緊急情報!
カマボコテント2 ナチュラム別注モデル(150D) 再入荷!
販売リンク▶ベージュ×ダークブラウンiconカマボコテント2の販売情報・レビュー記事

思い立ったら「いつものアソコ」でデイキャンプ! 3歳児の干潟 No.1 ワイルドプレイとは?

西なぎさにレクタタープを張る

土曜は、ひさしぶりに気持ち良く晴れました。

さらに、風もなかったので、急遽、葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)へデイキャンプに行くことに♪

その様子をお伝えします。

いつもの葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)

場所はいつもの葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)です。

内緒ですが、葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)でデイキャンプができます。 バーベキューができ、テント・タープが張れて、お値段が無料! あ...

お昼ごはんを自宅で食べてから、チャリ(嫁)と車(私)で向かいます。

到着はチャリの勝利。

受付ギリギリの12:59に到着できたようで、なんとか間に合いました♪

私は、キャリーカートでゴロゴロと荷物を引いて葛西臨海公園の中を歩いていきます。途中でチャリ(嫁)に抜かされました。

ゆるい坂を上がると、なぎさ橋のシンボル「ヨットの帆柱」が見えてきます♪

葛西臨海公園からのなぎさ橋

混んでいるようだが、場所はある

なぎさ橋の上からは、BBQ広場(自称 デイキャンプ場)が見えます。

なぎさ橋から西なぎさを臨む

今日は沢山のワンタッチテントが並んでいますね。

ワッシャリ混んでいる?ように見えますが大丈夫。スペースはまだまだ空いています。ワッシャリの右奥まで行けばスカスカです。

手前ワッシャリ、奥スカスカ

混んでいるようで、混んでいないのがこの場所の良いところ。スペースが広いので、場所が無くなるということはありません。

都内の有料BBQ場だと、隣との距離が近くて人に酔ってしまいますが、「いつものアソコ」は伸び伸びできるので気に入っています。予約も不要。

なぎさ橋を渡って、西なぎさに到着すると、干潟が姿を現していました♪

西なぎさの干潟

この日の干潮は12:49 潮位42cm なかなかの潮干狩り日和だったようです。

干潟が広がる光景は美しい

テンションが上がります♪

設営して、炙る

タープを設営して一段落♪

西なぎさにレクタタープを張る

海辺に来ると思うのですが「スノーピーク HDタープ “シールド”・レクタ(M)」の遮光性は素晴らしいです。タープの影に入ると、日射しの暑さは感じません。

砂浜からの照り返しと、海からの熱風だが暑いだけ。

要は、暑い。

タープは良いが、海辺は「暑い」

タープ下からの眺めもなかなか。

タープ下から西なぎさを臨む

眺めは良いが「暑い」

海辺だけでなく、そもそも暑かったようですね。この広場でも数人気分が悪くなった人がいたようです。熱中症には気をつけましょう。(もしくは飲み過ぎか?)

設営が完了したら「炙り」です。

七輪で火遊びを楽しみ

七輪で炙りを楽しむ

ちょっと炙って大満足

七輪で炙りを楽しむ

後ろはワッシャリ、8割方「イェーイ」

後ろはワッシャリしています。

西なぎさのBBQ広場

20~50人ぐらいの集団が4~5組はいたでしょうか。なかなかの大所帯がゴロゴロしています。

楽しそうにワイワイと騒いでいます。「イェーイ!」とか「ヤバ~イ♪」とか。

聞こえてくるのは、8割方「イェーイ」。

嫁「サンシャイン池崎かよ!」

盛り上げるなら、とりあえず「イェーイ」
声量は「大」で♪

幹事さんがメガホンで号令をかけて群衆を統率しています。

  • 「ビーチフラッグ大会はじめま~す」とか
  • 「片付けしてくださーい」とか
  • 「集合写真とるよ~」とか

それなりに統率はとれています。

「イェーイ」の主は、ほぼ20代の会社員、野太い大声は30代。

集合体として見ると騒がしいですが、個々を観察してみると人が良さそうな感じです。

頑張って良い相手を見つけてくださいな♪

私も、昔は「イェーイ」したなぁと、懐かしく思います。

うちの嫁さんとも二子玉川のBBQ場で「イェーイ」とかしました。

写真引っ張り出してみると10年前! まさに、20代の会社員。

ちなみに、これで嫁さんをGetしたので「イェーイ」は重要です。

「イェーイ」  だいじ。  ゼッタイ。
お願い 節度のあるイェーイをお楽しみください。

息子たちはワイルドプレイ

さて、我が家の息子達は、干潟遊びを満喫できた様子♪

温泉のように温かくなった潮溜まりで、気持ちよさそうに遊んでいます。

葛西臨海公園の西なぎさの干潟で遊ぶ

普段着で潮溜まりにオン (on)

奥には、ディズニーランドのホテル群が見えます。

まさか、こんな干潟日和だとは思わなかったので、水着の準備はしていませんでした。しかし、普段着でオン(on)。

そして、こちらが干潟 No.1のワイルドプレイ。

西なぎさで全身濡れる

なんと!?

干潟 No.1 のワイルドプレイ

仰向けで潮溜まりにイン (in)
アホじゃないの!?

最初は目を疑いましたが、「オン」では飽き足らず「イン」しています。しかも頭まで…。変な遊びを覚えてしまったようです…。

3歳児にしては貫禄のあるポーズ。これは、海で漂流した時に体力を消耗しないためのポーズだった気がします。

…まぁ、たしかに気持ち良さそう。微笑ましい限り。

次男には、光るセンスを感じます。しかし、ノーマルではないようです。そして、私の名誉のために補足させていただきますが「嫁さん似」です。

子供たちは、貝も沢山採ってきてくれました。

ハマグリとシオフキ

4cmほどのハマグリ(ゼンナ)1匹と、シオフキが多数。

噂では聞いていましたが、間違いなくハマグリです。 ハマグリ

全て海に返してあげました。

参考 シオフキは酸欠に弱いので、持って帰らないなら早めに海に返してあげてください♪ ちなみに、砂を吐かないので、下処理が面倒です。茹でて貝が開いたら身を外して、そのまま茹で汁で身の砂を洗って、茹で汁を濾して砂を取り除けば、食べることができます。茹で汁は出汁が出るので、捨てないように☆

西なぎさのデイキャンプ場は、利用できる時間が16:00まで。

サッと片付けをして、帰ってきました。

さいごに

葛西臨海公園は、いつ来ても、素敵な公園です。

葛西臨海公園の芝生広場

週末、時間を持て余すようなら、フラッと立ち寄ってみてください☆

潮溜まりは「オン」ではなく「イン」で楽しむ

参考 葛西海浜公園(葛西臨海公園の先)の情報はこちら

内緒ですが、葛西臨海公園の先(葛西海浜公園)でデイキャンプができます。 バーベキューができ、テント・タープが張れて、お値段が無料! あ...