オーライトの自転車テールライト「SEEMEE30」は小指サイズで軽量コンパクト

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30

オーライトの自転車テールライトをレビューします。

小指サイズでコンパクト&軽量な自転車テールライト

シッカリした作りで、使い勝手の良い商品です。

実際の明るさや、水をかけて検証した様子を紹介します。

メーカー様から商品提供していただいています
レクタングル(大)

OLIGHT(オーライト) SEEMEE30 自転車テールライト

オーライトは中国の会社でライト類を得意にしているメーカー。品質には定評があります。

今回は、SEEMEE30を実際に使ってみました。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30自転車に取り付ける

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30の付属品

※OLIGHTに新規会員登録するとI3E EOSプレゼント実施中。<2021/6/18 時点> 送料は別途かかりますが、 4999円以上で送料無料になります。

小指サイズでコンパクト&軽量な自転車テールライト

シッカリした作りの自転車用テールライトで、実際に商品を手にしても作りがしっかりしているのが伝わってきます。

Amazon売れ筋ランキング(自転車用テールライト・リフレクター)でも、4位にランクインしていて口コミの評価も高いです。<2021/6/18時点>

小型・軽量のテールライト

届いて驚いたのが

サイズがとても小さいこと!

わずか24g という軽量な作りなので、持ち運ぶときに邪魔になりません。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 横

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 正面

指と同じぐらいのサイズです。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30は指と同じサイズ

これまで我が家が使っていた自転車のテールライトと比べるとそのサイズの小ささが分かります。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30と他社のタールライトを比較

最大40時間稼働、通勤・通学なら1ヶ月毎の充電でOK

最大稼働時間はフラッシュモードで40時間。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 の明るさと点灯時間

長時間使えるので、通勤・通学で使う際には、1日1時間の点灯だとすると、1ヶ月は充電せずに使える計算。

最大の明るさで点灯すると最短となり2時間なので、フラッシュモードで40時間使うと電池が長持ちします。

充電端子はmicroUSB。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30を充電

光センサーで明るさ自動調整

光センサー機能が付いているので 明るさを自動調整してくれます。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 点灯

本製品は光センサー機能を備え、周囲の環境によりライトの照射モード(DAY/NIGHT)が自動的に変更されます

実際に使った感じだとどう効いているのか分かりませんが、周囲に合わせて節電してくれるのは助かります。

照射角が広く、遠くまで届く

点灯時の明るさは3段階に調整可能。

また、フラッシュモードも3種の点滅パターンがあります。

オーライトの自転車テールライト「SEEMEE30」の発光パターン
  • 照射角230度
  • 最大800mまで届く

夜中に道路を走っていても後ろからくる車に対してのアピールは十分です。

IPX6防水

IPX6は水をかけても問題ないスペック。雨でも安心して使えます。

6級:あらゆる方向からの強い噴流水による有害な影響がない(耐水形)

放水ノズル(直径12.5mm)を使って距離2.5m~3mの間で、100L/min±5L/minの噴流をあてる。1min/m2。最低3分間の試験。

実際に シャワーの水を30秒間かけていましたが水が侵入しませんでした。

オーライトの自転車テールライト「SEEMEE30」の防水テスト

自転車のサドルの下に取り付けて使うのであれば、ダイレクトに濡れることはないため、IPX6の防水性なら安心のレベルだと感じます。

USB端子のゴムキャップも厚く、安心感があります。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30の充電端子はmicroUSB

耐衝撃 1mだから壊れにくい

本体はポリカーボネートを採用し、衝撃に耐えられるように作られています。

耐衝撃 1m

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 耐衝撃

24gの軽さなので、落とした時に本体への衝撃が少ないので壊れにくいはずです。

マウント方法

シリコンバンドで本体をくくりつけて取り付けます。

直径22mm~35mmに対応

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30

取り外して充電する時は、シリコンホルダーを失くさないように、本体に巻き付けて置くと良いです。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30 を取り外してバンドを巻く

ボタンの位置がライトの上側にあるので自転車に乗っている状態でも片手で操作することができます。

オーライト OLIGHT 自転車テールライトSEEMEE30の操作ボタン

さいごに

オーライト(OLIGHT)の自転車テールライト「SEEMEE30」は、小型軽量の自転車テールライト。

小指サイズでコンパクト&軽量な自転車テールライト

シッカリした作りで使い勝手の良いアイテムでした。

自転車に乗っている時、前方は自分で気をつけることができても、後方は相手方に気づいてもらうしかありません。そのため、テールライトで後ろを照らしておくとかなり安全が確保できると思います☆

レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪