンプ三昧…。

そんな時に、フェリシモ「サニークラウズ」 iconのカタログと出逢いました。たまたまカタログのテーマがアウトドアで、モデルさんが森の中で、ワンピースとブーツ、ニット帽でたたずんでいる姿が本当に可愛いかった。

ワンピースでキャンプ出来たら最高!汚れても良いから行ってみよう!

と思い、女性っぽい服装にチャレンジしてみることに。

秋キャンプ女性服装ワンピースでキャンプ挑戦中

キャンプ中に、どれくらい汚れるか分からなかったので、たとえ汚れても、気にならない派手な色のワンピースでチャレンジ!

汚れ防止に、エプロンをして気をつけていたこともありますが、結果、思ったより汚れませんでした。

ワンピースは、機能的にキャンプ向きだと気づく♪

ワンピースがキャンプに向いている点

  • ワイドパンツ並に足さばき良く動ける
  • 防寒しやすい
  • トイレの床に裾がつきにくい
  • 就寝時、パンツからパンツに履き替えるより脱着が楽
ワンピースは裾さえ気をつければとても動きやすい♪

スキニーパンツやジーンズで設営や撤収すると、しゃがむ時に膝がつっかかったり、腰回りの締め付け感がアップしたり、下着や腰が見えたりと、気を使うのですが、

夏キャンプ女性服装チェックのワンピース

またパンツだと防寒に履いたレギンスがもたついたり窮屈だったりしますが、ワンピースなら180デニールのタイツやホットパンツの重ね履きが出来て、寒さも気になりませんでした。

寝間着に着替える時も、ワンピースを着ていった時の方が着替えやすいのも良い点です。特に冬はパンツを脱ぐ→下着になる→スウェットを履く間に身体が冷えるので、ワンピースがオススメ♪

ワンピースの丈は注意

冬キャンプ女性服装ワンピースでも平気子供達と遊ぶ時はもちろん、設営や撤収でもキャンプ中は、しゃがむ動作が多いので、裾が長いロングワンピースより、膝下丈のワンピースがベスト。

春キャンプ女性服装ワンピースでも子供と遊べる

ワンピースの丈に気をつければ設営も遊びもできる
ワンピースチャレンジに手応えを感じ、次はこのワンピースを着てみようと、キャンプが待ち遠しく、楽しみが増えました♪

着たい服でキャンプができるようになった♪

色々なコーデにチャレンジして行く中で、お気に入りの服ほど、汚したくないと出番が少なく「ここぞ」という時に着ようとしまい込んでいました。子供達が小さい時は特に。

でも、子育て中に「ここぞ」という時なんて、ほとんどなかった

冬キャンプ女性服装ワンピースベレー帽

巡ってきた「ここぞ」という時も、やっぱり子供達と一緒だし…だったら、お気に入りの服を普段からたくさん着て、汚して「着倒す」という考えになりました。

普段でもキャンプでも、気候や環境に最適な、お気に入りの服を着るように♪

といった感じに落ち着きました。

まとめ

これまで色々な服装にチャレンジしてきましたが、一緒に行く子供達の年齢も大きく関係してきます。子供達が幼いほどキャンプで手がかかるので、自分の服装は着心地が良くて汚れが目立たないものなど、行く時の状況や環境に合わせるのが、一番のコーデだと感じました。

キャンプに慣れてくれば、様々な天候下での失敗や体験をコーデに生かして、バリエーションも広がり楽しめます。

引き続きオシャレキャンパーを目指して勉強中。キャンプのコーデをInstagramにアップするようにしたので、フォローしてもらえると喜びます♪

びっくぼ嫁のInstagram