格安2,500円のランニングシューズ「AIR」と「超軽量」を比較レビュー

B-DASHランニングジューズ AIRと軽量厚底

格安のランニングシューズは、ハードな運動をしないのであればコストパフォーマンスが良さそうなアイテム。

1万円以上するランニングシューズと比べてしまうと劣る印象はありますが、お値段相応で使えます。

販売店様から商品提供していただいています
レクタングル(大)

格安 ランニングシューズ 2種

格安のランニングシューズは「AIR」タイプと「軽量厚底」をレビューします。中国製の製品でブランド名がコロコロ変わりますが、デザインが一緒なら同じ商品だと思って良さそう。

Amazon売れ筋ランキング(メンズランニングシューズ)でも色々なブランド名でランクインしています。

AIR

B-DASHランニングジューズ AIR

軽量厚底

B-DASHランニングジューズ 軽量厚底

ここからは二つを比較しながら商品の特徴を紹介していきます。

「AIR」と「軽量厚底」の違いはソール

「AIR」と「軽量厚底」の違いはソール

B-DASHランニングジューズの踵のソール

価格は一緒なので、AIRが入っている方が良いと思われがちですが重量は軽量タイプの方が半分近く軽いです。

どちらが優れているというわけではなく好みで選ぶのが良いと思います。

ソールの違いについて

AIRは文字通りかかと側にエアが入っているのが分かります。

B-DASHランニングジューズ AIRの形状

軽量厚底タイプはつま先からソウルまでものに素材が詰められています。

B-DASHランニングジューズ 軽量厚底の形状

どちらもソールは「MDソール」という、耐久性・防滑性・柔軟性に優れている素材を使っています。

B-DASHランニングジューズのソール B-DASHランニングジューズのソールの凹凸

ソールの厚さはどちらかといえばエアータイプの方が厚い印象。厚底軽量タイプは3.5cm の厚さがあると商品ページに記載されています。

最初に比べた時には、価格が一緒なのでAIRのほうが良いのではないかと思いましたが、AIRタイプは重量があるので、どちらを選ぶかは好みによりますね。

体への負担を考えたらエアータイプの方が衝撃を吸収してくれそうです、体重を膝などで吸収することを考えると靴はクッション性が高い方が良さそう。多少重量があっても体重に比べたら微々たるもの。※エアータイプの方が衝撃を吸収するか分からないため個人の感想になります。

重量の違い

シューズの重さを実際に測ってみました。

AIR 実測 277g

B-DASHランニングジューズ AIRの重量

軽量厚底 実測 188g

B-DASHランニングジューズ 軽量厚底 の重量

軽量厚底タイプの方が、30%ほど軽い!

ということが分かります。

ここまでが AIRと軽量厚底の違い。

ここからは共通ポイントを紹介していきます。

実際にランニングで使ってみた感想

格安のランニングシューズAIRと軽量厚底タイプをランニングで履き比べてみました。

AIR

B-DASHランニングジューズ AIRを履く

軽量厚底

B-DASHランニングジューズ 軽量厚底を履く

やはり、履き心地はカカトが違います。

AIRのほうが軽量厚底と比べて張りがある感じ。軽量厚底タイプのほうが柔らかくてクッション性があるように感じられました。

これは好みですね。

メッシュ生地

格安のランニングシューズはメッシュ生地で作られています。

AIRと軽量厚底で生地は一緒です。

B-DASHランニングジューズ AIRの生地

B-DASHランニングジューズ 軽量厚底の生地

通気性が良いのでランニングシューズとしては最適ですね。

インソール

インソールは脱着できるので洗うことができます。

B-DASHランニングジューズのインソールは取り外し可能

ただ、正直作りは少しチープな印象を受けました。

B-DASHランニングジューズのインソールの作り

気になる方はランニング用のインソールに入れ替えると良いと思います。

個人的には靴にお金をかけるよりインソールにお金をかけた方が良いと思っています。インソールは靴を変えても使うことができます♪

参考 私は「U2×INNATE セミオーダーインソール」を使っています。

U2×INNATEのセミオーダーインソールを実際に使ってみました。一般的なインソールだと、1,000円ぐらいまでが相場な気がしますが、今回紹介するのは、なんと 5,800円のインソール!普通に考えたら、いいお値段なのですが、根本的に作りが違

サイズ選び

サイズ選びですが、日本人向けの作りになっている印象。

サイズ選びの方法は商品ページに細かく記載されています。 足の長さだけではなく足の幅を測ってどのサイズを選ぶように案内がされています。

私の場合は普段履いている靴が25.5cm。 格安のランニングシューズも25.5cmを選んだらピッタリのサイズでした。

[参考]ファストファッションのシューズは数年でボロボロに

我が家では以前ファストファッションの安いシューズを買ったのですが2年ほどでボロボロになってしまいました。

GUのランニングシューズ

今回のランニングシューズと作りを比べてみると、その差は歴然。

ファストファッションのシューズはソールも薄いですし生地自体もペラペラ。

やはり安すぎてもダメで、ある程度作りがしっかりしたものを選ばないとダメですね。

[追記] 耐久性はお値段相応

我が家ではAIRを毎日のランニングに使っていました。

すると、1年ほどでソールにヒビが入りました。雨の日に割れ目から水が侵入してきて気づく…。

耐久性はお値段相応

と言った感じです。

とはいえ「まずは運動をしてみるか」という方には、1万円のランニングシューズだと高いので、このシューズで始めてみるのはありだと思います。またサイズアウトしてしまう子供用のランニングシューズとしても良いかと思います。

これから運動を始める方や、子供のランニングシューズに向いている

さいごに

格安のランニングシューズは、1万円以上するランニングシューズと比べてしまうと劣る印象はありますが、お値段相応に使える印象です。

ハードで本格的な運動には向いていませんが、これから運動を始める方には安くて便利に使えると思います。初期投資が安く済むので助かります。

AIR
軽量厚底

中国製の製品でブランド名がコロコロ変わりますが、デザインが一緒なら同じ商品だと思って良さそうです。Amazon売れ筋ランキング(メンズランニングシューズ)でも色々なブランド名でランクインしています。

レクタングル(大)
レクタングル(大)

記事をシェアする♪

サイトの更新情報をお届けします♪