OneOdio A10 ノイズキャンセリング ヘッドホンをレビュー | 通勤に便利な機種

OneOdio A10 アイキャッチ

ノイズキャンセリング対応のヘッドホンのOneOdio A10を実際に使ってみたのでレビューします。

有線・無線で使えるノイズキャンセリング対応ヘッドホン

ノイズキャンセリングを有効にすると、音の深さが増して音楽をより楽しめるようになった印象を受けました。

通勤など騒音のある環境で音楽を楽しみたい方におすすめのアイテム
  • ノイズキャンセリング対応
  • イヤホンより良い音で音楽が聞ける
  • 有線と無線の両方が使える
  • 耳をスッポリ覆ってくれるイヤーパット
  • 薄く収納可能
メーカー様から商品提供していただいています
レクタングル(大)

商品説明

OneOdio A10は、ノイズキャンセリング対応のヘッドホン。

OneOdioは10種類以上のヘッドホンを出していますが、その中でもBluetoothに対応していてノイズキャンセリングを実装している機種。

通勤など騒音のある環境で音楽を楽しむのに最適

OneOdio A10

特徴
  • 本体サイズ 23×16×7cm
  • 重量 200g
  • 10分の充電で2時間再生可能、2時間の充電で40時間連続再生可能
    • Bluetooth:40時間
    • ANC:80時間
    • Bluetooth+ANC:25時間
  • ノイズキャンセリング
    • ANC機能で周囲からの環境騒音を90%低減。騒音抑制量は-23~-25dB
  • サポートプロファイル
    • AAC A2DP AVRCP HSP HFP SPP DID PXP FMP BAS
  • 二年間メーカー保証

OneOdio A10 付属品

Bluetoothだけでなく、有線のケーブルで接続することも可能。

OneOdio A10 ケーブル

OneOdio

Amazonの直営店舗 : OneOdio
SNSアカウント:Twitter@OneodioJ
公式サイト:https://www.oneodio.asia/

「通勤に便利」なのが最大の特徴

OneOdio A10は通勤に便利な仕様になっています。

  • ノイズキャンセリング
  • 無線・有線の両方に対応
  • 薄型コンパクトに収納可能
  • 最大40時間の再生時間

と言ったスペックは、移動する時に便利です。

ノイズキャンセリング対応

一番の特徴がノイズキャンセリングに対応していること。

ノイズキャンセリング対応で外出時にも楽しめる

OneOdio A10 ノイズキャンセリング機能

ANC アクティブノイズキャンセリングはON/OFFができるため、環境に合わせて使い分けることができます。

OneOdio A10 ノイズキャンセリングスイッチ

実際にノイズキャンセリングを使ってみると、その効果が感じられました♪

音の深さが増して音楽をより楽しめるようになった印象

明らかに音が違って聞こえるのが分かります。

無線(Bluetooth)&有線で接続できる

接続はBluetoothと有線の2パターンが可能。

OneOdio A10 アイキャッチ

私の環境だと有線のほうが音が良かったです。

Bluetooth+ANCにすると、有線と同じぐらいの音質になる印象。

薄型コンパクトな収納状態

収納状態がコンパクトになるのも持ち運びに便利!

OneOdio A10を収納

A10はイヤーパットが回転してフラットに収納できるようになります。

OneOdio A10のイヤーパットを折りたたむ

薄く収納できると、かばんの中に入れることができて便利です。

OneOdio A10の収納ボックス

最大40時間の再生時間

無線接続での再生時間は最大40時間。ノイズキャンセリング(ANC)と合わせて使うと25時間になります。

  • Bluetooth:40時間
  • ANC:80時間
  • Bluetooth+ANC:25時間

10分の充電で2時間再生できるので、思い立った時にサッと充電して使えます。

また、説明書に以下の記載があるので注意が必要です。

ヘッドフォンのバッテリーが動作限界を下回った場合、有線モードでも使用できなくなります。

満足の音質

実際に OneOdio A10を使ってみましたが、これだけの音質であれば、個人的には満足の音質♪

OneOdio A10 イヤーパット

イヤホンと比べると雲泥の差ですね。

OneOdio A10とイヤホン

サイズが違うので音が違うのは当たり前ですが、小型のイヤホンとは比べ物にならない音質です。ノイズキャンセリングと合わせて使うことで外出時でも音楽が楽しめるアイテムです。

耳全体を覆う、柔らかいイヤーパッドが快適

イヤーパッドは、耳を覆う形状になているのも使いやすいポイントです。

OneOdio A10のイヤーパット内側

また、イヤーパットも柔らかくて質感がとても良いです。

耳へのつけ心地も良く、パットも柔らかいので、数時間つけていても、そんなに疲れません。

OneOdio A10 イヤーパットのクッション性

頭の部分もクッション性があります。

OneOdio A10 ヘッドのクッション性

どのヘッドホンも一緒だと思いますが、イヤホンと比べると、耳を物理的に覆っているので多少の煩わしさは感じます。

その分、高音質で音楽が楽しめるのでトレードオフになるのですが、純粋に音楽を楽しみたいという時にはヘッドホンが断然オススメですね。

両サイドでサイズ調整が可能。

OneOdio A10のサイズ調整

操作もシンプル

操作方法もシンプル。

左耳にANCのスイッチと、右耳に電源、音量・曲送りのボタンがあります。

OneOdio A10 スイッチ

さいごに

ノイズキャンセリング対応のOneOdio A10を実際に使ってみたのですが、

通勤など騒音のある環境で音楽を楽しみたい方におすすめのアイテム
  • ノイズキャンセリング対応
  • 薄く収納可能

通勤・通学の煩わしい時間が、音楽を楽しめる素敵な空間になるアイテムです♪

クーポン情報
  • Amazonクーポンコード:OneodioJPA10
  • 割引率 : 30%
  • 対象 : OneOdioの全部製品
  • 有効期限:2021年3月31日まで
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪