PANAVIA ナノジェットプラス マイクロナノバブルシャワーヘッドをレビュー | 肌のつっぱりが軽減

PANAVIA ナノジェットプラスの付属品

巷で話題のマイクロナノバブルシャワーヘッドを使ってみました。

我が家が感じた効果
  • お風呂上がりの肌のツッパリ感に違いがある
  • 油性ペンがお湯だけで落ちた (動画あり)
  • 炭酸泉のように保温効果を実感 (動画撮影予定)

最初は半信半疑でしたが、特許技術を使っていることや、いくつか証拠動画などが撮れています。参考にしてみてください。

販売店様から商品提供していただいています
※製品の仕組み・効果効能に関する記載は商品ページから転載しています。使用感のコメントは我が家で実際に使ってみた感想です。他の方への効果を保証するものではないことを踏まえ、写真や動画でご判断いただければと思います。
レクタングル(大)

PANAVIA ナノジェットプラス マイクロナノバブルシャワーヘッド

PANAVIA マイクロナノバブルシャワーヘッドは、超極小の泡を発生させるシャワーヘッド。

※1mmの1/1000がマイクロ、さらに1/1000がナノ。ナノの1/1000がピコ。さらに1/1000がフェムト。

PANAVIA ナノジェットプラスのヘッドサイズ

PANAVIA ナノジェットプラスの説明書1

内部の水を通す時に水の中に溶け込んでいる2%の空気をキャビテーションで水を旋回させウルトラファインバブルを1億4700万個も発生する仕組み。

※ウルトラファインバブルとマイクロバブルの1mL (流量9L /分)あたりの合計値。

特許取得のキャビテーション方式が特徴

また、ビタミンCのカートリッジと合わせて使うことで、洗浄、うるおい、保温、節水、塩素除去の効果があります。

内部構造

ヘッドの内部は抗菌のセラミックボールや、不純物除去フィルターなどが入っています。

PANAVIA ナノジェットプラスの構造

不純物除去フィルターは定期的に交換が必要とのこと。最初から予備が1つ入っています。

PANAVIA ナノジェットプラスのフィルター

実際に使ってみた感想

PANAVIA ナノジェットプラスを引っ掛ける

実際に使ってみた感想は、

お風呂上がりの肌のツッパリ感が違った

お風呂上がりの肌のつっぱり感は軽減されている印象です。お肌の状態に敏感な女性二人(家内と母)に使ってもらったのですが2人とも効果が感じられたとのことでした。

マイクロナノバブルの効果なのか、ビタミン C のカートリッジの効果か分からないのですが、 我が家では確かに効果が感じられたアイテムです。

また、

手に書いた油性ペンが、手でこすると落ちました (動画あり)

さらに

マイクロ ナノ バブル入浴で、炭酸泉のように保温効果が感じられた♪

ここからは、それぞれの詳細について紹介していきます。

洗浄 ~ バブルが毛穴に入り込む

マイクロナノバブルは、毛穴や水道水の1/100サイズの気泡なので、これまで届かなかったところに気泡が届くといったメリットがあります。

PANAVIA ナノジェットプラスのシャワー

商品ページには以下の紹介がされています。

  • 頭皮毛穴の汚れを除去し毛根活性化
  • 皮脂汚れやメイク汚れをスッキリ洗浄

ただ、私のような素人が使ってみてもシャワーのお湯を見ただけではその違いは分からず。

※ナノジェットは泡が小さすぎてお湯が白濁しないということで見た目に違いはありません。

石鹸を使わなくてもよいかは肌質による

毛穴まで入り込んで汚れが落とせるということだったので、石鹸を使わずに3日ほど過ごしてみましたが、

特に問題はなかったけど、私の場合は石鹸を使った方が好みだった

結局石鹸やシャンプーを使う生活に戻ってしまいました。

脂性の私は石鹸を使ったほうが好み

PANAVIA マイクロナノバブルシャワーヘッドを使ってシャワーだけで体を洗うと、皮脂が完全に落ちる感じはなく、耳の後ろや頭はヌルヌルが残っている印象でした。

ただ、お風呂上がりに体を拭くとサッパリした感じになる。不思議。

石鹸を使って脂が落ちてギシギシとつっぱる感じとは違います。冬だったためか、特に臭いが気になることもなく支障はなかったです。ただ個人的に頭や顔はサッパリさせたかったので石鹸を使う生活に戻ってしまいました。私自身が、どちらかと言うと脂性のため。

そもそも石鹸を使わずにお湯だけで体を洗う「ノー・プー」などの活動もあるため、石鹸を使わなくても問題ないのかもしれません。

家内は石鹸を極力使わないので重宝している

ちなみに家内は、乾燥肌で悩まされるタイプ。医者の指導もあり、数年前からなるべく石鹸を使わないようにして体を洗っています。(洗顔とデリケートゾーンは石鹸類を使っています。)

それで乾燥の症状がかなり改善されています。

乾燥肌に悩まされているのであればマイクロナノバブルのシャワーヘッドにして、石鹸を使わない生活にしてみるというのも良いと思います。

乾燥肌に悩まされている方はマイクロナノバブルをキッカケに、石鹸類を減らしてみると良いかも

ということで個人的には

石鹸を使わなくても良くなるかどうかは肌質による

といった意見になりました。

シャワーのノズルよりは、石鹸を使う使わないの話のほうが大きいのかもしれませんが、脱石鹸に興味がある方は、 マイクロナノバブルシャワーヘッドをきっかけにしてみるというのも良いかもしれません。

油性マジックを落とせるか?

巷で噂の油性マジックが洗い流せるかも試してみました。

実際に油性塗料が落ちた!
PANAVIA ナノジェットプラス マイクロナノバブルシャワーヘッドで油性ペンを落とす

動画を見ると分かりますが、油性マジックが綺麗に落ちています。

シャワーだけだと落ちませんでしたが、手でゴシゴシこすると綺麗に落ちました♪

うるおい・塩素除去

PANAVIA マイクロナノバブルシャワーヘッドは、ビタミン C カートリッジを使用することで、乾燥した肌や髪の潤いを保湿してくれる効果があり、塩素を除去してくれます。

塩素のデメリットは、肌の乾燥、脂質を溶かす、髪や肌のタンパク質を酸化させたりすること。それを軽減できると肌の負担も減らすことができます。

PANAVIA ナノジェットプラスのビタミンCカートリッジ

  • 水の中のビタミン C 残留塩素除去率は99%
  • レモン3000個分のビタミン C
カートリッジは4人家族で使用した場合には約1か月ぐらいで交換が必要

ビタミンCカートリッジは1個3,000円ほど。

ちなみに、カートリッジが無くなっても通常のウルトラファインバブルシャワーヘッドとして使うことができます。

カートリッジを使うとレモンの香りが漂います。また、カートリッジから出す量を調整できるので、好みの濃度で使えます。※一度完全に締めてから調整すると良いです。

PANAVIA ナノジェットプラスのカートリッジの調整

カートリッジはシャワーヘッドの取っ手部分に入れて使います。

PANAVIA ナノジェットプラスのカートリッジ入れ

実際に使ってみた感想

正直「明らかに潤いが違う」といった感じではないのですが。お風呂から上がった時に肌のツッパリ感が軽減されている気がするのでビタミンCのカートリッジのおかげかもしれません。また香りも良いです。

保温 ~ ナノバブル入浴

ウルトラファインバブルのシャワーヘッドでお風呂のお湯をためるとウルトラファインバブルがお湯に溶け込みナノバブル温泉が楽しめます。※そのままにしておくと、ナノバブルは水中で100時間以上存在

PANAVIA ナノジェットプラスで入浴

ちなみにナノジェットのシルキーバスは、泡が小さすぎてお湯が白濁しないとのこと。

実際に使ってみた感想

ナノバブルがお湯に溶けていることが肌で感じられました。

炭酸泉のように数分で体に気泡が湧いてきます。下の写真は腕にバブルが集まっている様子。

PANAVIA のナノマイクロバスに入浴して肌についた気泡

産毛に泡が集まりやすいようなので確認してみてください。空気が水に溶けている証拠ですね。

ちなみに、お風呂のお湯に加えて3分以上の通水をするように説明書に記載がありましたが、それでは効果は感じられなかったため、

お風呂のお湯を 全て マイクロナノバブルシャワーで満たしました

そして、お風呂をあがっても1時間ほどポカポカと保温効果が持続しました。

炭酸泉のように、肌に泡が湧き、湯上がりに保温効果も感じられた!

これは、私自身が明らかに効果が感じられたポイントです。

マイナスイオン

ナノジェットの効果により1ccあたり421,400個のマイナスイオンを発生させるとのこと。

PANAVIA ナノジェットプラスのシャワー

滝の約100倍ものマイナスイオン!
実際に使ってみた感想

正直マイナスイオンによって何か効果が感じられたということはないのですが、身体に良いと言われているものなので多いに越したことはなさそう。

節水

節水効果は25%~最大50%。

PANAVIA ナノジェットプラスのシャワーヘッド

シャワーを1日1人5分使ったときの水道代は一ヶ月あたり450円ほど。4人家族で使用すると一ヶ月1800円。1年間だと21,600円かかる計算。

最大50%の節水ができると年間10,800円ほど節約できる計算。
4人家族なら数年使えば元が取れる!

標準のシャワーヘッドを使っているのであれば、 節水・節約できるという点だけでも導入するメリットがありますね。

参考 水の勢いが強いわけではない

水の勢いに関してですが、これまで別の節水のシャワーヘッドを使っていたのですが、それと比べるとシャワーの勢いは落ちています。不満に感じるほどではないのですが、シャワーの勢いが強い方が良い私にとっては少し残念なポイント。その分節水できていると思うようにしています。

取り付け方は簡単

取り付け方法は簡単。

今のシャワーヘッドを取り外して付け替えるだけです。工具も不要。

シャワーヘッドを交換1

ノズルを入り替えた時にフィット感が弱い時ようにゴムキャップが付属しています。我が家の場合はゴムキャップを使いました。

PANAVIA ナノジェットプラスのゴムキャップ

ノズルを手で回し入れれば取り付け完了。

シャワーヘッドを交換2

さいごに

半信半疑で PANAVIAのマイクロナノバブルシャワーヘッドを使ってみましたが、実際に効果が感じられたアイテムです☆

PANAVIA ナノジェットプラスの梱包

マイクロナノバブルは目に見えないものなので分かりづらい一面もあるのですが、

我が家の場合は以下の効果を感じています。

  • 女性陣から「肌のツッパリ感が軽減された」という感想があり
  • 噂の通り、マイクロナノバブルのシャワーで油性マジックが落ちた
  • 炭酸泉のように保温効果を実感♪

うちの家内のように乾燥肌に悩んでいる方は石鹸の使用回数を減らすと症状が改善されるかもしれません。最初は石鹸を使わないことに抵抗があると思いますが、マイクロナノバブルシャワーをきっかけにチャレンジしてみるのも良いと思います。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪