xdobo Nirvanaは重低音に強いスピーカー!振動が凄い

xdobo Nrvana スピーカー

コンパクトで50Wの高出力を誇る xdobo の Nirvana。

手に乗るサイズでありながら重低音が響くスピーカーです。裏側の振動ユニットがブルブルと震えるので迫力が違います。

重低音の迫力があるスピーカー

これまで我が家が使ってきたBluetoothスピーカーとは違う、ワンランク上の迫力のあるサウンドが楽しめます。

販売店様から商品提供していただいています
レクタングル(大)

xdobo Nirvana ワイヤレス スピーカー

xdobo Nirvanaは、手に乗るサイズのコンパクトなスピーカー。

同じスピーカーを二つ接続すれば、ステレオサウンドを楽しむことができます。
xdobo Nrvana スピーカーの付属品

仕様

サイズ感はこんな感じ。金属のような重厚感があります。

xdobo Nrvana スピーカーのサイズ

ここからは、実際に使ったレビューを紹介していきます。

手に乗るサイズで重低音が凄い

出力は50Wあります。

xdobo Nrvana スピーカー 出力50W

実際に使ってみて感じたのは、重低音が凄い!

裏の振動ユニットがブルブルと震えて、なかなかの迫力です。

このようなスピーカーに触れたのが初めてだったので驚きました。

xdobo Nirvana ワイヤレス スピーカーの音

これまで我が家が使ってきたワイヤレススピーカと違いは歴然です。

ただし、中~高音に関しては少し弱い気がしました。重低音が強調されるためか、全体的に音がこもった印象を受けます。

動画では上手く伝わりにくいのですが、サイズの近いワイヤレススピーカと音を比較した動画を撮ってみました。

xdoboのNirvana と OmakerのM6 スピーカーの音を比較
重低音が楽しめるワイヤレススピーカー♪

横に倒すと振動が激しいけど、普通に置くなら振動の心配はありません。裏にゴム足が付いています。

xdobo Nrvana スピーカー のゴム足

2台同時接続で幅が広がる

同じスピーカーを2台用意することでステレオサウンドが楽しめます。

接続はBluetoothとAUX

有線と無線で接続を使い分けることができます。

Bluetoothは5.0。

xdobo Nrvana スピーカー Bluetooth 5.0

AUXは裏の端子に接続します。

xdobo Nrvana スピーカー AUX接続

バッテリーは12時間

バッテリーの持ちは8~12時間。6600mAhのバッテリーを搭載。

1日聞けるバッテリー容量です。

充電はUSB(Type-C)。

xdobo Nrvana スピーカー USB type-C充電

操作性

使い方もシンプル。説明書を読めば特に難しいことはありません。

xdobo Nrvana スピーカーの操作ボタン

操作説明書がこちら。

xdobo Nrvana スピーカーの説明書

電池残量表示がないのは不便かな…。

IPX5防水

防水性能があるため、お風呂で音楽を聞くときにも便利です。

防塵防水規格はIPX5。

  • 噴流に対して保護
  • 放水ノズル(直径6.3mm)を使って距離2.5m~3mの間で、12.5L/min±0.625L/minの噴流をあてる。1min/m2。最低3分間の試験。

xdobo Nrvana スピーカーの入力端子

さいごに

コンパクトで50Wの高出力を誇る xdobo の Nirvana。

重低音が響くスピーカーで、裏側の振動ユニットがブルブルと震える迫力には驚きました。

重低音の迫力があるスピーカー

重低音を楽しみたい方にオススメのスピーカーです。

伊藤ケイスケ様の音源「Dragon」を使わせていただきました。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪