icon

第10営 「なみのこ村」キャンプ場のレビュー ~潮風が心地よい~

なみのこ村の海岸

なみのこ村のレビュー記事です。海に面しているので気持ちが良いキャンプ場です。場内の設備も全く問題無く快適。ただ、気になる人には気になる難点があります。

海に面したキャンプ場で景観が良い

海に面したキャンプ場のため眺めが良いです。潮風を受けてキャンプが出来るので気持ちが良いです。

キャンプ場のすぐ裏が海岸になっていて、子供でも歩いて浜に降りることができます。なみのこ村の海辺

ただし、「遊泳禁止」のため、海水浴はできません。遊泳禁止

釣りができるキャンプ場

キャンプ場から海岸に降りれば、磯釣りができます。ゴロタの海岸で、磯場があり、テトラもあるので、メジナ、ベラ、カサゴあたりが釣れそうな雰囲気です。釣り人も結構見かけました。海岸と釣り人

釣り竿持ってきたら楽しめそうです。今回は竿を持ってきていないため我慢です。

子供が楽しめるアクティビティ

場内には、子供が楽しめるアクティビティがあります。遊具が充実しているわけではありませんが、子供たちのための配慮がされているのは嬉しいポイントです。

子供用プール

夏は子供たちが遊べるプールがあります。海岸も見渡すことができます。子供用プール

訪問した時には、プールに水が張られていませんでした。綺麗な海を見ながら水遊びが楽しめるのは素晴らしい。サイズは小さいですが、幼児が安心して遊べるので調度よいです。

海を望めるブランコ

場内にはブランコがあり、海を眺めながらのんびり楽しめます。なみのこ村のブランコ

もちろん、本気で遊ぶこともできます。ブランコ遊び

キャンプ場の雰囲気

サイトは、キャンプ場内の道を挟んで、海側と陸側に20ぐらいあります。ただし、4m×8mなのでサイトは狭いです。テント一張と車でサイトが埋まります。広く使いたいなら、車を駐車場に止めさせてもらうと良いかもしれません。今回は平日だったので、2サイト分使わせていただきました。嬉しい配慮です。

なみのこ村のサイト

設備は綺麗

トイレ

トイレは綺麗に手入れされていました。何の問題もないです。

サイト近くのトイレ
なみのこ村のトイレ4 なみのこ村のトイレ5 なみのこ村のトイレ6

入り口近くのトイレ
なみのこ村のトイレ1 なみのこ村のトイレ2 なみのこ村のトイレ3

シャワー

シャワー室は全部で3室ありました。シャワー室は掃除がいき届いているので綺麗です。ただし、虫さんは居ます。
なみのこ村のシャワー室 なみのこ村のシャワー室内部

水場

水場も掃除がされてるので気持よく使えます。ちなみにお湯は出ません。なみのこ村の水場

難点は車と電車の音

このキャンプ場の唯一の難点は、裏にある国道を通る車の音と電車の音です。

陸側サイトの30mほど後ろに国道と電車が通っています。そして、交通量が多いため深夜でも車やトラックが通ります。サイト裏に国道が通る

泊まったのは写真と同じような道路側のサイトでした。神経質な私は、寝る時にこの音に少々悩まされました。耳栓をしましたがあまり役に立たず。最終的には家族みんな寝られました。
※持参した耳栓は、夜中に控えめに会話をしているキャンパーの声を遮ってくれる効力はあります。

初めての顔面シャワー ~嬉しいサービス~

なみのこ村は、シャワーが無料で使えます。(使用は2回まで、3分/1回というサービス内容)キャンプ場ではシャワーを浴びたことがなかったのですが、初めてのシャワーに挑戦してみました。

キャンプ場にシャワーを求めないポリシー

今までキャンプ場でお風呂・シャワーは使いませんでした。髪の毛が乾かずに、湯冷めすると思って遠慮していた次第です。ウェットティッシュで体を拭けば、何も困ることはありません。撤収日にお風呂に入れればイイんです。それで充分という考えでした。

そして、キャンプ場にシャワーやお風呂を求めるものではない、…となんとなく思っていました。「人間は数日ぐらい風呂に入らなくても問題ない」ということを体感するのもキャンプでの大事な学び。良い防災訓練の機会。そう思っていました。

シャワー室が綺麗だった (自宅比)

なんと、今回はシャワーの誘惑に負けてしまいました。設営で汗かいて、海風に吹かれてベトベトだったので、シャワーを使わせてもらうことに。今の時期は夜でも暑いぐらいなので湯冷めの心配もありません。

恐る恐るキャンプ場のシャワー室を覗いてみると
なみのこ村のシャワー室内部

予想以上に綺麗です。水垢やカビは見当たりません。我が家の風呂場より綺麗!感動した。

仲良く使いましょう

…でも、先客として虫さんたちが少々居ます。ヤスデさんや、ゲシゲシさん♪ 私は多足類は大の苦手。見ると身の毛がよだちます。

虫さん

虫さんたちの前で裸になるのは抵抗がありますが、勇気を出してシャワーを浴びることにしました。

スッキリ爽快

嫁さんに石鹸とシャンプーを借りていましたが、結局使いませんでした。夜は焚火をするので「だいだい」でいいんです。(変なポリシーを引きずっています)

参考 美容アドバイザーの佐伯チズさんは、過度な洗顔で脂を落とし過ぎることが肌トラブルを招く要因だと言っていました。自分の脂が一番の美容液とのことです。石鹸を使った洗顔は一日一回に抑えたほうが美容に良い(と信じています)。

さてさて、人間様は顔面に脂が集中するので、入念にお湯で洗顔します。

そして、先客の虫さんたちに細心の注意を払い、サッと着替えて、そそくさとシャワー室を立ち去ります。

外に出ると爽快な潮風が心地良い♪ 湯上がり爽快! 海の眺め

変なポリシー崩壊の瞬間です。

シャワーを浴びるだけで、こんなにもスッキリするとは思っていませんでした。キャンプ場での「顔面シャワー」は最高! 癖になりそ♪ そうしましょ♪

しつこく朝もシャワー

シャワーが気に入ったので、翌日の撤収で汗を流した後もシャワーを使わせていただきました。撤収後の朝シャワーは最高!

キャンプの撤収後には、必ずお風呂に行くのですが、今回はお風呂へ行く必要がありませんでした。浮いた時間とお金を使って、その後は海水浴を楽しんできました。

キャンプ後にお風呂に行くのも楽しみなのですが、今回は違った楽しみ方ができました。

まとめ

「なみのこ村」は、サイトから海が見える素敵なキャンプ場です。場内の設備も全く問題無いです。難点は「道路からの音」と「サイトの広さ」でしょうか。