icon

12営 北軽井沢スウィートグラス 「我が家の珍事」

峠の釜めしの釜で炊飯

北軽井沢スウィートグラスのキャンプ日記もこれで最後です。最後は我が家の珍事をご紹介します。

なぜか嫁さんが「炊飯」に興味を持つ

嫁さんがキャンプ場で炊飯をしてみたいとのこと。

我が家には「飯ごう」などありません。コッヘルもステンレス製なので焦げて使いものにならないはず…。

キャンプ専用の食器があると便利です。 直火にかけて、飲み物・汁物を温めなおすなら、食器・小鍋として使えるコッヘルが便利です。 コッヘルの選定ポイントや使ってみた感想を綴ります。

となると、お買い物か?

楽天

楽天

と期待するも、「ありもの」で何とかするとのこと。

そして持ち込んだのがコレ

峠の釜めしの釜

「峠の釜めし」の釜。家に人数分あったりする釜。

初めての炊飯でしたが、上手に仕上がりました。

峠の釜めしの釜で炊飯

「おこげ」も上手にできています。美味しいご飯をいただきました。

ご飯は、焼いた肉と合うので最高です。
スキレットで手羽先を焼く

次男がキャンプ場で覚えた「ごっこ」

次男が「たきーする♪ たきーする?」としきりに呼びかけてきます。
何のことかわからなかったので「しようね~。そうだね~。」なんて受け流していると…。

どうやら「焚火」(ごっこ) をやりたかったらしい。

次男の焚火ごっこ

この御方、こだわりがあるようで、ちゃんと軍手を着けさせろと「んー、んー」と指示を出してきます。

将来有望です♪

数年後には、次男と2人でキャンプに行くことになるかもしれません。