YABAE光目覚まし時計をレビュー | 目覚めが良くて効果的♪

YABAE光目覚まし時計をベッド脇に置いた明るさ

YABAE光目覚まし時計を使ってみたのでレビューします。

「目覚まし時計を増やしてもなかなか起きれない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

私も、昔から朝弱いタイプ…。

今回紹介するのは、日の出を再現して起こしてくれるアイテム。

半信半疑で使ってみましたが、効果はバッチリ。設定した時刻に起きられるようになりました。

YABAEの光目覚まし時計は、設定時間の少し前から徐々に明るくなってくれるので無理なく起きられる気がします。突然、音で驚かされる目覚ましと違って目覚めも良いです。

YABAEの光目覚まし時計は、安くてシッカリ仕事をしてくれるアイテム

従来の目覚まし時計と合わせて使うと効果が上がります!

この記事では、YABAE 光目覚まし時計の作りや使い勝手、我が家がどのように使っているかを紹介します。

※販売店様から商品提供していただいています

レクタングル(大)

YABAE 光目覚まし時計

YABAEの光目覚まし時計は、光と音で起こしてくれる目覚まし時計 。 売れ筋でありながら、安く手に入るのが強み。

YABAE光目覚まし時計の付属品

安く手に入り、機能も文句なしの商品

サイズは手を広げたぐらい。
明るさも十分。最大の明るさで使うと一般的なライトと変わらないぐらいの光量があります。

機能
  • 起床時間に合わせ徐々に明るくなる『日の出モード』
  • 就寝時間に合わせ徐々に暗くなる『日の入りモード』
  • 7種類の自然音を光と合わせて設定可能
  • Mラジオ機能付き
  • USBコードで給電が必要

気になる効果は?

一番気になる効果ですが、私の場合は「効果バッチリ」

これが数千円で手に入るのであれば、安い買い物だと思います。

YABAE光目覚まし時計

音とは違うアプローチができる

「光」という違うアプローチで起こしてくれるのは強みだと感じました。

YABAE光目覚まし時計をベッドに吊るした明るさ

音で起きる目覚まし時計を追加しても同じことの繰り返しになってしまいますが、違った刺激で起床のリズムを作ってくれます。

目覚めが良い

光目覚まし時計は、起きた時の目覚めが良いと感じました。

YABAE光目覚まし時計の明るさ10

体を驚かして起こすというやり方ではなく、日の出に近い環境を作って徐々に起こしてくれるので、自然な目覚めができる感覚。

目覚まし時計だと、電子音で叩き起こされますが、光の目覚まし時計は「明かり」と「自然の音」で徐々に起こしてくれます。

また、目覚まし時計は反射的に止めて、二度寝をするようになっていまいますが、光目覚まし時計は明るいまま放っておいて二度寝すれば、明かりで体を覚醒に導いてくれるはず。

「明り」で起きられる

光目覚まし時計の明かりは、徐々に明るさを上げていって時間になった、体から起きるように作用してくれます。

明かるさの設定は20段階。最大の20にするとデスクライトに近いぐらいの明かるさ。

YABAE光目覚まし時計の明るさ20

光色も暖色なので、蛍光灯のような機械的な感じは一切ありません。また、ランプシェードで光も柔らかくなっています。

「音」も設定できる

光と合わせて、目覚ましの音を設定することが可能。

準備されている音は、波や鳥のさえずりなど自然に近い音が7種類。FMラジオも設定できます。音量の調整は16段階。

入眠モードや読書灯としても使える

明かりを徐々に暗くして睡眠を促してくれる入眠モードもあり、目覚ましと同様に音と光を設定することができます。

寝る時に、少し読書をしたりする方には便利な機能だと思います。

私の場合は、光なしで音だけで使っていますが、虫がコロコロと鳴く音で眠りにつけるのでキャンプにでもきているような感覚になれます。

また、音が止まった時には設定した時間が過ぎているということが分かります。入眠しづらい状態かどうかが分かるので、寝付きが良かったかどうかが分かります。

また、ライトとしても使えて色をカラフルに変更することができます。

YABAE光目覚まし時計のライトパターン

YABAE 光目覚まし時計の細かい作りをレビュー

ここからは、YABAE 光目覚まし時計の詳細をレビューしていきます。

手の平を広げたぐらいのサイズ

サイズは手のひらを広げたくらい

YABAE光目覚まし時計のサイズ

大きすぎず、小さすぎずといったサイズ感

日の出の光を再現するという意味ではこのぐらいのサイズがバランスが良いと思います。

形状は丸型ボタンが側面に付いていて、横から押すことになります。片手で操作しようとすると本体が動いてしまうので操作しづらいのが難点。両手で本体を押さえながらボタンを押すことになります。片手で操作できるようになると便利なのですが、ちょっと残念。

YABAE光目覚まし時計のボタン右側 YABAE光目覚まし時計のボタン左側

USBコードで常時給電が必要

給電はUSB経由。

YABAE光目覚まし時計はUSBで常時給電が必要

バッテリーが内蔵されているわけではなく、常にUSBコードをから給電し続ける必要があります。ボタン電池が内蔵されているので、設定は記録されます。

YABAE光目覚まし時計はUSB給電

付属しているUSBコードが1m ぐらいなので、電源が確保できる場所に設置してあげる必要があります。

YABAE光目覚まし時計のUSBコードは1m

ちなみに、我が家のモバイルバッテリー5種類を接続して使えるかどうか試してみましたが消費電力が少ないためか途中で給電が切れてしまい使えませんでした。

立てて使う

YABAEの光目覚まし時計は、立てて使うようになっています。

YABAE光目覚まし時計の裏側

ベッドの脇に置くと良いと思います。

YABAE光目覚まし時計をベッド脇に置いた明るさ

私の場合は、二段ベッドの一段目に寝ているので、上にネットを張って、顔に向けて使うようにしています。

YABAE光目覚まし時計をベッドに吊るした明るさ

YABAE光目覚まし時計をネットで吊るす

ネットなどで吊ると効果バッチリ♪

吊るして、顔面に向けると直接照射しくれるのでオススメです(笑)

さらに、手の届きにくいところに設置すると、簡単に止められないので目覚ましとしての効果が高まると思います☆

多機能で色々な設定ができる

2パターンの目覚ましを設定できます。

私の場合には8時と8時半に設定し、音と光の強さを変えて使っています。

設定項目が多くて細かいため、最初は難しい印象を持ちましたが、慣れてしまえば思い通りの設定ができるようになります。

また、文字盤の明るさも変更可能。細かいところに手が行き届くアイテムです。

YABAE光目覚まし時計の文字盤の明るさ

さいごに

YABAE光目覚まし時計は、日の出を再現して起こしてくれるアイテム。

半信半疑で使ってみましたが効果はバッチリ

従来の目覚まし時計と合わせて使うと効果が上がります!

設定時間の少し前から徐々に明るくなってくれるので無理なく起きれるので、突然、音で驚かされる目覚ましと違って目覚めも良いです♪

YABAEの光目覚まし時計は、安くてシッカリ仕事をしてくれるアイテム

光目覚まし時計は効果なものもありますが、YABAEは価格が安くても、機能的に満足できます♪

次のページには、YABAE 光目覚まし時計の説明書を全文掲載します。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪