任天堂スイッチのジョイコンスティックを自分で修理できるキットをレビュー

任天堂スイッチ Joy-con修理キット

任天堂スイッチで一番壊れやすいのがジョイコンスティック。

新品を買ったり修理に出すより自分で修理するのがオススメ

自分で修理すれば、コストも安く済みますし、すぐに修理できます。

今回はそんな時に便利なJoy-con修理キットを紹介。

※販売店様から商品提供していただいています

参考 故障を機にプロコントローラーに変更する手もありますね。

BEBONCOOL 任天堂スイッチ ワイヤレス プロコントローラー2種を比較レビューします。 プロコントローラーは操作性が抜群! ニンテ...
レクタングル(大)

壊れやすいジョイコンのステックが自分で修理できる

ジョイコンのスティックは自分で修理することができます。

任天堂スイッチをJoy-con修理キットで分解

  • 新品購入すると5,500円/個ほど。
  • 修理 2,200円/個ほど。
  • 自分で修理すると600円/個ほど。
新品を買ったり修理に出すより、自分で修理したほうが「お得」で「早い」

四回修理できる部品と工具が入っているので、初期投資は修理するのとそんなに変わりませんが、

  • 修理に出して戻ってくるまで時間がかかる
  • 一個壊れたら他も壊れる可能性が高い
  • 純正品より強度のある部品が使われている

ということから

修理キットを購入するのが一番メリットがある

と感じました。

Joy-con修理キット 4台修理可能

「Joy-con修理キット 4台修理可能」は、33のツールがセットになった商品。

任天堂スイッチ Joy-con修理キット

ジョイコンのスティックが4回修理できる

任天堂スイッチ Joy-con修理キットは4回修理できる

修理できるだけではなく部品の耐久性も考えられて代替品が付けられているため、修理後は純正品より長持ちする可能性が高いです。

純正品より強度が上がっている。

純正品だとプラスチックの部品だったのが、修理キットだと金属製になっているものがあります。

バックルロックがアルミ金属製になっています。

任天堂スイッチ Joy-con修理キットのアルミ部品

修理することで部品の強度が上がっているため、修理キットの方がやっぱりメリットがあるように感じます。

必要な分解ツールも付いている

修理のハードルが高いと感じるかもしれませんが、必要な工具は全てそろっているので心配は不要。

任天堂スイッチ Joy-con修理キットの分解工具

任天堂スイッチのネジは特殊なので専用工具がないと分解できません。

任天堂スイッチの特殊ネジ

修理方法

修理方法は、プラモデルを組み立てるのとそんなに変わらないレベル。

任天堂スイッチをJoy-con修理キットで分解

  • ドライバーでネジを外して
  • ヘラで分解していく

どういった作業。

我流で修理しようとすると壊してしまう可能性もありますが、修理手順は商品ページに手順が掲載されているので、それを見ながらやればOK。

にゃんこスティックキャップ付き♪

この商品には修理キットだけでなくジョイスティックに取り付けるゴムキャップも付属していました。

にゃんこデザインのスティックキャップ付き♪

任天堂スイッチ Joy-con修理キットのスティックキャップ

グリップ性が上がるので操作しやいくなります♪

さいごに

任天堂スイッチで一番壊れやすいのがジョイコンスティック。

新品を買ったり修理に出すより自分で修理するのがオススメ

自分で修理すれば、コストも安く済みますし、すぐに修理できます。

付属品
  • ジョイスティック交換パーツx4点
  • Y字2.0ドライバーx1
  • プラス2.0ドライバーx1
  • スティックカバーx8
  • 合金ロックバックルx2
  • 三角ツールx1
  • 細工ヘラx1
  • ピンセットx1
  • クリーニングブラシx1
  • Y字予備ネジx6
  • プラス予備ネジx6
  • 吸盤x1
レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪